UQモバイル初月利用を安くするキャンペーンキャッシュバック情報

sumasere

UQモバイルは、初期費用3240円が掛かり、初月に請求されます。当サイトの「限定キャッシュバック」なら、最大1万キャッシュバック+初期費用3240円無料でお得です。

mamedenkyu

初月に3240円請求される公式限定ページが検索結果に多く露出していますが、初月の負担を軽減するなら、代理店が間違いなく良いです。
⇒初期費用無料キャッシュバック情報はこちら

参考:UQモバイルキャンペーン

参考:UQモバイルキャッシュバック

UQモバイルの初月とは?

UQモバイルの「利用開始日」を、「初月」と呼びます。この初月にかかる月額料金は、日割り計算になります。

sumasere

UQモバイルを契約して、開通した最初の月を初月と呼びます。

mamedenkyu

8月15日に申し込みして、8月17日にSIMカードが届き開通した場合、8月17日~31日までが初月です。この17日~31日までの15日間を日割りで支払います。

UQモバイルでは、毎月以下の月額料金がかかりますが、申し込み初月は、日割り計算なので、申し込み月の日数が少なければ少ないほどに、支払う料金も安くなります。

日割りになるプランは以下です。

mamedenkyu

つまり、全ての料金プランが日割り計算です。

UQモバイルの初月に掛かる費用

UQモバイルを契約して初月に掛かる費用は以下です。

  • 月額料金(データ通信料金)→日割り
  • オプション料金→日割り
  • ※セキュリティサービス/通話明細サービスは1ヶ月分請求

  • 通話料金→通話した分だけ請求(30秒20円)
  • 端末代金→1ヶ月分請求
  • 事務手数料→3,000円

他社の携帯電話会社からUQモバイルにMNPする方は、上記に加えて、更にMNP転出料金3,000円が追加されます。

katiiro

初月の日割りになる料金は、「月額料金」「オプション料金」のみです。

UQモバイルの契約開始日はいつから?

UQモバイルを申し込んだその日が契約開始日ではありません。

契約開始日(課金開始日)は、次のどちらか早い方になります。

初めてパケットを利用した日

初めてパケットを利用した日というのは、UQモバイルのSIMカードが挿さった端末でインターネットに接続したりアプリをダウンロードした時です。

mamedenkyu

SIMカードが到着して、SIMカードを端末に差し込み、インターネットを接続した日です。

SIMカードはUQモバイルから発送された日から7日後

SIMカードが手元に届いたにもかかわらず、SIMカードの入った封筒を開封しなかったりと放置しておいた場合、UQモバイルから発送された日から換算して7日後には強制的に課金スタートとなります。

データSIM、音声通話SIM、ぴったりプラン、おしゃべりプランなど全てのプランで共通です。

mamedenkyu

SIMカードが到着しても、開通手続きをしなければ、利用開始にはなりません。仮に、SIMカードが到着して放置してもSIMカード発送から7日後には自動で開通します。


UQモバイルは月末契約のがお得になる?

日割り計算であれば、いつ申し込んでも料金は同じとの見方をしてしまいがちですが、実は、月額料金は日割り計算でも、もらえるデータ通信容量は、月初でも月末でも全く同じです。

katiiro

料金面はいつ申し込みしても変わらないですが、データ容量のお得面は月末の方がお得です。

ですから、プランSの3GBで契約した場合、月末に申し込んでも3GB分もらえますので、月末に契約した方が料金を安くできて月初と同じ容量がもらえるのです。

プランSは毎月1,980円で3GBもらえます。1カ月間が30日の場合の計算は、1,980/月÷30日=66円/日という計算になります。月末に申し込めば66円で3GBのデータ通信量を入手できます。

初月に関しては、もらえるデータ通信量は変わらないのに、料金が安くなるので、月末利用開始がお得です。

odoroku

31日に開通して1日分の利用料金しか支払わずに1か月分のデータ容量が貰えて翌月繰り越せるので、月末のがデータ容量を増やす意味ではお得です。

月末に3GBのデータをもらっても、それを1日で使い切れるかどうかの問題が出てきますが、UQモバイルでは、データの繰り越しができます。

これは当月に余ったデータを翌月に繰り越せる仕組みで、3GB分を当月中に使わなくても、丸々翌月に繰り越せます。翌月は、繰り越したデータから消費されていくので、翌月に余った分は、さらに翌々月に繰り越すことができます。

ただ、繰り越しは基本翌月までが有効期限となります。繰り越したデータ分については翌月中に使い切らないと翌々月に繰り越すことはできません。

mamedenkyu

月末に契約をして、データ容量を余らせて翌月に繰り越した方が、データ容量が多い状態でスタートすることができます。

データ無制限プランだけは月末でも意味ない

利用パケットの制限のないデータ無制限プラン、データ無制限+音声通話プランの場合は、パケットを無制限で利用できるため、パケットの日割りは関係ありません。

ただし料金は日割りになりますので、月末に利用開始しても初月は日割りで計算されるので、損することはありません。

mamedenkyu

データ無制限プランは、使い放題プランですので、データ容量繰り越しという概念がありません。従って、月末に契約しても繰り越すことができないので、いつ契約しても変わりません。

UQモバイルの契約は月末に集中する?

UQモバイルを契約する人が一番多い日は、毎月20日前後あたりです。これはデータ容量の繰り越しを狙っているからです。

月の初めに契約してしまうと、データ容量を残せずに翌月を迎えてしまいますが、月末契約ならデータ容量を残して翌月からスタートが切れます。

ですから、人気な契約日は20日前後に集中します。逆に契約する人が少なくなるのは月末の28日~10日くらいまでです。月末ギリギリですと審査や配送の遅れで月の初めに開通がずれ込む恐れがあるので、1週間は最低でも余裕をもった契約が望ましいです。

UQモバイルは最初の契約日が決め手となります。例えば、Mプランを契約すると月間9GB付与されます。これを翌月に繰り越すことができれば翌月は18GBスタートです。

sumasere

最初からデータ容量繰り越した分を消費するサイクルにすることで、データ容量に余裕をもってつかうサイクルを作ることができます。

データ容量は繰り越した分から消費されますが、繰り越した翌月までが消費期限です。

つまり、繰り越した分を毎月使うサイクルを繰り返していけば、常にデータ容量を残すことができて、データ容量が空っぽになり低速通信になる恐れやデータ容量をチャージする必要性がなくなります。

そういう意味ではスタートが非常に肝心であります。その為、データ容量を残す意味での20日前後の契約というのは理に適っていると言えるのです。

mamedenkyu

ほかにも、現在利用している携帯会社の解約月の料金が日割りではなく1か月分の請求というのも理由にあります。1ヵ月分請求されるなら月末まで利用しないと無駄になると考えるようです。

UQモバイルの日割り計算の仕方

UQモバイルでは契約時も解約時も、月額料金の日割り計算できます。日割り計算の仕方は、(月額料金÷その月の日数)=(1日あたりの料金額)となります。

例えば、データ高速+音声通話プランは月額料金が1,680円です。3月は31日まであります。これを日割り計算すると、

1,680円÷31日=54円

1日あたりの料金は、54円となります。

3月20日を利用開始日とした場合は、3月31日まで残り日数が11日ありますから、

54円/日×11日=594円

11日分として初月は、594円を支払うことになります。

mamedenkyu

利用した日にち分だけ支払う規定にしているUQモバイルは良心的です。他の格安SIMでは、1日利用でも1ヵ月分を請求したりするところもあります。

日割り計算は月により異なる

UQモバイルの日割り計算は月によって日数が違うので異なります。

  • 31日の月:1月・3月・5月・7月・8月・10月・12月
  • 30日の月:4月・6月・9月・11月
  • 28日の月:2月
mamedenkyu

各月にある日数は1・3・5・7・8・10・12月は31日、4・6・9・11月は30日、2月は28日です。

おしゃべり・ぴったりプラン1年目の日割り計算

おしゃべりプラン・ぴったりプランの1年目は「イチキュッパ割」「スマトク割」で毎月2000円割引となる為、Sプランは月が額1980円、Mプランは月額2980円、Lプランは月額4980円となります。

料金プラン31日の月30日の月28日の月
プランS64円66円71円
プランM96円99円106円
プランL161円166円178円

UQ家族割適用で更に500円割引となりますが、初月の適用はできず、「UQ家族割」のお申込み完了の翌月から子回線1回線ごとに割り引きを開始となるため、日割り計算はできません。

katiiro

日割り料金は割り出したので、あとは利用日数分を掛け算して計算して下さい。

データ高速プランの日割り計算

データ高速プランは、「音声通話なし」と「音声通話つき」に分かれており、通話なしの方が安くなっております。その代わり通話なしはデータ通信専用で電話が一切できません。

電話機能が付かない分安く更に最低利用期間の縛りもありません。

料金プラン31日の月30日の月28日の月
データ高速プラン32円33円35円
データ高速+音声通話プラン54円56円16円
mamedenkyu

データ高速プランを21日に開通して31日まで利用した場合、32円×10日=320円です。

データ無制限プランの日割り計算

データ無制限プランも、「音声通話なし」と「音声通話つき」に分かれており、通話なしの方が安くなっております。

データ無制限プランはデータ容量が無制限で使えますが、通信速度が500kbpsと極端に遅いです。低速通信でも良いから長時間使いたいという方に向いています。

高速通信の使い放題を求めるならLプランの月間21GBがUQモバイルでは限界です。それ以上を求めるならUQ Wimaxとの併用をUQモバイルでは推奨しています。

料金プラン31日の月30日の月28日の月
データ無制限プラン64円60円71円
データ無制限+音声通話プラン86円89円96円

おしゃべり・ぴったりプラン1年目の端末代を含めた日割り計算(31日の場合)

UQモバイルはマンスリー割適用で2年間の実質端末代金は以下の様になります。

端末名端末代金プラン実質価格
iPhone 6s(32GB)59,724円S10,476円
iPhone 6s(32GB)59,724円M10,476円
iPhone 6s(32GB)59,724円L10,476円
iPhone 6s(128GB)72,684円S23,436円
iPhone 6s(128GB)72,684円M23,436円
iPhone 6s(128GB)72,684円L23,436円
iPhone 7(32GB)62,748円S13,500円
iPhone 7(32GB)62,748円M13,500円
iPhone 7(32GB)62,748円L13,500円
iPhone 7(128GB)80,892円S26,460円
iPhone 7(128GB)80,892円M26,460円
iPhone 7(128GB)80,892円L26,460円
端末名端末代金プラン実質価格
HUAWEI P20 lite31,212円S108円
HUAWEI P20 lite31,212円M108円
HUAWEI P20 lite31,212円L108円
DIGNO® W37,692円S108円
DIGNO® W37,692円M108円
DIGNO® W37,692円L108円
DIGNO® Phone29,916円S108円
DIGNO® Phone29,916円M108円
DIGNO® Phone29,916円L108円
DIGNO A26,028円S7884円
DIGNO A26,028円M108円
DIGNO A26,028円L108円
AQUOS sense231,644円S540円
AQUOS sense231,644円M540円
AQUOS sense231,644円L540円
OPPO R17 Neo31,644円S540円
OPPO R17 Neo31,644円M540円
OPPO R17 Neo31,644円L540円
おてがるスマホ0131,644円S540円
おてがるスマホ0131,644円M540円
おてがるスマホ0131,644円L540円
HUAWEI nova lite331,644円S540円
HUAWEI nova lite331,644円M540円
HUAWEI nova lite331,644円L540円
Galaxy A3031,644円S26460円
Galaxy A3031,644円M26460円
Galaxy A3031,644円L26460円
HUAWEI P30 lite31,644円S26460円
HUAWEI P30 lite31,644円M26460円
HUAWEI P30 lite31,644円L26460円

例えば、iPhone 6s(128GB)のSプランは2年間で実質38,988円です。これを1ヵ月あたりの価格で計算すると38,988円÷24ヵ月=1625円です。そこから1ヵ月は31日と仮定して割ると1日あたり52円端末代に支払うことになります。

そこにSプランの日割り料金64円を足すと合計116円となります。iPhone 6s(128GB)のSプランを契約した場合、1日あたり116円の支払いとなります。

2年目以降はイチキュッパ割が外れて1000円基本料金が値上がりしてSプランは月額2980円になります。その場合、96円の日割り料金となり端末代52円を含めると148円となります。

日割り計算は初月だけですが、2年目以降は1日あたり148円と値上がりします。Sプランの場合は32円が1日あたり増える形となります。

 プランSプランMプランL
SIMのみ64円96円161円
iPhone 6s(32GB)99円114円179円
iPhone 6s(128GB)116円131円196円
iPhone SE(32GB)78円110円175円
P20 lite82円114円179円
DIGNO® A75円96円161円
nova 264円96円161円
AQUOS sense64円96円161円
arrows M04 PREMIUM64円96円161円
DIGNO® Phone64円96円161円

データ高速・データ無制限プランの端末代を含めた日割り計算(31日の場合)

データ高速・データ無制限プランは、音声通話なしでは端末は購入できません。音声通話つきのみ限定で端末が購入できます。

データ高速・データ無制限プランの難点は端末購入でマンスリー割が適用されず、端末本体代金は全額負担なところです。一括もしくは分割で選べますが、いずれにしても端末本体代金は全額負担なので出費は大きくなります。

 データ高速データ無制限端末本体代金
SIMのみ54円86円
iPhone 6s(32GB)134円166円59724円
iPhone 6s(128GB)152円184円72684円
iPhone SE(32GB)113円145円44172円
P20 lite96円128円31212円
DIGNO® A96円128円31212円
nova 296円128円31212円
AQUOS sense96円128円31212円
arrows M04 PREMIUM96円128円31212円
DIGNO® Phone82円114円20844円

UQモバイル初月日割り計算で分かった一番お得な契約方法

UQモバイルの日割り計算で一番お得なプランはマンスリー割によって、端末代金が大幅に割引となり最安では実質108円となる「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」です。

「データ高速+音声通話プラン」は日割り料金こそ安いものの端末代を含めたら、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」よりも割高となり、その上で無料通話がつきませんので損です。

正規代理店キャッシュバックでは、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」の端末セットM・Lが初期費用で掛かるSIMカード発行手数料3240円と代引き手数料324円が無料で、更にプランSが8000円キャッシュバック、プランMが9000円キャッシュバックされます。

端末が108円で購入できる上に、高額キャッシュバックや初期費用無料など踏まえると一番お得なキャッシュバック契約は正規代理店が一番です。

mamedenkyu

正規代理店リンクライフのキャッシュバックは、公式限定キャッシュバックに対抗する形で初期費用を無料にしています。本体は初月に請求される初期費用3240円を免除できるので得策です。