UQモバイル当サイト限定の専用ページからお申込みでキャッシュバック

現金最大25,000円プレゼントキャンペーン

現在、UQモバイルではキャッシュバックキャンペーンを実施しており、こちらのキャッシュバック専用ページからUQモバイルが指定するプラン「おしゃべりプランS/M/L」「ぴったりプランS/M/L」のいずれかを選択して、キャンペーン指定端末とSIMセット契約すると現金最大13,000円がキャッシュバックされ貰えます。

こちらのページから申し込みでキャッシュバック現金最大25000円が貰えます。

公式サイトや店頭でお申込みするよりもお得に契約することが可能です。キャンペーン指定機種も公式サイトの販売ランキング上位3位を占める「AQUOS L2」「P10 lite」「AQUOS sense」などUQモバイルが販売する端末の中でも人気機種となります。

キャッシュバックで貰える現金は開通月含めない3ヵ月後末日に、ご指定口座に現金をお振込みとなります。

UQmobileとBroad WiMAXのお申し込みで、上記プランでのキャッシュバック額+12,000円となり最大で25000円キャッシュバックされます。

キャッシュバックを知らないで、通常のページから契約してしまうと、キャッシュバック対象にも関わらず現金が貰えなくなってしまいますので、必ずこちらのキャッシュバック専用ページからお申込み下さい。

ひよこ

指定端末といっても、「AQUOS L2」「P10 lite 」「arrows M04 PREMIUM」「DIGNO V」など、android端末としては上位を占める機種ばかりだから条件的には悪くないね。

うさぎ

「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」は、無料通話がつく分、少々高くなるけど、マンスリー割で端末が実質108円になる機種もあるから端末セットで購入するなら、通話定額プランがお得になるね。

キャッシュバック対象プラン

  • 「おしゃべりプランL」「ぴったりプランL」:13,000円の現金キャッシュバック
  • 「おしゃべりプランM」「ぴったりプランM」:11,000円の現金キャッシュバック
  • 「おしゃべりプランS」「ぴったりプランS」:10,000円の現金キャッシュバック
キャッシュバック対象指定端末

AQUOS sense、arrows M04 PREMIUM、AQUOS L2 、P10 lite 、DIGNO V 、DIGNO W 、BLADE V770 、DIGNO Phone 、ZenFone 3

更には、初期費用無料キャンペーンを実施しており、キャッシュバック専用ページから「おしゃべりプラン」のプランMまたはL、「ぴったりプラン」のプランMまたはLを選択の上、指定端末「AQUOS L2 、P10 lite 、DIGNO V 、BLADE V770 、 DIGNO W 、DIGNO Phone」をセット契約すれば、キャッシュバックの現金に加えて初期費用(送料・SIM代金3240円・代引手数料)が無料となります。

SIMのみ申し込みは3000円商品券プレゼント

「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」「おしゃべりプランS/M/L」「ぴったりプランS/M/L」のSIMのみを、ご契約の場合はこちらのリンクからお申込みで商品券3000円がプレゼントされます。

「データ高速プラン」「データ無制限プラン」などの音声通話なしのプランはキャンぺーン対象外となります。

「LTE用microSIM」「LTE用nanoSIM」「VoLTE用マルチSIM(mini/micro/nano)」全てのSIM契約が商品券3000円プレゼントキャンペーンの対象となります。

商品券キャンペーン期間

2017年12月28日(木)17:00まで期間延長

キャンペーン対象外となるもの

キャンペーン特典の発送

対象のお客様へJCBギフトカードをご契約月の翌々月末までに発送いたします。 商品券はご契約先住所へ発送をさせていただきます。

宛先住所不明、転居先住所不明等で弊社に返送となった場合は特典の権利を無効とします。また、不在預かり等で弊社に返送された場合、返送後1ヶ月間の保管期限経過後、特典の権利を無効とします。

SIMのみ申し込みはこちらから

スマートフォンは自分で用意してSIMのみ購入の方のお申込みページ案内

SIMのみ購入前に動作確認端末一覧でSIMの種類をご確認いただき端末に対応したSIMカードをお選びください。

動作確認端末一覧はこちら

契約受付時間について

新規の場合は24時間受付可能です。他社からの乗り換え(MNP)・番号移行の受付時間は9:30~20:30です。

SIMのみ契約お申込みの流れが分からない方は以下リンクを参照してください。

SIMのみ契約(新規・乗り換え)お申込み手順・方法はこちら

※動作確認端末一覧でSIMカードの種別を確認する方法が分からない方は以下のリンクを参考にして下さい。

SIMカード種類の選び方はこちら

UQモバイルが指定するプラン「おしゃべりプランS/M/L」「ぴったりプランS/M/L」のいずれかを選択してキャンペーン指定端末とSIMをセット契約すると最大で13,000円の現金がキャッシュバックされ貰うことができます。

初期費用無料キャンペーン併用すれば更にお得に契約できます

キャッシュバックサイトから対象端末と対象プランをお申込みで、初期費用(送料・SIM代金・代引手数料)が無料になります。

初期費用無料キャンペーンに該当するプランは、「おしゃべりプランM」「ぴったりプランM」、「ぴったりプランL」「おしゃべりプランL」です。

「おしゃべりプランS」「ぴったりプランS」は、キャッシュバックの対象ですが、初期費用無料の対象にはなりません。

初期費用無料対象の指定端末

AQUOS L2 、P10 lite、AQUOS sense 、arrows M04 PREMIUM、DIGNO V、DIGNO W BLADE V770、DIGNO Phone

キャッシュバックキャンペーンの対象機種であったうちの「ZenFone 3 」以外は全て初期費用無料となります。

初期費用とキャッシュバック併用申し込みこちら

ひよこ

Mプラン以上になると初期費用3000円が無料になるならMのが良いのかな。

うさぎ

SプランとMプランの差額は月額1000円ね。2年間で24000円の差があるね。

ひよこ

データ通信容量は、Sが2GBで、Mが6GBだから3倍違うね。

うさぎ

キャッシュバックの額も1000円違うからMプランにすると4000円は得する計算ね。

ひよこ

そうなると、24000円の差から4000円マイナスして実質20000円の差なんだね。

うさぎ

データ容量をたっぷり使いたいかどうか、あとは「ぴったりプラン」ならSは60分無料通話に対して、Mは120分よ。

初期費用無料になるエントリーパッケージとは?

対象プラン

  • 「おしゃべりプラン」のプランMまたはL
  • 「ぴったりプラン」のプランMまたはL

お申し込みの手順

  • キャンペーンサイト内「お申込み」ボタンからフォームに進む
  • プラン選択にて「おしゃべりプラン」のプランMまたはL、もしくは「ぴったりプラン」のプランMまたはLを選択
  • 端末選択にて初期費用無料キャンペーン対象端末のいずれかを選択
  • お客様情報入力後、完了ページに表示される「さらにお手続きを進める」ボタンをクリックし、Web上でご注文を完了する

キャッシュバックキャンペーンの流れと詳細

  • キャッシュバックページへアクセスする
  • キャッシュバック現金を受け取る為には、キャッシュバックキャンペーン専用ページへアクセスします。

    このページから最大13,000円分キャッシュバック!「今すぐ申し込みする」ボタンをクリックします。

    こちらがボタンの見本

    すると、Web完結お申込みフォームに飛びます。ご希望の端末やプランの選択ページで必須項目を選択し次のページにお進みください。

  • キャッシュバックページから申し込み手続きをする
  • お申込みフォームにて、「氏名、性別、生年月日、電話番号、メールアドレス、ご住所、クレジットカード」などの個人情報を入力します。

    ご契約の形態「新規契約」「他社からの乗り換え」かを選択します。

    料金プランの選択では、「おしゃべりプランS/M/L」「ぴったりプランS/M/L」のいずれか一つを選択します。キャッシュバック対象外のプランは申し込みできないようになっております。

    端末の選択では、お好きな端末を選択します。選択欄の中にはキャッシュバック対象外となる端末はありませんので、どの端末を選択してもキャッシュバックされます。

    全てを記入と選択しましたら、入力確認ページに進みます。

    このキャンペーンページから申し込みした場合に限り、キャッシュバックが自動で適用されます。

    対象となるプランは、「おしゃべりプランS/M/L」「ぴったりプランS/M/L」のいずれかに限り、指定端末とセット契約することが条件となります。

    それ以外の「データ無制限プラン」「データ無制限+音声通話プラン」「データ高速プラン(音声通話なし)」「データ高速+音声通話プラン」は、キャンペーン対象外となります。

    キャッシュバック専用ページはこちら

     

  • キャッシュバック振込み先の口座情報を入力する
  • キャッシュバック対象者には、開通月を含めない3ヶ月後の1~10日までに、お申込み時にご入力いただいたメールアドレス宛に口座情報のご入力フォームURLが送られてきます。

    開通月を含めない3か月後の20日までにご入力完了をすれば、開通月を含めない3か月後末日に指定口座にキャッシュバック現金がお振込みとなります。

ひよこ

UQモバイル正規代理店サイトから指定端末と通話定額プランを申し込みでキャッシュバック対象者になりますよ。

うさぎ

申し込み後にメール宛てに口座入力情報フォームが届くから、口座情報を入力してね。

ひよこ

そうすると、3ヶ月の末日までに現金が振り込まれるみたいよ。

指定端末とSIMセットを契約した場合

  • 「おしゃべりプランL」「ぴったりプランL」:13,000円の現金
  • 「おしゃべりプランM」「ぴったりプランM」:11,000円の現金
  • 「おしゃべりプランS」「ぴったりプランS」:10,000円の現金

「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」のグレードが高くなるにつれてキャッシュバックされる現金も高くなります。

「データ無制限プラン」「データ無制限+音声通話プラン」「データ高速プラン」「データ高速+音声通話プラン」はキャッシュバック対象外となります。

こちらのキャッシュバックページから申し込みで現金が最大13,000円貰えます。

キャッシュバック対象外のプラン

  • データ高速プラン
  • データ高速+音声通話プラン
  • データ無制限プラン
  • データ無制限+音声通話プラン
  • SIMのみ「おしゃべりプランS/M/L」
  • SIMのみ「ぴったりプランS/M/L」

指定端末とSIMセット契約の上、「おしゃべりプランS/M/L」「ぴったりプランS/M/L」を選択した場合に限り現金がキャッシュバックされます。

※SIMのみの契約に関しましては、全てのプランにおいてキャッシュバックキャンペーンは実施しておりません。

「おしゃべりプランS/M/L」「ぴったりプランS/M/L」もSIMのみで契約するとキャッシュバックはなしで、キャンペーン指定端末とSIMセット契約をすることで現金が10000~13000円キャッシュバックされます。S/M/Lプランに応じてキャッシュバックされる金額は異なります。

「おしゃべりプランS/M/L」「ぴったりプランS/M/L」を契約予定の方は、キャンペーン指定端末とSIMセットの方が現金がキャッシュバックされお得になりますので、そちらをご検討下さい。

ひよこ

「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」と指定端末で条件が厳しいようにみえるけど、「AQUOS L2」「BLADE V770 」「DIGNO Phone」「DIGNO V」は、S・M・Lともに実質端末価格は108円よ。

うさぎ

これらの機種は、初月の108円だけ負担するだけで、残りの23ヵ月は端末代はマンスリー割で支払いは0円だね。

ひよこ

2年縛りは重いけど、端末代は実質108円と破格だし、その上で最低でも10000円のキャッシュバックが貰えるなら悪くないわ。

うさぎ

Sプランなら1年目は1980円、2年目は2980円、2年間の平均は2480円で維持できるね。

現金キャッシュバック対象機種一覧

端末名端末代金分割支払金(初回)分割支払金(2回目以降) 購入サポート割引マンスリー割
HUAWEI P10 lite 33,804円1,512円1,404円-864円(S)
-1,404円(M、L)
AQUOS L2  31,212円1,404円1,296円-1,296円
(S,M,L)
DIGNO W 37,692円1,674円1,566円-1,026円(S)
-1,566円(M、L)
DINGO V33,804円1,512円1,404円-864円(S)
-1,404円(M、L)
ZenFon 3  42,984円-10,800円(S)
-21,600円(M/L)
BLAD V770 28,620円1,296円1,188円-1,188円
(S,M,L)
DIGNO Phone 29,916円1,350円1,242円-1,242円
(S,M,L)
arrows M04 PREMIUM36,396円1,620円1,512円-432円(S)
-972円(M、L)
AQUOS sense31,212円1,404円1,296円-756円(S)
-1296円(M、L)
ひよこ

ZenFon 3以外は全部がマンスリー割になっているね。

うさぎ

マンスリー割は、24回分割払いできるから初回の負担も少ないし、割引率も高いから端末代金の負担も軽減されるから有難いね。

キャッシュバック対象機種マンスリー割使用での各料金

(おしゃべりプラン、ぴったりプランが対象)

端末名端末代金プラン分割支払金(2回目以降) マンスリー割引2回目以降月額料金
HUAWEI P10 lite33,804円プランS1,404円
1,512円(初回)
-864円2,678円
HUAWEI P10 lite33,804円プランM1,404円
1,512円(初回)
-1,404円3,218円
HUAWEI P10 lite33,804円プランL1,404円
1,512円(初回)
-1,404円5,378円
AQUOS L237,692円プランS1,296円
1,404円(初回)
-1,296円2,138円
AQUOS L237,692円プランM1,296円
1,404円(初回)
-1,296円3,218円
AQUOS L237,692円プランL1,296円
1,404円(初回)
-1,296円5,378円
DIGNO® W37,692円プランS1,566円
1,674円(初回)
-1,026円2,678円
DIGNO® W37,692円プランM1,566円
1,674円(初回)
-1,566円3,218円
DIGNO® W37,692円プランL1,566円
1,674円(初回)
-1,566円5,378円
BLADE™ V77028,620円プランS1,188円
1,296円(初回)
-1,188円2,138円
BLADE™ V77028,620円プランM1,188円
1,296円(初回)
-1,188円3,218円
BLADE™ V77028,620円プランL1,188円
1,296円(初回)
-1,188円5,378円
DIGNO® Phone29,916円プランS1,242円
1,350円(初回)
-1,242円2,138円
DIGNO® Phone29,916円プランM1,242円
1,350円(初回)
-1,242円3,218円
DIGNO® Phone29,916円プランL1,242円
1,350円(初回)
-1,242円5,378円
DIGNO V26,028円プランS1080円
1188円(初回)
-1,080円2,138円
DIGNO V26,028円プランM1080円
1188円(初回)
-1,080円3,218円
DIGNO V26,028円プランL1080円
1188円(初回)
-1,080円5,378円
arrows M04 PREMIUM36,396円プランS1512円
1620円(初回)
-432円3,218円
arrows M04 PREMIUM36,396円プランM1512円
1620円(初回)
-972円3,758円
arrows M04 PREMIUM36,396円プランL1512円
1620円(初回)
-972円5,918円
AQUOS sense31,212円プランS1,296円
1,404円(初回)
-756円2,678円
AQUOS sense31,212円プランM1,296円
1,404円(初回)
-1,296円3,218円
AQUOS sense31,212円プランL1,296円
1,404円(初回)
-1,296円5,378円
ひよこ

機種によりマンスリー割引額は異なるね。

うさぎ

コスパ重視ならSプランで実質108円になる機種を選ぶのが堅い選択だね。

キャッシュバック対象機種の端末実質価格

端末名端末代金プラン実質価格
HUAWEI P10 lite33,804円S13,068円
HUAWEI P10 lite33,804円M108円
HUAWEI P10 lite33,804円L108円
AQUOS L237,692円S108円
AQUOS L237,692円M108円
AQUOS L237,692円L108円
DIGNO W37,692円S13,068円
DIGNO W37,692円M108円
DIGNO W37,692円L108円
BLADE V77028,620円S108円
BLADE V77028,620円M108円
BLADE V77028,620円L108円
DIGNO Phone29,916円S108円
DIGNO Phone29,916円M108円
DIGNO Phone29,916円L108円
DIGNO V26,028円S108円
DIGNO V26,028円M108円
DIGNO V26,028円L108円
arrows M04 PREMIUM36,396円S26028円
arrows M04 PREMIUM36,396円M13068円
arrows M04 PREMIUM36,396円L13068円
AQUOS sense31,212円S13068円
AQUOS sense31,212円M108円
AQUOS sense31,212円L108円
ひよこ

「HUAWEI P10 lite」と「DIGNO W」は、Sプランだけ実質13,068円になるから注意ね。

うさぎ

13,068円を24回払いなら、毎月540円の負担だから安いけどね。欲しい機種なら迷わず選択だね。

こちらのキャッシュバックページ以外から申し込んでもキャッシュバックの対象にはなりませんので、ご注意下さい。

当サイトのキャッシュバック専用ページからアクセスして、キャッシュバック対象プランを契約することで最大13,000円の現金が貰えます。

キャッシュバックキャンペーン期間は今のところ無期限

UQモバイルキャッシュバックキャンペーン期間

2017年7月7日~終了未定
現在のところキャッシュバックキャンペーンがいつまでなのかは定かではありません。突然、現金の額が変更になったりすることはあります。

各プランごとに貰える金額は異なります。月額の高い料金プランを契約するとキャッシュバックされる金額も比例して高くなります。

ひよこ

キャンペーンはいつ終わるか未定で、急に終了になったりすることもあるよ。

うさぎ

キャッシュバック額の変動や指定端末は新機種が登場したら追加されることもあるね。

キャッシュバックキャンペーンで現金が貰えるプラン

指定端末とSIMをセット契約した場合

プラン月額料金データ容量貰える金額
データ高速プラン980円3GBなし
データ高速+音声通話プラン1,680円3GBなし
データ無制限プラン1,980円無制限なし
データ無制限+音声通話プラン2,680円無制限なし
おしゃべりプランS2,980円(1年間は1,980円)1GB/月(2年間は2GB/月)10,000円
おしゃべりプランM3,980円(1年間は2,980円)3GB/月(2年間は6GB/月)11,000円
おしゃべりプランL5,980円(1年間は4,980円)7GB/月(2年間は14GB/月)13,000円
ぴったりプランS2,980円(1年間は1,980円)1GB/月(2年間は2GB/月)10,000円
ぴったりプランM3,980円(1年間は2,980円)3GB/月(2年間は6GB/月)11,000円
ぴったりプランL5,980円(1年間は4,980円)7GB/月(2年間は14GB/月)13,000円

キャッシュバックが受けられるプランは、「おしゃべりプランS/M/L」「ぴったりプランS/M/L」の2つになります。

端末は、安ければ2万円程度でSIMフリーが価格comで入手できます。もしくは、今現在使っている端末がUQモバイルで動作すれば、そのまま使うことができます。

端末セットにするからといって、貰える金額が増えるわけではありませんので、セットで購入するメリットは少なくなります。端末は、ネットで購入した方が安い場合もあります。

欲しい端末をネットで購入する場合と、UQモバイルで購入する場合と、どちらがお得になるか計算して判断すると良いでしょう。

ひよこ

ネット通販はさすがに端末108円で購入はできないから、無料通話がほしいならUQの端末セットがお得だね。

うさぎ

それでもUQが販売する機種の中で欲しいのがない場合は別だけど・・・・

動作確認端末一覧はこちら

特典対象外となるもの

  • データ無制限プラン、データ無制限+音声通話プラン、データ高速プラン、データ高速+音声通話プランは対象外
  • 指定サイト以外からのお申し込み
  • お申込み時にご登録いただいたメールアドレスがエラーだった場合はキャッシュバック対象外となります。
  • 口座情報の名義はご契約名義のご本人様に限らせていただきます。
  • 口座情報に不備があった場合はキャッシュバック対象外となりますので、必ず正しいご情報の入力をお願いいたします。

まず、キャッシュバックキャンペーン専用ページからの申し込みであることが大前提であり、その上で、対象となる「おしゃべりプランS/M/L、ぴったりプランS/M/L」いずれかのプランを契約することが条件です。

キャッシュバック対象となると、開通月を含めない3ヶ月後の1~10日までに、お申込み時にご入力いただいたメールアドレス宛に口座情報のご入力フォームURLが送られます。

開通月を含めない3か月後の20日までに入力完了することで開通月を含めない3か月後末日に指定口座にお振込みされます。

ひよこ

「UQモバイル正規代理店から申し込むこと」「メールアドレスを間違えないこと」「口座情報を間違えない事」これらを徹底させればキャッシュバックは貰えます。

うさぎ

キャンペーンサイトから申し込むだけでは勝手に現金が振り込まれないのね。メールがきたら、きちんと口座情報を入力しないとね。

キャッシュバック対象者は新規・MNPで全員対象

UQモバイルに新規・MNP乗り換えに、申込む方であれば誰でもキャッシュバックを受け取る対象になります。

docomo、ソフトバンク、auから電話番号そのままでUQモバイルに乗り換える場合もUQモバイルにおいては新規契約になりますのでキャッシュバックの対象になります。

ただし、こちらのキャッシュバックページから現金最大25,000円キャッシュバックキャンペーンのページに移動して申し込まないと対象になりません。

ドコモ系格安SIM、au系格安SIMなど、どこの格安SIMにも関わらず乗り換えするならキャッシュバックは対象となります。

また、2017年3月1日からau(au系のMVNO含む)からMNPでご契約された場合は、キャンペーンとして「スマトク割」を適用するとともに、「データ増量キャンペーン」の対象となります。なお、キャンペーン終了時期については、別途UQモバイルホームページでお知らせとなります。

2年間はデータ容量が2倍、スマトク割で2年間は1,000円割引

ひよこ

UQ mobileはKDDIが急拡大するMVNOに対抗し、低価格を求める層を押さえるための受け皿となるべく設立されたのよ。

うさぎ

KDDIは、低価格層向け戦略で大きく出遅れているから、なりふりを構っていられない状況もあり、auやau系格安SIMもキャンペーン対象として認めたのだね。

プラン月額料金データ容量スマトク割
(25ヶ月間)
イチキュッパ割
(13ヶ月間)
データ高速プラン980円3GB適用なし適用なし
データ高速+音声通話プラン1,680円3GB適用なし適用なし
データ無制限プラン1,980円無制限適用なし適用なし
データ無制限+音声通話プラン2,680円無制限適用なし適用なし
おしゃべりプランS2,980円(1年間は1,980円)1GB/月(2年間は2GB/月)適用あり
-1,000円
適用あり
-1,000円
おしゃべりプランM3,980円(1年間は2,980円)3GB/月(2年間は6GB/月)適用あり
-1,000円
適用あり
-1,000円
おしゃべりプランL5,980円(1年間は4,980円)7GB/月(2年間は14GB/月)適用あり
-1,000円
適用あり
-1,000円
ぴったりプランS2,980円(1年間は1,980円)1GB/月(2年間は2GB/月)適用あり
-1,000円
適用あり
-1,000円
ぴったりプランM3,980円(1年間は2,980円)3GB/月(2年間は6GB/月)適用あり
-1,000円
適用あり
-1,000円
ぴったりプランL5,980円(1年間は4,980円)7GB/月(2年間は14GB/月)適用あり
-1,000円
適用あり
-1,000円

スマトク割は2年間で終了しますが、3年目以降は「スマトク割」から「長期割引」と名前を変えて、1,000円の割引は継続されます。

ひよこ

要は、イチキュッパ割1000円割引は1年で終わるけど、スマトク割1000円割引は名前を変えて永遠と続くということね。

うさぎ

通話定額プランは、看板で1980円を大々的にPRしてるけど、それはイチキュッパ割がある1年目だけで2年目からは最低でも2980円になるから注意が必要ね。

以前はauはキャンペーン適用外でした。UQモバイルはKDDIグループの格安SIMのため、実はauと同じグループです。そのため、auからUQモバイルに乗り換えるということは、同じグループ内での乗換えになるので、「他社から乗換え」にはなりません。

今は、auからの乗り換えでも、ドコモやソフトバンクからの乗り換えと同じ優遇を受ける事ができます。auの月額料金の1/3~1/2にスマホ維持費を抑えることができるでしょう。

毎月の携帯電話に掛かるお金を少しでも節約したい方が実際にauからUQモバイルに大量に流れてきています。通信速度もauと変わりはないので、毎月の月額料金が安く抑えられるなら乗り換えない理由は見当たりませんね。

ひよこ

auから乗り換えに冷遇だったUQモバイルも今では、ドコモやソフトバンクから乗り換えと同じ待遇で平等になったね。

うさぎ

auがキャンペーン対象と認められてからauからも多数流れてきているみたいね。

店頭のキャンペーンとは異なる?

UQモバイルを取り扱っている店舗や家電量販店では、キャッシュバックキャンペーンが行われていますが、こちらで案内しているキャッシュバックキャンペーンは店頭で実施されているキャンペーンとは全くの別物です。

店頭で実施されているキャンペーンと、このキャッシュバックキャンペーンの二重適用は不可能です。UQモバイルのプランは限らており、それほど複雑な仕組みとなっていないので、ネットから自分で申し込むことに躊躇することはありません。

UQモバイルのプランは、大きく分けて4つで、自分の使い方に見合ったプランを選ぶとなると容易に絞り込みができるようになっています。

ひよこ

店舗でもキャンペーンは実施していますが、毎日実施ていなかったり、2日間と短かったり、条件が厳しかったり、キャッシュバック額が少なかったりします。

うさぎ

ネットのキャッシュバックの方が条件的には優しかったり、貰える額が多かったりする面はあります。

キャンペーン店頭店舗の取扱店は?ネットとどっちがお得?

エントリーパッケージとの併用は不可

amazonや家電量販店やオークションなどでエントリーパッケージが安くて800円程度で販売されており、パッケージの中に記載されているエントリーコードを申し込み時に入力すると契約事務手数料3,000円が免除されるというものがあります。

800円出しても事務手数料が無料になるのなら、(事務手数料税込み3240円エントリー購入費-800円)=2,440円節約することができます。

このエントリーパッケージを購入した上でキャッシュバックまでされたら、実質的にお得に契約できるのではないかと考える人もいるかと思われますが、エントリーパッケージとキャッシュバックは併用ができません。

エントリーコードを使用するには、エントリーコードを使用する為の専用ページから申込む必要があり、それは現金プレゼントのキャッシュバックページとは全く別のアクセス口となっております。

エントリーパッケージもキャッシュバックページもそれぞれ専用ページが異なる以上、同時に適用を受けるのは事実上できません。

どちらかしかの割引サービスしか選択できない仕組みになっております。

キャッシュバックキャンペーンが適用される、「おしゃべりプランS/M/L、ぴったりプランS/M/L」を選択してキャッシュバック指定端末とセット契約する場合は、エントリーコードを使用して2,440円安く契約するよりも、現金を最低でも8,000円貰える方が断然お得になります。

しかしながら、データ無制限プラン、データ無制限+音声通話プラン、データ高速プラン、データ高速+音声通話プランを選択する場合は、キャッシュバックが適用されませんので、エントリーコードを使った方がお得になるでしょう。

ひよこ

エントリーパッケージは、パッケージ代が最低でも800円しますから初期費用3000円無料になっても実質2200円しか得しないということになります。

うさぎ

通話定額MとLプランと指定端末購入で初期費用無料キャンペーンの方が、3000円まるまる無料になるので得でしょう。

  • P10 lite

    水の自然美からインスピレーションを得たHUAWEI P10 liteは、眺めても、手にしても心地良い、すっきりとしたデザイン。両面を2.5D曲面ガラスで覆い、ダイヤモンドカット加工メタルフレームを採用。

    3000mAhのバッテリーを搭載し、高速充電で長く使用できる。10分の充電で、約2時間の動画が中断なく楽しめる。

  • HUAWEI P10 liteスペック比較レビュー

  • AQUOS L2

    「AQUOS L2」は、IGZO液晶ディスプレイで美しい表示と省エネ技術で安心の電池持ちを両立させ、防水・防塵に対応し、画面が濡れていても快適な操作が可能なスマートフォンです。

    2700mAhの大容量バッテリーを搭載し、電池持ちが良いので電池残量を気にせず、高画質をお楽しみいただけます。

  • AQUOS L2の評価とスペック

  • DIGNO V

    騒がしい場所でも相手の声がクリアに聞こえる、京セラオリジナル機能スマートソニックレシーバーを搭載。大事な着信に気づきやすくする通知機能や、誤操作も防げるわかりやすい画面表示で、通話を快適にします。

    防水や防塵に加え、万が一うっかり落としても安心の耐衝撃、激しい動きのある環境でも安心して使える耐振動、夏の屋外やウィンタースポーツでも安心の温度耐久に対応しています。

  • DIGNO Vの評判評価口コミ

キャッシュバックキャンペーンで一番人気の契約は?

UQモバイルのキャッシュバックキャンペーンで現金が貰えるのは、以下のプランに限定されます。

  • 「おしゃべりプランL」「ぴったりプランL」:13,000円の現金
  • 「おしゃべりプランM」「ぴったりプランM」:11,000円の現金
  • 「おしゃべりプランS」「ぴったりプランS」:10,000円の現金

この中で最も安いのが、「おしゃべりプランS」「ぴったりプランS」です。

データ容量が最初の2年間は2GBとありますので、ネットをそれほどしない人にはぴったりなプランです。

おしゃべりプランであれば、5分以内の通話は何度でも無料です。おしゃべりプランは、SとMとLごとにデータ容量が異なるものの、5分以内の通話は何度でも無料という点に関しては変わりありません。

5分以内の電話を何度も使う予定がありながら、データ容量は2GBで十分という人は、キャッシュバック対象プランとしては最安の「おしゃべりプランS」がおすすめです。

例えば、5分の電話を1ヶ月に40回使ったとしましょう。これがデータ高速+音声通話プランであれば無料通話がありませんので、20円/30秒単位で通話料金が発生してきます。

5分で発生する通話料は200円です。200円×40回=8000円となる計算です。おしゃべりプランを契約していれば5分の通話40回分が無料となりますので、通話料は0円で済みます。

おしゃべりプランの最安プランは、グレードの一番低いSです。Sプランであれば最初の1年間は月額1,980円、2年目以降は2,980円で使うことができます。

データ高速+音声通話プラン月額1,680円と比較しますと、最初の1年目は300円高く、2年目以降は1,300円高いだけです。先ほど、5分以内の通話を40回使ったら通話料は8,000円という例を出しました。

この8,000円と2年目以降の1,300円を比較すると、5分以内の電話を何度も使う予定がある人にとっては、おしゃべりプランSがお得であることが間違いないことが分かります。

ひよこ

とにかくコスパ重視というなら、Sプランでしょうね。

うさぎ

ネットはたっぷり使いたいならMプランが良いでしょう。

UQモバイルのガチャピンムックが青ピンクの理由は?

SIMカード

UQモバイルには、3つのSIMサイズがあります。

  • LTE用microSIM
  • LTE用nanoSIM
  • VoLTE用マルチSIM(mini/micro/nano)

こちらの3つ全てがキャッシュバックの対象となります。SIMカードのみで、端末をセットで購入しなくてもキャッシュバックが適用されます。

乗り換える方は、既にスマートフォンを持っていますので、自分のスマホで動作するSIMカードのみを契約される方が多いです。

SIMカードのみで申し込む場合は、使う予定の端末の動作確認端末を必ず行いましょう。SIMサイズが合っていても動作ができなければ、使うことができません。

そうすると、SIMカードのサイズ変更で事務手数料3240円が掛かります。また、使う予定の端末がUQモバイルの全てのSIMに対応していない場合もあります。

その場合は、UQモバイルで端末セットで購入しておけば良かったと後悔することになります。UQモバイルでは、端末を単品で販売したり、機種変更などは行っておりませんので、新規契約や乗り換え契約以外は自身で端末を用意することになります。

それでも、ネット通販でSIMフリー端末やUQモバイルに対応可能な端末を購入するという手もあります。

UQモバイルのスマホセット購入の場合は、SIM種別の選択はUQモバイル側が端末に見合ったサイズを自動で選択してくれるので、間違えることはありません。

SIMのみ契約の場合は、お客様がどの端末で使う予定なのか、UQモバイル側で把握することは困難ですので、お客様の自己責任のもとでSIM種別を選択して頂く形式となっております。

もし、SIM種別を間違えてしまったとしても自己責任となりますので、SIMカード交換手数料として3240円が掛かりますので、SIM種別が本当に合っているかどうか、慎重に判断する必要があります。

ひよこ

SIMのみ契約の場合は、3種類のSIMから自分で選択するから自己責任になってくるね。

うさぎ

間違えると交換手数料3000円を損してしまうから、事前の動作確認は必須だね。

SIMカードを選択する前に動作端末確認をする

今、使っている端末がUQモバイルで使う時にどのSIMカードで使えるかどうかは、「動作確認端末一覧」で調べます。

動作確認端末一覧はこちら

動作端末確認ページへアクセス後は、今使っている端末のメーカーを選択します。

iphoneを使っている場合は、Appleを選択します。この中で該当する端末を選択します。

iphone 6 (au版)でしたら、nano SIM専用となっております。

SIMカードがそれぞれどの端末で利用できるかも調べられます。

マルチSIMを選択

SONYの端末であればマルチSIMに対応しているのは、以下の4つの端末です。

この様に、お使いになる予定の端末の動作確認をチェックすることで、どのSIM種別なのかを確認することができます。

ひよこ

動作確認自体は全く難しくないね。

うさぎ

SIM種別が何になっているか確認して、そのSIMを契約するだけの話だね。

SIMカード交換方法

UQ家族割を使うと更にお得になる

UQモバイルは2017年6月8日より、ご家族で複数の回線をご利用される際に、指定の料金プランである、「ぴったりプランS/M/L」および「おしゃべりプランS/M/L」に契約いただくことで、2回線目以降の月額基本料金を毎月500円割引する「UQ家族割」を開始しました。

ひよこ

やっとUQモバイルも2017年6月8日から家族割引きサービスを開始したのね。

うさぎ

今までは家族でUQモバイルを利用するメリットが何もなかったから有難いね。

例えば、家族4人がUQモバイルの「ぴったりプランS/M/L」および「おしゃべりプランS/M/L」のいずれかのプランにそれぞれ契約した場合は、家族4人のうち1人は割引なしですが、残りの3人はそれぞれ毎月500円ずつ割引されるようになります。

UQモバイルが家族割引サービスを開始したことによって、家族全員でUQモバイルに乗り換えるメリットが大きくなりました。家族3人で乗り換えれば2人はそれぞれ500円割引となり家族全体で毎月1,000円割引、家族3人で乗り換えれば3人はそれぞれ500円割引となり家族全体で毎月1,500円割引となります。

家族のうち一人は親回線となり通常料金ですので、月額料金は変わりませんが残りの家族全員がそれぞれ500円割引となりますので、家族トータルで考えるとお得なサービスです。

ひよこ

家族割は2名以上からで、絶対に1人は親回線になり割引がないのね。

うさぎ

1人だけ500円割引が受けられないけど、家族の人数が増えれば増える程に、割引される人は増える仕組みよ。

UQ家族割は、おしゃべりプランやぴったりプランなどに契約することが条件ですので、電話を使う予定がある人にとっては、ぴったりなサービスです。

データ高速+音声通話プランであれば無料通話がつかない分、月額1,680円です。おしゃべりプランSであれば5分以内の電話かけ放題で1年目が1,980円、2年目が2,980円です。

ぴったりプランに至っては最初の2年間は60分の無料通話がついて1年目が1,980円、2年目が2,980円です。

ひよこ

家族全員が、通話定額プランを契約することが条件ということか。

うさぎ

無料通話を全く使わないなら考えものだけど、少しでも通話するなら、1年目は月額1480円になるし、端末は安く購入できるし、悪くないわよ。

無料通話がつかないプランと無料通話がつくプランを比較してみましょう。

 データ高速+音声通話プランおしゃべりプランSぴったりプランS
1年目月額1,680円月額1,980円月額1,980円
2年目以降月額1,680円月額2,980円月額2,980円
家族割適用1年目月額1,680円月額1,480円月額1,480円
家族割適用2年目月額1,680円月額2,480円月額2,480円

データ高速+音声通話プランはUQ家族割を適用できないので、これ以上割引できませんが、おしゃべりプランS、ぴったりプランSはUQ家族割適用で更に500円割引することができます。

ひよこ

コスパに惹かれて「データ高速+音声通話プラン」を契約しても、家族割の対象外という落とし穴があるね。

うさぎ

家族割を使えば1年目は1480円になるから、データ高速プランより200円安いから、通話定額プランもありだね。

そうすると、1年目はデータ高速+音声通話プランよりも200円安いという現象が起きてきます。イチキュッパ割は1年間限定ですが、それでも1年間は無料通話がついてデータ高速プランよりも200円安いというのはお得感でいっぱいです。

2年目はイチキュッパ割が外れてデータ高速+音声通話プランよりも800円安いです。UQ家族割を使えば2年目以降は800円の差で無料通話付のプランを使うことができるのです。

おしゃべりプランであれば5分以内の電話を月に何度もかける予定がある人、ぴったりプランであれば1ヶ月に合計60分程度のの電話をする予定がある人が通話定額プランに向いているでしょう。

ただし、データ容量はデータ高速プランよりも最初の2年間は1GB少なく、更に3年目以降は2GB少ない容量ですので、2GB或いは1GBで物足りないという方は、向かないプランです。

おしゃべりプランM、ぴったりプランMにすればデータ容量が最初の2年間は6GBまで増えますが、そんなに必要ない場合や、ぴったりプランの無料通話120分を使う予定がない人には割高なプランとなり向きません。

UQ家族割は、電話の使い方が見合っていて、データ容量も2GB以内で十分と言う方に向いているサービスと言えるでしょう。

ひよこ

Sプランは、データ容量が2GBと微妙なところが落とし穴ね。

うさぎ

ネットはそんなにしないならSプランでも十分だよ。

おしゃべりプラン、ぴったりプランは、最初の2年間はデータ容量や通話時間が2倍となりお得感がありますが3年目以降は、データ容量や通話時間は半分にまで減りますので、お得感がありません。

今回のUQ家族割では、おしゃべりプラン、ぴったりプランに契約するのが条件となっていますが、これはある意味では3年目以降も乗り換えさせずに使って頂けるようにしているのではないかと推測されます。

実際、500円割引よりも、データ容量2倍や通話時間2倍の方が価値としては高いでしょう。それを踏まえますとUQ家族割は2年間限定で使う分にはお得なサービスなのかもしれません。

ひよこ

家族割に惹かれて通話定額プランを契約したは良いが2年間が経過したら、データ容量は半減、通話時間は半減など厳しい条件となりますね。

うさぎ

家族全員が2年間限定で使うことにしたら良いのではないでしょうかね。

1回線目の親回線1人だけが割引なしで、2回線目以降の子回線は毎月500円割引になります。子回線は9回線目まで割引可能ですので、家族10人までUQ家族割は対応していることになります。

家族10人でも1人は親回線となり割引なしで、残りの9人が子回線となり毎月500円割引となります。

ひよこ

子回線9回線までということは親回線1人を含めると10人家族までOKってことね。

うさぎ

家族10人で契約する人はなかなかいないでしょうね。

料金プランは、「ぴったりプランS/M/L」および「おしゃべりプランS/M/L」なら、どれでも500円割引の対象です。Sプランが一番安く、Lプランは一番高いですが、割引率は一律同じです。

割引率が同じになりますので、月額料金の安いSプランが割引率としてはお得感があります。

ひよこ

通話定額プランならSでもMでもLでもOKってことね。

うさぎ

Lは高い料金だけど安い料金のSプランと割引額は変わらないのね。

「ぴったりプランS」および「おしゃべりプランS」であれば、最初の1年目は、イチキュッパ割とスマトク割を合わせて2,000円割引になりますので、月額3,980円が月額1,980円で使えます。そこからUQ家族割で更に500円割引しますと、月額1480円となります。

これは、無料通話がついていない「データ高速+音声通話プラン」の月額1,680円よりも200円安い計算になります。

ただし、「ぴったりプランS」および「おしゃべりプランS」は2年以降はイチキュッパ割がなくなりスマトク割の1000円割引のみとなるので、2年目以降はずっと1,000円割引の月額2,980円です。

ですから、「ぴったりプラン」および「おしゃべりプラン」は2年目以降の月額料金を見据えて計算していかなければなりません。

2年目以降の月額2,980円からUQ家族割500円を割引すると月額2,480円となります。これが、真の価格と言えるでしょう。

ひよこ

通話定額プランSの2年間の平均月額料金は2480円で家族割で1980円になるね。

うさぎ

2年間限定で利用すること1980円で無料通話もつくわけだから、高いとは言えないわね。

月額2,480円が安いか高いかは、電話の使い方により異なるでしょう。「おしゃべりプラン」であれば5分以内の電話は何度でも無料です。5分以内の電話を月に何回も使うのであれば、お得になるでしょう。

「ぴったりプラン」も然りで、Sプランであれば月の無料通話時間が60分あります。1ヶ月に60分程度、電話を使う予定があるのでしたら、お得になるでしょう。

ただし、60分の無料通話は2年間限定であり、3年目以降は30分と半分に減ります。これはSプランに限らずにMプラン、Lプランも無料通話時間が半分に減ります。

通話時間が半分に減った上で、データ通信量も半分に減り、更にイチキュッパ割も1年間で廃止されて1,000円高くなっているので、2年間限定でUQモバイルを使うのであればUQ家族割を併用することで、お得になると言えるでしょう。

ひよこ

電話を全く使わないでも、通話定額プランは端末割引制度のマンスリー割があるから見放せないよのね。

うさぎ

電話使わないなら、「データ高速+音声通話プラン」で十分と思われがちですが、端末は安く購入できないからね。

UQモバイルは家族間無料通話がある?

(参考:料金イメージ)

注意事項

  • 親回線1回線に対し、子回線は最大9回線までとなります。親回線は割引の対象外です。
  • 親回線を解約し、「UQ家族割」を継続される場合は、事前に子回線契約者を親回線に変更していただく必要があります。
  • 別途端末代金、SIMパッケージ料金(3,000円)およびユニバーサル料金(2円/月、2017年6月現在)等がかかります。

また表記の金額はスマトク割およびイチキュッパ割適用時の月額基本料金です。

スマトク割は課金開始月から起算して25ケ月間、月額基本使用料(おしゃべりプランSおよびぴったりプランSは月額基本使用料3,980円、おしゃべりプランMおよびぴったりプランMは月額基本使用料4,980円、おしゃべりプランLおよびぴったりプランLは月額基本使用料6,980円)から1,000円を割り引きます。

さらに課金開始月から起算して13ケ月間、イチキュッパ割として1,000円/月(日割り適用)を割り引きます。契約期間は2年間となります。

また、契約期間満了月の翌月以外に解約された場合は、別途契約解除料(9,500円)がかかります。なお、26ヶ月目以降は長期利用割引として月額基本使用料から1,000円を割り引きます。

UQモバイル 家族割引やデータシェアはある?

家族4人でUQモバイルに乗り換えると2年間で約35万円も安くなる

(1年目 16,580円/月おトク×12ヶ月 + 2年目 12,580円/月おトク×12ヶ月=349,920円おトク)

こちらの家族4人の月額料金は、あくまでも1年目の料金です。2年目はそれぞれ1,000円値上げされます。

おしゃべりプランとぴったりプランには、イチキュッパ割で毎月1,000円割引というものがありますが、これは1年間限定のサービスとなりますので、2年目以降は1,000円値上げされる形となります。

ひよこ

親回線の父親だけは500円割引がなくて気の毒ね。

うさぎ

子供が小さいうちは父が家族全員分をまとめて支払っているからトータルでは安くなって、父も喜んでいるんじゃない。

ひよこ

家族4人のうち3人はそれぞれ500円割引で毎月合計1500円割引と考えると負担は減るね。

おしゃべり/ぴったりプランS/M/Lの1年目の家族割適用時の月額料金

  • プランS月額1,980円⇒月額1,480円
  • プランM月額2,980円⇒月額2,480円
  • プランL月額3,980円⇒月額3,480円

1年目は、イチキュッパ割1,000円とスマトク割1,000円があるので、合計2,000円割引となっております。

ひよこ

UQ家族割の看板では「月額1480円」を強調してたけど、それは1年目限定なんだよね。

うさぎ

ずっと1480円と勘違いする人はいそうね。

おしゃべり/ぴったりプランS/M/Lの2年目以降の家族割適用時の月額料金

  • プランS月額2,980円⇒月額2,480円
  • プランM月額3,980円⇒月額3,480円
  • プランL月額4,980円⇒月額4,480円

2年目以降は、スマトク割1,000円割引のみとなります。3年目以降はスマトク割から長期割引に名前を変えて1,000円割引は継続されます。

ひよこ

家族割は2年目以降の月額料金もしっかりと見ておくべきね。

うさぎ

3年目以降をどうするか計画を立てておかないとね。

UQ家族割の申し込み方法と適用条件

UQ家族割よくある質問

UQ家族割は全ての料金プランで利用できる?
いいえ、「UQ家族割」は、「ぴったりプランS/M/L」「おしゃべりプランS/M/L」にご加入の契約回線のみご契約いただけます。

その為、「データ高速プラン」「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限プラン」「データ無制限+音声通話プラン」は対象外となります。

お申込みいただく親回線、子回線すべて、「ぴったりプランS/M/L」「おしゃべりプランS/M/L」のご契約であることが条件となります。

UQ家族割の申し込みはどこでできる?
全国のUQスポット、UQ mobile取扱店にご来店、またはUQお客さまセンターへのお電話でお申込みいただけます。

UQスポットを除く「UQ mobile取扱店」については新規回線契約を伴う受付のみ可能な店舗もございます。事前に店舗に確認の上、ご来店ください。

ひよこ

電話1本で受付で、名前のフルネーム、最初に登録した暗証番号を伝えると家族割の申し込みができるんだね。

うさぎ

電話のが楽で良いね。店舗にわざわざ行くほどでもないね。

UQお客様サポートセンター

0120-929-818
携帯電話・PHS可、9:00~21:00(年中無休)
一部IP電話からは接続できません

UQオンラインショップで契約した場合でも、UQ家族割は申し込みできる?
はい。出来ます。回線契約のお申込み完了後、全国のUQスポット、UQ mobile取扱店にご来店、またはUQお客さまセンターへのお電話でお申込みいただけます。

UQスポットとは?

UQモバイルを契約中ですが、後からUQ家族割の申し込みはできる?
はい。申込み可能です。

全国のUQスポット、UQ mobile取扱店にご来店、またはUQお客さまセンターへのお電話でお申込みいただけます。UQ家族割は契約時にしか申し込みできないということはありません。

UQ家族割対象プランを契約中であれば申し込みは可能です。

ひよこ

家族割引は後からでも申し込みできるんだね。

うさぎ

新規契約や乗り換え契約時だけでなく、既存顧客も対象だよ。

UQ家族割が申し込みできる家族の条件を教えて下さい。
UQ mobileの契約名義が、同一姓・同一住所のご家族を対象とします。

いずれかに違いがある場合は、家族である証明書(戸籍謄本、住民票、健康保険証、遠隔地用健康保険証、同性のパートナーシップを証明する書類など)をご提示いただく必要がございます。

住所は別ですが家族であればUQ家族割に申し込みできますか?
UQ mobileの契約名義が、同一姓・同一住所のご家族を対象とします。

いずれかに違いがある場合は、家族である証明書(戸籍謄本、住民票、健康保険証、遠隔地用健康保険証、同性のパートナーシップを証明する書類など)をご提示いただく必要がございます。

ひよこ

同じ苗字、同じ住所に住んでいるなら間違いなく家族だよね。

うさぎ

同じ苗字だけど、上京して一人暮らししてる場合は家族である証明書が必要ね。

同一名義の複数回線でUQ家族割を適用することはできますか?
はい、できます。

ご契約者が、同一姓・同一住所で、ぴったりプランもしくはおしゃべりプランにご加入されている回線であれば、「UQ家族割」を適用できますので、同一名義でもお申込みいただけます。

ひよこ

一人で2回線以上契約していても家族割は適用できるんだね。

うさぎ

「おしゃべりプランS」と「ぴったりプランS」を仕事用とプライベート用で分けようかな。

UQモバイルプランを比較

プラン月額料金データ容量最低利用期間通信速度
データ高速+音声通話プラン1,680円3GB1年間受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
おしゃべりプランS2,980円(1年間は1,980円)1GB/月(2年間は2GB/月)2年間受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
おしゃべりプランM3,980円(1年間は2,980円)3GB/月(2年間は6GB/月)2年間受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
おしゃべりプランL5,980円(1年間は4,980円) 7GB/月(2年間は14GB/月) 2年間受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
ぴったりプランS2,980円(1年間は1,980円)1GB/月(2年間は2GB/月)2年間受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
ぴったりプランM3,980円(1年間は2,980円)3GB/月(2年間は6GB/月)2年間受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
ぴったりプランL5,980円(1年間は4,980円) 7GB/月(2年間は14GB/月) 2年間受信最大225Mbps
送信最大25Mbps

月額料金の比較

おしゃべりプランとぴったりプランの最低月額料金プランはSとなっておりますが、最初の1年間は1,980円なるものの、1年経過すると2,980円に値上げされます。

この月額1,980円を大々的に押し出して、「おしゃべりプランS」「ぴったりプランS」が手頃で無料通話も充実していてお得にみえますが、月額1,980円は最初の1年間に限定されるもので、2年目以降はずっと2,980円と1,000円値上げされた状態となります。

2年間で割り切って使うなら、

月額1,980円×12ヶ月=23,760円、月額2,980円×12ヶ月=35,760円

23,760円+35,760円=59,520円÷24ヶ月(2年間)=月額2,480円

2年間の平均月額料金は、2480円となります。ですが、3年目4年目と使い続けるごとに平均値は上がっていくので、お得感が薄れてきてしまいますので、2年ごとの更新月1ヶ月の間に無料解約して再度契約するやり方が良いです。

ただし、このやり方ですと電話番号が変更されてしまいます。電話番号を変更しても問題ない場合は2年サイクルで解約⇒新規契約を繰り返していくのが一番良いです。

ひよこ

通話定額プランの特典が3年目からは外れるなら解約して新規契約すれば、また特典が受けられるね。

うさぎ

その代わり電話番号が変わってしまうから、抵抗ないなら良いんじゃない。

現状のUQモバイルは契約から最初の2年間は、データ容量2倍、ぴったりプランは無料通話時間2倍、イチキュッパ割で最初の1年間は1,000円割引、キャッシュバックで最大13000円現金プレゼントというサービスを提供しています。

これだけ優遇するのは、UQモバイルとしても新規顧客を獲得して契約者数を増やしていきたいからです。だからこそ、さまざまな特典を用意して、最初の2年間を優遇するのです。

ひよこ

UQモバイルとして都合が良いのは通話定額プランへの契約よね。

うさぎ

2年縛りだし、自動更新だし、顧客をすぐに手放さない様にできるわね。

ひよこ

マンスリー割なんかは2年間の利用が条件となるから端末ローンの支払いが終わるまでは乗り換えしにくい狙いもあるよね。

うさぎ

端末を安く購入できる代わりとして、最低利用期間内に解約すると解約料とマンスリー割の残り月数に応じた解除料が発生するから解約しにくいね。

3年目以降の長期利用者に対する優遇措置は全く取られていない現状にありますので、2年サイクルで新規で入り直すのが一番お得に使うことができるのではないかと思います。

ただし、電話番号を多くの人にまた連絡するのが大変とか面倒とか嫌とかいう気持ちがある場合は、解約⇒新規契約するのは向きません。あくまでも電話番号を変えても問題がない人に限られます。

ひよこ

3年目以降に使い続けても、家族割の500円割引くらいしか特典がないのが残念ね。

うさぎ

うーん、3年目以降は解約するかプラン変更するか考えてしまうね。

それに対してデータ高速プランは、月額1,680円で途中値上げなどはありません。最初の1年間で300円の差があり、2年目からは1,300の差が出てきます。2倍とまではいきませんが、それに近い形での差があります。

この差は、おしゃべりプランであれば5分以内の電話を何度でもかけ放題、ぴったりプランSであれば、最初の2年間は最大60分は1ヶ月無料通話ができるというものです。

今の時代は、LINEが主流になりましたので、友達とのやり取りはLINEで済ませてしまう方も多いです。LINEであれば通話は無料でできますので、わざわざお金のかかる電話を使う必要がありません。

そういう意味では、最初の1年間は300円高く、2年目以降は1,300円高く支払ってまで、おしゃべりプランやぴったりプランを選ぶ必要がなくデータ高速+音声通話プランで十分との決断に至るかと思います。

データ高速+音声通話プランの良いところは、1年目2年目3年目4年目と月額1,680円と変わらないことや、データ容量が3GBで変わらないことです。

通話定額プランのように、データ容量2倍、無料通話付、月額割引サービス、家族割サービスなどの優遇措置がありませんが、その反面として、月額料金は固定されデータ容量も減ることはありません。

つまり、1年目、2年目、3年目と永遠と月額料金やデータ容量に変化がないので、長期で安定して利用することができます。解約⇒新規で入り直す意味がないのです。

それに新規手数料3,240円掛かり、電話番号も変わるので事実上、お得感がないのです。

ひよこ

「データ高速+音声通話プラン」は、特典は何もないけど月額1680円と安いから良いね。

うさぎ

値上げもない、データ容量も減らない、など長期的な契約が可能なプランですね。

ひよこ

通話を滅茶苦茶使う場合は、通話料が最初の30秒から自腹だからキツイけど、LINE通話でも間に合うなら問題ないね。

うさぎ

今は、LINEが主流だから電話を使わない人は使わないからね。

UQモバイルとwimax併用するメリットとおすすめする理由

データ容量の比較

おしゃべりプランとぴったりプランのSは、最初の2年間は2GB/月であるものの3年目以降は1GB/月に減ります。おしゃべりプランとぴったりプランのSは、月額面もデータ高速+音声通話プラン3GBよりも割高なのにデータ容量が少ないです。

プランをSからMやLにすれば、データ容量が増えるかもしれませんが、月額料金が高くなります。月額3980円、5980円などになると、格安SIMの最大の魅力である月額料金面にお得感を感じなくなってしまいます。

おしゃべりプランとぴったりプランの無料通話に魅力を感じない限り、データ容量も少ないので価値を感じるのは難しいでしょう。

スマホを使う殆どの方が、ネット中心で電話機能は1ヶ月の間に1回使うか使わないか程度という方が増えています。ですから、データ容量は余裕をもって3GB程度は欲しいと願う人が多いでしょう。

データ高速+音声通話プランであれば、3GB/月ですので、少なくも多くもないちょうど良いデータ容量と言えるでしょう。

ひよこ

「データ高速+音声通話プラン」の3GBで足りないなら、通話定額プランのMプラン6GBが良いね。

うさぎ

節約モードを使えば、何とか3GBでもやり繰りできるなら、わざわざ高いプランを選ぶ必要はないけどね。

UQモバイルの電波弱い不安定で切れる?

データ容量はMプランが人気?

おしゃべりプランSとぴったりプランSは、最初の1年間が月額1,980円、2年目以降は月額2,980円と無料通話とデータ容量が2GBとそこそこついて月額料金も手頃で魅力的ではありますが、データ容量が2GBとネットを使う人にとっては物足りないものがあります。

S/M/Lプランの中で一番人気は、Mとなります。プランMであれば最初の2年間はデータ容量が6GBも使えます。その上、ぴったりプランであれば無料通話が2年間限定ではありますが120分とSプランの2倍にまで増えます。

おしゃべりプランは、S/M/Lに関わらず5分以内の通話は何度でも無料とプランごとによるお得度は、データ容量しか差がありません。

電話もネットも余裕を持ったスタンダードなプランと言えるでしょう。プランMは、最初の1年間が月額2,980円で2年目以降は月額3,980円です。

月額3,980円というと格安SIMとしては少々割高となりますが、キャリアと比較すれば断然に安くデータ容量や無料通話時間もたっぷり含まれていますのでお得です。

それにUQ家族割を使えば2回線目以降は500円割引となりますので、プランMでも月額3,480円にすることができます。

ひよこ

Sプランは月額料金が安いのは魅力的だけど、データ容量が2GBとちょっと少ないのが気がかりね。

うさぎ

Mプランなら6GB、しかもキャンペーンで初期費用無料やキャッシュバックがSより1000円多かったりするから2年間で20000円しか変わらないから高速通信に余裕を持ちたいならMが良いね。

ひよこ

Mプラン高いといっても、1年目は2980円、2年目は3980円、これはキャリアからすれば半額程度だから、そう考えると安いね。

うさぎ

auピタットプランでは3~5GBで月額5480円だから、それに比べたら明らかに安いわね。

uqモバイルとYモバイルの比較!定額通話プラン選ぶならどっち?

最低利用期間

キャッシュバックキャンペーン対象プランの「おしゃべりプランS/M/L」「ぴったりプランS/M/L」は、最低利用期間が定まっており、最低利用期間内に解約すると解約違約金として9500円が掛かります。

データ高速プラン、データ無制限プランの音声なしは、最低利用期間の定めがありませんが、それら2つはキャッシュバックの対象外となっております。

最低利用期間の定めのないプランをキャッシュバック対象にしてしまうと、3ヶ月程度で無料解約されても現金を入金していたらUQモバイルとしては赤字になってしまいます。

だからこそ、最低でも2年以上の利用期間定めのあるプランをキャッシュバックの対象にして、万が一、最低利用期間以内に解約されても9500円の違約金は回収できるので、UQモバイルとしては損出を出さないで済むことができます。

おしゃべりプランS/M/L、ぴったりプランS/M/Lは最低利用期間が2年間と長めになっており、更新月に解約のお申し出がない場合、更に24ヶ月間の契約として自動更新となります。

ひよこ

キャッシュバック対象プランは、最低利用期間が2年だから一度契約すると途中解約で解約金払うのが嫌で2年間利用する人が多そうね。

うさぎ

UQとしても2年という長期利用が見込まれる人にキャッシュバックで優遇したい意図はありそうね。

UQモバイル最低利用契約期間のあるプラン

プラン月額料金最低利用期間貰える現金額
データ高速プラン980円なしなし
データ高速+音声通話プラン1,680円1年間なし
データ無制限プラン1,980円なしなし
データ無制限+音声通話プラン2,680円1年間なし
おしゃべりプランS2,980円(1年間は1,980円)2年間(自動更新)10,000円
おしゃべりプランM3,980円(1年間は2,980円)2年間(自動更新)11,000円
おしゃべりプランL5,980円(1年間は4,980円)2年間(自動更新)13,000円
ぴったりプランS2,980円(1年間は1,980円)2年間(自動更新)10,000円
ぴったりプランM3,980円(1年間は2,980円)2年間(自動更新)11,000円
ぴったりプランL5,980円(1年間は4,980円)2年間(自動更新)13,000円

「おしゃべりプランS/M/L、ぴったりプランS/M/L」と「データ高速+音声通話プラン」では最低利用期間が1年間も差がある上、「おしゃべりプランS/M/L、ぴったりプランS/M/L」の契約期間は課金開始日を含む月を1ヶ月目として、25ヵ月間を・契約期間とします。(25ヵ月目を「契約満了月」、翌月を「更新月」といいます)。

更新月に解約のお申し出がない場合、更に24ヶ月間の契約として自動更新となります。更新月以外に解約された場合は、契約解除料(9,500円)がかかります。

つまり、更新月が1ヶ月間しかなく、その間に解約しなければ、また2年間は契約の縛りが出てきてしまいます。

2年ごとに無料で解約できるのは、たった1ヶ月ですので、この1ヶ月というのは、更にあと2年間を使っていくかどうかを慎重に判断する必要があります。

ひよこ

更新月は、たったの1カ月間で、その間にプラン変更なり、乗り換えなり、解約なりをしないとまた自動更新で2年間は解約料が掛かる期間となってしまうね。

うさぎ

更新月の1ヶ月がいつになるのか把握するのと、継続するかどうかは考えた方が良いね。

データ高速+音声通話プランは1年ポッキリで、契約縛りから自動的に開放されます。更新月のような厄介な規定もないので、1年経過すれば、乗り換えに解約金が発生しません。

こういったところに差が生じており、データ高速プランの方が1年を過ぎればいつでも解約違約金が発生しない手軽さがあります。

ひよこ

無料通話が付かないデータ高速プランは、最低利用期間も1年と短いし自動更新なしで、1年経過すればいつでも解約できるね。

うさぎ

無料通話もない、端末割引制度もない、データ増量もない、イチキュッパ割などもないから条件は優しくなっているのね。

「ぴったりプラン」「おしゃべりプラン」1年目の月額料金

1年目は、イチキュッパ割で1000円割引、データ容量2倍、ぴったりプランは無料通話時間が2倍、スマトク割1,000円割引があります。

プラン月額料金データ容量無料通話時間イチキュッパ割
(13ヶ月間)
スマトク割
(25ヶ月間)
おしゃべりプランS1980円2GB5分以内かけ放題-1,000円-1,000円
おしゃべりプランM2980円6GB5分以内かけ放題-1,000円-1,000円
おしゃべりプランL4980円14GB5分以内かけ放題-1,000円-1,000円
ぴったりプランS1980円2GB無料通話60分-1,000円-1,000円
ぴったりプランM2980円6GB無料通話120分-1,000円-1,000円
ぴったりプランL4980円14GB無料通話180分-1,000円-1,000円
ひよこ

イチキュッパ割は最初の1年間限定だから、2年目の値上げした料金を見据えておかないとね。

うさぎ

1年目と2年目の月額料金の落差は激しいから、1年目と2年目の平均額で考えて2年間使っていくと良いよ。

「ぴったりプラン」「おしゃべりプラン」2年目の月額料金

2年目は、イチキュッパ割で1000円割引が外れて、データ容量2倍、ぴったりプランは無料通話時間が2倍、スマトク割1,000円割引があります。

プラン月額料金データ容量無料通話時間スマトク割
(25ヶ月間)
おしゃべりプランS2,980円2GB5分以内かけ放題-1,000円
おしゃべりプランM3,980円6GB5分以内かけ放題-1,000円
おしゃべりプランL5,980円14GB5分以内かけ放題-1,000円
ぴったりプランS2,980円2GB無料通話60分-1,000円
ぴったりプランM3,980円6GB無料通話120分-1,000円
ぴったりプランL5,980円14GB無料通話180分-1,000円
ひよこ

2年目になると1000円上がるだけで、一気に安い感じがなくなりますね。

うさぎ

1000円の差は極端だからね。最低2年使えば良いから我慢だね。

「ぴったりプラン」「おしゃべりプラン」3年目の月額料金

3年目は、データ容量2倍、ぴったりプランは無料通話時間が2倍が外れます。スマトク割は長期割引に名前を変えて1,000円割引は継続されます。

プラン月額料金データ容量無料通話時間長期割引
(3年目以降)
おしゃべりプランS2,980円1GB5分以内かけ放題-1,000円
おしゃべりプランM3,980円3GB5分以内かけ放題-1,000円
おしゃべりプランL5,980円7GB5分以内かけ放題-1,000円
ぴったりプランS2,980円1GB無料通話30分-1,000円
ぴったりプランM3,980円3GB無料通話60分-1,000円
ぴったりプランL5,980円7GB無料通話90分-1,000円

3年目以降は、データ容量、ぴったりプランの無料通話時間、月額料金は永遠と変わりません。

おしゃべりプランの通話定額は、S/M/L一律同じ5分以内かけ放題で、1年目2年目、3年目以降も永遠と変わりません。

ひよこ

3年目は、データ容量が半分と少ない、ぴったりプランは無料通話時間が半分で少ないなど、寂しくなるね。

うさぎ

通話定額プランの黄金期は2年間までとなるということね。

UQモバイルとは何か?

通信速度

「おしゃべりプランS/M/L、ぴったりプランS/M/L」と「データ高速+音声通話プラン」は、どちらも通信速度が受信最大225Mbpsとなっており、通信速度は同じです。

月額料金に差があるものの、通信速度が同じですので、無料通話が要らない場合は、必然的に一番安いデータ高速+音声通話プランを選択するのが自然の流れでしょう。

これが、「おしゃべりプランS/M/L、ぴったりプランS/M/L」の通信速度が圧倒的に速くて、「データ高速+音声通話プラン」が遅い速度であれば、迷いが生じるかもしれませんが、通信速度が同じですので、あとは無料通話がいるかいらないかになってきますので決断にそう時間は掛からないでしょう。

おしゃべりプラン、ぴったりプランのSは最安プランで1年目は月額1,980円で利用することができますが、2年目からは、イチキュッパ割がなくなり2,980円に値上げされます。

そうなると、データ高速+音声通話プラン月額1,680円と半分近い差が生まれてしまいます。半分近く差が出るわりには、通信速度が変わらないのであれば、データ高速プランのお得度が強まります。

おしゃべりプラン、ぴったりプランの無料通話、下記で解説するスマトク割、マンスリー割などの割引サービスにどれだけ価値を見出せるかが焦点となります。勿論、使い方によっては、おしゃべりプラン、ぴったりプランの方がお得に使えるという人もいるでしょう。

ひよこ

UQモバイルのデータ容量に上限のあるプランは、全て高速通信で通信速度は一律同じになっているんだね。

うさぎ

その辺は平等になっているから、通信速度でプランを迷うということはなさそうね。

UQモバイルの通信速度は遅い・速い?

UQモバイルプランを比較その2

プラン音声通話速度制限
データ高速+音声通話プラン無料通話なし
20円/30秒
受信速度最大200kbps
おしゃべりプランS5分かけ放題
(5分を超過した部分は20円/30秒)
受信速度最大300kbps
おしゃべりプランM5分かけ放題
(5分を超過した部分は20円/30秒)
受信速度最大300kbps
おしゃべりプランL5分かけ放題
(5分を超過した部分は20円/30秒)
受信速度最大300kbps
ぴったりプランS無料通話60分/月
3年目以降は30分/月
受信速度最大300kbps
ぴったりプランM無料通話120分/月
3年目以降は60分/月
受信速度最大300kbps
ぴったりプランL無料通話180分/月
3年目以降は90分/月
受信速度最大300kbps

音声通話

データ高速+音声通話プランには、20円/30秒と無料通話がないので、電話をかけた分だけ支払うことになります。

20円/30秒が高いと感じるかもしれませんが、通話料を半額にできる通話アプリ「楽天でんわ」と「G-Call」があります。どちらも、現在使用中の090や080の電話番号で利用できます。

楽天でんわは、楽天の提供する楽天モバイルだけではなく他社であるUQモバイルでも利用が可能です。

楽天でんわ・G-Callは、両方とも通話料を半額にすることができる通話アプリです。どちらも月額料金無料で利用できますので、データ高速+音声通話プランは、アプリを利用することで通話料は事実上は10円/30秒となります。

これだけ安く通話料を抑えることができるので、「電話をそんなにしない」「電話をかける相手がいない」「電話を使う予定がない」「電話は誰からもかかってくる機械すらない」など電話はそんなに使わないという方は、電話がなくてもネックになりませんし、万が一電話を使う時が出たとしても、通話料が10円/30秒で済むなら安いものです。

ひよこ

「データ高速+音声通話プラン」は、最初から通話料が自腹になるけど、アプリで通話料は半額と安く使えるから、電話をそんなに使わないなら負担にはならないね。

うさぎ

使った分だけ通話料を支払うのに向いているのは、電話をそんなに使わない人限定になるけどね。

それに対して、おしゃべりプランS/M/Lには無料で5分以内の電話は何度でもかけ放題となっております。5分を超過した部分は20円/30秒となります。

おしゃべりプランは、5分以内の電話を何度も繰り返す人向けです。例えば親とは離れ離れで暮らしており、1日1回は声を聞かせてあげたいがゆえに、手短な電話をかけたいとか頻繁に電話をかけて繋がりたい時には必要となってきます。

親世代でLINEの使い方が分からない、或いはスマホすら持っていない場合は、電話を使わなければなりませんので、この5分かけ放題が重宝してきます。

これは例に過ぎませんが、何らかの理由で5分以内の通話を何度も使う方がいるかと思いますので、そういう人達に見合ったプランと言えるでしょう。

ひよこ

5分以内の電話を1ヶ月に20回も30回も使うなら、おしゃべりプランを契約する意味は出てくるね。

うさぎ

短時間の通話でも塵も積もれば山となるからね。

UQモバイルの通話定額プランには、もう一つあります。定まった時間の無料通話がついた「ぴったりプラン」です。

ぴったりプランは、S/M/Lに分かれており、Sが無料通話60分/月(3年目以降は30分/月)、Mが無料通話120分/月(3年目以降は60分/月)、Lが無料通話180分/月(3年目以降は90分/月)となっており、月額料金が高くなるごとに無料通話時間も増量されます。

ぴったりプランは、キャリアでも提供されているスタンダードなサービス内容となっており使い勝手は良いでしょう。1ヶ月の間に合計1時間くらいは話す予定がある方には向いているプランです。

電話を1時間も使うのに、データ高速+音声通話プランを選択してしまうと、通話アプリを利用しても通話料が10円/30秒で1時間で1200円の電話代が掛かってしまいます。

データ高速+音声通話プランは永遠と月額1680円に対して、60分の無料通話が付いてくる「ぴったりプランS」は、最初の1年間が1,980円、2年目からは2,980円に値上げされます。

データ高速+音声通話プランの1,680円に先ほどの1,300円を加算したとしても、2,980円ですから、ぴったりプランSの2年目以降の月額料金と変わらないということになります。

しかも、ぴったりプランSは、データ容量が2年間は2GB/月、3年目からは1GB/月となります。データ高速+音声通話プランは永遠と3GBですので、データ容量だけ捉えても雲泥の差が出てきます。

それに加えて、ぴったりプランSは2年縛りの自動更新、データ高速+音声通話プランは1年縛りの自動更新なしという違いがあります。

ひよこ

5分以内とか短い通話ではなく、20分や30分など、まとまった通話時間を無料にしたいなら、ぴったりプランだね。

うさぎ

ぴったりプランは、無料通話時間の上限がS・M・Lごとに限界があるから、月にどれくらいトータルで通話するかで、グレードも決まってくるね。

UQモバイルCM女優の三女の永野芽郁さん

通信速度制限

UQモバイルには通信速度制限があります。0~24時までを1日とし、前日までの直近3日間の通信量が「6GB」を超えている場合はネットワークの品質および利用の公平性確保を目的に、通信速度の制限が行われます。

データ高速+音声通話プランは基本データ容量を使い切った場合は、最大受信速度「200kbps」に制限されます。

「おしゃべりプランS/M/L、ぴったりプランS/M/L」は基本データ容量を使い切った場合は、受信速度が最大300kbpsに制限されます。

なお、データチャージ(有償)をいただくことで、データ容量を増やすことができます。

「100kbps」の差で「おしゃべりプランS/M/L、ぴったりプランS/M/L」の方が速度が優遇されているようです。月額料金が高いので仕方ありません。

0~24時までを1日とし、前日までの直近3日間の通信量が「6GB」を超えている場合は速度制限とありますが、その様な使い方をすることはあまりないから、通信速度制限は気にする必要がないでしょう。

通信速度制限の差も「100kbps」程度です。それだけの差で高い月額料金の「おしゃべりプランS/M/L、ぴったりプランS/M/L」を選択するには判断材料としては物足りないものがあります。

ひよこ

一応は通信制限あるけど、3日間で6GBって相当な量だから、殆どの人は無関係じゃないかな。

うさぎ

6GBっていったら、Mプランの月間容量に値するんもんね。

UQモバイルの速度制限後の速度は?

UQモバイルプランを比較その3

プランスマトク割イチキュッパ割マンスリー割
データ高速+音声通話プラン対象外対象外対象外
おしゃべりプランS-1,000円割引-1,000円割引適用対象
おしゃべりプランM-1,000円割引-1,000円割引適用対象
おしゃべりプランL-1,000円割引-1,000円割引適用対象
ぴったりプランS-1,000円割引-1,000円割引適用対象
ぴったりプランM-1,000円割引-1,000円割引適用対象
ぴったりプランL-1,000円割引-1,000円割引適用対象

スマトク割

スマトク割とは、ぴったりプランS/M/L、おしゃべりプランS/M/L(双方VoLTE用プラン含む)を契約した場合、課金開始月から起算して25ケ月間、基本使用料から1,000円を割り引きされるサービスです。

データ高速+音声通話プランは適用対象外となります。

このスマトク割は、25ヶ月間に限定されていますが、実は名前を変えて永遠と1,000割引は継続されます。26ヵ月目以降は「スマトク割」から「長期割引」と名前を変えて、1,000円の割引は継続されるようになっています。

長期利用割引の対象者は、ぴったりプランS/M/L、おしゃべりプランS/M/L(双方VoLTE用プラン含む)をご契約で、料金プランの更新月(26ヶ月目)に解約のお申し出がない場合に自動で適用になります。

3年目以降は「長期利用割引」の適用により、ずっと1,000円割引が受けられます。4年目も5年目も永遠とUQモバイルの割引制度が変わらない限り、1,000円割引は継続します。

ひよこ

スマトク割は2年限定かもしれないけど、3年目は「長期割引」に名前を変えるだけで割引自体は継続ね。

うさぎ

スマトク割の1000円割引は名前を変えても続くわけだから、なくならない割引ということね。

このスマトク割がお得になるかどうかで言えば、ぴったりプランS/M/L、おしゃべりプランS/M/Lの元々の月額料金が高めに設定されているので、スマトク割で1,000円割引したとしても、サービスに見合った妥当な価格にしかなりません。

それに名前を変えて3年目以降も永遠と割引が継続されるのを見てしまうと、スマトク割した料金は通常の月額料金のようなものです。

データ高速+音声通話プランには、スマトク割が対象外となっておりますが、月額1,680円と元々の月額料金が安めに設定されているので、これ以上は値引きようがありません。

仮にデータ高速+音声通話プランをスマトク割対象として1,000円値引きしてしまえば、月額680円とあり得ない破格の料金になってしまいます。500円値引きでも1,180円ですから、他社格安SIMと比較しても安くなってしまいます。

UQモバイルは、通信速度がどこの格安SIMよりも早いブランド価値が付いており、ましてやデータ高速プランは3GBとなっており、1GBの様な少ないデータ容量ではありません。

通信速度の速さと3GBという適度な容量で月額1,680円というのは、決して高い金額ではなく、速度が本家のau並みに出るところを見ていると、寧ろお買い得とも言えます。

ひよこ

スマトク割で1000円割引って聞こえは良いけど、もともとの基本料金が高めに設定されているから妥当な料金になるだけね。

うさぎ

ユーザーの心理として、Sプランがもともと1980円よりも、3980円がスマトク割1000円割引、イチキュッパ割引1000円割引で月額1980円と謳った方が響きやすいのでしょうね。

スマトク割キャンペーン条件は?

イチキュッパ割

イチキュッパ割とは、ぴったりプランS/M/L、おしゃべりプランS/M/L(双方VoLTE用プラン含む)をご契約いただいた場合、課金開始月から起算して13ケ月間、基本使用料から1,000円を割り引くサービスです。

データ高速+音声通話プランは対象外となります。

イチキュッパ割は1年間限定ですので、2年目以降は1,000円割り増しの月額料金となります。

おしゃべり/ぴったりプランSは、最初の1年間は1,980円で2年以降は2,980円、おしゃべり/ぴったりプランMは、最初の1年間は2,980円で2年目以降は3,980円、おしゃべり/ぴったりプランLは、1年間は4,980円で2年目以降は5,980円となります。

ひよこ

イチキュッパ割の名前の由来は、Sプランの1年目がイチキュッパ割1000円割引で月額1980円になるからだよ。

うさぎ

1980円を「イチキュッパ」と呼んで、1980円で通話とネットがコミコミで使えるぜアピールになるからなんだね。

イチキュッパ割1~13ヶ月目-1,000円割引13ヶ月目以降は割引なし
ぴったりプランS月額1,980円月額2,980円
ぴったりプランM月額2,980円月額3,980円
ぴったりプランL月額4,980円月額5,980円
おしゃべりプランS月額1,980円月額2,980円
おしゃべりプランM月額2,980円月額3,980円
おしゃべりプランL月額4,980円月額5,980円

ぴったりプランS/M/L、おしゃべりプランS/M/Lは、最初の1年間はスマトク割1,000円割引とイチキュッパ割1,000円割引で合計2,000円割引となりますので、月額料金が安くなりますが、2年目以降はイチキュッパ割が適用されなくなるので、月額料金が少々高いと感じてしまいます。

データ高速+音声通話プランであれば、最初から割引サービスはないものの、永遠と月額1,680円ですので、途中で値上げされて高いと感じることもなく安定した月額料金をキープしています。

一見、割引サービスが豊富にあって優遇されてお得に感じる「ぴったりプランS/M/L、おしゃべりプランS/M/L」ですが、実は月額料金が最初から高めに設定されており、値引きをサービスをスマトク割1,000円割引とイチキュッパ割1,000円割引2つをつける事で、お得に見せかける戦略が立てられています。

データ高速+音声通話プランが何の割引も特典もなくお得感がないように見えますが、データ容量と通信速度と月額料金を総合的に考えますと、お得な契約であることに間違いありません。

ひよこ

UQモバイルを初めて契約する人は、月額1980円の魅力に引き込まれるみたいね。

うさぎ

蓋を開けたら、2年目は2980円に値上げされて、困惑してしまうみたいだけど。

auからUQモバイル乗り換えでキャンペーンは適用は?

マンスリー割

マンスリー割とは、おしゃべりプラン・ぴったりプランへのご加入と同時に、UQモバイルの指定機種をご購入いただいた場合に、対象機種に応じてUQモバイル指定の金額を、課金開始月の翌月から24ヶ月間、月額基本料金を上限として割引きするサービスです。

データ高速+音声通話プランは対象外となります。

例えば、iPhone 5sでは、端末代金の分割支払金は1,800円×24ヶ月間ですが、同じ金額の1,800円がマンスリー割として、24ヶ月間にわたって割引されるので、端末の実質負担額は初月に支払う100円だけということになります。

ひよこ

端末代金が5~7万するiphoneは実質108円というわけにはいかないようね。

うさぎ

3万円台の機種なら108円になるから、コスパ重視なら実質価格で機種を決めたら良いね。

端末プランおしゃべりプランS
ぴったりプランS
おしゃべりプランM
ぴったりプランM
おしゃべりプランL
ぴったりプランL
iphone 5S
月額基本料金 3,980円 4,980円 6,980円
スマトク割(2年間)-1,000円-1,000円-1,000円
イチキュッパ割(1年間)-1,000円-1,000円-1,000円
端末購入アシスト加算量(2年間) 1,800円 1,800円 1,800円
マンスリー割(2年間)-1,800円-1,800円-1,800円
月額料金 1,980円 2,980円 4,980円

UQモバイル端末マンスリー割使用での各料金

マンスリー割を使うことで2年間端末の割引補助がありますので、一番安くて実質108円で購入できます。マンスリー割は端末により異なります。

例えば、iPhone SE(32GB)なんかは端末代金の半分程度しかマンスリー割されないので、実質価格26,028円となります。つまり、2年間で26,028円は負担することになります。

あとは、プランによりマンスリー割価格が異なる場合があります。例えば、HUAWEI P10 liteはSプランのマンスリー割が-864円で、プランMとプランLが-1,404円です。

そうすると、プランMとプランLは実質108円となりますが、プランSは実質13,068円となります。

ひよこ

実質108円の機種は、初月だけ108円負担すれば残りの23ヶ月は端末代は一切負担しなくて済むね。

うさぎ

2年間は月額料金だけ支払うだけで端末が108円で購入できるのなら、相当に負担は軽減されるね。

マンスリー割と端末購入アシストとは損しない?

端末名端末代金プラン分割支払金(2回目以降) マンスリー割引2回目以降月額料金
HUAWEI P10 lite33,804円プランS1,404円
1,512円(初回)
-864円2,678円
HUAWEI P10 lite33,804円プランM1,404円
1,512円(初回)
-1,404円3,218円
HUAWEI P10 lite33,804円プランL1,404円
1,512円(初回)
-1,404円5,378円
AQUOS L237,692円プランS1,296円
1,404円(初回)
-1,296円2,138円
AQUOS L237,692円プランM1,296円
1,404円(初回)
-1,296円3,218円
AQUOS L237,692円プランL1,296円
1,404円(初回)
-1,296円5,378円
DIGNO® W37,692円プランS1,566円
1,674円(初回)
-1,026円2,678円
DIGNO® W37,692円プランM1,566円
1,674円(初回)
-1,566円3,218円
DIGNO® W37,692円プランL1,566円
1,674円(初回)
-1,566円5,378円
BLADE™ V77028,620円プランS1,188円
1,296円(初回)
-1,188円2,138円
BLADE™ V77028,620円プランM1,188円
1,296円(初回)
-1,188円3,218円
BLADE™ V77028,620円プランL1,188円
1,296円(初回)
-1,188円5,378円
DIGNO® Phone29,916円プランS1,242円
1,350円(初回)
-1,242円2,138円
DIGNO® Phone29,916円プランM1,242円
1,350円(初回)
-1,242円3,218円
DIGNO® Phone29,916円プランL1,242円
1,350円(初回)
-1,242円5,378円
DIGNO V26,028円プランS1080円
1188円(初回)
-1,080円2,138円
DIGNO V26,028円プランM1080円
1188円(初回)
-1,080円3,218円
DIGNO V26,028円プランL1080円
1188円(初回)
-1,080円5,378円
arrows M04 PREMIUM36,396円プランS1512円
1620円(初回)
-432円3,218円
arrows M04 PREMIUM36,396円プランM1512円
1620円(初回)
-972円3,758円
arrows M04 PREMIUM36,396円プランL1512円
1620円(初回)
-972円5,918円

マンスリー割適用での端末実質価格

端末名端末代金プラン実質価格
HUAWEI P10 lite33,804円S13,068円
HUAWEI P10 lite33,804円M108円
HUAWEI P10 lite33,804円L108円
AQUOS L237,692円S108円
AQUOS L237,692円M108円
AQUOS L237,692円L108円
DIGNO® W37,692円S13,068円
DIGNO® W37,692円M108円
DIGNO® W37,692円L108円
BLADE™ V77028,620円S108円
BLADE™ V77028,620円M108円
BLADE™ V77028,620円L108円
LG X screen37,692円S108円
LG X screen37,692円M108円
LG X screen37,692円L108円
DIGNO® Phone29,916円S108円
DIGNO® Phone29,916円M108円
DIGNO® Phone29,916円L108円
iPhone SE(32GB)54,540円S26,028円
iPhone SE(32GB)54,540円M26,028円
iPhone SE(32GB)54,540円L26,028円
iPhone SE(128GB)64,908円S38,988円
iPhone SE(128GB)64,908円M38,988円
iPhone SE(128GB)64,908円L38,988円
iPhone 6s(32GB)59,724円S46,764円
iPhone 6s(32GB)59,724円M33,804円
iPhone 6s(32GB)59,724円L33,804円
iPhone 6s(128GB)72,684円S59,724円
iPhone 6s(128GB)72,684円M46,764円
iPhone 6s(128GB)72,684円L46,764円
DIGNO V26,028円S108円
DIGNO V26,028円M108円
DIGNO V26,028円L108円
arrows M04 PREMIUM36,396円S26,028円
arrows M04 PREMIUM36,396円M13,068円
arrows M04 PREMIUM36,396円L13,068円

マンスリー割適用での月ごとの端末残金

HUAWEI P10 liteを選択して、「おしゃべりプランM/L」もしくは「ぴったりプランM/L」を契約した場合、端末実質価格は24ヶ月目で108円となります。

これは、毎月マンスリー割として1,404円の割引補助があるからです。24回払いで端末を購入した場合、端末をUQモバイルに借金して購入するようなものです。

24回払いで購入した場合は、初月が1,512円で2ヶ月目~24ヶ月目までの23回の支払いは1,404円を端末代として支払っていきます。マンスリー割では24回は毎月1,404円割引サポートがありますので、事実上は初月の108円しか、負担しなくて済むようになっています。

ひよこ

マンスリー割の良いところは、端末代金が実質108円になる機種もあるし、24回分割払いもできるから、一括払いのような初月に負担がかからないところね。

うさぎ

2年縛りだけど端末を安く購入できる割引制度が適用になるのは魅力的だね。

利用月分割支払金マンスリー割端末残金
1ヶ月目1,512円-1,404円32,400円
2ヶ月目1,404円-1,404円30,996円
3ヶ月目1,404円-1,404円29,592円
4ヶ月目1,404円-1,404円28,188円
5ヶ月目1,404円-1,404円26,784円
6ヶ月目1,404円-1,404円25,380円
7ヶ月目1,404円-1,404円23,976円
8ヶ月目1,404円-1,404円22,572円
9ヶ月目1,404円-1,404円21,168円
10ヶ月目1,404円-1,404円19,764円
11ヶ月目1,404円-1,404円18,360円
12ヶ月目1,404円-1,404円16,956円
13ヶ月目1,404円-1,404円15,552円
14ヶ月目1,404円-1,404円14,148円
15ヶ月目1,404円-1,404円12,744円
16ヶ月目1,404円-1,404円11,340円
17ヶ月目1,404円-1,404円9,936円
18ヶ月目1,404円-1,404円8,532円
19ヶ月目1,404円-1,404円7,128円
20ヶ月目1,404円-1,404円5,724円
21ヶ月目1,404円-1,404円4,320円
22ヶ月目1,404円-1,404円2,916円
23ヶ月目1,404円-1,404円1,512円
24ヶ月目1,404円-1,404円108円

マンスリー割が利用できるおしゃべりプラン・ぴったりプランは自動更新の2年契約ですので、更新月以外に解約した場合には、契約解除料9,500円がかかります。

と言うことは、2年ごとに1ヶ月しか無料で乗り換えしたり、解約したりすることができなくなります。いくら、マンスリー割で端末を割引できたとしても乗り換えや解約の自由度が下がってしまっては、お得感がなくなってしまいます。

データ高速+音声通話プランであればマンスリー割はありませんが、端末はネット通販を利用して自身で用意したり、キャリアで使っていた携帯がUQモバイルで動作する端末であれば、わざわざ端末をマンスリー割で入手する必要はありません。

ひよこ

端末を自身で用意できるなら、マンスリー割は必要ないけどね。

うさぎ

それでも、ネット通販で購入するよりもマンスリー割で購入した方が遥に安いのは事実だけどね。

UQモバイルは実質0円、100円、108円端末はある?

UQモバイルプランを比較その4

UQモバイルはキャリアに次ぐ速度

下記の通信速度比較の通り、UQモバイルは、ドコモやauやソフトバンクに引けを取らない速度を保っていることが分かります。

昼の休憩で皆が一斉に使い始める昼の12時台では、UQモバイルがドコモやソフトバンクに圧倒的に勝っている状況です。

その他、朝の通勤に向かう移動時間の7時~8時台、退勤した後の移動時間の18~19時台なども圧倒的に勝っています。

UQモバイルは、親会社のauには勝らないものの、ドコモやソフトバンクよりも通信速度が速い時間帯が多数あることが分かります。

この結果からUQモバイルはキャリアに匹敵するだけの実力を兼ね備えていながらも格安SIMとして月額料金が安いということです。通信速度が速く月額料金も安いのでしたら非の打ちどころがありませんので、契約に躊躇する理由が見当たらないでしょう。

単位MbpsUQドコモausoftbank
0時台50.3238.3445.4130.60
1時台54.4925.3950.8020.59
2時台47.5022.2550.3825.55
3時台50.0031.8143.5922.84
4時台42.1032.0343.1425.47
5時台42.4729.2347.7428.97
6時台42.6516.3232.7224.62
7時台40.1923.1238.5625.53
8時台47.3031.1089.5623.17
9時台40.8631.1946.1123.98
10時台44.3230.0077.0328.60
11時台45.9827.3046.4128.63
12時台39.8326.7851.0717.16
13時台51.6437.31105.3730.59
14時台38.0319.5795.5729.67
15時台49.3230.29112.6619.53
16時台47.8937.1887.3522.55
17時台56.8924.0566.2720.91
18時台44.8726.9174.9219.52
19時台50.6529.5068.8615.01
20時台44.6023.6475.9911.99
21時台50.0017.3454.3215.82
22時台55.8432.0352.2614.50
23時台37.6136.4927.0915.93

ソフトバンクからUQモバイルへ乗り換えはお得か比較

UQモバイルは格安SIMの常識を超えた?

格安SIMのイメージと言えば、月額料金は安いものの、通信速度が使い物にならないくらい遅いのではないかと思われている方が多いです。

それは無理もありません。他の殆どの格安SIMは3大キャリアと比較したら、通信速度は格段に落ちているからです。

そんな中で、UQモバイルは別格で親会社のKDDI(au)の電波を使っています。

UQ mobileとKDDIのau本回線のIPアドレスや通信経路がほぼ一緒という事象です。

普通のMVNOであったら本来はあり得ませんが、UQモバイルは回線を借りているキャリアの通信経路とほぼ同じ通信経路で通信が行われている、という状態になっており、その影響でほぼauの回線と変わらない通信速度や品質が実現しています。

そういう経緯から、ドコモやソフトバンクを凌駕する通信速度になっております。

uqモバイルとYモバイルの比較!定額通話プラン選ぶならどっち?

UQモバイル販売の端末で売れているのは?

UQモバイルで販売している端末の中で一番売れているのは、「HUAWEI P10 lite」です。

「HUAWEI P10 lite」の売れている理由は?

大容量バッテリー

HUAWEI P10 liteの電池持ちは3,000mAhの大容量バッテリーで良好です。急速充電にも対応しており、短時間の充電でも長い時間使うことできます。35分充電で一日使うことができます。

この高いパフォーマンスを支えるのは、高性能オクタコアチップセットHiSilicon製 HUAWEI Kirin 658です。最新の製造プロセスにより高速処理と高い省電力性を併せ持つCPUを採用しています。

さらにファーウェイ独自の、システムパフォーマンスを改善し続ける機械学習アルゴリズムと、ファイルの断片化を解消する新しいファイルシステムにより、使い始めの高速レスポンスが長続きします。

高性能カメラで、素早くキレイに撮影

メインカメラには1200万画素の高性能カメラを搭載。1.25μmの大型ピクセルのイメージセンサーを採用しているため、暗い場所でもより細やかなディテールを再現する美しい写真が撮影できます。定評ある「ビューティーモード」、「パーフェクトセルフィー」も健在です。

また、像面位相差フォーカスとコントラストフォーカスによる高速で正確なオートフォーカスで、動きのある被写体でも撮りたい瞬間を逃しません。

その他、常にキレイなセルフィーを撮れる「パーフェクトセルフィー」や、芸術的なスローシャッター写真を簡単に撮影できる「ライトペインティングモード」、味覚を刺激する写真が撮れる「フードモード」、こだわりのマニュアル撮影を可能にする「プロカメラモード」など、シーン毎に選べる撮影モードを豊富に搭載しています。

コストパフォーマンスが良い

UQモバイルでは、33,804円とスマホとしては手頃な価格な点が受けているようです。

iphoneやエクスペリアなどの最新機種を手に入れようとすると、6~7万円しますが、HUAWEI製は新機種でも3万円台と低価格です。

低価格だけど、iphoneやエクスペリアなどのブランド機種に、機能面やデザインやバッテリーなど引けを取らない価値があるので、購入者の満足度は非常に高いです。

価格.comでも常に上位にランクイン

価格.comのスマホランキングでは、HUAWEI製が常に1~3位に入っており、評価数値も5段階中4以上を記録しており、ユーザーの満足度は高いものとなっております。

価格が安いと、バッテリーの減りが激しいとか、カメラの画質が悪いとか、レスポンスが悪いとか、デザインがダサいとか、とかの先入観を持ちがちですが、HUAWEI製に関してはSONY製品やapple製品やシャープ、富士通などに全く引けを取らない機能とデザインを誇っています。

月間データ容量が最大2倍キャンペーン

5分かけ放題の「おしゃべりプラン」および無料通話タイプの「ぴったりプラン」の各々3プラン(S/M/L)を新規またはMNPで契約した全てのユーザーがキャンペーンの対象となり、月間データ容量が2年間に限り2倍になります。

更に、ぴったりプランは無料通話時間が2年間に限り2倍になります。

ただし、月間データ容量が最大2倍になる特典は、auおよびau系MVNOから転入したユーザーが対象外です。

スマトク割キャンペーン

ぴったりプランS/M/L、おしゃべりプランS/M/L(双方VoLTE用プラン含む)をご契約いただいたお客さまについては、課金開始月から起算して25ケ月間、基本使用料から1,000円を割り引きます。

スマトク割の1000円割引は2年間限定ですが、3年目以降は長期割引に名前を変えて1,000割引は継続されます。ですから、1,000円の割引は永遠と続く様になっております。

 イチキュッパ割スマトク割長期割引割引合計
13ヶ月目まで1,000円割引1,000円割引2,000円割引
25ヶ月目まで1,000円割引1,000円割引
26か月目以降1,000円割引1,000円割引

イチキュッパ割キャンペーン

イチキュッパ割は、ぴったりプランS/M/L、おしゃべりプランS/M/L(双方VoLTE用プラン含む)をご契約いただいたお客さまについては、課金開始月から起算して13ケ月間、基本使用料から1,000円を割り引くサービスです。

イチキュッパ割は最初の1年間限定ですので、2年目以降は1,000円の割引サービスが廃止されて1,000円月額料金が上がることになります。

「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」のSプランであれば、最初の1年間は、月額1,980円でしたが2年目以降は月額2,980円となります。

ですから、UQモバイルで得するのは2年間限定と言えそうです。3年目4年目と継続しても。割引サービスが増えることはありません。2年単位で乗り換えするのが賢い選択ともいえるでしょう。

イチキュッパ割は、月途中でのご契約や解除された場合、日割りを適用いたします。

Try UQ mobileレンタル

UQモバイルでは、ご契約前にUQモバイルの快適な通信品質を15日間無料でお試しいただける「Try UQ mobile」の提供サービスがあります。

Try UQ mobile レンタルは、本契約前に登録料金やレンタル料金、配送費用など一切掛からず無料で15日間UQ mobileをお試しできるサービスです。

過去にサービスを利用していたことがある場合でも、利用から180日以上経過していれば再度申し込めます。

「Try UQ mobile」は、この様な悩みを解決します。

  • UQモバイルの通信速度が遅かったらどうしよう
  • UQモバイルは宣伝では良いことばかり書いてあるけど使ってみないと分からない。
  • UQモバイルの電波繋がりやすさはどうなっているだろう
  • 自身の端末で本当に動作するだろうか

など格安スマホ、SIMに対する不安、UQの通信品質への不安を一気に解消することができます。

格安SIMがどんなものか一度試してみたい、自分の行動範囲ではきちんと使えるのだろうか、速度はどれくらい出ているのか試したいなど試して検討することができます。通信速度やエリアに自信があるからこそ出来るサービスですね。

広告ではいくら良いことを言っていても、蓋を開けたら残念だったなんて記憶が過去の経験上あったなんてことはあるかと思います。

実際、UQモバイルは通信速度面において格安SIMの中では一番速いと言われています。本当にau本家並みの速度でもって速いのだろうか。また、auのKDDI親会社の恩恵を本当に受けているのだろうかなど、実際に使ってみてハッキリすることはあります。

そんな方の為に、「Try UQ mobile」は用意されており、疑いを持っているなら、自ら確かめて頂くのが最善かと思います。サービスは試しもしないのに購入してしまうとイメージ違いによる不満が出るものです。

それを防止するためには、契約前に一度試してみて納得をして頂いた上で契約に至るのが一番良いのです。

UQモバイルは、「Try UQ mobile」を提供するのは、自社の通信品質には自信があるからでしょう。他の格安SIMではレンタルサービスを行っていない会社はザラにあります。

契約前に「Try UQ mobile」で持って無料で試させるのは、試した後に「やっぱり遅い」とは言わせないだけの自信を持っていることが伺えます。

実際、他の格安SIMからUQモバイルに乗り換えてみると通信速度は歴然の差でスピードがアップしていますので、ネットが快適になりストレスを感じさせません。

こういった評判の良いレビューがネット上には沢山転がっているかと思いますが、それを鵜呑みにできず半信半疑な方はいらっしゃると思います。そういう人は是非とも、「Try UQ mobile」を活用して頂き試していきましょう。

Try UQ mobileご利用の流れ

  • まずはTry UQ mobileにアクセスして、ページ中盤にある「Try UQ mobileのお申し込み」のボタンをクリックします。
  • 仮お申し込み
  • 仮お申し込みのためのメールアドレスまたは電話番号を登録

  • 本お申込み
  • 受信したメール内のURLへアクセスして必要な情報を入力して完了

  • 自宅で受け取り
  • UQ mobileをお楽しみください。

  • 機器返却
  • 本登録完了時のメールに記載されている返却期限日に必着するように返却しましょう。UQモバイルへ機器が返却される返却手続き完了メールが届きます。

Try UQ mobileお申込み条件

  • 日本国内に在住の20歳以上の方(実際にご利用される方も20歳以上であること)
  • お申し込み者ご本人様名義のクレジットカードをご登録いただける方
  • 過去180日間以内に本サービスのご利用履歴がない方、また貸出機器の未返却履歴のない方
  • その他、本サービス利用規約PDFに同意いただける方

Try UQ mobileでは自分のスマホを使うことができる?

現在、ご利用中のスマホを使って試すことができます。ただし、動作確認するかどうか事前に調べる必要があります。

動作確認端末一覧はこちら

貸出端末・SIMは?

Try UQ mobileでは、端末の貸し出しを行っています。UQモバイルで動作確認端末をお持ちでない場合やスマホ自体を持っていない場合は貸し出しサービスをご利用下さい。

貸出するUQ mobile機器はすでに販売終了となっている機種も含まれています。貸与するUQ mobile機器はお一人様、1台と定められており、2台・3台と複数の貸し出しは行っておりません。

また、機器の色は見本と異なる場合があります。色の指定まではできません。

貸出端末・SIMの在庫状況はこちら

ここで在庫がなければ仮登録できません。在庫がない場合は定期的にアクセスして在庫が補充されるのを待ちましょう。

スマホは機種は選ぶことができます。

  • HUAWEI P10 lite
  • AQUOS L2
  • DIGNO® W
  • AQUOS L
  • HUAWEI P9 lite PREMIUM

選べる端末は、お一人様一台限りと決まっています。端末の色については選ぶことができず、見本の色と異なる場合があります。

SIM種別も選択可能です。

  • LTE用microSIM
  • LTE用nanoSIM
  • VoLTE用マルチSIM(micro/nano)

try uq mobileレンタルは通話できない?

UQ購入サポート

従来よりUQモバイルでは「端末購入アシスト」として端末の分割代金を機種ごとに決められた「マンスリー割」と併用し、購入時負担・月額支払を軽減するという形式で提供していました。

この「端末購入アシスト」は2017年6月7日で受付終了しており、それに代わって適用されるのが6月8日から始まったUQ購入サポートというわけです。

割引の性質としてはどちらもよく似ていますが、「端末購入アシスト」が「500」~「2500」まで15種類に分かれていたのに対し、UQ購入サポートの方がよりシンプルな料金体系に改善されました。

UQ購入サポート適用条件

  • UQモバイル指定の販売店で、対象機種を一括払いでご購入いただくこと。
  • その新規加入にあたり、UQモバイル指定の「おしゃべりプラン、もしくはぴったりプラン」※にご加入いただくこと。

UQ購入サポート特典

  • 一括払いでご購入いただいた指定機種の本体代金の一部を当社負担により割り引きます。

※機種によって割引金額は異なります。
※本サービスをご利用の場合、マンスリー割が適用されません。既にマンスリー割が適用されている場合、本サービスのお申込み月の前月末日をもってその割引適用を終了します。

UQ購入サポート解除料

本サービスをご利用のお客さまは、本サービスのお申込み月を1ヶ月目として12ヶ月以内(暦月単位)に、指定プラン(おしゃべりプランM、おしゃべりプランL、ぴったりプランMまたはぴったりプランLに限ります。)以外の料金プランへの変更、UQ mobile契約の解除または端末購入を伴う機種変更もしくは端末増設のいずれかの事象が発生した場合、別表に定めるUQ購入サポート解除料をお支払いいただきます。

UQサポート解除料(税込)

経過月数UQ購入サポートの割引額が21600円の場合UQ購入サポートの割引額が10800円の場合UQ購入サポートの割引額が5400円の場合
1ヶ月目21600円10800円5400円
2ヶ月目20700円10350円5175円
3ヶ月目19800円9900円4950円
4ヶ月目18900円9450円4725円
5ヶ月目18000円9000円4500円
6ヶ月目17100円8550円4275円
7ヶ月目16200円8100円4050円
8ヶ月目15300円7650円3825円
9ヶ月目14400円7200円3600円
10ヶ月目13500円6750円3375円
11ヶ月目12600円6300円3150円
12ヶ月目11700円5850円2975円

割引内容・注意事項

  • 以下の金額(税込)を割引します。
  • 「UQ購入サポート」の適用を受けて携帯電話をご購入いただいた月を初月として、12ヶ月以内にそのUqmobile通信契約について指定の料金プラン以外へのプラン変更、UQ mobile回線を解約・一時休止された場合、「UQ購入サポート」に係る経過月数、機種に応じて下表に定める「UQ購入サポート解除料」がかかります。
  • 機種別の適用金額は、製品ページをご覧ください。
指定料金プランおしゃべりプランS/ぴったりプランS
購入機種「ZenFone Go」「ZenFone2 Laser」左記以外の当社指定機種
値引額値引額:5,400円(税込)値引額:10,800円(税込)
経過月と解除料解除料金(税込)解除料金(税込)
1ヶ月目5400円10800円
2ヶ月目5175円10350円
3ヶ月目4950円9900円
4ヶ月目4725円9450円
5ヶ月目4500円9000円
6ヶ月目4275円8550円
7ヶ月目4050円8100円
8ヶ月目3825円7650円
9ヶ月目3600円7200円
10ヶ月目3375円6750円
11ヶ月目3150円6300円
12ヶ月目2975円5850円
13ヶ月目0円0円
指定料金プランおしゃべりプランM/ぴったりプランM
購入機種「ZenFone Go」「ZenFone2 Laser」左記以外の当社指定機種
値引額値引額:10800円(税込)値引額:21600円(税込)
経過月と解除料解除料金(税込)解除料金(税込)
1ヶ月目10800円21600円
2ヶ月目10350円20700円
3ヶ月目9900円19800円
4ヶ月目9450円18900円
5ヶ月目9000円18000円
6ヶ月目8550円17100円
7ヶ月目8100円16200円
8ヶ月目7650円15300円
9ヶ月目7200円14400円
10ヶ月目6750円13500円
11ヶ月目6300円12600円
12ヶ月目5850円11700円
13ヶ月目0円0円

UQ購入サポートの対象機種と割引後の機種代金

  • Sプラン:10,800円もしくは5,400円割引
  • Mプラン Lプラン:21,600円もしくは10,800円割引
機種定価SプランMプラン、Lプラン
HUAWEI nova41018円30218円19418円
ZenFone 3 Ultra64548円53784円42984円
ZenFone 3 Deluxe60264円49464円38664円
Alcatel IDOL 439744円28944円18144円
Alcatel SHINE LITE 23544円12744円1944円
arrows M0341904円31104円20304円
ZenFone Go21492円16092円10692円
ZenFone 2 Laser19548円14148円8748円

UQ購入サポートの申し込み方法と適用条件

UQモバイルで機種変更は可能?

UQモバイルでは、2017年9月7日より、機種変更の受付を開始いたしました。これにより機種変更が可能となりました。

2017年9月7日以前のUQモバイルは機種変更を受付しておりませんでしたので、新規契約や乗り換えで端末セットを購入して、古くなったり、壊れたりした場合は、ネット通販でSIMフリーを購入したり、オークションで動作確認されているキャリアの端末を落札する必要がありました。

今回、機種変更を導入してきましたので、ネット通販やオークションで入手する必要がなくなりました。それでも、機種変更できる端末の種類は限りがあります。その中で、使いたい端末が見当たらない場合は、ネット通販やオークションなどで購入して下さい。

UQモバイル機種変更方法

機種変更は、UQオンラインショップからお申込みいただけます。ただし、データ専用プラン(データ高速またはデータ無制限プラン)の方は、お申込みいただけません。

機種変更はこちらから

こちらのWEBページでお好きな端末を選択して、「お申込み」ボタンをクリックすると機種変更手続きに入っていきます。

機種変更はマンスリー割は適用される?

新規契約や乗り換え契約ではマンスリー割が適用されますが、機種変更でもマンスリー割は全く同じく適用されます。マンスリー割の金額は、新規でも乗り換えでも機種変更でも全く同じです。

機種変更の申し込みページでは、マンスリー割の金額の記載がないので、新規・MNPの申込ページにて確認してください。そちらに記載されている通りにマンスリー割が適用されます。

もし機種変更でマンスリー割を適用しなかったら、元々の端末代金は高いのでネット通販で購入し方が安いというふうになって、機種変更する人が少なくなってしまいます。それでは機種変更を導入した意味が薄れてしまうので、そこはマンスリー割を適用しているのでしょう。 

機種変更はどこで受付している?

機種変更と言えば、ドコモ、ソフトバンク、auなどのキャリアでは店頭受付が当たり前ですが、UQモバイルの場合は今のところはWEBのみの対応となります。

UQモバイルの専門店であるUQスポットでは、新規契約や乗り換え契約などの端末セット時契約時でしかスマホを販売しておりませんので、ご注意下さい。

ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機、ソフマップなどの家電量販店や、イトーヨーカドー、イオン、アピタなどの流通スーパーなどでも新規契約や乗り換え契約などの端末セット時契約時でしかスマホは販売しておりません。

今のところは、WEBページ1択となります。

UQモバイルが機種変更を導入した背景は?

第一に、お客様のニーズに応える狙いがあります。今時、機種変更もできない様な携帯会社で契約することは、ユーザーにとってはマイナスです。

自分が選んだ携帯会社が機種変更を受け付けていなかったら、その会社専用の新しい端末をオークションから入手するしかなくなります。

例えば、UQモバイルには、iphone SE(UQ版)というものがあります。iphone SE(UQ版)は、SIMロック解除しない限りはUQモバイルでしか使うことができません。

iphone SE(UQ版)は今までUQモバイルを新規契約もしくは乗り換え契約した時に端末セット購入したユーザーしか手に入れることができませんでした。

もし、iphone SE(UQ版)が壊れたり、寿命がきて古くなったとしても、機種変更はできないので、修理をするか、オークションで購入するか、解約して新規で入り直すかしか手に入れる方法はなかったのです。

これでは、UQモバイルで長期に使い続けるリスクが出てきます。最初は新品のiphone SE(UQ版)が手に入り月額料金も安くなり満足するかもしれませんが、2年、3年と使い続けているうちに、落として壊すかもしれない、水に濡らして壊れるかもしれない、ある日突然動作しなくなるかもしれない、など壊れない保証はどこにもないのです。

iphone SE(UQ版)はネット通販では出回っていないので、iphone SE(SIMフリー版)を購入するしかなくなります。こういう不便な状況をしいられていたのです。

これでは、せっかく乗り換えしてきた顧客をやがては手放してしなうリスクもあります。それを阻止するためには、UQとしても機種変更の導入は必須だったのです。

また、「UQモバイル」を展開するUQコミュニケーションズは「ワイモバイルに追いつけ追い越せで取り組んでいる」と対抗意識を隠しておりません。

ワイモバイルが機種変更を取り組んでいる以上、UQは取り組まざるを得ない事情があります。ワイモバイルとの競争に打ち勝っていくためには、最低でもワイモバイルが実施しているサービスをUQも提供していかなければ、ユーザーからの支持率は上がっていきません。

機種変更できる端末と月額支払い料金

端末名端末代金プラン分割支払金(2回目以降) マンスリー割引2回目以降月額料金
HUAWEI P10 lite33,804円プランS1,404円
1,512円(初回)
-864円2,678円
HUAWEI P10 lite33,804円プランM1,404円
1,512円(初回)
-1,404円3,218円
HUAWEI P10 lite33,804円プランL1,404円
1,512円(初回)
-1,404円5,378円
AQUOS L237,692円プランS1,296円
1,404円(初回)
-1,296円2,138円
AQUOS L237,692円プランM1,296円
1,404円(初回)
-1,296円3,218円
AQUOS L237,692円プランL1,296円
1,404円(初回)
-1,296円5,378円
DIGNO® W37,692円プランS1,566円
1,674円(初回)
-1,026円2,678円
DIGNO® W37,692円プランM1,566円
1,674円(初回)
-1,566円3,218円
DIGNO® W37,692円プランL1,566円
1,674円(初回)
-1,566円5,378円
DIGNO® V26,028円プランS1,080円
1,188円(初回)
-1,080円2,138円
DIGNO® V26,028円プランM1,080円
1,188円(初回)
-1,080円3,218円
DIGNO® V26,028円プランL1,080円
1,188円(初回)
-1,080円5,378円
BLADE™ V77028,620円プランS1,188円
1,296円(初回)
-1,188円2,138円
BLADE™ V77028,620円プランM1,188円
1,296円(初回)
-1,188円3,218円
BLADE™ V77028,620円プランL1,188円
1,296円(初回)
-1,188円5,378円
LG X screen37,692円プランS1,566円
1,674円(初回)
-1,566円2,138円
LG X screen37,692円プランM1,566円
1,674円(初回)
-1,566円3,218円
LG X screen37,692円プランL1,566円
1,674円(初回)
-1,566円5,378円
DIGNO® Phone29,916円プランS1,242円
1,350円(初回)
-1,242円2,138円
DIGNO® Phone29,916円プランM1,242円
1,350円(初回)
-1,242円3,218円
DIGNO® Phone29,916円プランL1,242円
1,350円(初回)
-1,242円5,378円
iPhone SE(32GB)54,540円プランS2,268円
2,376円(初回)
-1,188円3,218円
iPhone SE(32GB)54,540円プランM2,268円
2,376円(初回)
-1,188円4,298円
iPhone SE(32GB)54,540円プランL2,268円
2,376円(初回)
-1,188円6,458円
iPhone SE(128GB)64,908円プランS2,700円
2,808円(初回)
-1,080円3,758円
iPhone SE(128GB)64,908円プランM2,700円
2,808円(初回)
-1,080円4,838円
iPhone SE(128GB)64,908円プランL2,700円
2,808円(初回)
-1,080円6,998円

機種変更後の月額料金算出方法

「機種変更のみ」行う場合(料金プラン変更なし)

KC-01でデータ高速+音声通話プランをご契約のお客様 ⇒ AQOUS L2へ機種変更する場合

月額料金1,680円+変更後機種の割賦分割支払金1,296円+端末購入アシスト/割賦の残債金額は旧機種と支払残期間による

「機種変更と料金プラン変更」を行う場合

現行機種からAQOUS L2へ機種変更を行い、以下表の各料金プランへ変更した場合
また、端末購入アシスト加算料/割賦分割支払金:1,200円/月、支払残期間:1ヶ月の場合

機種変更前の料金プラン機種変更後の料金プラン機種変更後の費用内訳合計
データ高速+音声通話プラン/
データ無制限+音声通話プラン
おしゃべりプランS/
ぴったりプランS
月額料金:2,980円
変更後機種の割賦分割支払金:+1,296円
端末購入アシスト残債/割賦残債:+1,200円
イチキュッパ割:-1,000円
マンスリー割:-1,296円
3,180円/月
おしゃべりプランSぴったりプランS月額料金:2,980円
変更後機種の割賦分割支払金:+1,296円
端末購入アシスト残債/割賦残債:+1,200円
イチキュッパ割:-1,000円
マンスリー割:-1,296円
3,180円/月
ぴったりプランSおしゃべりプランS

機種変更の申し込み時期

機種変更のお申込み期間は下記となりますので、ご了承ください。機種変更はいつでも申し込めるわけではなく、時期に定めがあります。

※来年度のお申込み期間は確定次第掲載いたします。

9月度9/7(木)~9/20(水)
10月度10/2(月)~10/23(月)
11月度11/1(水)~11/21(火)
12月度12/1(金)~12/21(木)
1月度1/4(木)~1/22(月)
2月度2/1(木)~2/21(水)
3月度3/1(木)~3/20(火)

機種変更お手続き方法

機種変更対象者

UQ mobileの通話付料金プランを契約のお客様が対象となります。

  • データ高速+音声通話プラン
  • データ無制限+音声通話プラン
  • おしゃべりプラン(S・M・L)
  • ぴったりプラン(S・M・L)

必要書類

ご本人さま確認書類が必要となります。

ご名義人ご本人さま確認書類ご注意
個人右記のいずれかの書類運転免許書公安委員会発行で有効期限内のもの (国際免許証を除く)
パスポート(日本国旅券)有効期限内のもので、現住所が記載されているもの
身体障がい者手帳または療育手帳 または精神障がい者保健福祉手帳住所の記載のあるもの
特別永住者証明書有効期限内のもの
在留カード住居地が「未定(届出後裏面に記載)」と表記されている場合は、別途、下記に記載の[補助書類]が必要となります。
健康保険証+補助書類 有効期限内のもの
健康保険証だけでは受付できません、下記に記載の[補助書類]が必要となります。
※ご利用者様の本人確認書類には、補助書類は必要ありません。

UQモバイル契約で必要な本人確認書類は、上記いずれかの1点のみで大丈夫です。有効期限があるものについては、有効期限内のもの限定となります。有効期限が切れた書類は受付けてもらえません。

この中で健康保険証だけは1点での受付はできません。「公共料金領収書」「住民票」「届出避難場所証明書」「行政機関発行の領収書」いずれか1つが更に必要となります。

いずれも発行から3ヶ月以内で、現住所、本人の氏名が書かれたものなら使えます。公共料金証明書は、「電気」「固定電話」「ガス」「水道」「NHK」などの領収書で良いです。

利用者と契約者が異なる場合

親の名義で契約して、実際に利用するのは息子や娘である場合、利用者である息子や娘が、その契約者である親と家族であることを証明するために書類を提出しなければいけません。

家族であることを証明できるものとして、3つのいずれか1点が必要です。

 ご本人さま確認書類ご注意
ご家族である証明書
※ご契約者様とご利用者の苗字もしくは住所が違う場合必要となります。
戸籍謄本発行日より3ヶ月以内のもの
住民票(継続記載)発行日より3ヶ月以内のもの
同性のパートナーシップを証明する書類地方自治体等で発行されるパートナーシップ関係が証明できる公的証明書
※渋谷区「渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例」による「パートナーシップ証明書」等
補助書類

次の場合においては下記の補助書類 (いずれか1点) をご本人さま確認書類とあわせてご用意ください。

  • 健康保険証による本人確認を希望される場合
  • ご本人さま確認書類に記載の住所と現在お住まいの住所が異なる場合
補助書類ご注意
公共料金領収書現住所が記載された発行日から3ヶ月以内のもの(電気・都市ガス・水道など)

※記載されている住所がご本人さま確認書類に記載の住所と同じ場合、記載されている苗字が、ご契約者と同一であること。
※ご本人さま確認書類に記載の住所と現在お住まいの住所が異なる場合で公共料金領収証をお持ちいただくときは、領収書の宛名はご本人さま宛に限ります。
住民票発行日より3ヶ月以内で、現住所・ご本人さまの氏名が記載されているもの
届出避難場所証明書発行日より3ヶ月以内で、現住所・ご本人さまの氏名が記載されているもの
行政機関発行の領収書発行日より3ヶ月以内で、現住所・ご本人さまの氏名が記載されているもの

お申込み手順

以下のカンタン4ステップで手続き完了です。

  • 変更後機種の選択
  • ご希望の機種を選択してください。

  • 機種変更内容の確認
  • my UQ mobileにて機種変更内容をご確認、お申込み完了。

  • お届け
  • 審査完了後、ご契約先の住所にお届けします。

  • SIM切替/料金プラン変更
  • 端末がお手元に届いたら、同梱の手順書に従って、SIMの切替を行ってください。

データ高速+音声通話プラン、データ無制限+音声通話プランをご契約のお客様が、マンスリー割を適用させるためには、おしゃべりプラン、ぴったりプランへ料金プラン変更が必要となります。その場合、必ず、SIMの切替の翌日以降、かつ同月内に料金プラン変更を行ってください。

機種変更に再契約キャンペーンはある?

機種変更に再契約キャンペーンはいまのところはありません。新規契約・乗り換え契約では、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」を選択の上、キャンペーン指定端末をセット契約した場合に、現金が貰えるキャンペーンはありますが、機種変更では現金や商品券キャッシュバックキャンペーンなどは実施しておりません。

機種変更はそもそもUQモバイルにはなかったサービスです。今回、導入して頂いただけでもユーザーにとっては有難い話です。キャンペーンはありませんが、自由自在に機種変更ができるようになりました。

UQモバイルは機種変更ができない?

まとめ

UQモバイルでは、定期的にお得な新規契約・乗り換えキャンペーンを行っています。キャンペーン期間中に契約することで、いつもより安く契約することができます。

それぞれのキャンペーンは期間が限定されており、いつ終了になるか分かりませんし、いつ内容が変更されるかも分かりません。

今後、キャッシュバックされる現金の額は上がったり、下がったりを繰り返すことが予測されます。現金の額は極端に安くしてしまうと、乗り換えるメリットが薄くなり、キャッシュバックのインパクトや効果が薄れてしまうので、現金の額は今ぐらいが底値であることでしょう。

キャンペーンの内容的は、プランが安くなったり、データが増えたり、端末が安く購入できたり、契約を条件に無条件で何かが貰えたり、抽選で何かが貰えたりなど、お得なキャンペーンを期間ごとに開催しています。

時期によってキャンペーンの内容は切り替わります。

UQモバイルは、顧客獲得を拡大していくために、今後は活発的にキャンペーンを充実してくることが予測されます。自社のサービス特に通信品質には他社には全く劣らない自信を持っていますので、キャンペーンをどんどん仕掛けてくることでしょう。

実際、 深田恭子さん、多部未華子さん、永野芽郁さんなど綺麗で旬な女優さんを起用して、バンバンCMシリーズを放出しています。

都市繁華街や駅や電車内には、UQモバイルのポスターやパネルをいたるところで目にしています。今だ、ドコモ、ソフトバンク、auなどのキャリアを使っている人達は大多数を占めていますが、今後は月額料金を大幅に抑えられて通信速度の速いUQモバイルに流れてくることが予測されます。

また、一度は他の格安SIMの月額料金面に惹かれて契約したものの、実際に使ってみると通信速度が遅くて不便を感じて、UQモバイルに乗り換える方も多いです。

UQモバイルを契約検討されている方は、お得に契約する為にも、キャンペーン内容は全て目が離せないものになりません。キャンペーンを知っているか知っていないかで現金や景品が貰える貰えないの差が出てきます。

どうせ契約するなら、何らかのプレゼントを貰えた方が良いに決まってますから、キャンペーンを適用できる様に、当サイトの最新情報をチェックしてみて下さい。

UQモバイルCM動画の最新・メイキング・過去シリーズまとめ