sumasere

UQモバイルで機種変更しても、マンスリー割で端末は安くなりますが、キャッシュバックは付きません。それに、機種変更手数料3240円も掛かります。

katiiro

一番良いのは、「おしゃべりプランぴったりプラン」を2年使い更新月の1ヵ月間の間に無料で解約して、こちらの「代理店限定キャッシュバックページ」から端末セットを新規契約してキャッシュバックを貰う事です。

mamedenkyu

プランMとLならSIMカード発行手数料3240円無料で10000円キャッシュバックされます。ですから、解約する時も、再契約する時も手数料は一切掛かりません。

odoroku

10000円が丸々得するということになります。しかし、これは「電話番号」を変更しても良い方だけに限ります。UQモバイルを解約することになりますので、今までの電話番号は使えなくなります。
⇒UQモバイルキャッシュバック情報はこちら

参考:UQモバイルキャンペーン

参考:UQモバイルキャッシュバック

UQモバイル機種変更方法

UQモバイル機種変更は、UQオンラインショップからお申込みいただけます。

機種変更ができるプランは限られています。

  • ぴったりプランS・M・L
  • おしゃべりプランS・M・L
  • データ高速+音声通話プラン
  • データ無制限+音声通話プラン

「データ高速プラン」「データ無制限プラン」など音声通話なしのプランは機種変更できません。

機種変更の際に「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」から「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」にプラン変更することが可能です。

マンスリー割(端末割引)ご希望の方は、プラン変更をご検討下さい。

機種変更はこちらから申し込みできます。

こちらのWEBページでお好きな端末を選択して、「お申込み」ボタンをクリックすると機種変更手続きに入っていきます。

UQモバイル機種変更解説動画

katiiro

機種変更をはじめから丁寧に解説しています。

UQモバイル機種変更方法!Galaxy A30を一括購入体験動画

katiiro

機種変更手順を知ることで迷いなく申し込みができるようになります。

UQモバイル機種変更の審査通過と配送までの時間|Galaxy A30開封

mamedenkyu

UQモバイル機種変更を申し込むと新しいSIMカードが届きます。たとえ同じマルチSIMカードが届いても交換する義務があります。現在、利用しているSIMカードは使えなくなります。

UQモバイルキャンペーンキャッシュバック

UQモバイル機種変更はUQスポットや家電量販店店舗でも可能

UQモバイル機種変更は、UQスポットやUQ mobile取扱い店でも可能です。機種変更ができる端末は、店舗の在庫状況や機種のお取り扱い状況により店舗ごとに異なります。

UQモバイル機種変更を店舗で行う利点は、端末実機を触れたり実際に見ることができる点です。サイズ感や重さやデザインなどを見て選ぶことができます。

また、在庫がありますので当日お持ち帰りが可能です。オンラインストアで機種変更でも最短翌日には届きますので、そんなに遅くはなりません。

機種変更のマークが表示されていれば機種変更を受け付けしています。

UQモバイル機種変更を受け付けしている店舗事例

  • ヤマダ電機
  • ジョーシン
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • ゲオ
  • イオン
  • ケーズデンキ
  • テルル

UQモバイル機種変更店舗検索はこちら 

mamedenkyu

UQモバイル機種変更を受け付けしていもandroid端末のみ取り扱いという店舗もあります。iPhoneまで取り扱いしているかを表示マークで確かめて下さい。

UQモバイル機種変更手数料について

UQモバイルで機種変更すると、どの端末を購入しても手数料として3240円が掛かります。

オンラインショップやUQスポット又はUQ mobile取扱い店での手続きいただいた場合でも、当月分の月額利用料金(翌月請求)と合わせて請求となります。

この機種変更手数料3240円を無料にする方法はありませんので、絶対的に3240円の手数料が掛かることは避けられません。

なぜ端末を購入するだけなのに機種変更手数料が掛かるかと言いますと、SIMカードを新しく発行するからです。現在、機種変更で販売されている端末のSIMカード種別は全てマルチSIMカードです。

機種変更の新しい端末と同時にマルチSIMカードが届きます。UQモバイルではSIMカード交換でも事務手数料3240円が掛かります。つまり、新しいSIMカード発行に対する手数料3240円が掛かるということです。

現在マルチSIMカードを利用している人が機種変更しても、新しいマルチSIMカードは不要となりますが、それでもマルチSIMカードが届きますので、機種変更手数料3240円が掛かります。

komari

機種変更手数料3240円の他に端末代を支払うので2重の請求ですが、マンスリー割適用なら端末代は安くなりますので負担は少ないです。

UQモバイル機種変更はマンスリー割は適用される?

新規契約や乗り換え契約ではマンスリー割が適用されますが、機種変更でもマンスリー割は全く同じく適用されます。マンスリー割の金額は、新規でも乗り換えでも機種変更でも全く同じです。

sumasere

機種変更でもマンスリー割が適用されて、新規契約や乗り換え同様に端末を安く購入することができます。

機種変更の申し込みページでは、マンスリー割の金額の記載がないので、新規・MNPの申込ページにて確認してください。そちらに記載されている通りにマンスリー割が適用されます。

もし機種変更でマンスリー割を適用しなかったら、元々の端末代金は高いのでネット通販で購入し方が安いというふうになって、機種変更する人が少なくなってしまいます。それでは機種変更を導入した意味が薄れてしまうので、そこはマンスリー割を適用しているのでしょう。 

mamedenkyu

機種変更にマンスリー割適用外だとしたら、端末代は定価で購入することになります。それなら、価格.comでSIMフリー端末を購入した方が安いとなってUQモバイルでしか販売されている端末しか購入する意味はなくなりますね。

UQモバイル機種変更後にマンスリー割が適用されるプランは?

機種変更でマンスリー割が適用されるプランは、「おしゃべりプランS・M・L」「ぴったりプランS・M・L」のみです。

sumasere

マンスリー割は、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」限定です。

「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」マンスリー割が適用されないので、端末は全額自費となります。

odoroku

「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」で機種変更した場合は、端末定価分を丸々負担することになります。

「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」から機種変更と同時に「おしゃべりプランS・M・L」「ぴったりプランS・M・L」プラン変更した場合はマンスリー割が適用されます。

katiiro

「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」から「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」に機種変更と同時プラン変更すればマンスリー割が適用できますが、2年縛り自動更新となります。

現状は、2年目以降が最低のSプランでも月額2980円かつ最低利用期間が2年となる「おしゃべりプランS・M・L」「ぴったりプランS・M・L」でしかマンスリー割は適用しておりません。

2年間の平均値は月額2480円で、2年間利用して頂くことを前提としたプランなら端末を割引しても、利益は回収できるのです。途中で解約すれば9500円の違約金が発生します。

saiyasu

「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」だけマンスリー割がつくのは、2年縛り自動更新と長期顧客向けのプランだから優遇しています。UQコミュニケーションズとしては、長期利用者を開拓したいので、最低利用期間が1年で自動更新なしの短期利用者のプランとは特典に差をつけています。

UQモバイル機種変更マンスリー割適用後の実質端末価格

UQモバイル機種変更で「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」はマンスリー割が適用されますので、安く購入ができます。最安端末価格は実質108円です。

「とにかく端末代は抑えたい」「端末は何でも良い」「端末代に賭けるお金がない」というお客様は、108円端末を購入しましょう。

この108円端末というのは、2年間の継続利用によって実質108円となります。2年以内の途中解約はマンスリー割が停止するので実質108円になりません。

例えば、毎月1296円のマンスリー割がある場合、マンスリー割1296円×24ヵ月=31104円です。2年間継続利用でUQコミュニケーションズが31104円の端末負担をするので、お客様は108円の出費だけで済みます。

しかし、12ヵ月で解約した場合、マンスリー割が停止し残り12ヵ月分のマンスリー割分を支払うことになります。1296円×12ヵ月=15552円です。

15552円+108円=15660円の支払いをすることになります。更に「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」は最低利用期間が2年あり更新月以外は違約金9500円が発生します。こちらの違約金9500円円も上乗せされます。

このように、マンスリー割で端末を購入する場合、2年の継続利用をしないと端末代の負担があります。

katiiro

UQモバイル機種変更は、の端末代はコロコロ価格が変わります。
⇒機種変更最新価格情報はこちら

UQモバイル機種変更Android端末に機種変更後2年間で支払う実質価格

端末名端末代金プラン実質価格
R17 Neo38,988円S13068円
R17 Neo38,988円M26028円
R17 Neo38,988円L26028円
AQUOS sense236,396円S13068円
AQUOS sense236,396円M13068円
AQUOS sense236,396円L13068円
おてがるスマホ0136,828円S26028円
おてがるスマホ0136,828円M26028円
おてがるスマホ0136,828円L26028円
DIGNO® A31,212円S7884円
DIGNO® A31,212円M108円
DIGNO® A31,212円L108円
arrows M04 PREMIUM31,212円S
108円
arrows M04 PREMIUM31,212円M
108円
arrows M04 PREMIUM31,212円L
108円
DIGNO®Phone20,844円S108円
DIGNO®Phone20,844円M108円
DIGNO®Phone20,844円L108円
Galaxy A3031,644円S26460円
Galaxy A3031,644円M26460円
Galaxy A3031,644円L26460円
mamedenkyu

実質108円端末が多いのはandroidの方です。端末によっては、Sプランだけ割高となるケースもあります。新モデル発表で価格が下がることも覚えておきましょう。

UQモバイル機種変更iPhone端末に機種変更後2年間で支払う実質価格

端末名端末代金プラン実質価格
iPhone 6s(32GB)59,724円S23436円
iPhone 6s(32GB)59,724円M23436円
iPhone 6s(32GB)59,724円L23436円
iPhone 6s(128GB)72,684円S23436円
iPhone 6s(128GB)72,684円M23436円
iPhone 6s(128GB)72,684円L23436円
iPhone 7(32GB)67,932円S46764円
iPhone 7(32GB)67,932円M33804円
iPhone 7(32GB)67,932円L33804円
iPhone 7(128GB)80,892円S59724円
iPhone 7(128GB)80,892円M46764円
iPhone 7(128GB)80,892円L46764円
mamedenkyu

iPhoneは定価が高いので108円にはなりません。中途半端に支払うことになります。価格重視のお客様はandroidを選んでください。

UQモバイル機種変更マンスリー割適用後の実質端末価格の計算方式

UQモバイル機種変更iPhone 6s端末にプランSで機種変更後2年間で支払う実質価格の計算事例

UQモバイルで販売されている「iPhone 6s 32GB」にプランSで機種変更した場合、端末価格は59724円です。この「iPhone 6s 32GB」の端末価格は、プランS・M・Lともに変わりません。

マンスリー割は、一括や分割に関わらず、機種変更後1年目2年目ともに1512円割引です。このマンスリー割引き料はプランS・M・Lそれぞれ異なります。

月額料金が高くなるMやLプランの方がマンスリー割が増える機種もあります。

マンスリー割「-864円」が機種変更後2年間継続するということは、

-1512円×24ヵ月=36288円

36288円がUQモバイル側から端末代金として負担してくれるということです。

端末価格59724円-マンスリー割合計36288円=23436円

端末代金から2年間のマンスリー割を差し引きすると、実際に支払う端末代金が鮮明化します。

「iPhone 6s 32GB」にプランSで機種変更した場合、23436円を自腹で支払うことになります。

mamedenkyu

端末実質価格は、端末定価から毎月のマンスリー額×24ヵ月で割り出すことができます。

UQモバイル機種変更した場合、今使っている端末の残債はどうなる?

例えば「DIGNO A」を、おしゃべりプランSで契約している場合はマンスリー割適用で端末代金が実質108円となります。

「DIGNO A」の端末代金は31,212円です。初回が1,404円で、残りの23回は1,296円で合計29,808円分を2年間で支払います。「DIGNO A」は、マンスリー割が適用されるので、毎月-1,296円が割引されるので、初回の108円だけの負担で済みます。

つまり、マンスリー割は2年間使い続けないと実質108円にならないわけです。

komari

実質108円端末は2年間の継続利用が必須です。

マンスリー割適用中に機種変更した場合は、旧機種のマンスリー割は機種変更を実施した月をもって終了します。

「DIGNO A」を12ヶ月使って機種変更をした場合は、残りの12ヶ月分は毎月1296円を支払わなければいけなくなります。

毎月1296円×12ヶ月=15552円

途中で機種変更せずに2年間使い続ければ実質108円でしたが、1年で機種変更した場合は、15552円+108円=15660円を支払わなければなりません。

マンスリー割適用途中に機種変更する事は、マンスリー割の特典を失うので、今使っている端末を自腹で支払わなければならなくなります。

sumasere

マンスリー割途中で機種変更するパターンとして多いのが、新機種の発売です。新しい端末が欲しくなり我慢できなくて機種変更してしまうお客様がいます。

残り12ヶ月を毎月1296円を支払うよりも、残債15552円を一括で支払いたいという方もいるでしょう。機種変更をする際にいままで使っていた端末代金を一括で支払い残債を0にすることは可能です。

例えば、SプランでiPhone 6s(32GB)に機種変更した場合は、毎月2,484円の端末ローン支払いに対してマンスリー割が毎月-1512円です。

2484円-1512円=972円

iPhone 6s(32GB)の場合は、毎月972円は自腹で支払うことになります。それに加えて1年間は「DIGNO A」の残債を毎月1296円が加わると、

iPhone 6s(32GB)毎月972円+「DIGNO A」毎月1296円=2268円

端末のローンとして1年間は2268円を毎月支払うことになります。そこにSプランの月額料金2138円が加わると毎月4406円の出費となってきます。毎月の支払額を減らすなら、機種変更時に残債を一括払いしておくのも良いでしょう。

機種変更で新しく購入する端末についてはマンスリー割が適用されるので機種によっては実質108円となります。

mamedenkyu

端末残積は一括で支払った方がスッキリして良いですね。

UQモバイル機種変更マンスリー割適用されないプランはオークションの方が安い

「OPPO R17 Neo」は新品で38988円です。

機種変更手数料3240円を合わせると42228円と割高です。機種変更後にマンスリー割適用されない「データ高速プラン」「データ無制限プラン」は丸々端末代金を支払うので、オークションで購入した方が安く済みます。

メルカリの相場では、新品で送料込みで35000円で落札されてます。

端末代は3988円メルカリの方が安いです。

ヤフオクでは送料無料で30210円です。

マンスリー割がない「データ高速プラン」「データ無制限プラン」に関しては、機種変更よりオークションで探す方が得策です。

なぜオークションに新品が出回るのかというと、転売目当てで端末セットを契約するからです。目的はSIMカードのみで、自身で用意した端末で利用します。その為、UQモバイルで購入した端末は不要です。

マンスリー割適用後の端末価格は、オークション相場よりも安い価格の機種ばかりですので、全機種利益は出ます。

ただ、UQモバイル機種で人気の「OPPO R17 Neo」に関しては人気が高く出回る数も少ないので、出品されてもすぐ売れてしまう傾向です。その為、発売直後はオークションで購入するのに苦労します。

UQモバイル機種変更はどこで受付している?

これまでUQ mobileの機種変更は、UQコミュニケーションズの公式ホームページまたは機種変更受付センター(電話窓口)でのみ行えました。

しかし2018年6月13日(水)より、お近くのUQ mobile取扱店舗でも機種変更ができるようになりました。わからないことは直接スタッフにご質問いただけて、その場で解消できるので安心です。

取扱店舗検索はこちら

sumasere

ネットで契約したお客様でも、店舗で機種変更をすることができます。端末の現物を見て機種を選びたい場合や端末を当日中に欲しい場合は店舗にて機種変更しましょう。

UQモバイル機種変更を導入した背景は?

第一に、お客様のニーズに応える狙いがあります。今時、機種変更もできない様な携帯会社で契約することは、ユーザーにとってはマイナスです。

自分が選んだ携帯会社が機種変更を受け付けていなかったら、その会社専用の新しい端末をオークションから入手するしかなくなります。

komari

UQモバイルは発足当初、機種変更がありませんでした。長期利用者は古くなった端末を無理して使ったり、ネット通販でSIMフリー機種を購入して対処していました。

例えば、UQモバイルには、iphone 6s(UQ版)というものがあります。iphone 6s(UQ版)は、SIMロック解除しない限りはUQモバイルでしか使うことができません。

iphone 6s(UQ版)は今までUQモバイルを新規契約もしくは乗り換え契約した時に端末セット購入したユーザーしか手に入れることができませんでした。

もし、iphone 6s(UQ版)が壊れたり、寿命がきて古くなったとしても、機種変更はできないので、修理をするか、オークションで購入するか、解約して新規で入り直すかしか手に入れる方法はなかったのです。

これでは、UQモバイルで長期に使い続けるリスクが出てきます。

最初は新品のiphone 6s(UQ版)が手に入り月額料金も安くなり満足するかもしれませんが、2年、3年と使い続けているうちに、落として壊すかもしれない、水に濡らして壊れるかもしれない、ある日突然動作しなくなるかもしれない、など壊れない保証はどこにもないのです。

iphone 6s(UQ版)はネット通販では出回っていないので、iphone 6s(SIMフリー版)を購入するしかなくなります。こういう不便な状況をしいられていたのです。

mamedenkyu

UQ版のiPhoneならマンスリー割適用でSIMフリーiPhoneよりも3万円ほど安く購入できるので、UQモバイルで購入するメリットは大きいです。

これでは、せっかく乗り換えしてきた顧客をやがては手放してしなうリスクもあります。それを阻止するためには、UQとしても機種変更の導入は必須だったのです。

sumasere

機種変更がなかった時代、UQモバイルの長期ユーザーは高価なSIMフリーiPhoneを購入することに気が引けていたので、iPhoneを取り扱う格安SIMへ乗り換えしていました。

また、「UQモバイル」を展開するUQコミュニケーションズは「ワイモバイルに追いつけ追い越せで取り組んでいる」と対抗意識を隠しておりません。

ワイモバイルが機種変更を取り組んでいる以上、UQは取り組まざるを得ない事情があります。ワイモバイルとの競争に打ち勝っていくためには、最低でもワイモバイルが実施しているサービスをUQも提供していかなければ、ユーザーからの支持率は上がっていきません。

katiiro

機種変更はワイモバイルを追従する形でUQモバイルでも導入されました。同じサブブランドとして引きを取れば顧客競争に負けるので導入は必然でした。

UQモバイル機種変更必要書類

UQモバイル機種変更する場合、ご本人さま確認書類が必要となります。

新規契約・乗り換え契約の際に本人確認書類を提出して審査に通っていますが、機種変更では改めて本人確認書類を提出する義務があります。

ご名義人ご本人さま確認書類ご注意
個人右記のいずれかの書類運転免許書公安委員会発行で有効期限内のもの (国際免許証を除く)
パスポート(日本国旅券)有効期限内のもので、現住所が記載されているもの
身体障がい者手帳または療育手帳 または精神障がい者保健福祉手帳住所の記載のあるもの
特別永住者証明書有効期限内のもの
在留カード住居地が「未定(届出後裏面に記載)」と表記されている場合は、別途、下記に記載の[補助書類]が必要となります。
健康保険証+補助書類 有効期限内のもの
健康保険証だけでは受付できません、下記に記載の[補助書類]が必要となります。
※ご利用者様の本人確認書類には、補助書類は必要ありません。

UQモバイル契約で必要な本人確認書類は、上記いずれかの1点のみで大丈夫です。有効期限があるものについては、有効期限内のもの限定となります。有効期限が切れた書類は受付けてもらえません。

この中で健康保険証だけは1点での受付はできません。「公共料金領収書」「住民票」「届出避難場所証明書」「行政機関発行の領収書」いずれか1つが更に必要となります。

いずれも発行から3ヶ月以内で、現住所、本人の氏名が書かれたものなら使えます。公共料金証明書は、「電気」「固定電話」「ガス」「水道」「NHK」などの領収書で良いです。

UQモバイル機種変更利用者と契約者が異なる場合

親の名義で契約して、実際に利用するのは息子や娘である場合、利用者である息子や娘が、その契約者である親と家族であることを証明するために書類を提出しなければいけません。

家族であることを証明できるものとして、3つのいずれか1点が必要です。

 ご本人さま確認書類ご注意
ご家族である証明書
※ご契約者様とご利用者の苗字もしくは住所が違う場合必要となります。
戸籍謄本発行日より3ヶ月以内のもの
住民票(継続記載)発行日より3ヶ月以内のもの
同性のパートナーシップを証明する書類地方自治体等で発行されるパートナーシップ関係が証明できる公的証明書
※渋谷区「渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例」による「パートナーシップ証明書」等

UQモバイル機種変更補助書類

次の場合においては下記の補助書類 (いずれか1点) をご本人さま確認書類とあわせてご用意ください。

  • 健康保険証による本人確認を希望される場合
  • ご本人さま確認書類に記載の住所と現在お住まいの住所が異なる場合
補助書類ご注意
公共料金領収書現住所が記載された発行日から3ヶ月以内のもの(電気・都市ガス・水道など)

※記載されている住所がご本人さま確認書類に記載の住所と同じ場合、記載されている苗字が、ご契約者と同一であること。
※ご本人さま確認書類に記載の住所と現在お住まいの住所が異なる場合で公共料金領収証をお持ちいただくときは、領収書の宛名はご本人さま宛に限ります。
住民票発行日より3ヶ月以内で、現住所・ご本人さまの氏名が記載されているもの
届出避難場所証明書発行日より3ヶ月以内で、現住所・ご本人さまの氏名が記載されているもの
行政機関発行の領収書発行日より3ヶ月以内で、現住所・ご本人さまの氏名が記載されているもの

UQモバイル機種変更に再契約キャンペーンはある?

機種変更に再契約キャンペーンはいまのところはありません。新規契約・乗り換え契約では、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」を選択の上、キャンペーン指定端末をセット契約した場合に、現金が貰えるキャッシュバックはありますが、機種変更では現金や商品券キャッシュバックキャンペーンなどは実施しておりません。

機種変更はそもそもUQモバイルにはなかったサービスです。今回、導入して頂いただけでもユーザーにとっては有難い話です。キャンペーンはありませんが、自由自在に機種変更ができるようになりました。

UQモバイルは機種変更が以前はできなかった

以前は端末のみのお取り扱いはしておらず、自身で端末を準備する必要がありました。端末セットではスマホを販売していましたが、スマホ単品だけの販売は行っておりませんでした。

そのため、端末が壊れたり、端末が気に入らなくなったりしてもUQモバイルで新しい端末を購入することはできず、ご自身で端末を準備するしかありませんでした。ありがとうございました。

なぜ以前は機種変更に対応していなかったかと言いますと、UQモバイルは、あくまでも通信回線を提供する会社ですので、スマホ端末だけ単品で販売するまでには至らなかったのでしょう。

UQモバイルで取り扱いしている端末はSIMフリーが主流ですので、ネット通販で購入できるものばかりです。

ネット通販よりも安くしなければ端末を単品では売れないし、ネット通販と価格競争していたら利益も取れません。でしたら、回線とセットで端末を売りつけて、おしゃべりプランやぴったりプランやデータ高速プランなどの契約で利用期間を縛るという風にした方が、会社としては都合が良いのでしょう。

その兼ね合いもあり、スマホだけ機種変更できない、単品では売らないという方針だったのかもしれません。それが、機種変更を導入してきたのは、やはりお客様のニーズに応えていこうということでしょう。

準備した端末によって、SIMカードのサイズが違いますので合わなくなった場合には、SIMカードのサイズを交換します。

SIMカードの交換はUQモバイルで対応しています。

UQモバイル機種変更で端末はお得に購入できる?

UQモバイルのマンスリー割は実質108円になる端末があります。「AQUOS sense」「DIGNO® A」「DIGNO Phone」「arrows M04 PREMIUM」こららの機種は全てSプランでも実質108円です。

「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」を契約すればマンスリー割が適用されますので、UQモバイルで通話定額プランの「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」を機種変更後も2年間使い続けるなら、端末をネット通販で購入するよりも遥に安く購入ができます。

「AQUOS sense」SIMフリーは、価格.comなどの通販では売られておりませんが、オークションでは2万円程度で販売されています。普通に購入すると2万円しますが、UQモバイルの通話定額プランを2年間利用すれば実質108円で購入できてしまいます。

勿論、通話定額プランはSプランであれば2年目以降は最低でも月額2980円を支払わなければなりません。無料通話に価値を感じていれば、端末が実質108円で購入できるのでお得といえるでしょう。

UQモバイル機種変更以外に端末を新しくしたい場合は?

UQモバイル機種変更以外:解約して再契約でセット購入

新しい端末が欲しい場合、UQモバイルを一度解約して再度新規契約をすれば、申し込み時に取り扱っているスマートフォンをセット購入することができます。

ただこの方法は電話番号が変わってしまうので、電話番号を変えたくない人には向きません。

ただUQモバイルのメインプランは、ぴったりプランとおしゃべりプランで、契約が2年毎の更新契約ですので、その間に解約すると解約手数料が9500円掛かります。

契約期間は課金開始日を含む月を1ヶ月目として、25ヵ月間を契約期間とします。(25ヵ月目の翌月を「更新月」といいます)。更新月に解約のお申し出がない場合、更に24ヶ月間の契約として自動更新となります。

26ヶ月目の契約更新月は解約手数料が無料です。26ヶ月目まで待てない場合は、解約手数料9500円を支払ってでも解約し新規契約すれば新しい端末は入手できます。

新規契約でお得なのは、ご利用開始月から13ヶ月目までは、月額基本料金から更に1,000円割引になる「イチキュッパ割」という特典があることです。

この1,000円割引を13ヶ月目まで受けられるので、解約手数料を支払って乗り換えても元は取れる計算になります。

UQモバイル機種変更マンスリー割引を利用する

UQモバイルには、端末を24回の分割購入する制度の端末購入アシストがあります。この端末購入アシストは、ぴったりプラン、たっぷりプランへのご加入と同時にUQモバイルが指定した端末を分割購入した方に限り「マンスリー割」という制度を適用されます。

マンスリー割では、対象スマホ機種に応じてUQmobileが指定する金額を、課金開始月の翌月から24カ月間、月額基本料金を上限として割引きしてくれます。

マンスリー割が適用されると端末代が割引され実質108円で購入できる端末もあります。

例えば、arrows M04 PREMIUMでは、端末代金の分割支払金は1,296円×24ヶ月間ですが、同じ金額の1,296円がマンスリー割として、24ヶ月間にわたって割引されるので、端末の実質負担額は初月に支払う108円だけということになります。

おしゃべり/ぴったりプランは、2年契約になりますので、2年経過したら解約して新規契約をすれば2年単位で新しい端末を手に入れることができます。ただし、2年毎に携帯番号が変わりますので、電話番号が変わってもそれほど抵抗がない人に限ります。

一昔前であれば電話番号とメールアドレスで繋がり合っていましたが、最近はLINEが主流となりLINEのIDだけで繋がりを持っている人が大半なんてこともザラです。新規契約でもLINEのIDは引き継ぐことができますので、電話番号が変わることがそれ程に問題ない方は、解約と新規契約を繰り返しながら新しい端末を手に入れるやり方が無難でしょう。

UQモバイル機種変更以外:自身で端末を用意する

SIMフリースマホは、メルカリやラクマやヤフオクのようなフリマアプリとかAmazonやカカクコムなどで探せば見つかります。ただし、対応機種かどうかは調べてから端末を購入する必要があります。

自分で端末を用意するのが一番手っ取り早いし、解約したり再契約の手数料など払わなくて済むし、電話番号も同じまま使うことができます。

価格.comスマートフォン・携帯電話 カテゴリランキングはこちら

UQモバイルではでは公式ページで動作確認端末一覧を公開しており、こちらから「データ通信/通話/SMS/メール/テザリング」の利用可否を調べることができます。

動作確認端末一覧はこちら

UQモバイルが提供している端末であれば、動作確認を行わなくても使えます。ヤフオクの検索では、「欲しい端末+UQ」で検索すれば出てきます。

iphone 6sが欲しい場合は、「iphone 6s UQ」と検索すれば出てきます。

「iphone 6s 32GB」の落札相場は送料含めて32000円です。これはSプランで契約した場合の実質価格38988円より安く購入できるということです。

UQモバイル機種変更以外:他の格安SIMに乗り換える

格安SIMであればUQモバイルでなくても良いと思っているのであれば、他の格安SIMに乗り換えても良いでしょう。ただUQモバイルは格安SIMの中でも通信速度は一番ですので今よりも通信速度が遅くなってしまう懸念があります。

他の格安SIMは、それぞれ通信速度が異なりますが、明らかに遅くなるMVNOもありますので、外でネットを使う時に、通信速度が遅くてイライラしたり、不便を感じるくらいなら、UQモバイルから乗り換えすることはおすすめできません。

実際、他の格安SIMでの速度が遅いのが不満でUQモバイルに乗り換えしている人が多数います。その速度が格安SIMの中では一番速いとされるUQモバイルから、他の格安SIMに乗り換えるメリットは金銭的なものしかありません。

その金銭も微々たる差です。

UQモバイルに残った上で、新しい端末を手に入れる方法は、一度解約して新規契約するか、ネットで端末を購入するかの2つしかありません。電話番号を変えたくないのであれば、ネットで購入する1択になります。

UQモバイル機種変更タイミング

UQモバイル機種変更タイミング1:割賦の支払いが残っている場合でも新たに割賦契約できる?

UQモバイルで端末を分割払いで契約後、6ヶ月以内に機種変更をする場合は分割を組むことはできません。新しく機種変更をしたい端末を一括購入にするのであれば機種変更が可能です。

分割払いで契約後、6ヶ月以内であっても端末を一括清算することで、機種変更の分割払いを組むことができます。

mamedenkyu

UQモバイルで端末セットを分割24回払いで契約すると契約から6ヵ月間は機種変更で分割払いをすることができません。

sumasere

分割払いで契約後、6ヶ月以内で機種変更したい場合は一括払いにすることで、機種変更が可能になります。

UQモバイル機種変更タイミング2:端末の割賦残債が残っている状態で機種変更した場合、機種変更前の端末の支払は継続して分割で支払ができる?

端末の割賦金が残っている場合に機種変更をしても、旧端末の代金は引き続き割賦での分割支払いができます。また、旧端末でマンスリー割が適用されている場合、機種変更をすると旧端末のマンスリー割は適用終了となります。

mamedenkyu

「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」の場合、マンスリー割の途中で新しく機種変更するのは旧端末がマンスリー割停止で損します。

UQモバイル機種変更タイミング3:「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」の場合

「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」の場合、端末セット契約すると端末を定価購入ことになります。

マンスリー割がありませんので、端末残積がある状態で機種変更しても、旧端末の支払額で損することはありません。従って、機種変更するタイミングはいつでも良いです。

mamedenkyu

「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」は、端末割引がないので端末残積ある状態で機種変更しても支払う金額は同じです。

UQモバイル機種変更タイミング4:「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」の場合

「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」の場合、課金開始月の翌月から24ヶ月間、月額基本料金を上限として端末が割引となるマンスリー割があります。

このマンスリー割期間中に機種変更すると、旧端末のマンスリー割が停止されてしまうので損をします。マンスリー割が終わる25ヵ月目までは機種変更をしない方が得策です。

機種変更タイミングは更新月の26ヵ月目以降が最善です。

mamedenkyu

「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」を契約しているなら毎月マンスリー割で端末割引補助が出ていますから、その期間中に機種変更すると旧端末の端末割引が終了となるので無駄になります。

UQモバイル機種変更タイミング5:「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」機種変更するなら更新月がおすすめ

「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」で機種変更する場合、24ヵ月間はマンスリー割で端末が安くなります。最初に端末セットを購入して契約した場合、26ヵ月目の更新月には端末の支払いが終わります。

この更新月のタイミングで機種変更するのが良いです。更新月を過ぎて1年間も過ぎてから機種変更するのが勿体ないのは、UQモバイル機種変更はマンスリー割によって108円で購入できる端末も多数あるからです。

2年間継続利用で実質108円で端末を購入できますので、最初の端末を購入して支払いを終えてから期間を空けないうちに機種変更で次の端末を購入しておいた方が得策と言えます。

mamedenkyu

UQモバイルを更新月以降も更に2年間利用する意思があるなら、更新月のタイミングで108円端末を機種変更することは間違いなくお得です。機種変更手数料3240円をかかっても端末は実質108円で購入できますので、損することはありません。

UQモバイル機種変更できる端末は?

UQモバイル機種変更では、UQモバイルオンラインストアで販売されている最新機種が購入できます。

iPhoneを契約している方がAndroid端末に機種変更や、Android端末を契約している方がiPhoneへの機種変更も可能です。

機種変更すると、マルチSIMカードが届きますので、現在、LTE用のnano SIMやmicroSIMを利用している方でも大丈夫です。

mamedenkyu

androidとiPhoneどちらでもお好きな端末を機種変更できます。機種変更すると端末と一緒に新しいマルチSIMカードが送られてきますので、SIMカードを交換してください。

UQモバイル機種変更したら現在利用中のSIMカードは使えなくなる

UQモバイル機種変更申し込み後、現在のSIMカードは回線切替が完了するまでご利用可能です。

もし機種変更をしても回線切り替えを行わない場合は、商品出荷日+7日で自動的に回線切替完了いたします。そうすると、現在、利用中のSIMカードは使えなくなります。

電話もネットも利用できなくなりますので、新しいSIMカードに交換をして下さい。

mamedenkyu

現在、マルチSIMカードを利用していたのに、機種変更でまたマルチSIMカードが届いて「なぜ交換する必要がある?」と疑問に思っても、商品が出荷されて1週間経過すると現在のSIMカードは利用できなくなるので、SIMカード交換対応をしましょう。

UQモバイル機種変更手順

  • 機種変更する端末を選択
  • 選択された端末が正しいか確認
  • カラーを選択
  • 一括か分割を選択
  • ご購入手続きへ
  • my UQ mobileへログイン
  • 変更するSIMカードを「購入端末に必要なSIMカード情報」から選択してください。

  • 選択した端末で動作するSIMカードが強制選択になります。

  • プラン変更が可能です。通常のプラン変更ではデータ高速プランから「おしゃべり・ぴったりプラン」への変更は不可ですが機種変更では例外で変更が可能です。
  • 「おしゃべり・ぴったりプラン」への変更では増量オプションに入るか表示されます。これは2年間無料なので加入しましょう。
  • 端末補償サービスは任意です。メーカー1年保証で十分な場合は不要です。
  • 「おしゃべり・ぴったりプラン」への変更では下取りができます。強制ではありません。
  • 機種キャリア・機種区分・機種ブランド・機種を選択します。
  • 下取り申込に関する説明等に同意します。

  • 下取り申込に関して、下取りを申し込まれる端末の状態によっては下取り割引のサービス が受けられない場合がございます。(電源が入らない等)
    下取りを申し込む端末の状態をご確認のうえ、下取り申込をお願い致します。
    また、お申し込み後下取り端末の返送がなかった場合、自動的に下取り申込をキャンセル させて頂きます。
    上記内容及び下取り規約事項をご確認のうえ、「同意する」を選択してください。

  • 個品割賦販売契約約款等の確認同意をします。
  • 契約書面の交付方法を電子か書面か選べます。
  • 次へを選択
  • ご購入商品
  • 機種変更手数料は3240円
  • SIMカード情報と変更後のプラン
  • 個品割賦販売/個別信用購入あっせんご契約内容
  • 下取り申込情報
  • 下取り端末が物流センターに届き、確認が取れ次第割引が開始されます。

  • お申し込み内容
  • お届け先情報
  • ご契約先(配送先)の住所に変更がある場合は、機種変更をお申し込みいただく前に my UQ mobile にて住所変更を行ってください。

  • ご購入商品のお支払方法
  • *分割支払契約される場合、ご利用料金と同じお支払方法のみとなります。

  • ご契約者様情報
  • 登録完了前のご確認をしたら「登録を完了する」で機種変更ができます。

  • 1 お申し込み受付後のお客さま都合によるキャンセル、返品はお受けいたしかねます。
    詳細は「特定商取引法に関する表記」にてご確認ください。

    ※2 受信拒否される恐れがありますので、ご登録の連絡先メールアドレスにおいて、
    当社ドメイン「infomail.uqmobile.jp」を指定受信設定いただくようにお願いいたします。