UQモバイルキャンペーンキャッシュバック情報

参考:UQモバイルキャンペーン

参考:UQモバイルキャッシュバック

UQモバイル「おしゃべりプラン」とは?

おしゃべりプランは、2017年2月22日より提供を開始されたばかりのUQモバイルの新しい通話定額プランです。

おしゃべりプランとは、「通話定額」の料金プランで、一回の通話が5分以内であれば何度通話を行っても無料となっています。

5分をオーバーした分については20円/30秒の通話料金が掛かります。5分以上は、お金が掛かるので5分以内に通話を完結

長電話はあまりしないけど、ちょっとした電話は何回も使う予定がある人に向いています。

「おしゃべりプラン」は、1ヶ月60分の無料通話が付くようなプランではありませんので、1回の通話が5分以上と長くなる場合は向かないプランです。

おしゃべりプランは何がセットになっている?

  • データ通信容量(GB)
  • 5分かけ放題
  • 人気アプリ11個

これらが1セットになったプランです。

5分かけ放題は、セットに入っているので別途オプション料を払う必要はありません。また、5分以内の通話かけ放題の他に、データ通信容量もついてきますので、ネットも使えます。

通話とネット両方使えて、有料や非売品アプリなどが組み合わさった11個のアプリを無料で利用することができます。

おしゃべりプラン月額料金

おしゃべりプランには、プランS、プランM、プランLの3タイプがあります。

S/M/Lともに、5分以内の通話は何度でも無料という点については共通していますが、データ容量が異なっています。

データ容量は、プランSが2GB/月、プランMが6GB/月、プランLが14GBとなっております。これらのデータ容量は2年間限定となっており、3年目以降は半分に減ります。

2年間はお得ですが、3年目以降はデータ容量が半分と極端に減るので、乗り換えするのが賢い選択となるでしょう。2年間以上使い続ける金額的なメリットは少なくなりなります。

2年間のうち1年間は、イチキュッパ割とスマトク割で月額2,000円割引されるので、お得ですが3年目以降は、長期割1,000円割引のみなので、お得な月額料金にはなりませんので、長期で使うメリットは現状は少なくなっております。

3年目からは、プランSが1GB/月、プランMが3GB/月、プランLが7GBになります。

通話定額の方は、S/M/L一律5分以内の通話は何度でも無料ですので、データ容量をどれくらい使うかで、S/M/Lのどれにするかが決まってきます。価格重視であれば、一番安いプランSになるでしょう。

月額料金もデータ容量が少ない順から安くなっております。プランSが1,980円、プランMが2,980円、プランLが4,980円となっております。これは、「イチキュッパ割」で1,000円割引と「マンスリー割」で1,0000円割引された状態での月額料金です。

「マンスリー割」の1,000円割引は、2年間と定められておりますが、3年目からも長期割と名前を変えて1,000円割引は継続します。

「イチキュッパ割」は、1年間限定ですので2年目からは、S/M/Lともに1,000円割引がなくなり値上げされます。そうすると、プランSが2,980円、プランMが3,980円、プランLが5,980円です。

おしゃべりプラン2年後の月額料金は?

おしゃべりプランS/M/Lは、課金開始月から起算して25ヶ月間、基本使用料からスマトク割で1,000円を割り引きになりますが、26ヵ月目以降は「スマトク割」から「長期割引」と名前を変えて、1,000円の割引は継続されます。

イチキュッパ割1,000円割引は、1年間で終了の為、3年目以降は長期割1,000円が永遠と継続されます。

おしゃべりプランS

 基本料金割引月間データ容量
13ヶ月目まで1,980円スマトク割イチキュッパ割2GB
25ヶ月目まで2,980円2GB
26ヶ月目以降2,980円長期割1GB

おしゃべりプランM

 基本料金割引月間データ容量
13ヶ月目まで2,980円スマトク割イチキュッパ割6GB
25ヶ月目まで3,980円6GB
26ヶ月目以降3,980円長期割3GB

おしゃべりプランL

 基本料金割引月間データ容量
13ヶ月目まで4,980円スマトク割イチキュッパ割14GB
25ヶ月目まで5,980円14GB
26ヶ月目以降5,980円長期割7GB

おしゃべりプランは電話を使わない人は損する?

おしゃべりプランの最大の特徴は、5分以内の電話が何度でもかけ放題という点です。ですから、電話をそれほど使わない人は、おしゃべりプランにする意味はありません。

LINEの音声通話やGoogleハングアウトの音声通話など、メッセンジャー・チャットアプリの通話機能を使うので、通話定額や無料通話分は不要という人は、おしゃべりプランを選択する意味がありません。

電話を使わないのであれば、「データ高速+音声通話プラン」というのが、無料通話はないものの月額1,680円と安いです。データ高速プランは電話を使った分だけ、30秒/20円支払うことになります。

おしゃべりプランSは最初の1年間は月額1,980円でデータ高速プランとは300円の差しかありませんが、2年目以降は2,980円と値上げされて1,300の差が開いてきます。

1300円÷20円/30秒=65

1300円は30秒の通話を65回分に値します。

30秒×65回=1950秒

1950÷60秒=32.5

32分30秒を通話できる金額です。

もし、1ヶ月に10分程度しか話さないのであれば、データ高速プランを選択した方が無難と言えるでしょう。

目先の1年間は、イチキュッパ割とスマトク割で2000円割引されますが、2年目以降は、スマトク割だけが残るので、最低のSプランでも月額2980円掛かります。その上、2年間のデータ容量は2GBとデータ高速プランの3GBより1GB少ないです。

3年目からは1GBに大幅に減りますので、通信容量としては物足りないものとなるでしょう。その点、データ高速プランは、永遠と3GBですので、安定しています。

おしゃべりプランのデメリット

5分を超えた分の通話料が高い

おしゃべりプランは、5分を超える通話が有料に切り替わります。5分を超えた瞬間から通話料が20円/30秒とお金が掛かります。

5分以内は無料だからと気を抜いて話していると、いつの間にか5分を超えた長電話をしてしまい、通話料が結構な額で掛かってしまったなんてことが起こり得ます。

通話料を無駄遣いしない為に、5分以内で通話を終了することを徹底させましょう。通話開始前に何時何分なのかを把握して、通話している時間を計測しながら電話をすると良いでしょう。

何分話しているか分からずに電話していると、あっという間に5分が過ぎてしまい、気が付けば15分話していたなんてことになりかねません。

2年縛りで違約金がある

おしゃべりプランには、2年縛りがあります。契約から2年間以内に解約をすると解約手数料として9,500円が掛かります。

契約期間は課金開始日を含む月を1ヶ月目として、25ヵ月間を契約期間とします。(25ヵ月目の翌月を「更新月」といいます)。更新月に解約のお申し出がない場合、更に24ヶ月間の契約として自動更新となります。

更新月は、2年間ごとに1ヶ月間のみです。この更新月とされる1ヶ月間に解約する場合は解約手数料が無料になりますが、更新月を過ぎてしまうと、また2年間は解約手数料9,500円が掛かります。

おしゃべりプランは、2年間縛る上に自動更新ですので。2年ごとに1ヶ月しか無料で解約できるチャンスがないので、他社に乗り換えたくなった場合は、無料で解約できる期間は限られていますので自由度は低いです。