UQモバイル短期解約でブラックリストに入る?

UQモバイルで短期解約した場合、ブラックリストに入ります。

どのくらいの期間で解約した場合にブラックリストに入るかの明確な基準は公開されておりませんが、一般的には120~180日以内の解約が短期解約とみなされます。

UQモバイルで短期解約するとなぜブラックリストに入る?

UQコミュニケーションズ株式会社にとっては1人でも多「くの利用者に長く契約して頂きたいと考えています。その為、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」は2年契約の代わりに「増量オプション2年間無料」「端末割引」「家族割引」「WiMAXセット割」「イチキュッパ割」「スマトク割」など様々な割引サービスを提供しています。

お得な割引サービスだけを受け、半年と短期で解約されては困る訳です。

ただ最低利用期間の2年以内に解約したからと、即ブラックリスト入りするとは限りません。一般的にブラックリスト入りすると言われている期間は120~180日以内と半年に満たない期間での解約を短期解約とみなします。

UQモバイル短期解約しブラックリストに入るとどうなる?

ブラックリストに入ると、「端末代金を分割払いできない」「新規契約が一切できない」ようになります。

端末代金の分割払いは、クレジットカードや住宅ローンと同様に負債です。24カ月という分割返済に不安のある方には契約させることができません。

UQモバイルのブラックリストとは

UQモバイルの月額料金を滞納したり、何度も短期解約しMNPを繰り返す人も携帯電話会社独自のブラックリストに載ります。

クレジットカードを利用する、住宅・カーローンを組むといった個人情報は「信用情報機関」に登録されます。

信用情報機関には、「CIC」「日本信用情報機関(JICC)」「全国銀行個人信用情報センター(全銀協)」という3つの機関があります。

クレジットカード会社や携帯会社は、この「信用情報機関」に加盟しており、ドコモ・au・ソフトバンクなど携帯電話会社は「CIC」に加盟しています。

UQモバイルの携帯ブラックになるのは料金滞納です。端末を分割で購入した場合、月々の電話料金のなかには端末ローンが含まれることになります。

これを滞納すれば、ローンの支払いが滞ることになり、信用情報機関のデータに延滞や未払の情報が載ってしまいます。さらに、携帯電話会社が加入している「CIC」では、携帯料金の滞納者の情報をキャリア同士で共有しています。

つまり、CICの共有リストに載ってしまうような状態を「携帯ブラック」と呼びます。ただし、端末を一括購入したときは分割(割賦)ではないので、信用情報機関に情報が流れることはありません。

信用情報機関のブラックリストに載ってしまうと、携帯電話会社だけでなくクレジット会社など様々な企業が閲覧するため、新規でクレジットカードが作れない、住宅ローンやマイカーローンが組めなくなります。

UQモバイルの料金滞納でブラックリスト入りすると消えるまで5~10年かかる

ブラックリストの載ってしまった場合、永久にブラックリストに情報が載っているわけではありません。5~10年ほど経過すれば、自動的にブラックリストから情報が消えていきます。

ブラックリストから情報が消えた後であれば、割賦割引を使って携帯やスマホを購入することができます。

どれくらいの期間でブラックリストから情報が削除されるかはどんな内容でブラックリストに載ったかによって変わってきます。

UQモバイル乗り換えau・ソフトバンク・ドコモ