UQモバイル同一名義で申し込める最大回線数は?

UQモバイルは同一名義で最大5回線までお申込みできます。

しかし、5回線一気に申し込みはできません。契約当初の90日間は契約できる回線数は原則2回線までです。91日目以降にならないと3回線4回線5回線目を申し込みはできません。

UQモバイル同一名義で申し込める最大回線数は公式も代理店も同じ?

代理店リンクライフはそもそも公式とお客様の橋渡し業務をしています。お客様をUQコミュニケーションズの顧客にする為の代理販売を行っているだけに過ぎませんので、代理店で契約しても公式のお客様です。

よって代理店も公式も同一名義で申し込める最大5回線というのは変わりません。

UQモバイル同一名義契約で貰えるキャッシュバックは最大5回線

UQモバイル同一名義で契約して貰えるキャッシュバックは最大5回線まで可能です。5回線まで可能ですが、90日以内は2回線までしか同一名義で申し込みできない規定がありますので、5回線同時契約は不可能です。

同一名義で5回線分のキャッシュバックを貰うには、まずは2回線を契約して91日目以降に残り3回線を契約します。

UQモバイルで2回線以上を同時契約でキャッシュバックを貰う方法は?

要は1人の名義に対して90日以内は2回線までなので、2人名義を使えば4回線契約できます。

例えば、父と母がそれぞれ2回線ずつ契約することで最大4回線契約できます。

家族5人同時に乗り換えてキャッシュバックを適用したい場合、子供が成人していない場合は夫婦で4回線が90日以内の契約は限界です。

子供が1人でも成人していれば、父2回線、母2回線、成人の子供1回線という風に契約することが可能です。

UQモバイルキャッシュバック貰うのに家族4人のうち父しかクレジットカードを所有していない場合4人乗り換えする方法は?

UQモバイル代理店リンクライフはクレジットカード支払いのみキャッシュバック対象です。口座振替はキャッシュバック対象外です。

公式限定ページは、口座振替もキャッシュバック対象です。従ってクレジット所有者1人で4人同時乗り換えでキャッシュバックを貰う方法は、代理店でクレジット払いで父2回線、公式で母が口座振替で2回線契約となります。

初期費用無料は代理店だけの特典なので、91日目以降まで待てる場合は公式の口座振替契約を急ぐ必要はありません。

UQモバイルキャッシュバック一番得策な家族4人乗り換えは夫婦でクレジットカード払い

父と母がそれぞれクレジットカードを所有していれば、代理店で父2回線、母2回線と分けて契約が可能なので4人同時乗り換えのキャッシュバック適用が可能です。

代理店に拘ってほしいのは初期費用が3240円が無料だからです。初期費用だけで3240円×4回線=12960円が最低でも差が生じます。

更にSとMプランは1000円キャッシュバック額が代理店の方が高いので、合計で16960円も違います。

UQモバイル同一名義で2回線分を同時契約できない?

よくある質問では、夫婦でUQモバイルに乗り換える際に旦那しかクレジットカードを所有していないので、旦那名義で嫁の分を含めて2回線契約する場合、どうやって申し込むかと疑問に思われる方がいます。

代理店は、2回線同時申し込みができません。1回の契約で申し込めるのは1人までです。その為、1回線目は旦那自身が契約して、2回線目は旦那を契約者として、お客様情報の入力の際に「ご利用者様情報」で「契約者と異なる」を選択します。ご利用者様情報の入力で妻の名前を入力してください。

この場合、キャッシュバック手続きは2回行うことになります。また、メールアドレスを2回線とも同じにすることは可能です。メールアドレスを同じにしたとしてもキャッシュバック登録は2回線を一括にまとめて手続きではありません。

旦那のキャッシュバックと利用者の嫁のキャッシュバックはそれぞれ別々に行います。また利用者の嫁のキャッシュバック手続きで登録する口座名義は契約者である旦那名義の口座番号を登録します。

契約者と口座情報を完全一致させる必要があります。

UQモバイルで旦那が単身赴任している場合、同一名義の夫婦で契約はどうなる?

旦那名義で嫁の分まで契約する場合、旦那の運転免許証に記載された住所を申し込み時に入力する必要があります。配送先を単身赴任先へ希望を出すことはできません。

身分証に記載されている住所と住んでいる場所が不一致ですと、不正契約が疑われます。単身赴任しているという正当な理由があったとしても、通じません。

従って、嫁が住んでいる住所に2回線分のSIMカードが届きます。この場合は、嫁がSIMカードを旦那の住んでいる単身赴任先へ配送するしかありません。

UQモバイル家族割は同一名義でも5回線まで適用可能

UQモバイル家族割は9回線まで適用可能ですが、同一名義の場合は契約の最大5回線目まで家族割が適用できます。

例えば以下のパターンの場合、1回線目の父自身を主回線として、2~5回線目まで副回線とした場合、500円割引となるのは2~5回線目のみです。

UQ家族割は絶対1人は主回線となり、その主回線は割引対象外です。

この場合のキャッシュバックは5回線全て契約者である父が受け取ることになります。父の口座を5回登録することになります。利用者が母や長男などであっても契約した本人がキャッシュバックの受け取り手続きを済ませます。その為、父の名義の口座を5回登録します。

  • 1回線目:父が契約者で自分で利用
  • 2回線目:父が契約者で母が利用者
  • 3回線目:父が契約者で長男が利用者
  • 4回線目:父が契約者で長女が利用者
  • 5回線目:父が契約者で次男が利用者

以下のパターンでも家族割5回線適用可能です。この場合、2~5回線目までが毎月500円割引です。自分で利用する携帯電話を5回線も契約する方は滅多にいませんが、こういう契約方法でも家族割が適用可能です。

この場合のキャッシュバックは5回線全て契約者である父が受け取ることになります。父の口座を5回登録することになります。

  • 1回線目:父が契約者で自分で利用
  • 2回線目:父が契約者で自分で利用
  • 3回線目:父が契約者で自分で利用
  • 4回線目:父が契約者で自分で利用
  • 5回線目:父が契約者で自分で利用

UQモバイル代理店で契約した場合の家族割加入方法について

代理店契約して開通させた後に、UQお客様センターに電話をして家族割加入したいと申し出て下さい。

UQスポット等のUQ mobile取扱店に行くか、もしくはUQお客様サポートセンターへのお電話でお申込みします。

※お申し込み時に、ご家族であることを確認する書類が必要となる場合があります。

UQお客様サポートセンター

0120-929-818
携帯電話・PHS可、9:00~21:00(年中無休)
一部IP電話からは接続できません

音声ガイダンスが流れましたらUQ mobileに関するお問い合わせの「2」を押してください。

「2」を押していただいた後に、UQ mobileに関する音声ガイダンスメニュー「3」の「ご契約内容の確認や変更、他者へのお乗り換えに関するお問い合わせ」を押すとサポート窓口につながります。

そこで家族割に入りたいことを伝えます。

名前のフルネーム、最初に登録した暗証番号を伝えると家族割の申し込みができます。

分割支払い契約で3台目の携帯電話端末を購入は不可

分割支払い契約で3台目の携帯電話端末を購入はできません。割賦の契約(24回分割払い)は最大で2契約までとなります。ご契約中の割賦を1台、一括で清算いただいた場合は、1台追加でご契約いただくことが可能です。

一つ前の割賦契約から6か月を経過していない場合は、ご契約いただけません。

つまり、家族4人で乗り換える場合、最初の2回線は分割払いで端末セット契約できます。91日目以降に契約する残り2回線に関しては、分割払いで端末セットを契約することができません。

3回線目を分割払いで端末セット契約するには、最初に契約した2回線のどちらかを一括で清算するしかありません。

あとは最初の2回線契約から6ヵ月が経過していれば、残り2回線を端末セット分割払いで契約が可能です。