UQモバイルキャンペーンキャッシュバック情報

参考:UQモバイルキャンペーン

参考:UQモバイルキャッシュバック

デザリングとは?

テザリングとは、インターネットに直接接続する機能がついていないノートパソコンやタブレット、ゲーム機などの機器を、スマートフォンの通信機能を使ってインターネット接続する機能のことをいいます。

つまりこの機能を使うと、外出先ではインターネットへ接続できない機器でも、スマートフォンの通信エリアならどこでもインターネットに接続することができるようになります。

カフェや電車の中など通信機器がない場所ではインターネットを利用することはできませんが、テザリング機能を使えばスマホをルーター代わりにできます。

そのため、スマホをルーターとしてカフェや電車の中でパソコンやタブレットなどでインターネットが利用できます。手持ちのスマホの高速通信回線(4GやLTE)を他の端末でも使えるようにしてネットができるようになるのがこの「テザリング」です。

テザリングの種類

テザリングの種類(スマートフォンと機器の接続方法)はWi-Fi/BluetoothR/USBの3種類あり、利用シーンに応じて使い分け可能です。

ご利用シーンや接続する機器の種類に応じて最適なテザリングの種類を選んで下さい。

テザリングの種類おススメポイント
Wi-Fiテザリング●タブレット、ゲーム機、Wi-Fi対応デジカメなど対応機器が豊富
●複数の機器を同時に接続可能
●高速なデータ通信
BluetoothR テザリング●電池持ちがよい(Wi-Fiテザリング比)
●設定が簡単 (パスワード入力不要)
USBテザリング●PCからスマートフォンに給電しながらデータ通信が可能
(機種によってはUSB給電ができない場合があります)
●高速なデータ通信

Wi-Fiテザリング

スマホ側の回線を、Wi-Fiで他の機器にシェアする機能のことです。スマホが、家庭や職場に設置しているWi-Fiルーターの代わりとなりネット接続ができます。

スマホが無線LANルーターと同じ役目を果たすため、Wi-Fiに接続できる機器のほとんどを使うことができます。

タブレット、ゲーム機、デジカメ、テレビなどなど、最近では多くのデジタル機器がWi-Fiを搭載しています。これらを、無線LANルーターにつなぐのと同じ手順でスマホでも設定できるのが、Wi-Fiテザリングのメリットです。

USBテザリング

スマートフォンとパソコンなどをUSBケーブルで接続してインターネットを利用できます。ノートPCからスマートフォンを給電しながらテザリングが使えます。

スマホと何か別の機器をUSBケーブルで接続してテザリングするので、スマホと接続する機器の間が、無線のように不安定ではないため、スムーズに通信できます。

また、充電とデータ通信の両方に対応しているケーブルを使えば、スマホを充電しながらテザリングすることも可能です。

Bluetoothテザリング

スマートフォンとパソコンやカーナビなどをBluetoothで接続してインターネットを利用できます。Wi-Fiテザリングよりも電池持ちがよく、パスワード設定も不要です。

Wi-Fiテザリングと同様、複数台接続をサポートしており、スマートフォンのバッテリー消費が少ないというメリットがありますが、通信速度が遅く、接続できる範囲が狭いというデメリットがあります。

UQモバイルはテザリングはできる?

UQモバイルでは、月額料金無料でデザリング可能です。お申し込みも不要です。UQモバイルを契約すればすぐにテザリングを利用することが可能です。

ただし端末によりテザリングできない場合があります。端末ごとのテザリング対応可否につきましては、「動作確認端末一覧」よりご確認ください。

「HP Elite x2 1012 G1 for au」はテザリングが「✕」となっておりできません。

「HP Elite x3」はテザリングが「〇」となっておりできます。

UQモバイルはiPhoneでテザリングはできる?

テザリングが利用可能な機種は以下です。

  • iPhone 5S(UQ版)
  • iPhone SE(SIMフリー版)
  • iPhone SE(au/ドコモ/SB版)
  • iPhone 6S(SIMフリー版)
  • iPhone 6S(au/ドコモ/SB版)
  • iPhone 6S Plus(SIMフリー版)
  • iPhone 6(au版)
  • iPhone 6 Plus(SIMフリー版)
  • iPhone 6 Plus(au版)

SIMフリーはもちろん、au/ドコモ/ソフトバンクから発売されるキャリア版でも対応しています。iPhone 7、iPhone 7 PlusはUQモバイルでは未対応です。デザリング、Eメールは使えません。

テザリングの利用にはマルチSIM(VoLTE)カードが必須

通常のLTE用のSIMカードからマルチSIM(VoLTE用)のカードに変更する必要があります。

通常SIMからマルチSIMに変更するには、UQお客様サポートセンター(0120-929-818)に問い合わせが必要です。受付時間は9:00~18:00(年中無休)です。

SIMカードの交換手数料として3,240円がかかります。申し込みからSIMカードが手元に届くまでには長くても1週間です。

LTEのSIMカードを取り出して、マルチSIMカードに入れ替えたら、UQ mobileのマイページにアクセスして「申込状況一覧」から「回線切替」のボタンを押す必要があります。

「回線切替」が完了すると「LTEのSIMカード」から「マルチSIMカード」に電話番号が移動し、利用可能になります。

テザリングの設定方法

Androidの設定方法

  • ホーム画面の「設定」を開きます。
  • 「ネットワーク設定」を開きます。
  • 「テザリングとアクセスポイント」を開きます。
  • 「Wi-Fiアクセスポイントを設定」を開いてネットワークSSID、パスワードを確認します。
  • パソコンやゲーム機器などさまざまな外部機器(子機)側でネットワークSSID、パスワードを入力します。
  • 「テザリングとアクセスポイント」に戻って、「Wi-Fiテザリング」にチェックを入れると、テザリングが開始されます。

iPhoneの設定方法

  • ホーム画面の「設定」を開きます。
  • 「インターネット共有」を開きます。
  • 「インターネット共有」をONにします。
  • 「インターネット共有」のタブの下に表示されるネットワーク名、パスワードを確認します。
  • パソコンやゲーム機器などさまざまな外部機器(子機)側でネットワーク名、パスワードを入力します。
  • テザリングで子機と接続された場合、ホーム画面の上部などで「インターネット共有中」と表示されます。

UQモバイルでデザリングするならデータ無制限プランがおすすめ?

パソコンなどで扱うデータ容量は大きくなりがちであり、スマートフォンのデータ通信プランによっては、すぐ上限に達してしまう場合もあります。テザリングの利用はデータ容量に注意を払い、計画的に利用する必要があります。

こちらがUQモバイルの料金プランです。この中でデザリング向きなのは、無制限プランです。

プラン月額料金 音声通話高速通信容量通信速度
データ高速+音声通話プラン1,680円/月3GB/月受信最大150Mbps
送信最大25Mbps
データ無制限+音声通話プラン2,680円/月無制限受信最大500kbps
プランS2,980円(1年間は1,980円)1GB/月(2年間は2GB/月)受信最大150Mbps
送信最大25Mbps
プランM3,980円(1年間は2,980円)3GB/月(2年間は6GB/月)受信最大150Mbps
送信最大25Mbps
プランL5,980円(1年間は4,980円)7GB/月(2年間は14GB/月)受信最大150Mbps
送信最大25Mbps

UQモバイルのデータ無制限プランは、通信速度最大500kbpsのデータ通信を無制限に利用できるプランです。デザリングをよく利用する人は、無制限プランにしておくことで、データ容量を気にすることがありません。

UQモバイルには、データ高速プランというものもあり通信速度最大225Mbpsという魅力もあるのですが、月間データ容量3GBまでなっており、3GBを超えた場合は送受信最大200kbpsまで速度が落ちてしまいます。

パソコンサイトの場合、スマホのサイトよりもデータ容量が大きいので、データ消費量が大きくなり、データ高速プラン3GBでテザリングをすると、すぐに200kbpsの低速状態となってしまいます。

そのため、テザリングを利用するなら、無制限プランを利用されることをオススメします。データ無制限プランは通信速度最大500kbpsのデータ通信を制限なしに利用できます。

ただ、データ無制限プランも3日で6GB以上使うと速度制限がかかり200kbpsに落ちます。6GBというとyoutube動画(480p) を12時間視聴できる容量です。

また500kbpsが速度の上限となっていますが、無線が混雑していない場所であれば600kbps~1500kbps出たという声もあり、LINEニュース、Twitter、Facebook、ヤフー、LINE、Youtube、Googleマップは快適に利用できます。

ただ、データ無制限プランは通信速度面は高速通信プランの通信速度最大225Mbpsから劣るものがあります。

「オンラインゲーム」「写真が多いサイトの閲覧」「高画質な動画の閲覧」などは、データ無制限プランは向きません。

速度を求めるなら「おしゃべりプランL」「ぴったりプランL」の14GBがおすすめです。

Sプランは2GB、データ高速プランは3GBと少ないので、パソコンでテザリングをすれば、すぐにデータ容量がなくなってしまいます。

テザリングを使うのであれば容量の大きい、通話定額Lプラン14GBがおすすめです。現在のUQモバイルには、20GB、30GBなどの大容量プランは用意されておりませんので、Lプランが一番大きい容量のプランとなります。