UQモバイルスマホプランとは

UQモバイルのスマホプランは、月間のデータ通信容量に応じて「スマホプランS」(3GB)月1980円、「スマホプランM」(9GB)月2980円、「スマホプランL」(14GB)月3980円の3種類を用意しています。

しかも通信量、料金ともに契約から一定期間といった制限はなく、ずっとこの料金です。

そして、家族で複数回線を契約した場合は、2回線目以降は月500円が割り引かれ、「スマホプランS」月1480円、「スマホプランM」月2480円、「スマホプランL」月3480円となります。

なお、この新しいプランには国内通話定額などは含まれておりません。

音声通話を多く利用するユーザーは、1回10分までの通話が定額になる「かけ放題」は月700円、1ヵ月60分までの通話が利用できる「通話パック」は月500円への通話オプション加入が必要です。

 SプランMプランLプラン
月額料金1980円2980円3980円
UQ家族割適用時1480円2480円3480円
基本データ容量3GB/月9GB/月14GB/月
通話料20円/30秒(SMS送信料3円/通)

新しいテレビCMやWEB動画はこちら

UQモバイルキャンペーンキャッシュバック

UQモバイルスマホプランは変化する市場状況への対応です

2019年10月から施行される改正電気通信事業法により、モバイル市場の環境、消費者心理も大きく変化していく変化していきます。

UQモバイルとしても、今後の環境想定の重要性を認識し「スマホプラン」を新たに投入しました。

契約期間内の途中解約による違約金が1000円になった場合、キャリアを乗り換えると答えた消費者は54%。現行の各社9500円の34%から実に20ポイント増となっています。

キャリア乗り換え時にスマートフォンを買い換えるかという質問に対しては、44%が買い換えないと回答、現在の35%から9ポイント増。また、スマホ購入の予算を5万円未満と答えたのは79%で、現在の58%から21ポイント増となっています。

こうした状況を受けて、UQの状況は、同業他社と比較しても比較的高い評判を保っています。

その分析としては、低料金、品質の高い通信、「iPhone」に加えて、コストパフォーマンスの高い機種やサービス対応機種の豊富さがあります。

2019年10月1日以降にUQモバイルへの乗り換えは加速するでしょう。

UQモバイルスマホプランは通話オプション制

UQモバイルスマホプランには通話オプションが用意されております。通話を使う方はオプションを付け加えると良いでしょう。

通話オプションは2種類あります。1つ目は、「かけ放題」月額700円で10分まで何度でも無料かけ放題です。

2つ目は、「通話パック」月額500円で60分まで無料で通話が可能です。

通話オプションは強制ではありませんので、通話が不要なお客様は無理につける必要はありません。通話オプションをつけない場合、30秒20円の通話料がかかります。

UQモバイルスマホプランは契約解除料なし

UQモバイルスマホプランは最低利用期間や契約解除料がありません。いつ解約しても無料で解約が可能です。

従来の「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」などは25カ月の契約期間を設けており、26カ月目の更新月以外に解約した場合は9500円(税別、以下同)の契約解除料が必要でしたが、この2年縛りと違約金制度を廃止しました。

UQモバイルスマホプランのデータ繰り越しは?

UQモバイルスマホプランはデータ通信容量は翌月まで1GB単位で繰り越すことができます。

容量消費は、くりこし分→月間データ容量→追加購入データ容量の順番に行われます。

くりこし上限は、プランSの場合最大3GB、プランMの場合最大9GB、プランLの場合最大14GBとなります。

データ通信速度を下げることで通信容量を消費しない「節約モード」も従来プランと同様に使えます。

UQモバイルスマホプラン登場で「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」は終了へ

UQモバイル従来の「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」の新規受付は2019年9月30日に終了します。

既存の音声通話プランについては、2019年9月30日をまでに申し込んだ契約については、2019年10月1日以降も引き続き利用できます。

また、既存の音声通話プランにひも付く「マンスリー割」「増量オプション2年間無料キャンペーン」「DIGNO Phone メール無料キャンペーン」も2019年9月30日をもって新規適用を終了します。

2019年9月30日までに適用された契約については、適用条件を満たす限り引き続き利用できます。

2019年10月1日より「スマホプラン」1本のみが取り扱いプランとなります。

UQモバイルスマホプランの節約モードとは?

UQモバイルスマホプランでも利用できる節約モードとは、データ消費量のカウントなしで使える機能のことです。

ネットサーフィンやSNSを毎日していたら、いつの間にか月間データ容量を超えて、通信制限がかかってしまったという方は、「節約モード」なら、送受信最大300Kbpsの速度でデータ消費ゼロで、スマホ使うことが出来ます。

この300Kbpsというのは通信速度を表す数値で、この程度の数値であれば、SNSやテキストが中心のWEBサイト、音楽ストリーミングサービスなど、普段スマホでよく使う機能を十分に楽しむことができます。

UQモバイルの高速通信速度は受信最大225Mbpsですので、1Mbps=1,000kbpsと考えると0.3Mbpsとなる節約モードは極端に遅くなります。

1Mbps=1,000kbps

UQモバイルスマホプラン誕生で既存契約者への対応は?

既にUQモバイルの音声通話プランを利用しているユーザーは、2019年9月24日から「my UQ mobile」(契約者用Webサイト)や店頭などでプラン変更を受け付けます(9月30日までは変更予約)。

ただし、契約しているプランによって予約できるタイミングが以下の通り異なります。

・おしゃべりプラン、ぴったりプラン:1回目の契約満了月から
・「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」:1回目の最低利用期間の満了日の属する月から

プラン変更に伴う契約解除料は不要ですが、プラン変更を行うと「マンスリー割」「スマトク割」「長期利用割引」の適用が終了します。

UQモバイルスマホプランのプラン変更について

スマホプランのデータ容量(S、M、L)間でプラン変更が可能です。

  • スマホプランS→スマホプランM
  • スマホプランS→スマホプランL
  • スマホプランM→スマホプランS
  • スマホプランM→スマホプランL
  • スマホプランL→スマホプランS
  • スマホプランL→スマホプランM

「スマホプラン」から「おしゃべりプラン」、「ぴったりプラン」、「データ高速+音声通話プラン」および「データ無制限+音声通話プラン」への料金プランの変更はできません。

おしゃべりプラン・ぴったりプランからスマホプランへの変更は?

「ぴったりプランS/M/L」「おしゃべりプランS/M/L」は2年間の契約期間があります。契約期間は課金開始日を含む月を1ヶ月目として、25ヵ月目の月末までを契約期間とします。(25ヵ月目を「契約満了月」、翌月を「更新月」といいます)。

「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」にご契約されている方は、1回目の満了月の翌月までは「スマホプラン」への料金プランの変更はできません。

1回目の満了月より「スマホプラン」への料金プラン変更のお申込みが可能となります。料金プランを変更する場合は契約解除料はかかりません。

「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」からスマホプランへの変更は?

「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」は利用開始日から12ヶ月間の最低利用期間があります。

「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」にご契約されている方は、最低利用期間の満了日が属する月の翌月までは「スマホプラン」への料金プランの変更はできません。

最低利用期間の満了日が属する月より「スマホプラン」への料金プラン変更のお申込みが可能となります。料金プランを変更する場合は契約解除料はかかりません。

UQモバイルスマホプランで適用できる割引

UQ家族割(親回線を含め10回線まで):月額500円

UQモバイルのスマホプランはUQ家族割の適用が可能です。UQ家族割を適用した場合、各プランの料金から500円を割り引きます。

  • スマホプランS 月額1980円→月額1480円
  • スマホプランM 月額2980円→月額2480円
  • スマホプランL 月額3980円→月額3480円
  • ギガMAX月割(WiMAX 2+ルーターとのセット割引):月額300円

     SプランMプランLプラン
    月額料金1980円2980円3980円
    ギガMAX割適用時1680円2680円3680円
    基本データ容量3GB/月9GB/月14GB/月
    通話料20円/30秒(SMS送信料3円/通)

    UQモバイルスマホプランとWiMAX2+を同一名義で対象の料金プランに加入の上、ギガMAX月割にお申し込みいただくと、UQ mobile回線の月額基本使用料から毎月300円を割引となります。

    WiMAX2+とは、WiMAXルーターを指します。持ち運べるポケットWifiタイプや自宅のコンセントにつなぐだけで使える据え置き型のWifiルーターをの2種類から選べます。

    また、WiMAX2+はUQ WiMAX以外の事業者でもギガMAX月割の対象となります。GMO・So-net・BIGLOBEなど殆どのプロバイダがギガMAX月割の対象となっております。

    ギガMAX月割は家族割適用している子回線の方は割引できません

    UQ家族割は家族のうち誰か1人が親回線となり、その親回線は毎月500円の家族割がありません。2回線目以降の子回線の方が毎月500円の家族割があります。

    ギガMAX月割は家族割が適用されて毎月300円割引されている子回線の方は更に300円割引ができません。

    この場合、子回線の方がWiMAXを契約していたとしても、親回線の方が毎月300円割引となります。

    UQモバイルスマホプラン誕生キャンペーン

    スマホプランの発表に合わせて、両社では9月12日から11月30日まで、「QUOカードPay」を抽選でプレゼントする「新料金登場キャンペーン」を開催します。

    期間中にUQ mobileのWebサイトにある「料金シミュレーション」を実施した人には7000人に500円分、UQ mobileの15日無料体験「Try UQ mobile」を利用した人の中から3000人に1000円分をプレゼントします。

    「料金シミュレーション」は、UQ mobileの料金を簡単にシミュレーションでき、現在のお客さまのご利用料金と比較し、どれくらいおトクになるかをご確認いただけます。

    また、「Try UQ mobile」は、格安スマホ・格安SIM の15日間無料お試しサービスです。格安スマホに不安を持たれている方や乗り換え検討されている方等、ご契約前に実際の使用感や通信速度の快適さを体感いただけます。

    「Try UQ mobile」キャンペーンはこちら 

    スマホ料金診断キャンペーンはこちら 

    UQモバイルスマホプランを解約して他社へ乗り換えでMNP転出する場合の料金は?

    UQモバイルは他社にMNP転出するユーザーに対し、契約解除料とは別にMNP転出手数料も課していましたが、2019年10月1日以降はこの金額も一部変更します。

    従来のMNP転出手数料は、支払いを開始した月から6カ月以内に転出する場合は6000円、6カ月以降に転出する場合は3000円でしたが、変更後は一律3000円にします。

    つまり、スマホプランを解約して乗り換える場合のMNP転出料はいつでも3000円ということになります。

    UQモバイルスマホプランと旧プランの「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」比較

    UQモバイルスマホプランで月額料金が変わった

    加入時の障壁を減らすために、1年目を割引き、2年目以降から通常料金というのがこれまでの流れでした。

    店頭での契約時にも説明をしていても、それでも「なぜ値上がりしたのか」というユーザーからの問い合わせはあり、どうすべきかを検討した結果、今回のずっと割り引きというプランが完成しました。

    「シンプルにずっと同じ料金にすればわかりやすくて良いのではないか」という結論に達したことで、ずっと同じ料金の「スマホプラン」が誕生しました。

    UQモバイルのスマホプランは、スマホプランSは月額1980円、スマホプランMは月額2980円、スマホプランLは月額3980円となっており、その料金はずっと変わることはありません。

    「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」は、1年目がSプランは月額1980円、Mプランは月額2980円、Lプランは月額4980円でしたが、2年目以降はイチキュッパ割1000円割引が外れて1000円値上げとなっていました。

    従って、2年目以降は、Sプランは月額2980円、Mプランは月額3980円、Lプランは月額5980円と高くなっていたのです。

    UQモバイルスマホプランで最低利用期間と違約金制度が廃止された

    UQモバイルのスマホプランは最低利用期間がありません。1年縛りや2年縛りなどがないので、いつでも自由に無料で解約ができます。

    「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」は課金開始日を含む月を1ヶ月目として、25ヵ月目の月末までを契約期間とします。この25ヵ月間以内に解約をすると違約金9500円が発生していました。

    UQモバイルスマホプランはデータ容量がシンプルになった

    料金のみならず、データ容量についてもシンプル化されました。

    現行プランでは、Sプランは2GBの契約に加えて、増量オプション2年間無料で+1GBという仕組みでしたが、「スマホプラン」はSプランならずっと3GBのままになります。

    UQモバイルのスマホプランではオプションなどはなく3GBプランは3GBのままで契約年数の制限なく利用できます。

    スマホプランSは月間3GB、スマホプランMは月間9GB、スマホプランLは月間21GBと利用することができます。

    「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」は、基本データ容量がSプランは2GB、Mプランは6GB、Lプランは14GBで、そこに自分で1.5倍の容量をチャージする手間がありました。

    従来は基本データ容量の1.5倍を2年間は無料でチャージできるという複雑な仕組みでした。

    UQモバイルスマホプランは通話オプションが任意加入になった

    従来の「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」では通話を利用しないというユーザーが比較的多く、「基本料金に通話のオプションを盛り込むよりもユーザーに選択してもらうほうが良いのではないか」という考えから「スマホプラン」では通話オプション制となりました。

    通話の利用頻度が低いユーザーに対して、月額700円で1回10分の通話がかけ放題になるオプション「かけ放題」、通話が長いユーザーに対しては月額500円で60分の通話がかけ放題になる「通話パック」が用意されます。

    UQモバイルのスマホプランでは、通話オプションの1回あたり10分までの国内通話がかけ放題となる月額700円の「かけ放題」と、1か月の国内通話が最大60分まで利用できる月額500円の「通話パック」のどちらかを任意で加入することができます。

    通話オプションは強制ではありませんので、未加入でも良いです。

    「おしゃべりプラン」は5分以内かけ放題、「ぴったりプラン」月間60分・120分・180分無料通話がセットになっておりましたので、無料通話を含めた料金設定となっておりました。その為、通話をあまり使わない人は無駄な出費となっておりました。

    UQモバイルスマホプランは、プランLが21GB→14GBになった

    UQモバイル従来プランのプランLは月間21GBで1年目は月額4980円、2年目は月額5980円でした。

    スマホプランLでは、月間14GBで月額3980円です。データ容量は1/3少なくなりましたが、料金が1000円安くなりました。

    これは、「MとLの中間が欲しい」という声があったためです。従来のプランMの月間9GBで少なく、プランLの月間24GBでは多すぎるということで、程よいMとLの中間地点プランを望む声に応じた形です。

    また、スマホプランSが1980円、Mが2980円、Lが3980円と1000円刻みで料金設定を行っています。

    スマホプランで月間21GBといった大容量プランがなくなり、大容量を求めるユーザーにとってはマイナスとなりました。

    UQモバイルのスマホプランは、「5分かけ放題」→「10分かけ放題」と2倍になった

    UQモバイルのスマホプランの音声通話は基本的に従量制ですが、通話オプションとして、月額700円で1回10分以内であればかけ放題となる「かけ放題」をつけることができます。

    今まで「5分かけ放題」でしたので、無料通話時間が2倍となりました。1回の通話で10分まで無料で話せることで、月額500円で月間60分まで通話が行える「通話パック」を選ばなくて済む方も出てくるでしょう。

    UQモバイルスマホプランでシェア拡大を目指す

    UQコミュニケーションズは、2019年10月1日から新料金プラン「スマホプラン」の提供を開始します。

    これは電気通信事業法改正に合わせ、契約解除料や契約期間といった、いわゆる「縛り」を設けないシンプルな料金プランの提供でシェア拡大を目指します。

    2019年10月1日からキャリアが違約金1000円や0円となることで、乗り換えが起こりやすくなります。

    この時期にUQモバイルは最低利用期間も違約金もない「スマホプラン」をスタートさせることで、UQモバイルへの乗り換えハードルを下げて契約促進を狙います。

    今までは、2年縛りで違約金9500円で余計な通話オプションまでついて割高でしたが、スマホプランでは、違約金も縛りもなく余計な通話オプションもつかず料金が安いので非常に魅力的となりました。

    懸念する要因が排除されUQモバイルへの乗り換えがしやすくなりました。

    UQモバイルスマホプラン収益面はどうなる?

    UQコミュニケーションズは、「スマホプラン」で縛りなしの違約金なしで値上げもしないプランとしたことで、経営的に痛みを伴うプランであることを認めています。

    しかし、UQTOPしては、「スマホプラン」を長く使っていただくことでうまくいってくれればと願っています。

    UQモバイルに乗り換えたお客様が短期で解約されることは痛手となりますが、UQモバイルは「通信品質」「料金の安さ」「低価格機種」などで他社よりも評判が高いので、魅力的なプランを出すことで顧客の満足度を上げて他社への乗り換えが起こりにくくなりますので、2年縛り等をしなくても、顧客を囲い込むことはできるので問題ないでしょう。

    違約金0円や違約金1000円となったことで、今まで以上に乗り換えのハードルが下がりました。

    UQモバイルが今までのように、「2年目は値上げ」「通話オプションはセット」「2年縛り」などを継続しますと、UQモバイルへの乗り換えがしずらくなり新規顧客開拓が難しくなります。

    また「2年目以降の値上げ」「3年目以降は増量オプションが有料」など従来の形式では、長期でUQモバイルを継続するメリットが薄かったです。

    スマホプランでずっと「同じ料金」「同じデータ容量」とすることで、長期顧客にも優しくなりましたので、既存顧客を離さないようになりました。

    UQモバイルスマホプランで端末の分割購入が可能

    スマホプランの契約者を対象に端末(スマートフォン)の分割払い購入で「36回払い」を導入します。

    従来通り、スマホ機種代金の支払い方法は一括と「24回払い」があり、そのほかに「36回払い」を追加しました。

    スマホを36回払いにすることで月々の支払い負担軽減ができます。毎月の出費を抑えたい方は36回払いが良いでしょう。

    UQモバイルスマホプランは本当に安い?

    スマホプランSプランMプランLプラン
    月額料金1980円2980円3980円
    10分かけ放題加入時
    +700円
    2680円3680円4680円
    通話パック加入時
    +500円
    2480円3480円4480円

    UQモバイルのスマホプランは通話オプションをつけなければ安いです。通話オプションをつけた場合は従来のプラン料金と大きく変わらなくなります。

    例えば、スマホプランS(月額1980円)に通話パック(月額500円)をつけると、月額2480円となります。

    これは、従来プランの「ぴったりプランS」の60分無料通話の2年間の平均月額料金と変わりません。「ぴったりプランS」は、1年目が月額1980円、2年目が月額2980円で2年間の平均月額料金は2480円です。

    つまり、月間3GBで60分無料通話という同じ条件で比較すると従来プランと大きくは料金が変わっておりません。

    ただ、スマホプランはずっと同じ料金に対して、従来の「ぴったりプラン」は2年目以降は1000円値上げされた状態で続くので、3年目4年目と長期的に継続利用する場合は新料金の「スマホプラン」が断然にお得となります。

    UQモバイルの新料金「スマホプラン」と従来の「おしゃべりプラン」を比較

     スマホプランS
    (10分かけ放題適用時)
    おしゃべりプランS
    月額料金1年目月額2680円月額1980円
    月額料金2年目以降月額2680円月額2980円
    月間データ容量3GB3GB
    かけ放題10分かけ放題5分かけ放題

    従来のおしゃべりプランSは5分かけ放題で1年目は月額1980円、2年目以降は月額2980円です。

    新料金のスマホプランでは10分かけ放題でずっと月額2680円です。

    従来のおしゃべりプランの2年間の平均月額料金は2480円で、スマホプラン10分かけ放題の月額2680円より200円安いですが、無料通話時間が2倍も違うので、新料金のスマホプランの方が5分~10分話す人にとっては価値が高いでしょう。

    一方で通話は5分以内で十分だったというお客様は新料金プランとなり、少し割高になっていますが、ずっと同じ料金ですので、長期で利用することで従来プランよりも安く利用できます。

    UQモバイルスマホプランで違約金なしでも短期解約はブラックリストに入る?

    携帯電話ブラックリストとは、短期解約をしたユーザーに対して課せられたペナルティです。

    例えば、契約3ヶ月後に解約してしまったら、その後ずっとそのキャリアや格安SIMで携帯電話の契約をすることができないというシステムがこれにあたります。

    もともと、携帯電話ブラックリストは、転売業者を防ぐために作られた制度でもあります。

    転売業者の多くは契約した機種を短期解約して売って、再度契約して解約ということを繰り返していたので、二度とそんなことをしないようにという措置です。

    携帯電話ブラックリストに載る具体的な基準に関してはキャリアや格安SIMごとに異なります。

    契約後3ヶ月や半年、1年といったようにある程度の期間を空けて解約した場合でもブラックリストに載ってしまう可能性はあります。

    UQモバイルの親会社のauの場合、おおよそ120日〜180日をブラックリストから開放される目安期間としています。UQモバイルも同じ系列会社であるため、半年以内の解約はブラックリストに入る可能性があります。

    UQモバイルスマホプランの通話オプションは必要?

    スマホプランの1回10分までの通話が定額になる「かけ放題」は月700円、1ヵ月60分までの通話が利用できる「通話パック」は月500円です。

    通話料が30秒20円となりますので、「かけ放題」は18分以上通話で通話オプションが必要となります。「通話パック」は13分以上で通話で通話オプションが必要です。

    毎月の通話が13分以上を超えるなら、通話オプションに加入する意味はあります。

    通話オプションは新規契約と同時にご加入の場合はご加入の当月より適用となります。

    通話オプションの追加申込みおよび通話オプションの変更のお申込みの場合は、申込月の翌月より適用となります。月単位で加入ができます。

    通話が多い月に加入して、少ない月は解約するという方法が最善です。通話を使わないのに通話オプションに加入し続けるのはもったいないです。