Xperia 5 II発売時期

xperia 5 ii

「Xperia 5II」と「Xperia 10 Plus II」は「IFA2020」で正式発表されることは間違いありません。

「Xperia Z」が登場するとしていますが、これは「Xperia F」のことを指していると考えることができます。

UQモバイルキャッシュバック

Xperia 5 IIパンチホールカメラ採用

Xperia 5 II

Xperia 5 IIにディスプレイ上部にカメラを配置するパンチホールカメラが採用されます。

このような画面上部中央のパンチホールの配置は、韓国サムスンの「Galaxy Note10シリーズ」にて採用されています。

Xperia 5 II

パンチホールを採用するメリットとしては、本体上部ぎりぎりまでディスプレイを拡大できることで、近年は「ノッチ(切り欠き)」とともにスマートフォン業界にて広く採用されています。

これまでXperiaシリーズでは、本体上部にベゼルを設けカメラやセンサー類を配置する、ある意味コンサバなデザインが採用されてきました。

もしパンチホール採用したXperia 5 II登場すれば、そのデザインにおける大きな転換点となりそうです。

Xperia 5 IIカメラ周り・ZEISSのロゴ

Xperia 5 II

Xperia 5 II

Xperia 5 IIカメラはセンター配置になっています。カメラにはZEISSのロゴが確認できます。

カールツァイス製のT(ティースター)コーティング対応レンズが搭載されたことでレンズの性能が上がりますから写真・動画撮影に恩恵をもたらすでしょう。

動画撮影は最大4K/HDR/60fpsまで対応して、8K動画撮影機能は搭載しないでしょう。

Xperia 5 IIインディスプレイ指紋センサー

Xperia 5 II

Xperia 5 IIサイドの電源ボタン部には指紋センサーが確認できません。

ディスプレイには指紋認証のアニメーションが現れていますので指紋認証に対応していることでしょう。これはインディスプレイ指紋センサーが搭載されていることが予想されます。

ディスプレイ内指紋センサーとは文字通り、ディスプレイ内部に指紋センサーの機能を搭載する技術えす。日本ではOPPO R17 Neoで初登場となった技術です。

昨今のスマートフォンではディスプレイの大型化が進み、スマートフォン各社は額縁の細さを競い合う状況になっています。さらに、スマートフォンは生活の中で欠かせないツールになったため、セキュリティ確保の重要性も増しています。

ディスプレイ内指紋センサーはそうした時代の要請から生まれた技術です。

表示領域の広さ、生体認証の搭載という需要を満たし、使いやすさを維持するために、ディスプレイの真下に指紋を読みとる機構を配置すればいいのではないか、という発想です。

Xperia 5 II背面ガラスデザイン

Xperia 5 II

Xperia 5 II背面パネルはガラス素材です。顔が映るほど光沢があります。持っていて、使っていて心地よい存在であることでしょう。

光を受け輝く鏡面仕上げのガラスが、洗練された存在感を放ちます。

デザイン面では、サンドブラストと化学処理を施した「フロスト加工」のガラスを背面に採用したのが特徴で、サラサラとした質感を実現しています。

側面の電源ボタンにはアルミ素材を採用しています。

Xperia 5 IIスペック

チップセットにQualcomm Snapdragon 865
実行8GBメモリ
ストレージ容量は128GB / 256GB
画面サイズは6.0インチ
アスペクト比21:9のシネスコ比率
解像度Full HD+のHDR対応有機EL
筐体の幅68mm
カメラシステム「四眼」