UQモバイルサイト管理人の自己紹介

初めまして。

UQモバイルを愛用している、「ボンコジ」です。

私の利用している機種は、「p10 lite」、契約しているプランは「データ高速+音声通話プラン」です。

なぜ、データ高速プランを選んだかと言うと、私は電話を殆ど使わないでネット利用が中心だからです。電話は月に1~2回で3分以内の通話で済みますので、使った分だけ支払えば良いという考えのもとにデータ高速プランを選びました。

私の契約した2017年5月は、「データ高速プラン」が月間3GB、「おしゃべり・ぴったりプランS」が月間2GBと1GB少なく、更には家族割もなかったので、電話を使わない者にとって通話定額プランを選ぶメリットは少なかったのです。

今では、「おしゃべり・ぴったりプランS」が2018年9月から月間3GBと増え、家族割を使えば1年目は月額1480円、2年目は月額1980円で利用できますね。

それでも電話を使わない人にとっては、2年目は300円高いわけですが、そこはマンスリー割で3万円の端末が108円で購入できるところでカバーできるでしょう。

UQモバイルに乗り換えたきっかけ

UQモバイルに乗り換える前は、DMMモバイル通話SIMプラン1GBを利用していました。DMMモバイルは月額1260円と安いのは良かったのですが、速度がとにかく遅いのが大きな不満でした。

自宅内では、固定回線auひかりの無線LAN接続に切り替えるので速度は問題ありませんでしたが、外出する際はDMMモバイルの電波を使いますので、速度が遅く不便でした。

DMMモバイルで困った事例

  • Twitterのタイムランがスムーズにスクロールできない
  • 画像のあるサイトは開くまでに時間が掛かる
  • アンテナが1本になったりなど不安定
  • 動画再生はすぐ止まる
  • 電話の電波も悪く途中で通話が途切れる
  • お昼休みなど皆が使う時間帯は更に遅くて使い物にならない
  • 通信速度が常に遅いからネットが使い物にならない

DMMモバイルに乗り換える前はドコモを利用していましたので、通信速度や電波は雲泥の差を感じていました。それでも、月々の料金が大幅に下がったことは喜んでいたので、通信速度が落ちたことは値段相応で仕方ないことだと言い聞かせていました。

しかしながら、いくら安くてもスマホとしての利便性が損なわれていては安くても意味がないと、他社への乗り換え検討に至りました。

かといって、またドコモに戻るつもりはありませんでした。そこで、格安SIMの中で一番速い速度の携帯会社に乗り換えて試してみようとなりました。

格安SIMの中で一番速いと言われていたのが、「UQモバイル」でした。UQモバイルは、MVNOの中でもかなり特殊性があります。UQモバイルは元々KDDIバリューイネイブラー(KVE)という事業者によって運営されていたMVNOです。このKVEはKDDIが株を100%所有する完全な子会社でした。

UQモバイルの通信速度が速い理由としてはUQ mobileの運営会社がKDDIの子会社であることと、UQ mobileの通信がauの回線と同じIP、接続経路になっていることが挙げられます。

つまりUQ mobileはMVNOという形ではあるものの、ほぼauの別会社の回線という特殊さになっています。このため普通にdocomoとは関係のない事業者が運営しているMVNOとは異なり、速度面は抜群に優れているのです。

そういった経緯もありUQモバイルへの乗り換えに至ったのです。

UQモバイルを認知したきっかけ

私がUQモバイルに乗り換えたのは、2017年5月15日です。その頃、湘南新宿ラインの電車の広告にUQ三姉妹のポスターが貼ってあったのを見て興味を持ちました。

初めの興味は、CMに出てくる女優さんの名前は何だろう?というところからでした。

そのポスターはこちらです。

真ん中の女優さん誰だろうと思いました。深田恭子さんは元々知っていましたが、こちらのポスターのメイクや衣装でいつもと違う雰囲気の深田さんが演出されており分からなかったです。

UQモバイルのCMは独特な世界観を作り出すなと吸い寄せられていきました。UQモバイルは2016年の秋からCMを開始したので、まさに2017年はUQモバイルの認知度を世に知らしめた年だったのです。

UQモバイルに乗り換えてみた感想

DMMモバイルからUQモバイルに乗り換えてみて、「非常に快適にネットが使える」と思いました。Google検索をして検索結果が表示されるまでがスムーズとなり、動画再生も滑らかにとなり、Twitterのタイムランも瞬時に表示されるようになりました。

また、速い速度は24時間常に安定しており、遅くなる時間帯が全くありません。ドコモで利用してきた時の速度と全く変わらずに快適に利用できて感動したのです。

速度はキャリアと変わらないのに、キャリアの1/3の料金で維持できるのですから、キャリアを使い続ける意味はありません。

UQモバイルを1年以上使ってみた感想

UQモバイルを1年以上使ってみて、不自由だと感じたことが一度もありません。電話の電波も良好で、通信速度も安定して速く、料金が月額2000円程度と安く維持できるのですから不満がないのです。

UQモバイル以上に安く速い速度を打ち出す格安SIMがない以上、他社へ乗り換える理由がありませんので、これからもUQモバイルを利用し続けようと思います。

UQモバイルの落とし穴を発見

UQモバイルを使ってみて、ここが落とし穴と思ったのは、旅行で山間部など人がいない地域では電波が入らなくなったりします。そういう地域でもドコモは電波が入っていたりして強いので、その辺は弱みです。

ただ、普段使っている住んでいる地域はアンテナが常に4~5本と安定しているので、それほど問題視していませんし不自由しておりません。

新幹線や電車の中でWiMAXの電波が入らない中で、UQモバイルは安定して繋がるので、特に大きな不便さはありません。

UQモバイルのサイトを通じて伝えたいこと

現在のUQモバイルのキャンペーンを実施している、ネット契約のサイトは「UQモバイル公式サイトキャッシュバック限定ページ」「代理店リンクライフ」「BIGLOBE」の3社ですね。

私が伝えたいのは、UQモバイルをネット契約する場合は、キャッシュバックを貰った方がお得ということですね。例えば、「おしゃべりプランS」を契約するのに、通常のUQモバイル公式サイトから申し込んでしまうと、キャッシュバックがされないので損なのです。

これは、店舗契約も言えることで、キャッシュバックを実施していない店舗から「おしゃべりプランS」を申し込んでしまうとキャッシュバックが貰えません。

「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」はキャッシュバックの対象プランですので、これらのプランはキャッシュバック専用ページから申し込まないと貰えるものも貰えなくなってしまいます。

そういう貰い損ねることがないように、当サイトではキャッシュバックについて詳しく追及して書いていますね。実際今まで私のサイトから1000件以上は契約して頂いているので、少なくても1000人以上の方のキャッシュバックサポートに貢献できたのかなと思います。