iPhone13発売日いつ?

iPhone13

iPhoneはここ3年は9月に発表して9月末に発売するパターンが定例となっているので、iPhone 13/13 Proの発表日・発売日を予測することができます。

iPhone13シリーズの5.4インチモデルと6.1インチモデルと6.7インチディスプレイを搭載するiPhone13 Pro Maxは2021年9月に発売と予想します。

iPhone13デザイン

「iPhone13」のトレイラー動画がConceptsiPhoneにより公開されました。

iPhone13では、TrueDepthカメラを格納するデバイス表面のノッチが完全に取り払われ、すべてがスクリーンのデザインが実現しています。

ノッチを失くすための方策の1つとして、ポップアップカメラが挙げられます。

iPhone13

デバイス上部側面に出し入れ可能な自撮りカメラを搭載することで、画面占有率を飛躍的に上げるこの手法は、中国ベンダーOppoの「Find X」やVivoの「Nex」に用いられています。

他にも、ディスプレイ下に自撮りカメラを埋め込む方法などがあります。

iPhone13のコンセプトデザインの説明書きには、「隠し自撮りカメラ」との記載があるため、ディスプレイ下埋め込み型カメラが採用される可能性が高いです。

UQモバイルキャッシュバック

iPhone13は5G対応

iPhone13

5G対応でビッグモデルチェンジとなるiPhone12シリーズですが、2021年秋に投入されるiPhone13シリーズはLightningコネクタを廃止した完全ワイヤレス端末になるなど、さらに大きな刷新が予定されています。

5G商用サービスが開始直後のタイミングで発売されるiPhone12に、多数の不具合が出るのは避けられません。5G対応の品質が落ち着くのはiPhone13シリーズと言えるでしょう。

iPhone13折りたたみ?

iPhone13

Apple は以前から折りたたみ型iPhoneの開発を検討しており、2016年には折りたたみ可能なiPhoneの特許を申請して取得しています。

iPhone に搭載する折りたたみディスプレイパネルの開発に関しては、Apple と LG Electronics(LG 電子)が共同開発しています。

LG のディスプレイパネル開発チームは、次世代iPhoneに折りたたみ画面を搭載するためのプロジェクトとしてタスクチームを設置しています。

また、LG製品のパーツ開発を手がけるグループ会社 LG Innotek も、折り曲げディスプレイに対応できる曲げ耐性のある基盤を開発するチームを立ち上げています。

iPhone折りたたみディスプレイの製造は、2020年頃に開始されており、iPhone132モデルには供給も間に合いそうです。

iPhone13スペック

iPhone13

・6.8インチフルエッジディスプレイ
ディスプレイの大きさは、Galaxy Note10+を彷彿とさせます。
また、フルエッジディスプレイもGalaxy Note10+と同じです。

・ノッチの完全廃止
・トリプルカメラ搭載(8k/120fps)
現行のiPhone11と変わらないスペックです。

・インカメラ(3,200万画素)
埋め込みインカメラです。

・A14よりも8倍の処理速度があるA15 Bionicチップ搭載
iPhone9に搭載されているチップより、更に二世代上のチップが使用されるでしょう。
・FaceIDとTouchIDの複合認証
・iOS15搭載
2021年にはiOS15がリリースされるでしょう。最新機種には最新のiOSが搭載されるため、発売時期によっては少し異なるかもしれません

・LiDARスキャナ2搭載
新型iPad Proに搭載されている「「Light Detection and Ranging」という光の反射によって物体とデバイスの距離を測定する機能です。一般的には、AR等で使われています。現行の機種に使われているものよりも上の世代のものが使用されるでしょう。

・ポートレスiPhone

iPhone13