iPhone12ノッチ

iPhone12はノッチやベゼルがさらに小さく・細くなります。Jon Prosserは、iPhone12のフロント部の図面を公開しています。

各種カメラ、センサー類に追いやられる形で、スピーカーはノッチからベゼルへと大移動しています。細くなったベゼルの中に、ギュウギュウに詰め込まれている状態です。

画像にあるノッチは、iPhone X以来のフラッグシップモデルよりもはるかに小さくなっています。
スピーカーが上部の薄いベゼル内に移動され、その分ノッチ内のスペースが空いた状態です。

現在のFace ID搭載モデルでは、スピーカーをノッチの中央に置き、それを挟み込むように右側にドットプロジェクター(顔に赤外線でドット絵を投影)と前面カメラ、左側に投光イルミネーター(赤外線により暗い場所でも顔を識別しやすくする)と赤外線カメラ(ドットパターンを読み取り、赤外線画像を撮影する。これがiPhone内の顔データと照合される)が配置されています。

iPhone12の配置では、近接センサーと環境光センサーの真上にスピーカーが位置します。

それに伴い、ドットプロジェクターと赤外線カメラ「顔をドットマッピングする装置」と「それを読み取る装置」が中心に向かって寄せられています。

UQモバイルキャッシュバック

iPhone12は小さくなる前のiPhone11と比較して何が違う?

iPhone12小さく

Face IDを搭載した現行のiPhone11では、システムのドットプロジェクターと前面のフルカラーカメラが右側に、赤外線投光照明装置と赤外線カメラが左側に配置されています。

重要な物理的に大きなコンポーネントの間にスピーカーが置かれています。

iPhone 12の小さなノッチは、ユーザーに数ミリの画面スペースを提供することになります

iPhone12小さくなったノッチは排除される?

iPhone12ノッチ

iPhone Xが発表された当時、画面上部にノッチ(切り欠き)があるデザインにユーザーは戸惑い議論が起こりました。

フロントカメラや各種センサーが埋め込まれた、見慣れないノッチになじみがなかったのです。

しかし、iPhone Xが発売され、ユーザーたちが実際にiPhone Xを使い始めると、多くのユーザーはノッチを邪魔と感じなくなり、発売後数週間でノッチをめぐる議論は沈静化しました。

現在ではスマホの画面の切り欠きは、モダンなスマートフォンのデザイン要素として容認されています。

iPhone12ではディスプレイに鎮座するノッチについては小さくなるものの排除されません。しかし将来的には、ノッチはディスプレイ内に隠れることになるでしょう。

iPhone12ではノッチのないベゼル幅の広いモデルを試しているというリークもありましたが、Appleには3年サイクルの法則がありますので、一度デザインが採用されると少なくとも3世代にわたって継続、磨かれます。

次のiPhone13あたりでは、ノッチを排除する可能性があります。

iPhone12小さくなったノッチには幅が必要な理由

iPhone12ノッチ

iPhone12はノッチ無しで顔認証システムのFace IDを維持することは技術的に難しいです。

Face IDが、それ以前の指紋認証Touch ID以上の精度とセキュリティを誇れるのは、複数のパーツにより顔の3Dモデルを構築して認識する仕組みにあります。

ドットプロジェクタを使って3万点以上の目に見えないドットを顔に投射。それを赤外線カメラで読み取って顔の形状の精密な深度をマッピングということで、原理的に複数の部品を必要とするわけです。

iPhone12で小さくなったノッチが幅広いのも、それだけの部品を並べるスペースを確保するためです。