Google Pixel5発売時期

Google Pixel 5

Google Pixel 5 XLの発売は2020年10月あたりを予定しています。

Google Pixel3 /3XL 2018年11月1日
Google Pixel3a /3aXL ドコモ:2019年6月7日
             ソフトバンク:2019年5月17日
Google Pixel4 2019年秋
Google Pixel4a 2020年春
Google Pixel5 2020年秋

UQモバイルキャッシュバック

Google Pixel5はSnapdragon 865と5Gネットワ​​ークのサポート

Google Pixel 5

Google Pixel 5とPixel 5 XLの両方にクアルコムのハイエンドSnapdragon 865が搭載される予定です。

snapdragon 865搭載スマートフォンとしては、サムスンのGalaxy S20 UltraやソニーのXperia 1 IIがあります。高価な機種に搭載されています。

Snapdragon 865を搭載したスマートフォンの製造コストがかさむ最も根本的な要因はSnapdragon 865自体のコストです。

Snapdragon 865が高価なため、中国のメーカーはそこまで強力ではないチップセットを使うことにしました。

Snapdragon 865は下位モデルである「Snapdragon 765」とは異なり、5G通信用のモデムが統合されていません。

しかし、Snapdragon 865を採用する場合は「必ず5Gをサポートする必要がある」ことも明らかになっているため、Snapdragon 865と5G対応モデムをスマートフォンに搭載しなければならず、コストが余計にかかるばかりかスペースや消費電力も圧迫されることとなります。

近年のスマートフォン向けSoCでトレンドとなっているのは「AI性能」です。Snapdragon 865は「15TOPS」という高いAI性能を売りにしています。これは、1秒間の15兆回の命令を実行できることを意味しています。

Snapdragon 865チップセットを使用した直接的な結果として、Googleの次世代のフラッグシップは5Gネットワ​​ークのサポートも備えています。

Google Pixel5カメラと背面

Google Pixel 5

背面は巨大なカメラモジュールが搭載される予定です。リアカメラモジュールは絶対に巨大となります。

Google Pixel 4シリーズの四角形のカメラモジュールはなくなり、代わりに、携帯電話の中央に位置する巨大なカメラバンプがあり、これまでに見たことのないものに見えます。

カメラレンズが3つあり正三角形を描くように配置されています。3レンズ仕様となると必然的に超広角・標準(広角)・望遠の3種類になるでしょう。

カメラレンズのフィールドが中央に寄っていて全体的に大きくなっています。

背面の素材としてはPixel 4シリーズと同じようにつや消しガラスが使用されています。

カメラシステムは、超広角カメラに現在の通常の望遠カメラとプライマリセンサーが付属しています。

Google Pixel5メインメモリ

Google Pixel 5

Google Pixel5はLPDDR5メモリが搭載されるでしょう。容量については8GBに増量される可能性があります

LPDDR5メモリでは、データ転送速度が低いときに電源電圧を下げることで、動作時の消費電力を節約しています。

メモリの各部をコア、データパス、入出力ドライバの各電源ドメインに分け、データパスと入出力ドライバのデータ転送速度が低い時に、電源電圧を低く切り換えます。

Google Pixel5ストレージ

Google Pixel 5

Google Pixel5ストレージは、64GB / 128GB となるでしょう。

音楽、写真、動画をそこまでたくさん入れないという方は64GBで十分です。

またたくさん保存したいという方でも、クラウドストレージや、パソコンなどにデータを定期的に移して管理するという方なら64GBでも良いです。

128GBは、音楽、写真、動画をたくさん保存したり、容量の大きいアプリをたくさん入れたり、データの管理、整理が面倒な方に向いてます。

Google Pixel5はWi-Fi 6 (IEEE 802.11ax)

Google Pixel 5

Google Pixel5はWi-Fi 6 (IEEE 802.11ax)が採用されるでしょう。

Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)は、通信速度と安定性の向上、省電力性の向上、複数端末が同時接続しても通信速度が落ちにくいなどの特徴があります。

最大の特徴は無線の電波が混雑する低速度になりやすい環境でも高速で通信できること。2.4GHzと5GHz帯の両方をサポートし、通信状況等によって出力や待機時間をコントロールすることで低消費電力に優れ、スマートフォンなど対応デバイスの電池持ちを改善することもできます。

Google Pixel5のOS

Google Pixel 5

Google Pixel5のOSについては最新の「Android 11」が搭載されます。

「Android 11」では5Gを活用するためのAPIが導入されるほか、折り畳み可能なスマートフォンなど、新しいフォームファクターへの対応が行われます。

また、コミュニケーション関連の機能も強化。通知領域に専用の会話セクションが設けられ、マルチタスクと会話を両立する仕組みが導入されるほか、通知への返信に画像などを挿入できるようになる。ニューラルネットワークAPI(NNAPI)は1.3にアップデートされ、機械学習のさらなる活用も期待できます。

プライバシーとセキュリティも引き続き重視されています。

「Android 11」ではストレージのアクセス許可に関連するユーザー向けの変更がいくつか導入されるほか、アプリに過剰な権限を与えずに済むよう、必要に応じて一時的にスマホ機能の利用を許す“ワンタイムアクセス許可”の仕組みが追加されます。

Google Pixel5「ワイヤレス逆充電」対応

Google Pixel 5

Google Pixel5は、ワイヤレス充電機能を備えたスマホとなります。

これは、充電パッドの上に置くだけで、ケーブル接続なしで充電が行えます。Pixel 5に搭載されるのは、外部デバイスとの間で双方向のワイヤレス充電を可能にするワイヤレス逆充電と呼ばれるタイプのものです。

この機能は既にファーウェイやサムスンの端末にも搭載されていますが、グーグルも同様の機能のリリースに踏み切ります。

グーグルは電池の共有機能を、Pixelシリーズの新モデルの目玉にしようとしています。

Pixel 5を逆充電に対応させる場合、十分な電池容量を確保せねばならないので、上位モデルのPixel 5 XLのみが、逆充電対応になる可能性もあります。

またPixelの逆充電機能がスマートウォッチへの対応も予想されます。Pixelウォッチが、いよいよリリースされるのかもしれません。

Google Pixel 5

Google Pixel 5

Google Pixel 5