Galaxy Note20

Galaxy Note20 /Note20+は、Galaxy Note10の後継機種として予想されています。

Galaxy Note10の次は通常はGalaxy Note11が妥当ですが、サムスンが2020年はgalaxyシリーズの転換点で考えていることから、Galaxy Note20 /Note20+になる可能性が高いです。

Galaxyのフラッグシップ「Sシリーズ」は10周年の節目にモデル名の表記ルールを変更。2020年モデルでは前モデルGalaxy S10から一気に10飛ばした番号「S20」が名付けられました。

フラッグシップモデルがGalaxy S10からGalaxy S20へとモデルナンバーを変更するのなら、次期Galaxy Noteシリーズでも20へとモデルナンバーが更新される可能性は極めて高いです。

UQモバイルキャッシュバック

Galaxy Note20 /Note20+デザイン

Galaxy Note20

Galaxy Note20のフレームワーク設計が公開されました。

側面にはボリュームボタンと電源ボタン、下部側面にはUSBポート、センサーマイク穴、スピーカー穴、そしてスタイラスペン用の穴があいています。

基本的な構造は従来のGalaxy Noteを変わりません。

カメラユニットがGalaxy Note10より大きくなっているので、カメラを大幅に強化するでしょう。

高画素で100倍ズームにすると、ユニット大きくなるのは必然でしょう。ただし撮影時には気を付けて。レンズ触っちゃうかもしれませんし、撮影時に指入っちゃう可能性もあります。

フレームワーク設計では、背面に四角いカメラ突起が存在する端末デザインが確認できます。また、本体底面にはイヤホンジャックは搭載されていないようです。

サムスンは2019年より、スマートフォンにて四角いカメラ突起の採用を進めてきました。

これは米アップルのiPhone 11 Pro/Pro MaxやグーグルのPixel 4/4 XLでも採用されているデザインで、さらにサムスンの次期スマートフォン「Galaxy S20」でも取り入れられています。

Galaxy Note20 /Note20+ディスプレイ対ボディ比率100%

Galaxy Note20

Galaxy Note20 /Note20+ディスプレイ対ボディ比率100%になる可能性が高いです。

スクリーン対ボディ比率が100%とは前面は全てディスプレイ、つまり正面から見た際にベゼルは一切ない、ということになります。

ディスプレーは4辺が湾曲しているP40Proの「クアッドカーブオーバーフローディスプレイ」のようになるでしょう。4辺が湾曲したクアッドカーブオーバーフローディスプレイはまるで水の表面張力のようになります。

Galaxy Note20 /Note20+のコードネームはC

Galaxy Note20

Galaxy Note20 /Note20+のコードネームはCです。

Note20シリーズはProject “C”との名前で開発が進められています。

Galaxy S20シリーズが”Picasso”、Note10シリーズが”da Vinci”と呼ばれていたので、 18世紀のイタリアの画家である「カナレット(Canaletto)」を略したものではないかと予想されています。

Galaxy Note20 /Note20+は微調整された120Hzリフレッシュレートテクノロジー

Galaxy Note20

Galaxy Note20は、より微調整された120Hzリフレッシュレートテクノロジーを使用します。

OnePlus 7 ProやGoogle Pixel 4、Nubia Red Magic 3のディスプレイのリフレッシュレートは、いずれも90Hzまでアップしてきました。

ASUS ROG Phone 2やSamsung Galaxy S20は、120Hzのリフレッシュレートを備えたディスプレイを採用しています。

FPSを高めたディスプレイほど、より美しく、応答速度も優れております。

120Hzディスプレイは、従来のAMOLEDに替わるもので、間違いなくスマホシーンを変えるゲームチェンジャーとなるでしょう。

Galaxy Note20 /Note20+は5G対応

Galaxy Note20

Galaxy Note20 /Note20+は、5G対応するでしょう。

Galaxy Note20 /Note20+発売日

Galaxy Note20

有名リーカーのMax Weinbachによると、Galaxy Note 20シリーズは2020年7月に発売される可能性があります。

Galaxy Note20 /Note20+価格

Galaxy Note20

Galaxy Note10は949ドル(約10万2000円)、Galaxy Note10+は1099ドル(11万8000円)から販売されています。この価格と同等くらいになるでしょう。

Galaxy Note20 /Note20+デザイン

Windows Unitedによる予想レンダー画像では、デザインはS20に似ていますが、Sペンを収納するスペースがあるなどの相違点があります。

前面はInfinity-Oディスプレイを採用しています。Windows Unitedによると、画面は7インチを超える可能性があるということです。

Galaxy Note20 /Note20+はスペックダウン

Galaxy Note20

Galaxy Note 20シリーズではベースモデルのストレージが128GBになるそうです。

前モデルのGalaxy Note 10/Note 10+ではいずれもベースモデルが256GBストレージだったので、これと比較するとスペックダウンになります。

最新のGalaxy S20シリーズもベースモデルのストレージは128GBです。

Galaxy Note20 /Note20+日本版にはがSD865のアップグレード版、SD865+が搭載

Galaxy Note20

Galaxy Note 20に搭載されるCPUはSnapdragon 865ではなくSnapdragon 865+になる、とのことです。

Galaxy Noteのサイズ面でのメリットというのは徐々に小さくなってきていますが、Galaxy Note 20はアップグレードされたCPUで差別化するでしょう。

Galaxy Note20 /Note20+のバッテリー

Galaxy Note20

「Galaxy Note20」には部品番号「EB-BN980ABY」を持つサムスン製バッテリーが搭載されます。このバッテリーは「Galaxy S20」に搭載されているバッテリーと同じ4,000mAhの容量を持ちます。

「Galaxy Note10」に搭載されているバッテリー容量が「3,500mAh」でしたので、「Galaxy Note20」は少しバッテリー容量が向上しています。

上位モデル「Galaxy S20+」のバッテリーは、4,500mAhか5,000mAh程度になると予想されています。

Galaxy Note20 /Note20+の新機能「キャンバス」が追加

Galaxy Note20

「Galaxy Note20」シリーズの「S-Pne」は新機能である「Canvas」が追加される可能性が高いです。「S-Pen」を進化させることでしょう。

Galaxy Note20