Apple Watch Series 6発売いつ?

Apple Watch Series 6

過去製品の発売スケジュールから次期iPhoneとおなじく2020年9月に発売する可能性が高いです。

初代Apple Watch:2015年9月発売
AppleWatch Series1・2:2016年9月発売
AppleWatch Series3:2017年9月発売
AppleWatch Series4:2018年9月発売
AppleWatch Series5:2019年9月発売

Series 6は初代から初めてディスプレイサイズの拡大を行い、50mmクラスの大型モデルが登場の可能性があります。

iPhoneも6世代目となるiPhone 5からディスプレイを3.5インチから4インチへと拡大し、本体サイズを大きくしました。

場合によっては画面アスペクト比が変更され、今よりも縦長のディスプレイになる可能性もあります。

Apple Watch Series 6はストレスや過呼吸を検出可能

Apple Watch Series 6

Apple Watch Series 6には、血中酸素飽和度を測定できるパルスオキシメータが追加されます。

これによりストレスや過呼吸といったメンタルヘルス不調の検出が可能になります。

精神状態の計測機能は、パニック発作や不安発作の予兆を検知し、ユーザーに深呼吸を促したり、運転中なら車を路肩に停めるよう案内するというものです。

しかし、パニック発作や不安発作の自動事前検出にはあと2年は必要と予測されており、それまではユーザーが発作の出現を記録し、Apple Watchがその前の身体状態と比較することで、事前検出の精度を高める必要があるとみられます。

Apple Watch Series 6は睡眠トラッキング機能

Apple Watch Series 6

Apple Watch6は、睡眠トラッキング機能に対応します。

Apple Watch6に搭載されている複数のセンサーを使って睡眠中の動きや心拍数、いびきを検出して睡眠データを作成します。ヘルスアプリおよび新しい睡眠アプリでチェックできます。

アラームとの連携機能も備え、Apple Watchで音を鳴らして起床を促し、起きたことをApple Watchが検出すると自動的にアラームが解除されます。

振動だけで起床を促すオプションも用意します。また、睡眠を妨げないように就寝時におやすみモードを自動でオンにします。

Apple Watch Series 6指紋認証「Touch ID」を搭載

Apple Watch Series 6

新型Apple Watch6は指紋認証「Touch ID」を搭載する可能性があります。

Appleは2つの異なる方法でApple Watchの画面ロックを指紋認証で解除できるTouch IDを開発しています。

1つ目は腕時計の竜頭に当たるデジタルクラウンに指紋認証センサーを内蔵する方法。

2つ目はディスプレイに内蔵する方法。

新型Apple Watch6はデジタルクラウン内蔵式、Series 7以降でディスプレイ内蔵式になります。

すでに一部のスマホでは採用されている画面組み込み型の指紋認証機能。デジタルクラウンに比べて面積の広い画面をセンサーとして利用できれば、指紋の検出と認証の時間は大きく短縮できそうです。

Apple Watch Series 6はMicroLEDディスプレイ

Apple Watch Series 6

Apple Watch Series 6はMicroLEDディスプレイが搭載されます。

将来的にAppleはiPhoneやその他の製品もMicroLEDに切り替えも計画しているとの見通しも伝えられています。

MicoLEDは、超微細なLEDを敷き詰めて映像表示する技術のことです。OLEDと同じく素子自体が発光するため漆黒を表現できる一方で、バックライト不要で省電力も期待でき、有機物質を使わないことから焼き付きや劣化に強いメリットもあります。

既にディスプレイでの採用実績もあり、例えば今年1月には、サムスンがCES 2016にてMicroLEDを使った75インチテレビを出展していました。

Apple Watch Series 6はS6チップを搭載

Apple Watch Series 6

Apple Watch Series 6はS6チップを搭載します。

Apple Watchがアップデートされるたびにチップも刷新しているので、Apple Watch 6の心臓部には「S6チップ」が採用されることになるでしょう。

Apple Watch Series 5の「S5」チップと「Apple Watch Series 4」の「S4」チップには全く同じCPU/GPUが内蔵され、事実上、パフォーマンスは全く同じです。

コンパスの対応、ストレージ容量が16GB → 32GBに増えたことで名称が「S5」に変更されています。

2世代続けてパフォーマンスが向上しないことはないのでApple Watch 6の「S6チップ」は性能向上するでしょう。

処理速度の向上が期待できます。2019年モデルがハードウェアにおける劇的な進化がなかった分、2020年は今年よりも違いを体感できるでしょう。

Apple Watch Series 6は防水性向上

Apple Watch Series 6

「Apple Watch Series 6」は防水性能が向上します。

防水機能は、すでにスイミングのアクティビティを記録するほどの防水性能にはなっていますが、「iPhone 11 Pro」シリーズはIEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深4メートルで最大30分間)になっていることから、同じ基準まで引き上げるでしょう。

耐水性能についてはApple Watch Series 2で初めて採り入れられ、Series 3以降のモデルは50メートルの耐水性能を持っています。

Series 6でさらに耐水性能が向上しますので、スキューバダイビングや水上スキーなどのウォータースポーツでも使用が可能になります。

Apple Watch Series 6はFPCに液晶ポリマーを採用

Apple Watch Series 6

Apple Watch Series 6において、フレキシブルプリント基板(FPC)に液晶ポリマー(LCP)を採用するでしょう。

Series 5を含む従来モデルは、同基板の素材にポリイミドを用いています。

なおDongshan Precision(蘇州東山精密製造)、Avary Holding(鵬鼎)、Flexium Interconnect(淳華科技)の3社が、主にLCPの供給を担う見通しです。

Apple Watch Series 6は心筋梗塞の発症を事前警告

Apple Watch Series 6は、新しいセンサーシステムを用いて収集した情報を人工知能(AI)と組み合わせて分析することで、心筋梗塞を事前警告します。

センサーシステムは、心拍数、心電図波形、呼吸数、体の姿勢や歩行状態など多方面の情報を収集するセンサー群から構成されます。

収集されたデータはサーバーに送られ、人工知能(AI)による分析が行われました。最終的に、80%以上の正確性で入院治療が必要な前兆の検出に成功しています。

Apple Watch Series 6は5G対応

Apple は、次世代通信規格 5G 対応の Apple Watch の開発・設計を進めています。

米国特許商標庁での特許も取得済みです。ただ 5G モデムや専用アンテナの小型化には、まだ開発期間が必要なため、2020年モデルへの搭載はできません。

Apple Watch の 5G 対応が実現すれば、スマート家電操作、精密な徒歩ナビゲーションや、AR(拡張現実)機能を搭載する AR メガネ Apple Glass(アップル グラス)との連携も期待できます。

Apple Watch Series 6は皮膚で生体認証

AppleWatchのセキュリティは「手首検出」と「パスコード」で個人情報が保護されており、AppleWatch6を着用している人の皮膚のキメ状態を生体登録するセキュアシステムも考案中です。

現在は体温や心拍で装着状態をチェックしていますが、手首皮膚表面の生体登録と併用することができれば、より高い安全性を確保することができます。

Apple Watch Series 6は血中グルコースを測定し糖尿病予防

AppleWath6には、健康管理をサポートするヘルスケアアプリが搭載されています。

これは病院で採血せずに血中グルコース濃度を測定できる「血糖値の監視」という糖尿病予防と治療に役立つヘルスケア機能です。

現在市販されている多くの血糖値測定装置は、ピアスのような針で小さな穴をdあけて血糖値を測定していますが、Apple Watchは針を使わずに血糖値測定が可能になると予測され、患者の負担が大幅に軽減されると期待されています。