AirPods3

AirPods 3は、以前のバージョンと同様に、アダプティブサウンド、カスタマイズされたフィット、ノイズキャンセルなど、AirPods Proの特徴的な機能を引き継いで、いくつかの新機能を導入する場合があります。

これが事実である場合、Apple AirPods 3は、しばらくの間噂されている別のApple製品、AirPods Pro Liteになる可能性があります。

安価なAirPods Proのシンプルなバージョンは強力な可能性ですが、現時点では不確実なままです。

airpods3発売日いつ?価格値段

AirPods3

2020年に登場するモデルは「AirPods3 (第3世代) with Wireless Charging Case」になると予想されます。りゅあくして「AirPods 3」と呼ばれることになるでしょう。

airpods3は、iPhone12の発売に合わせてくるでしょう。2020年9月に発売が予測されます。

Appleは2019年の春にAirPods 2をリリースしたので、AirPods3の差し迫った公開は不合理に見えないです。

コロナウイルスの発生によりすべての技術ショーがキャンセルされたことを考えると、AirPods 3は最近のiPad Pro 2020やiPhone SE 2020と同様に、プレスリリースを通じて発表されると予想しています。

AirPods3はデザインがより強化され、防水(耐水)性能が向上します。その為、値段も高くなります。

現行のAirPods Proが2万7800円(税抜)のため、これより高くなることはないでしょう。ノーマルAirPodsが1万7800円であることを考えると、その中間、2万2800円くらいでしょう。

価格はAppleがAirPods 3の磁器シェルの中にどの新しいスペックを詰め込んでいるかによっても異なる。会社がどのようなルートをとっても、購入は割高になります。

airpods3色カラー

AirPods3

AirPods3は、ホワイト以外にブラックも追加してくるでしょう。ホワイトとブラックで選択できるようになります。

本体上部にはGoogleがPixelシリーズに使用しているコーティングを採用し、グリップ力が改良されます。

ブラックモデルの登場を示唆する部品の写真もWeiboに投稿されています。

AirPods3

airpods3ケースや本体は変更

AirPods3

AirPods 3は本体およびケースもデザインが変更されます。

ケースは従来よりも横長の形状となり、AirPod(イヤピース)の枝の部分は短くなっています。

airpods3音質

AirPods3

Rossignolのツイートに戻ると、AirPods 3の音質はAirPods Proと同じで、芽がアダプティブEQを備えていることをほのめかしています。

同じことは、AirPods 3にチップがバンドルされている場合に、「しっかりしたシールと優れたサウンドを提供する」のに役立つAirPods Proのイヤーチップフィットテストが含まれていることも意味します。

従来のAirPodsは、低音が弱いです。AirPods Proになって低音が強くなりましたが、それでもまだまだ弱いです。ドンシャリ感が不足している印象です。

重低音が好きな人にとっては、かなり物足りないと感じるでしょう。AirPods3では低音域が強化され、音質が改良されています。

airpods3ヘルスケア(健康管理)機能に対応

AirPods3

airpods3は、ヘルスケア(健康管理)機能に対応します。

心拍数等の生体認証データをこれまで以上に取り込むことができるようにすることで,iPhoneやApple Watchとの連携を図ったヘルスケア機能を追加することができます。

airpods3ノイズキャンセリング機能対応

AirPods3

airpods3は「B298」新しいApple製のチップを搭載します。

「B298」と呼ばれているモデルは「フォーカスモード」と呼ばれるリスニングモードが用意され、ノイズキャンセリングのオン・オフを切り替えることができることから「AirPods 3」はノイズキャンセリング機能に対応するでしょう。

これは騒音低減能力ともいい、外部音を遮断して良質な音を楽しめます。

ノイズキャンセリング機能は他のどの機能よりも精度は高く、人によっては水中に入る感覚や無音の世界などと表現されています。ノイズキャンセリング機能により没入感も更に向上しました。

しかし、外部の音が聴こえにくくなるのは不便でもあり危険でもあるので、外部の音をあえて聴ける「外部音取り込みモード」も搭載しています。

外を歩いていて後ろから車やバイクや自転車が来ているのに気付かないのは危険な時に活用できます。

airpods3カナル型

AirPods3

イヤホンは大きく分けてカナル型とインナーイヤー型とありますが、airpods3はカナル型になります。

インナーイヤー型は耳の耳介と呼ばれる部分にイヤホンをひっかけて装着するので外れやすく長時間の利用で痛くなりやすいのが特徴です。遮音性は高くなく音漏れもしやすいです。

カナル型は耳栓型のイヤースピースを耳の中に入れるようにして装着するので遮音性が高く、低音などの細かい音の描写を聴き取りやすいです。

airpods3ワイヤレス充電可能

AirPods3

airpods3はワイヤレス充電が可能となります。いちいち有線ケーブルを挿して充電をしなくても、Qi専用のワイヤレス充電器に置くだけで充電が可能になります。

airpods3バッテリー持ち

AirPods3

airpodsのバッテリー持ちは、常に進化して持ちがよくなっています。airpods3は更にバッテリー持ちがよくなります。

AirPods Proの最大4.5時間の再生時間(アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードをオフにした場合は最大5時間)最大3.5時間の連続通話時間です。

推測では、1回の充電でバッテリ寿命は4.5〜5時間のままです。特にAppleが最新モデルのQiベースのワイヤレス充電ケースをリリースして以来、ワイヤレス充電も保証のように聞こえます。

Appleの急速充電機能は別のようだ。AirPods 2は15分の充電で3時間提供しますが、AirPods Proも同様に機能し、5分の充電で1時間の再生時間をユーザーに提供します。効果的ではありますが、AppleはBeatsのプレイブックから1ページを取り出し、Powerbeats ProのFast Fuel機能を利用する必要があると感じています。これにより、同じ充電時間内にわずかに多くの再生時間が得られます。 15分の時間。

airpods3耐水性能

AirPods3

水中で音楽を聴くシーンまでの耐水性能とまではいきませんが、ランニングなどでかいた汗からAirPodsを守るレベルの耐水性能ならあり得るでしょう。

現行AirPodsでも、洗濯機に投入したり金魚鉢に水没させたりといった検証の結果、高い耐水性能を持っていることが明らかになっています。

airpods3ケースに滑り止めのコーティング

AirPods3のケースに滑り止めのコーティングが施されます。

AirPodsケースは、iPhone上での充電残量表示やペアリングなどもAirPodsケースが担っています。

したがって落下はなるべく避けたいところですが、従来モデルのケースはプラスチック製で表面が滑らかですので、落としやすくなっております。

滑り止めのコーティングが施されたマット仕様モデルが登場することに期待です。

airpods3デザイン

ppleインサイダーであるMing​​-Chi Kuoによる昨年初めのレポートは、Appleが2019年第4四半期の発売に向けて2つのモデルに取り組んでいたことを投資家に述べました:1つはAirPods 2と同じデザインを共有し、もう1つは新しいフォームファクタ。前者がAirPods Proであることが判明した可能性があり、AirPods 3が問題の別のモデルです。

反対に、MacRumorsの編集者であるJoe Rossignol は2月、次世代のAirPodsがAirPods Proと同じように見える可能性があるとツイートしました。