UQモバイルキャンペーンキャッシュバック

UQモバイルキャンペーン正規代理店リンクライフのキャッシュバック受け取りスケジュール

正規代理店リンクライフのキャッシュバックの貰える時期について説明いたします。

2018年11月に契約した場合、開通月を含めない6ヵ月と10日後に口座案内メールが届きます。この場合、2018年11月が開通月で開通月を含めないのは翌月の2018年12月となります。

その2018年12月から6ヵ月と10日後が2019年5月10日です。この2019年5月10日に口座登録案内メールが代理店から届きます。口座登録した翌月末日にキャッシュバック入金なので、2019年6月末日にキャッシュバックが貰えます。

開通月を含めない6ヵ月と10日後にメールが届くので、その日にちにアラーム設定をしておくことが大きなポイントです。

この開通月と言うのは、申し込んだ日ではなく、UQモバイルのSIMカードを端末に挿入して回線を開通させた日の月を指します。その為、2018年11月30日に申し込んでも、SIMの到着が12月1日となり、12月1日に開通した場合は、12月を開通月に含めませんので2019年1月から数えて6ヵ月と10日後です。

契約日開通月を含めない月口座登録メール受信口座登録期限キャッシュバック入金
2018年11月2018年12月2019年5月10日2019年5月31日2019年6月30日

UQモバイル正規代理店リンクライフのキャッシュバックの開通月とは?

UQモバイル正規代理店のキャッシュバック受け取り方法の説明欄には、「開通月を含まない7ヶ月目の末日にご登録いただいた口座にお振込みいたします。」とあります。

この開通月は、代理店で新規契約や乗り換え契約を申し込みした日にちの月ではありません。UQモバイルのSIMカードが到着して端末に挿入して、my uq mobileから回線切替を実行して開通した日の月を開通月と言います。

「開通月を含まない」とは、「開通した日の月は含めない」という意味です。例えば、2018年12月15日に開通した場合、開通月は2018年12月です。開通月を含めない最初の月は2019年1月です。

「開通月を含まない7ヶ月目の末日」とは、2019年1月から数えて7ヵ月目の末日です。それは2019年7月末日です。この7月末日にキャッシュバックが入金されます。

ただ、キャッシュバックは何もせずに入金されるわけではありません。開通月を含めない6ヵ月と10日後に口座案内メールが来ます。つまり、2019年1月から数えて6ヵ月と10日後ですので、2019年6月10日にメールが来ます。

2019年6月末日までに口座を登録して2019年7月末日に入金される流れです。

代理店のキャッシュバック受け取り規定はややこしいかもしれませんが、冷静に考える事で、いつメールが来て、いつ入金されるか簡単に分かります。

次の項目では、各開通月のメールが来る日と入金時期の早見表を用意させて頂きました。こちらの表を見れば、ややこしい計算をしなくて済みます。開通月を簡単に調べる方法としては、my uq mobileの契約日を見れば一発で分かります。

開通月さえ分かれば早見表でメールが来る日と入金時期が一発で分かります。

UQモバイル正規代理店リンクライフのキャッシュバックまでの各月スケジュール

開通月継続期間口座登録メール受信口座登録期限キャッシュバック振込
1月2~6月7月10日7月末日8月末日
2月3~7月8月10日8月末日9月末日
3月4~8月9月10日9月末日10月末日
4月5~9月10月10日10月末日11月末日
5月6~10月11月10日11月末日12月末日
6月7~11月12月10日12月末日1月末日
7月8~12月1月10日1月末日2月末日
8月9~1月2月10日2月末日3月末日
9月10~2月3月10日3月末日4月末日
10月11~3月4月10日4月末日5月末日
11月12~4月5月10日5月末日6月末日
12月1~5月6月10日6月末日7月末日

口座登録案内メールが届くのは毎月10日と決まっています。その10日から月末30~31日までの20日間程度の間に口座を登録しなければなりません。

口座登録期限を過ぎるとキャッシュバック権利が無効となりますので、ご注意下さい。その為、メールが届く何月の10日というのは開通した時点で分かることなので、その日をアラーム設定して通り過ぎることのない様に対策することはキャッシュバックを貰う上で大切なことです。

UQモバイル正規代理店リンクライフキャッシュバック受け取り実践の流れ

UQモバイルのリンクライフ株式会社からキャッシュバックを入金されるまでに必要な手続きを手順としてまとめました。この流れを最初にイメージすることで、「貰い損ねるリスク」を最小限に抑えることができます。

実際に貰い損ねる人の特徴として、「口座案内メールが来る日がよく分からない」「契約した時のメールが捨てアドだった」「口座案内メールを見落としてしまった」などが挙げられます。

代理店へ申し込みキャッシュバックを受け取る心構えというものは貰い損ねない為に極めて重要です。全体の流れを把握して100%キャッシュバックを受け取り頂けましたら幸いです。

  • 2018年5月15日に代理店リンクライフへ申し込み完了
  • 2018年5月18日に端末とSIMカードが配送
  • 2018年5月19日に端末とSIMカードが到着
  • SIMカードが届いたので「my UQ mobile」の新規ID作成
  • 2018年5月19日に「my UQ mobile」より回線切替を実行
  • 2018年5月19日に実行で回線切替となります。
  • 2018年5月19日に回線切替完了で初めて開通したと言える状態です。
  • 契約開始日は回線切替を実行した2018年5月19日です。

  • この2018年5月が開通月となります。開通月を含めない最初の月は2018年6月で、そこから6ヵ月と10日後が口座案内メールが届く日です。それが2018年11月10日です。

  • 2018年11月10日に口座案内メールは届きます。迷惑メールに入ることもなく題名も【UQモバイル】キャンペーンのご案内と分かりやすく表記しています。
  • 2018年11月10日に届いた口座案内メールに、「下記URLから口座情報のご登録をお願いいたします。」と書いてあります。
  • URLをコピーしてURLをアドレスバーに貼り付けてアクセスします。

  • 「銀行名」「支店名」「銀行コード」「支店コード」「口座種類」「口座番号」を入力し口座登録します。

  • 口座登録が完了すると「お振込み口座登録完了のご案内」メールが届きます。

  • 2018年11月末日までに口座登録完了後、来月末にご指定の口座にお振込するとメールに記載されています。これは、2018年12月末日までにはキャッシュバック入金をするという意味です。

  • キャッシュバックは「リンクライフ株式会社」より入金されます。31日と月の締め日に入金となります。

UQモバイルキャンペーン正規代理店リンクライフのキャッシュバック口座案内メールが届くアドレスは?

UQモバイル代理店の申し込みページでメールアドレスの入力する欄があります。こちらに登録したメールアドレス宛にキャッシュバックの口座案内メールが届きます。

その為、入力するメールアドレスは毎日の様に確認しているアドレスが望ましいです。また、開通月を含めない6ヵ月と10日後にメールが来るまでの期間にメールアドレスを変更しない様にして下さい。

メール案内が届く日は毎月10日と決まっているので、開通月を含めない6ヵ月と10日後の日にアラーム設定もしておくと確認漏れリスクを回避できます。

UQモバイルキャンペーン正規代理店リンクライフのキャッシュバックは申し込み時のメールアドレスの入力は間違えたら無効

注意事項には、「お申込み時にご登録いただいたメールアドレスがエラーだった場合はキャッシュバック対象外」とあります。

メールアドレスは間違えていても、名前・住所・生年月日と本人確認書類に相違がなければ審査が通ってしまいますが、肝心のキャッシュバック振込み先となる口座登録案内メールを送るメールアドレスがエラーとなってしまいます。

お申し込み時に入力するメールアドレスは、間違えないようにしてください。

UQモバイルキャンペーン正規代理店リンクライフのキャッシュバックを貰い損ねるリスクは?

現状の通信業界は、契約して一定の期間を空けてから口座登録という流れとなっております。リンクライフ社が契約した月から実に7ヵ月も先にメールが来るシステムとなっておりますが、これはリンクライフ社が貰い損ねを狙っているとかの話ではなく通信業界全体がそういう方向になってきています。

例えば、WimaxでいえばBIGLOBEやGMOなど名だたる大手プロバイダも、12カ月目に口座登録案内メールが届くようになっています。

申込みをしたら何の手続きもなしに自宅に商品券が郵送されるといった時代は終焉を迎え、これからは完全に自己責任化するという方向性であることをご理解ください。

このUQモバイルキャッシュバックについても公式も代理店も、申し込んだらキャッシュバックを貰えるが確定ではなく、キャッシュバックの権利を貰えたと認識しておくと良いです。

キャッシュバックの権利をもらったら、口座登録する義務が発生するということです。その口座登録する義務を怠ったお客様はキャッシュバック資格が無効になるということです。

貰い損ねるリスクという点においては、リンクライフも公式も変わりません。両社ともに契約から期間を空けて口座登録しなければキャッシュバックが無効になるという意味においては、受け取る側の責任が大きいです。

キャッシュバックを受け取る者の心得として、以下のステップで準備が必要です。

  • 申込時に入力するメールアドレスは、普段から確認するアドレスを入力する
  • 開通月を含めない6ヵ月と10日後の日にちを確認し、その日にちをアラーム設定する
  • 口座案内メールが来る日をまず押さえることが大切です。「6ヵ月後くらい」という認識ですと、確認漏れのリスクが生じるので、何月の10日に来るというのを予め確認してアラーム設定しておきましょう。

  • キャッシュバック案内メールが届いたら速やかに口座登録をする
  • 口座登録案内メールに気づいても後回しにして、そのまま忘れて期限切れになることはあります。メールを受信した時が外出中で口座登録できない場合は、忘れない様にアラーム設定をしておきましょう。

  • 口座を登録する際に入力する銀行口座情報を間違えないように慎重に入力する
  • 口座情報を入力したら送信前に、通帳に書いてある番号と照らし合わせをして相違がないか確認して下さい。

UQモバイルキャンペーン正規代理店リンクライフの配送日は?

正規代理店リンクライフから申し込みをした場合、配送は早くて即日です。この即日と言うのは、午前中に申し込みをしてその日午後には配送するという意味です。

ただし、必ずしも即日に配送になるとは限りません。夕方に申し込めば審査の兼ね合い上、最短でも翌日に配送となります。

配送の平均は1~3日と考えて下さい。7~10日とか極端に遅くなることはありません。

配送はリンクライフの営業所がある福井県の配送センターより毎日配送を行っております。土日祝日も休まずに配送をしています。

配送が遅れるというのは、リンクライフの配送センターの責任というより、審査に時間が掛かっているからです。

また、申し込みが集中する月末は、審査処理に時間が掛かりますので、通常より1日程度遅れが生じる場合もありますことをご理解下さい。

UQモバイルに申し込む大半のお客様は公式も代理店も月末に申し込みをし、データ容量を繰り越してお得に契約をしようとしています。逆に空いている時期は1日~15日くらいまでは閑散期と言えます。

また、UQモバイル独占販売で、「OPPO R17 Neo」の機種が爆発的に売れ、福井県の配送センターでも在庫がない状態となりました。こうした場合は入荷するまで時間が掛かる為、配送に遅れが生じます。

UQモバイルキャンペーン正規代理店リンクライフのキャッシュバックを貰う前のプラン変更について

現在、代理店リンクライフのキャッシュバックは端末セットSプランのみ初期費用3672円が有料となっております。

では、仮に、端末セットMや端末セットLプランで初期費用無料で契約しておいて、キャッシュバックを貰う前にSプランに変更するのはありか?ですが、これにつきましてはNGです。

実際、リンクライフの申し込みページの「注意事項」には「プラン変更したらキャッシュバック対象外」という表記はありません。

こちらが、リンクライフの注意事項

公式限定キャッシュバックには、ハッキリとプラン変更は対象外となることが記載されています。

リンクライフの注意事項に記載がないものの、実際に口座登録を完了させると「意味深なメッセージ」が記載されています。

口座を登録した後でもって、「万が一弊社にて、各種サービスのご利用状況の確認が取れない場合、キャッシュバックキャンペーンが適用にならない、または該当金額が変動する場合がございます。」と記載があります。

これが意味するものとは、「キャッシュバックが振込みされるまでの8ヵ月間におけるお客様のご利用状況を確認して問題なければ入金する」という意味合いです。

これは、プラン変更をした場合も「ご利用状況の確認が取れない」に該当します。万が一、プラン変更した場合は、キャンペーン適用対象外やキャッシュバック額が変動するということです。よってキャッシュバック前にプラン変更をするということはリスクを背負う形となりますので、おすすめしません。

このプラン変更手法は、端末セットSプランは初期費用は有料だから、初期費用の支払いを逃れるために、MやLプランで最初は契約しておいて、端末を受け取ったらすぐにSプランに変更するというものですが、これをリンクライフ社が良しとしてしまったら、最初に端末セットSを選択して初期費用を支払う方が損して不公平となってしまいます。

その為、端末セットMやLを選択した場合は、キャッシュバックを受け取るまでの間はプランSに変更しないように注意して下さい。

キャッシュバック受け取りまで8ヵ月あるわけですが、1年目の料金はSプランが月額1980円、Mプランが月額2980円で毎月1000円差です。8ヵ月間で8000円の差となります。それでも、キャッシュバック額や初期費用を含めるとSプランとMプランの差は縮まります。

最初に端末セットMプランを選択すればSプランより1000円キャッシュバック額が高く初期費用3672円が免除されるので合計で4672円得するようになっております。

8ヵ月間のSプランとMプランの差額8000円-SプランとMプランのキャッシュバックと初期費用を含めた差額4672円=3328円

3328円しか差がないことが分かります。データ容量もSプランに比べて3倍あるMプランで契約して、たっぷりネットを使ったり、ぴったりプランで無料通話時間を90分とSプランより30分増えるなど、「通信量」「無料通話時間」などはMプランの方がたっぷり使えます。

もし、Sプランの月間データ容量3GBではギリギリという方は、Mプランを試してみる絶好の機会ではないでしょうか。

ちなみに、プラン変更をしても契約期間は引き継がれます。9ヵ月目にMプランからSプランに変更した場合は継続利用期間は9ヵ月目からスタートとなります。

継続期間がリセットされてしまうと、無料で解約できる更新月まで8ヵ月長くなるリスクが生じる懸念があったかもしれませんが、「おしゃべりプランS・M・L」「ぴったりプランS・M・L」同士のプラン変更は継続期間がリセットされることはなく、引き継がれますのでご安心下さい。

UQモバイルキャンペーン正規代理店リンクライフのキャッシュバックメールが届かないことはある?

UQモバイル正規代理店で申し込みする際に入力したメールアドレスに口座登録案内メールは100%届くようになっております。

メールが届かない方の原因としてよくある事例は以下の通りです。

  • メールアドレスを変更してしまった
  • 口座案内メールを誤ってスワイプしてゴミ箱に入れて削除してしまった
  • 「開通月を含めない」の意味を間違って「申し込んだ日」から数えた日にくると勘違いしている
  • 迷惑メールに入っていた(基本的にヤフーメールもgmailも迷惑メールには入りません)
  • 口座登録案内メールが届く前にプラン変更してしまった
  • 口座登録案内メールが届く前に解約してしまった。
  • 申込時に入力したアドレスを忘れて別のメールに届くと勘違いしている
  • お申込み時にご登録いただいたメールアドレスがエラーだった
  • 月額料金の未払いがあった

お申込み時にご登録いただいたメールアドレスがエラーだったと言うのは、間違ったメールアドレスを入力したことにより、「配送の連絡」「キャッシュバックの案内メール」が届かないということです。

メールアドレスが間違っていたとしても住所が正しければ端末やSIMカードは届きます。

メールアドレスが正しいかどうかは、「配送の連絡メール」が届くかどうかで一発で分かります。もし「配送メール」が届いたなら正しくメールアドレスは入力できている証拠でもありますので、開通月を含めない6ヵ月と10日後に口座登録案内メールが届きます。

UQモバイルキャンペーン正規代理店リンクライフのキャッシュバックメールが届かなかった場合は?

先ほどのような原因で口座登録メールが届かないケースがあります。ここで重要なのは、開通月を含めない6ヵ月と10日後の日にちを押さえておくことです。

予め口座案内メールが届く日にちは「何月の何日」と分かっているわけですから、その日を過ぎても届かなかったら、リンクライフ社に問い合わせしようとか迅速な対応も求められます。

ただ、通常は口座案内メールが届かないことはないのですが、何らかの理由によって、届かないということはないとは言えないので、口座登録案内メールが届く日を1日でも過ぎたらリンクライフ社へ問い合わせしましょう。

キャッシュバックメールが届かない問題は、下記のリンクライフのメールアドレスにお問い合わせください。

info@uqmobile-store.jp

また、キャッシュバック案内メールが本来届く日から何ヵ月もして「メールが来ません」といった問い合わせをする方が稀にいらっしゃいますが、期限を過ぎるとキャッシュバックが無効になる恐れがありますので、きちんとメールが届く日を押さえて迅速に問い合わせするなどして万全を期すようお願いいたします。

UQモバイルキャンペーン正規代理店リンクライフのキャッシュバック特典ノベルティとは?

正規代理店リンクライフでは、公式と更なる差別化を図る為に、「端末セットM・L」を契約頂いたお客様にノベルティをプレゼントしています。

代理店リンクライフでは、「端末セットS」と「端末セットM」との間に大きな特典の差があります。初期費用とキャッシュバック額を合わせて4672円差がつき、Sプランはノベルティは貰えません。

ノベルティは代理店限定の特典で公式では貰えません。

ノベルティの中身ですが、毎月変わるので何が届くかはお楽しみです。ノベルティの中身は、サポートセンターに問い合わせしても答えてもらえません。

過去に届けたノベルティの中身をご紹介します。

UQモバイルキャンペーン正規代理店リンクライフお届け事例1:ガチャピンとムックの自転車ぬいぐるみ

非売品のUQモバイルマスコットピンクガチャとブルームックの動くぬいぐるみです。2台とも電池を入れると動きます。その動く姿が可愛いと若い女性からは人気があります。

UQモバイルキャンペーン正規代理店リンクライフお届け事例2:ガチャピンとムックのボールペン

UQモバイルキャンペーン正規代理店リンクライフお届け事例3:その他

その他、メモ帳、ノート、ぬいぐるみなどUQモバイル非売品アイテムの何か一つが貰えます。

ノベルティの中身は選ぶことができず、何が届くかはお楽しみとなります。

UQモバイルキャンペーン正規代理店リンクライフのキャッシュバックは公式に比べてなぜ大盤振る舞い?

正規代理店リンクライフのキャッシュバックは公式に比べたら、全てのプランにおいて初期費用やキャッシュバック額を含めた還元は代理店が上回っていることは明らかです。

キャッシュバック対象代理店リンクライフ公式UQコミュニケーションズ
SIMのみSプラン10000円
(初期費用無料)
10000円
SIMのみMプラン13000円
(初期費用無料)
11000円
SIMのみLプラン13000円
(初期費用無料)
13000円
端末セットSプラン11000円10000円
端末セットMプラン12000円
(初期費用無料)
11000円
端末セットLプラン13000円
(初期費用無料)
13000円

なぜ、公式よりも代理店の方が還元額が多いのかと言いますと、単刀直入に言えば代理店は公式よりもキャッシュバックを劣らすわけにはいかないからです。

会社としての知名度で言えば、公式限定キャッシュバックを主催する「UQコミュニケーションズ株式会社」はKDDIの子会社でありUQ WimaxとUQモバイルのサービスを提供する本家本元です。

その公式には会社としてのブランド価値は、リンクライフ社としては歯が立たないのです。仮にキャッシュバック条件が両社とも同じだった場合どうでしょうか?

大半の方が公式を選ぶことでしょう。それでは、リンクラライフ社としては商売になりません。せっかく、福井県に配送センターに「端末」の在庫を抱えていても、申し込んでもらえなかったら代理店として成り立ちません。

リンクライフ社を経由したUQモバイルの契約者を増やす意味においては、「初期費用無料」とか「キャッシュバックの増額」などによって差別化を図る必要性は十二分にあったと言えます。

代理店のキャッシュバック条件があまりにも良い待遇なので、逆に不信感を持たれてしまう方もいることでしょう。しかし、代理店としてみれば、公式に対抗した形でのキャッシュバック条件なのでご安心下さい。

UQモバイルキャンペーン正規代理店リンクライフの端末代は公式と同じ?

代理店リンクライフ社ではUQ最新のAndroid端末を多数用意しております。これらの端末価格とマンスリー割は全て公式と同じです。

代理店リンクライフで申し込んだとしてもUQモバイル公式のお客様となりますので、端末の価格や割引に差はありません。

リンクライフが初期費用にしている分として端末代が公式よりも高いのではないかと疑念を持たれる方もいると思いますが、そういったことは一切ありませんのでご安心下さい。

UQモバイルキャンペーン正規代理店リンクライフで契約するのと公式で契約する差は?

代理店リンクライフでUQモバイルを契約しても公式のお客様として扱われます。代理店で契約したのだから、代理店に管理されそうなイメージを持たれる方もいると思いますが、代理店リンクライフの役割はUQコミュニケーションズとお客様の橋渡しで仲立ちをするみたいな形です。

いわば、リンクライフ社はUQコミュニケーションズのパートーナーとしてUQモバイルのお客様獲得に貢献している会社ととらえて頂ければと思います。

では公式と代理店の差はどこにあるでしょうか。何度も言いますが「キャッシュバック額増額」「初期費用無料」という点ではリンクライフ社が好待遇です。

代理業者として自社からの契約獲得を頑張っているので、サービスも公式に比べて高いものが望めます。UQモバイルに契約するお客様の大半は「通信費を抑えたい」「料金は安くても通信速度は落としたくない」といった願望を持っています。

UQモバイルを契約する人は、キャリアに比べて「お金」にシビアなところはあります。初期費用3240円も差が生じるのなら、代理店を選択しようとするお客様も多いです。

金銭面では代理店の方が圧倒的に還元額が良いので、ご検討下さい。

UQモバイルキャンペーン正規代理店リンクライフのキャッシュバックの今後について

代理店リンクライフのキャッシュバックは、今後とも公式を意識したキャッシュバック条件に設定してきます。

今後もし公式のキャッシュバックが10000円から7000円へ減額されるようなことがあれば、代理店も7000円へ減額し初期費用無料という形にしてくるでしょう。

代理店は公式よりも条件を良くし続けないと「UQモバイル正規代理店」としての経営が成り立ちません。その辺はリンクライフ社は百も承知です。

今のところ、キャッシュバック条件を変更する予定はありませんので、現状のままキャッシュバックキャンペーンは続いていきます。