UQコミュニケーションズ株式会社とは?

UQコミュニケーションズ株式会社は、KDDI株式会社が2005年6月に成功したWiMAX実証実験を元に、無線データ通信の事業化を目的として、2007年にワイヤレスブロードバンド企画株式会社(KDDI100%出資子会社)として設立されました。

2007年9月、第三者割当を実施し、Intel Capital、東日本旅客鉄道、京セラ、大和証券グループ本社、三菱東京UFJ銀行などが資本参加し、2008年3月に社名を現在のUQコミュニケーションズ株式会社に変更しました。

初代の代表取締役社長には、設立当初よりKDDI株式会社取締役執行役員常務で、旧DDI・IDO色が濃いモバイル部門としては異色の国際電信電話出身の田中孝司が就任(兼任)していました。その田中孝司は現在、KDDI本体の代表取締役社長と当社の代表権のない会長です。

無線データ通信のサービスは、2009年2月26日から「UQ WiMAX」のサービス名称で試験サービスを開始し、2009年7月1日から正式サービスとして提供を行っています。

また2015年10月1日にはKDDIバリューイネイブラーを吸収合併し、au 4G LTEのMVNOであるUQ mobileと、MVNE事業とを運営しています。

UQコミュニケーションズ株式会社の「UQ」とは?

社名の「UQ」は、普遍的と高品質=Universal Qualityの頭文字から名付けられました。かつ「U」には、ユビキタス=Ubiquitous、「Q」には、大容量=Quantities、高速=Quicknessの意味が込められています。

ロゴマークは、「Universal Quality」という社名の由来から感じる「大らかなスケール感」と「揺るぎない信頼感」を表現し、コーポレートカラーの「ニュートラルなブルー」は、「協調性」と「オープンな姿勢」の象徴を表現し、作成されました。

KDDIとUQコミュニケーションズの密接な関係

auは2014年より、自社で敷設したLTEのネットワークだけでなく、WiMAX 2+ネットワークにも対応したスマートフォンを提供していますが、これはKDDIがUQコミュニケーションズからネットワークを借りることで実現しているものです。

auでは2014年より、LTEに加えWiMAX 2+にも対応したスマートフォンを提供しているが、WiMAX 2+のネットワークはUQコミュニケーションズから借りて提供しています。

さらにその逆として、UQコミュニケーションズ側がKDDIのネットワークを借りて提供しているサービスもあります。それはUQ WiMAXの1機能となっている、より広いエリアでの利用が可能になる「ハイスピードプラスエリアモード」です。

この機能に対応したWi-FiルーターはKDDIのLTEネットワークにも対応していることから、通信量に制限はあるものの、WiMAX 2+より広いエリアでの通信が可能になります。

UQ WiMAX対応ルーターのいくつかは、広いエリアで利用できる「ハイスピードプラスエリアモード」に対応しているが、こちらはUQコミュニケーションズがauからLTEのネットワークを借りて実現しているサービスになります。

KDDIとUQコミュニケーションズは、互いのネットワークを貸し借りしながらサービスを展開しています

UQ mobileの設立にはKDDIの危機感があった

KDDIは元々、現在のようなSIM単体で格安なサービスを提供するMVNOに向けた取り組みには消極的でした。

その理由は、安価なMVNOが台頭することでユーザーがKDDIから格安SIMに流れ、キャリアとしての売り上げが低下してしまうのを懸念したからです。

しかし、NTTドコモがMVNOを積極展開する方向に舵を切ったことで、NTTドコモ系のMVNOにユーザーが流出する危惧が高まってきたことから、KDDIもMVNOへの取り組みを積極化し始めました。

その第1弾となったのが2014年6月にサービスを開始したケイ・オプティコムの「mineo」です。しかしながら、mineoがサービスを開始した直後の2014年9月に、アップルがiPhoneなどに向けて提供した「iOS 8」で、auのMVNOのSIMが利用できないという問題に直面し、その影響を受けてmineoの契約数が伸び悩んだことから、mineoはその後NTTドコモのMVNOにもなり、現在はマルチキャリアMVNOとしてサービス展開しています。

そうしたauのネットワークに起因する問題の多さに加え、NTTドコモより契約時の接続料が高いという問題も抱えていたことから、KDDIの回線を利用してコンシューマー向けにサービスを提供するMVNOはなかなか増えなかったのです。

そこで新たに打ち出したのが、2014年12月にKDDIが子会社「KDDIバリューイネーブラー」を設立し、自らMVNOを展開するという取り組みです。

この際、KDDIバリューイネーブラーはUQコミュニケーションズの「UQ」ブランドを借りて「UQ mobile」としてサービスを開始していますが、その時点では特段、両社が協力しての取り組みを進めているわけではありませんでした。

サービス開始当初のUQモバイルは、高速通信容量が2GBで月額980円の「データ高速プラン」と、通信速度が300kbpsに制限されるが、データ通信が無制限にできる「データ無制限プラン」の2つを提供し、さらにそれぞれに月額700円を追加することで、音声通話ができる「音声通話プラン」を用意するなど、他のMVNOに近い料金体系をとっていました。

それゆえサービス面で目立つ特徴が見られず、多くのSIMフリー端末が利用できないなどauのネットワークに起因するネガティブな要素が目立っていたこともあり、契約数も伸び悩んでいたのです。

そこで打ち出されたのが、2015年6月より、同じUQブランドを用いたUQコミュニケーションズと、量販店の店頭で営業協力をするというものです。WiMAX端末を購入する人などに、UQ mobileを紹介するなどの取り組みを進めたのだが、そこでも大きな成果が得られなかった。その結果、同年10月に両社が合併し、一体でUQ mobileのビジネスを進めることとなったのです。

UQコミュニケーションズ株式会社の評判

UQコミュニケーションズ株式会社は、「UQモバイル」と「UQ Wimax」を運営しています。格安SIMとWiMAXのサービスの実体験を踏まえて批評していきます。

UQコミュニケーションズ株式会社の評判1:審査と配送日

UQモバイルデータ高速プランSINのみ契約の審査に掛かった日数の事例

5月15日午前9時51分に申し込みをしました。

5月16日13時06分に申し込み手続き完了メールが届きました。

この実例では、月曜日の午前中に申し込みをして、火曜日の午後一番である13時には審査が完了しています。

UQモバイル端末セット一括払い契約の審査に掛かった日数の事例

6月26日午前17時56分に申し込みをしました。

6月27日13時06分に申し込み手続き完了メールが届きました。

月曜日の夕方18時近い時間に申し込みしても、翌日の13時に審査が完了しています。

UQモバイルの配送は契約から翌日までに配送されることが分かります。この配送スピードは早いと言えます。よって、迅速な対応を取っていると言えます。

UQ Wimaxの端末セット配送事例

2017年12月22日11時52分に新規申し込み完了

2017年12月22日20時13分に配送完了

UQ Wimaxは申し込みしたその日に配送されました。申し込みが夕方以降になると当日配送はできませんが午前中に申し込めば当日配送となります。

UQコミュニケーションズ株式会社の評判2:キャッシュバック

UQモバイル公式キャッシュバック

UQモバイルでは、限定キャッシュバックページを通常のオンラインショップとは別に用意しています。この限定キャッシュバックは、個人のUQモバイル情報発信者が紹介という形式を取っています。

キャッシュバック金額は「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」で10000~13000円と高額現金が貰えるので、顧客満足度は高いです。

しかし、キャッシュバックの受け取り方法が、当初はキャッシュバックページから申し込んだ人全員に郵送で商品券配送でしたが、今は契約してから4ヶ月目にお申込み時にご登録いただいたEメールアドレスに口座登録案内の連絡をするシステムとなっております。

これは、契約から4ヵ月もの期間を空けて来るメールから口座登録手続きをしないとキャッシュバックが貰えないというものです。

つまり、メールの確認漏れやメールは気づいても期日までに口座登録手続き忘れなどによりキャッシュバックを貰い損ねるリスクがあります。

以前は手続きなしの郵送でしたので貰い損ねる心配はありませんでしたが、今は貰えないリスクが生じます。

キャッシュバックをスマートに貰えない事への不満や貰い損ねた人達の不満の声もあるようです。

UQ Wimaxのキャッシュバック

UQ WimaxもUQモバイルと同じくキャッシュバック限定ページを用意しています。ただUQモバイルとの違いは、検索エンジンから限定キャッシュバックページを探し出せる点です。

「UQ Wimax」と検索では通常オンラインショップが出てきますが、「UQ Wimax キャッシュバック」と検索することで限定ページが出てきます。

受け取り条件はご契約月の翌々月にお申込み時にご登録いただいたEメールアドレスにご連絡となっております。貰えるスピードはUQモバイルより早いものの、人気の「W05」がキャッシュバックなしで、「WX04」が5000円と少ないキャッシュバック内容となっております。

他のプロバイダであるGMOやBIGLOBEからすると月額料金も割高でキャッシュバックも少ないので、料金面での不満はあるようです。料金も高い、キャッシュバック額も少ない、それでもWimaxの本家本元だから何となく通信品質が優遇されていそうというイメージだけで申し込まれる方も多いです。