UQモバイルキャンペーンキャッシュバック

【キャッシュバックキャンペーン】UQモバイルiphone7の販売いつ?

UQモバイルでは、現在iphone6sが販売されております。次は、iPhone7・iPhone7 Plusが発売となります。発売時期は早くて2018年末で、遅くても2019年初めには出るでしょう。

その理由の一つ目として、iPhone6Sがアップルで発売してから2年後にUQモバイルで発売されています。iPhone6Sと同じタイミングという流れの可能性は高いので、iPhone7は2016年の9月に発売ですから2年後となると2018年末にUQモバイルで発売されることになります。

2つ目の理由に、アップルストアでiPhone6SとiPhone SEの販売が終了になったことです。現在、UQモバイルではiPhone6SとiPhone SEを販売しておりますが、アップルが販売終了にしているということはUQモバイルで抱えている在庫のみ売り切ったら次のモデルであるiPhone7に切り替えなければなりません。

3つ目の理由に、UQモバイルでiPhone7のテザリングが可能となりました。UQモバイルではこれまで、iPhone7にUQモバイルのSIMカードを挿した場合にテザリングができませんでした。

しかし、2018年秋のiOS12へのアップデートから、iPhone7・7PlusにUQモバイルのSIMカードを挿してもテザリングができるようになりました。

これはUQモバイルでもiPhone7の取り扱いを開始するための準備とみて良いでしょう。

【キャッシュバックキャンペーン】UQモバイル各キャリアのiphone7動作確認

各キャリアのiphone7の動作状況を見れば、iPhone7・7Plusの動作が全て対応しているので明らかです。iphone6s発売直後は、iPhone7・7Plusにおいて「テザリング」「キャリアメール」は未対応でしたが、iphone6s発売から1年が経過し、ようやく全て動作対応となりました。

ドコモのiphone

機種データ通信通話SMSメールテザリング
iPhone XR
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone X
iPhone 8 Plus
iPhone 8
iPhone 7 Plus
iPhone 7
iPhone SE
iPhone 6s Plus
iPhone 6s

ソフトバンクのiphone

機種データ通信通話SMSメールテザリング
iPhone XR
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone X
iPhone 8 Plus
iPhone 8
iPhone 7 Plus
iPhone 7
iPhone SE
iPhone 6s Plus
iPhone 6s

auのiphone

機種データ通信通話SMSメールテザリング
iPhone XR
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone X
iPhone 8 Plus
iPhone 8
iPhone 7 Plus
iPhone 7
iPhone SE
iPhone 6s Plus
iPhone 6s
iPhone 6 Plus
iPhone 6
iPhone 5s

【キャッシュバックキャンペーン】iPhone7・7Plusでは「キャリアメール」が利用可能

UQモバイルのiPhone7・7Plusは2018年9月から「キャリアメール」に対応しました。

キャリアメールとは、「・・・@docomo.ne.jp」「・・・@softbank.ne.jp」といったアドレスで使用する、携帯電話キャリアが提供するメールサービスのことです。ガラケー時代から広く浸透している、皆におなじみのメールです。

しかし、MVNO・格安SIMでは技術的な問題やコスト面の問題から、キャリアのようにメールサービスを提供している所は少なくなっています。

それでも、UQモバイルでは「○○○○@uqmobile.jp」のメールアドレスを月額200円のオプション料でご提供しています。現在では、「SIMフリー端末」「ドコモ版」「ソフトバンク版」「au版」全てのiPhone7・7Plusでキャリアメールが使えます。

iPhone7・7Plusから上のiPhone8・8Plus~iPhoneX・XS・XS Max・XRまでの最新機種に関してはキャリアメール未対応です。

逆に言えば、UQモバイルでキャリアメールの最新iphoneはiPhone7・7Plusということになります。

キャリアメールが使えなくなるデメリット

①ガラケーの利用者へメールが届かないことがある
②キャリアメールを使っている人へメールが届かないことがある
③サービスの登録ができないサイトがある

キャリアメールが使えないと困る人は、iPhone8・8Plus~iPhoneX・XS・XS Max・XRまでの最新機種は諦めてiPhone7・7Plusを使うしかありません。

また、1年後にはiPhone8・8Plusがキャリアメールに対応するようになるでしょう。

【キャッシュバックキャンペーン】iPhone7・7Plusでは「テザリング」が利用可能

UQモバイルのiPhone7・7Plusは2018年9月から「テザリング」に対応しました。

テザリングとは、スマートフォンなどを外部モデムとして利用してPCなどをインターネット接続させる機能のことです。テザリング機能のあるスマートフォンiPhone7・7Plusがあれば、WiFiルータを持ってなくても、そのスマホiPhone7・7Plusを利用して屋内、屋外に関係なく、PCやゲーム機でインターネット通信ができます。

下図はテザリングの概要図

UQモバイルiPhone7・7Plusで利用できる「テザリング」は3種類

ご利用シーンや接続する機器の種類に応じて最適なテザリングの種類をお選びください。

テザリングの種類おススメポイント
Wi-Fiテザリング●タブレット、ゲーム機、Wi-Fi対応デジカメなど対応機器が豊富
●複数の機器を同時に接続可能
●高速なデータ通信
BluetoothR テザリング●電池持ちがよい(Wi-Fiテザリング比)
●設定が簡単 (パスワード入力不要)
USBテザリング●PCからスマートフォンに給電しながらデータ通信が可能
(機種によってはUSB給電ができない場合があります)
●高速なデータ通信

iPhoneと接続する手段は、無線がWi-FiとBluetooth、有線がUSB(Lightningケーブル)の計3種です。それぞれに長所・短所がありますから、子機として利用するパソコンやタブレットに応じて選択しましょう。

Wi-Fiテザリング

スマホがWi-Fiルーターの役割をするというイメージで、パソコンやタブレット、ゲーム機やカメラなど、Wi-Fiを搭載している製品に広く対応。通信が高速で、しかも複数の機器を同時に接続できる。ただしスマートフォンの消費電力が大きく、充電の減りが早い。また周囲に多くの人がWi-Fiを使っている環境にいる場合、速度が遅くなる場合がある。

Bluetoothテザリング

Bluetoothでペアリングしたデジタル機器をインターネットに接続する。Wi-Fiテザリングに比べると通信は低速だが、設定が簡単で、消費電流が少なく、スマートフォンのバッテリーの持ちが良い。

USBテザリング

ノートパソコンのUSBポートにスマートフォンを接続して、給電しながらインターネットに接続する。ノートパソコン1台しか接続できないが、スマートフォンのバッテリーを気にせず高速で安定した通信を利用できる。

【キャッシュバックキャンペーン】UQモバイル各キャリアのiphone7を利用してUQモバイルを契約する際の注意点

UQモバイル各キャリアのiphone7端末をSIMロック解除してUQモバイルで使う場合、SIMのみ契約をするわけですが、UQモバイルのSIMのみ契約は、「LTE用microSIM」「LTE用nanoSIM」「マルチSIM(nano)」など選べるようになっております。

このSIMカードの選択を間違えると動作しませんので、ご注意下さい。「iPhone 7 Plus」「iPhone 7」の場合、「SIMフリー版」「au版」「docomo SoftBank版」全て「マルチSIM(nano)」となります。

「iPhone 7 Plus」「iPhone 7」を使う場合、VoLTE用マルチSIM(mini/micro/nano)を選択しましょう。それ以外は動作しません。

【キャッシュバックキャンペーン】UQモバイルで販売されるiphone7実質負担額

UQモバイルでiphone7を購入する場合、マンスリー割適用でアップルストアより安くなります。アップルストアの現在の価格は、32GBが50800円、128GBが61800円となっております。

ではUQモバイルではiphone7がいくらになるでしょうか?その答えはiphone6sがUQモバイルで発売された時の実質負担額と同じ金額になるでしょう。

下記の表がiphone6sがUQモバイルで発売された当初の「端末代金」と「実質負担額」です。「Sプラン」と「M・Lプラン」では月額料金に差がある為、実質負担額が異なり、料金の安いSプランは実質負担額が高く、料金が高いM・Lプランは実質負担額が安くなっております。

端末名端末代金プラン実質価格
iPhone SE(32GB)54,540円S26,028円
iPhone SE(32GB)54,540円M26,028円
iPhone SE(32GB)54,540円L26,028円
iPhone SE(128GB)64,908円S38,988円
iPhone SE(128GB)64,908円M38,988円
iPhone SE(128GB)64,908円L38,988円
iPhone 6s(32GB)59,724円S46,764円
iPhone 6s(32GB)59,724円M33,804円
iPhone 6s(32GB)59,724円L33,804円
iPhone 6s(128GB)72,684円S59,724円
iPhone 6s(128GB)72,684円M46,764円
iPhone 6s(128GB)72,684円L46,764円

こちらがiphone6sの発売から1年が経過した後の実質負担額です。値下げされており、在庫処分体制ということになります。

端末名端末代金プラン実質価格
iPhone SE(32GB)44,172円S10,476円
iPhone SE(32GB)44,172円M10,476円
iPhone SE(32GB)44,172円L10,476円
iPhone 6s(32GB)59,724円S26,028円
iPhone 6s(32GB)59,724円M13,068円
iPhone 6s(32GB)59,724円L13,068円
iPhone 6s(128GB)72,684円S38,988円
iPhone 6s(128GB)72,684円M26,028円
iPhone 6s(128GB)72,684円L26,028円

UQモバイルでは、2年遅れでiphoneを発売しています。このサイクルが永遠と続いていくでしょう。

【キャッシュバックキャンペーン】UQモバイルでiPhone7のキャッシュバックは?

UQモバイルでiPhone7のキャッシュバックは公式とBIGLOBEで対象となるでしょう。Sプランが10000円、Mプランが11000円、Lプランが13000円キャッシュバックされます。

ただし、初期費用が有料です。初期費用無料にしたい場合は、iphone7をオークションで購入し、正規代理店のSIMのみ契約すれば初期費用無料です。

UQモバイル正規代理店では、SIMのみ契約の場合、「おしゃべりプランS」「ぴったりプランS」が10,000円、「おしゃべりプランM/L」「ぴったりプランM/L」が13,000円現金キャッシュバックされます。

これは、公式サイトの限定キャッシュバックよりもMプランは2000円も高くなっております。

更に、「SIMのみS・M・Lプラン」の初期費用が無料です。UQモバイルを契約する際に、「SIMカード発行手数料3240円」「代引き手数料324円」などの初期費用が掛かりますが、正規代理店で契約した場合、初期費用が無料となりますので初月の出費がありません。

UQモバイルでiPhone7を購入するよりもiPhoneX・XS・XS Max・XRなどの最新機種を購入した方が良いです。

iphone7は2年落ちモデルとなる為、性能面ではiPhoneX・XS・XS Max・XRからすれば劣ります。それでも、iPhoneX・XS・XS Max・XRはiphone7の3倍以上の値段となりますので、高くて購入できないという方もいるでしょう。

しかし、iPhoneX・XS・XS Max・XRは3万円値引きができます。これは、UQモバイルの端末セットは3万円する機種が「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」を契約することで2年間使うことを条件として108円となります。

UQモバイルの108円Android端末はマルチSIM(nano)です。例えばP20 liteの動作確認をするとマルチSIM(nano)になっております。

UQモバイルのAndroid端末を108円で購入し、マルチSIM(nano)はiPhoneX・XS・XS Max・XRに差し込み、残ったAndroid端末はオークションで転売することで2万円の利益が得られます。

またキャッシュバックが10000円以上貰えますので、合計3万円をUQモバイルから貰える計算となります。この3万円をiPhoneX・XS・XS Max・XRの最新機種購入代金に割り当てすれば、安く購入が可能です。

それでもiphone7をマンスリー割で購入できる安い代金にはなりませんが、それなりの値引きは可能です。古いiphone7を使うより、もう少しお金を出してiPhoneX・XS・XS Max・XRを使う方が利便性は高くなります。

【キャッシュバックキャンペーン】UQモバイルでiPhone7を使う場合の月額料金

UQモバイルでiPhone7を使う場合、「iphone7端末代金」と「月額料金」を毎月支払います。

UQモバイルの各プランの月額料金は以下の通りです。

プラン月額料金データ容量
データ高速プラン980円3GB
データ高速+音声通話プラン1,680円3GB
データ無制限プラン1,980円無制限
データ無制限+音声通話プラン2,680円無制限
おしゃべりプランS2,980円(1年間は1,980円)2GB/月(2年間は3GB/月)
おしゃべりプランM3,980円(1年間は2,980円)6GB/月(2年間は9GB/月)
おしゃべりプランL5,980円(1年間は4,980円)14GB/月(2年間は21GB/月)
ぴったりプランS2,980円(1年間は1,980円)2GB/月(2年間は3GB/月)
ぴったりプランM3,980円(1年間は2,980円)6GB/月(2年間は9GB/月)
ぴったりプランL5,980円(1年間は4,980円)14GB/月(2年間は21GB/月)

おしゃべりプラン」は5分以内何度でも通話無料、「ぴったりプラン」はSプランが60分無料通話、Mプランが120分無料通話、Lプランが180分無料通話がついています。

データ高速プラン」「データ無制限プラン」は無料通話が付きませんので、通話した分だけ30秒20円で支払いとなります。

【キャッシュバックキャンペーン】UQモバイルでiPhone7を使う場合の月額料金を下げる方法は?

UQモバイルでiPhone7を使う場合の月額料金を下げる方法として「UQ家族割」があります。UQモバイルでは「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」が家族割対象となります。家族2名様以上から家族割が適用され、家族のうち1人だけ主回線となり、あとは9回線まで全て副回線となります。

UQモバイルでは副回線が毎月500円割引となります。Sプランであれば1年目は月額1980円です。そこに家族割500円割引が入ると毎月1480円まで値下げすることができます。

【キャッシュバックキャンペーン】「iphone7」APN構成プロファイルとは?

UQモバイルでiphone7を利用するには、プロファイルをインストールする必要があります。

APN構成プロファイル」とは、iPhoneやiPadといったiOS機器で、携帯電話回線によるモバイルデータ通信を行うための設定ファイルです。

iOSには、XML形式のファイルを読み込んで、機能制限やWi-Fi、VPN、電子メール関連などを設定できる「構成プロファイル」という仕組みが用意されています。法人で多くのiOS端末を導入する際には、構成プロファイルを使うことで、まとめて設定作業を進められます。

構成プロファイル用のファイルの中でも、モバイルデータ通信で、接続窓口である「APN」を設定するためのプロファイルを「APN構成プロファイル」と呼んでいます。「APN」 とは「Access Point Name」の略称です。

日本国内で携帯電話事業者から販売されているiPhoneでは、APN情報を設定画面から操作できないようになっています。APNに関する情報を変更するには、APN構成プロファイルを読み込ませるという方法が主要な手段になります。

とはいえ、NTTドコモやau、ソフトバンクが販売するiPhoneを、各社の回線のままで利用する場合、APN構成プロファイルを扱うことはまずありません。

iPhoneユーザーがAPN構成プロファイルを意識する必要があるのは、ドコモやau、ソフトバンク以外の回線を利用する場合です。

キャリア意外となるUQモバイルで販売されているSIMカードを使う場合には、UQモバイルのサポートサイトなどで配布されているAPN構成プロファイルをインストールする必要があります。

MVNOのAPN情報は初期状態のiPhoneには入っていませんから、この構成プロファイルを使って設定を行う必要があるわけです。

iPhone/iPadの構成プロファイルは「電子メール」「Webサイト」「Apple ConfiguratorとMac経由」「Wi-FiなどからOver-the-Air構成を利用」「無線接続でMobile Device Management Serverを利用」といった手段で、配付できます。国内のMVNO事業者であるUQモバイルなどはWebサイト上で配布するのが一般的です。

【キャッシュバックキャンペーン】UQモバイルiphone7プロファイル設定方法

  • プロファイルのインストールはインターネット経由でおこないます。Wi-Fiなどに接続してからおこなってください
  • ご利用される端末から、ブラウザ(safari)で以下のURLにアクセスしてください。
    http://www.uqwimax.jp/support/mobile/guide/apn/UQmobile_2.0.mobileconfig
  • プロファイルをインストールする画面が開きますので、「インストール」をタップしてください。

    ※警告画面が開きます、「インストール」をタップしてください。

  • パスコードが設定されている場合、パスコードの入力が必要となります。お手持ちの端末で設定しているパスコードをご入力ください。
  • インストール完了の画面が開きましたら、「完了」をタップして画面を閉じてください。

【キャッシュバックキャンペーン】UQモバイル各キャリアのiphone7はSIMロック解除が必要?

UQモバイルはau系格安SIMでありますので、殆どの端末がSIMロック解除が不要です。しかし、「iPhone 7 Plus」「iPhone 7」に関してはSIMロック解除が必要です。

ドコモ版、ソフトバンク版「iPhone 7 Plus」「iPhone 7」に関しては通信方式が違う為、当然にSIMロック解除が必要です。

SIMロック解除は各キャリアのマイページからできます。店舗で行うと3000円の手数料が掛かりますが、マイページからSIMロック解除を行うと無料でできます。

ドコモのMy docomoから自分でオンラインで解除する方法

  • My docomoにアクセスし、メニューを開きます。
  • メニューの中から[サービス一覧]を選択します。
  • SIMロック解除の手続きページを開く
  • 「My docomoサービス一覧」の下に、ものすごい数の項目が並んでいます。この中から[SIMロック解除]の項目を探し出し、その横の[パソコン]をタップします。

    「パソコン」と表示があるものの、スマホからでもアクセス可能です。

  • [サービス一覧]を選択する
  • ログイン画面が表示されます。4桁の[ネットワーク暗証番号]を入力し、[暗証番号確認]をタップします。

  • 必要事項を入力する
  • パスワードを入力する画面が表示されます。

    必要事項を入力する
    [SIMロック解除を行う機種の製造番号(IMEI)]を入力して、[SIMロック解除を申込む]にチェックが入っているのを確認します。[SIMロック解除の注意事項]をクリックしたうえで、[SIMロック解除の注意事項に同意する]にチェック。[受付確認メールの送信先]を選択して、最後に[次へ]をクリックします。

  • 手続き内容を確認する
  • 手続き内容の確認画面が表示されます。問題なければ、[手続きを完了する]をクリックしてください。

製造番号(IMEI)の確認方法

製造番号(IMEI)はiOS端末の[設定] > [一般] > [情報]画面で確認できます。

「IMEI」の項目を長押しすればコピーが可能です。iPhone XS / XS Max、iPhone XRの場合、デュアルSIMに対応しているため「主回線」と「SIM 2」の項目にそれぞれのIMEIがありますが、SIMロック解除に必要なのは主回線の方です。

また、iPhoneから「*#06#」に電話をかけることでも、IMEIを確認できます。

ソフトバンクのMy softbankから自分でオンラインで解除する方法

  • My Softbankにログイン後、 メニューの中から【契約・オプション管理】をタップします。
  • 画面を下にスクロールして、「関連メニュー」の中から【SIMロック解除手続き】をタップします。
  • 画面を下にスクロールしていくと、「製造番号(IMEI番号)の入力」の項目があるので、SIMロック解除をする端末のIMEI番号を入力して、【次へ】をタップします。
  • IMEI番号はiOS端末の【設定】>【一般】>【情報】画面で確認できます。長押しするとコピーできます。

  • 確認画面が表示されます。問題なければ【解除手続きする】をタップしてください。
  • UQモバイルのSIMカードを挿入すると、「アクティベーションが必要です」が表示されるので【了解】をタップして、ホームボタンを押します。
  • 「アップデートが完了しました」と表示されたら、[続ける]をタップ。アクティベートが始まります。
  • Apple IDとパスワードを入力して、【次へ】をタップします。
  • アクティベートが完了すると、ホーム画面に切り替わりSIMロック解除が完了します。

auのマイページから自分でオンラインで解除する方法

  • au公式サイトのSIMロック解除のお手続きにアクセスします。画面を下にスクロールして、[SIMロック解除のお手続き(My Au)]をタップします。
  • ログイン画面が表示される場合は、[au IDとパスワードを入力してログインする]をタップします。
  • 4桁の暗証番号を入力して、[次へ]をタップします。
  • 「SIMロック解除のお手続き」が表示されます。当ページで「購入日」「機種名」「IMEI/MEID(端末製造番号)」そして「SIMロック解除可否」を確認できます。

    SIMロック解除が可能な場合、[1]の横にチェックを入れて、ページ下の[次へ]をタップします。

  • 確認ページが表示されます。問題なければ、[解除の理由]を選択して、[この内容で申し込む]をタップします。
  • UQモバイルのSIMカードを挿入すると、「アクティベーションが必要です」が表示されるので【了解】をタップして、ホームボタンを押します。
  • 「アップデートが完了しました」と表示されたら、[続ける]をタップ。アクティベートが始まります。
  • Apple IDとパスワードを入力して、【次へ】をタップします。
  • アクティベートが完了すると、ホーム画面に切り替わりSIMロック解除が完了します。

【キャッシュバックキャンペーン】UQモバイルで使うiPhone7・7Plusの入手方法

UQモバイルで販売されているiPhone7・7Plusを購入する

UQモバイルで販売されているiPhone7・7Plusを購入するメリットとして、マンスリー割による端末割引があります。

UQで販売される端末本体代金からマンスリー割引を差し引くと、UQコミュニケーションズが以下の通り負担していることになります。

端末名プランUQモバイル負担額
iPhone SE(32GB)S28512円
iPhone SE(32GB)M28512円
iPhone SE(32GB)L28512円
iPhone SE(128GB)S25920円
iPhone SE(128GB)M25920円
iPhone SE(128GB)L25920円
iPhone 6s(32GB)S12960円
iPhone 6s(32GB)M25920円
iPhone 6s(32GB)L25920円
iPhone 6s(128GB)S12960円
iPhone 6s(128GB)M25920円
iPhone 6s(128GB)L25920円

マンスリー割は、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」限定です。最低利用期間が2年間となっており、2年以内に乗り換え解約したい場合は向きません。

データ高速プラン」「データ無制限プラン」はマンスリー割がありませんので、端末代金は全額負担となります。

ただ、SIMのみ契約でもiphone7とSIMカードの端末セットでもキャッシュバック額は変わりありませんので、キャッシュバックのメリットはありません。

UQモバイルでiphone7を購入するメリットはマンスリー割によって安く端末が購入できる点だけです。

アップルストアで購入する

UQモバイルで安く購入できるiphone7は、最低利用期間が2年間です。その為、2年間は使いたくない場合、applestoreで購入が可能です。オークションと違い正式なアップル社が販売していますので、不着トラブルや製品への傷の心配がありません。

iphone7 は32GBが50,800円、128GBは61,800円です。

iPhone 7 Plusは32GBが64,800、128GBが75,800円です。

オークションで購入する

オークションで、「ドコモ版」「ソフトバンク版」「au版」iphone7を購入する場合、必ずSIMロック解除端末を購入して下さい。

SIMロック解除と明記されていないiphone7はSIMロック解除されていませんのでUQモバイルで使えません。

オークションの最大の利点は、安く購入できる点です。個人出品者が早く売りたいがゆえに相場より安い価格で出品しているケースがあります。この場合、早い者勝ちですが、こまめに「iphone7 SIMロック解除」をメルカリやヤフオクなどで検索していると掘り出しものが出てきます。

【キャッシュバックキャンペーン】UQモバイルでキャリアのiphone7を使う場合の注意点

LINEのID検索ができない

UQモバイルではLINEの年齢認証ができませんので、ID検索もできないです。友達追加は、QRコードとか、ふるふるを利用しましょう。

年齢認証とID検索ができる携帯会社は、ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイル限定です。それ以外の携帯会社は年齢認証やID検索ができません。

しかし、UQモバイルで年齢認証やID検索する方法があります。ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからUQモバイルに乗り換える前に年齢認証を済ませておくことです。

ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルのSIMカードが挿さっている状態で、年齢認証を済ませておくことでUQモバイルのSIMカードを挿し込んだら年齢認証済みとなっています。

キャリアで年齢認証すると、UQモバイルで再認証はしなくてパスできます。そうするとUQモバイルでID検索できます。ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルから乗り換えてしまった後では年齢認証ができなくなりますので、必ず乗り換え前に実施しておきましょう。

回線切替時間は全く掛からない

他社からUQモバイルiphone7に乗り換える場合、回線切替に時間が掛かりスマホが使えない空白時間ができてしまうのではないかと懸念する人がいますが、UQモバイルの回線切替時間は全く掛からず一瞬で切替が可能です。

他社からUQモバイルiphone7への回線切り替え手順

  • my UQ moboileへ移動します
  • my UQ moboileはこちら

  • my UQ moboileでIDとパスワードを入力します。
  • 暗証番号・新規ID・新規パスワードを入力
  • 同意する
  • 登録する
  • 新規ID登録完了
  • メールでお知らせが届く
  • my UQ moboileへ移動して作成したIDとパスワードでログイン
  • my UQ moboileはこちら

  • お申込み一覧にある「回線切替」を押す
  • 実行で回線切替となります。
  • 回線切替完了
  • 回線切替完了メールが届く
  • 再びmy UQ moboileを確認すると乗り換えが完了となっております。