UQモバイルキャンペーンキャッシュバック情報

sumasere

イチキュッパ割1000円割引は13ヵ月間のみです。14ヵ月目以降は月額料金が1000円値上げします。

katiiro

UQモバイル正規代理店では初期費用3240円を無料にしていますので、少しでもお得に契約したい方は、正規代理店をおすすめします。
⇒UQモバイルキャッシュバック情報はこちら

参考:UQモバイルキャンペーン

参考:UQモバイルキャッシュバック

UQモバイルのスマトク割とは?

 プランSプランMプランL
月額料金3980円4980円6980円
スマトク割-1000円-1000円-1000円
イチキュッパ割-1000円-1000円-1000円
スマトク割とイチキュッパ割適用後の月額料金1980円2980円4980円
14ヵ月目以降にスマトク割のみとなった月額料金2980円3980円5980円

スマトク割とは、ぴったりプランS/M/L、おしゃべりプランS/M/L(双方VoLTE用プラン含む)をご契約いただいた場合、課金開始月から起算して25ケ月間、基本使用料から毎月1,000円を割り引きになる制度です。

プランSの基本使用料は月額3980円です。そこからスマトク割1000円割引とイチキュッパ割1000円割引で1年目は月額1980円となります。

イチキュッパ割は1年目のみで終了となります。2年目以降はスマトク割1000円割引のみが残りますので、月額2980円となります。スマトク割自体は2年間で終了ですが、3年目以降は長期割引に名前を変えて1000円割引は継続します。

sumasere

スマトク割は、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」限定の割引サービスです。スマトク割で毎月1000円割引されて安くなるようにみえますが、元々の基本使用料が高いので、実際はスマトク割で引いた月額料金が真の姿です。スマトク割は格好に過ぎません。

mamedenkyu

このスマトク割ですが、何の手続きもなく割引が適用されます。

UQモバイル以下4つのプランに関しては、スマトク割は対象外となります。

プラン月額料金データ容量スマトク割
(25ヶ月間)
イチキュッパ割
(13ヶ月間)
データ高速プラン980円3GB適用なし適用なし
データ高速+音声通話プラン1,680円3GB適用なし適用なし
データ無制限プラン1,980円無制限適用なし適用なし
データ無制限+音声通話プラン2,680円無制限適用なし適用なし
おしゃべりプランS2,980円(1年間は1,980円)2年間は増量オプション後のデータ容量3GB 
3年目以降は2GB
適用あり
-1,000円
適用あり
-1,000円
おしゃべりプランM3,980円(1年間は2,980円)2年間は増量オプション後のデータ容量9GB 
3年目以降は6GB
適用あり
-1,000円
適用あり
-1,000円
おしゃべりプランL5,980円(1年間は4,980円)2年間は増量オプション後のデータ容量21GB 
3年目以降は14GB
適用あり
-1,000円
適用あり
-1,000円
ぴったりプランS2,980円(1年間は1,980円)2年間は増量オプション後のデータ容量3GB 
3年目以降は2GB
適用あり
-1,000円
適用あり
-1,000円
ぴったりプランM3,980円(1年間は2,980円)2年間は増量オプション後のデータ容量9GB 
3年目以降は6GB
適用あり
-1,000円
適用あり
-1,000円
ぴったりプランL5,980円(1年間は4,980円)2年間は増量オプション後のデータ容量21GB 
3年目以降は14GB
適用あり
-1,000円
適用あり
-1,000円

スマトク割は自動で割引?

スマトク割は、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」を契約した全員が毎月1000円割引となります。何の手続きも不要で毎月1000円が割引されます。

スマトク割自体は最初の25ヵ月間で終了ですが、26ヵ月目以降は長期割に名前を変えて毎月1000円割引は継続しますので、毎月1000円割引自体は一生涯継続するようになっております。

mamedenkyu

スマトク割の毎月1000円割引が一生涯継続するとお得のようにみえますが、実際は毎月1000円割引した料金こそが本当の姿ですので、特にお得ということはありません。

スマトク割の他の割引となるイチキュッパ割引とは?

 イチキュッパ割スマトク割長期割引割引合計
13ヶ月目まで1,000円割引1,000円割引2,000円割引
25ヶ月目まで1,000円割引1,000円割引
26か月目以降1,000円割引1,000円割引

新規契約またはMNPで「ぴったりプラン」「おしゃべりプラン」にご加入いただいたお客様を対象に、ご利用開始月から13ヶ月間、基本料金を1,000円割引するのが「イチキュッパ割」です。

スマトク割1,000円と併用して割引を受けられますので、「イチキュッパ割」が適用できる利用開始から13ヶ月間は、スマトク割1,000円とイチキュッパ割1,000円で2,000円の割引がされます。

「おしゃべりプランS」が月額基本料金3,980円ですが、スマトク割1,000円とイチキュッパ割1,000円で月額1,980円になります。13ヶ月以降~25ヶ月まではスマトク割1,000円のみとなるので、月額2,980円になります。

odoroku

イチキュッパ割自体は13ヵ月間で終了となります。家族割でSプラン月額1480円なんてCMもありましたが、これは最初の13ヵ月間のみです。UQモバイルは安いイメージを持たせようとしていますが、実際は14ヵ月目からは家族割を含めてもSプラン月額2480円となります。

イチキュッパ割が13ヵ月で終了となるのでUQモバイルは長期利用は得策ではない

UQモバイルのイチキュッパ割というのは、UQモバイルを新規契約するお客様へ向けた特典です。最初の13ヵ月間は、スマトク割1000円割引の他にイチキュッパ割で更に1000円割引されるので、Sプランは月額1980円、Mプランは月額2980円、Lプランは月額4980円で安く利用できます。

しかし、13ヵ月間でイチキュッパ割は終了となるので、更新月の26ヵ月目以降もUQモバイルを継続しても、毎月1000円割引となる長期割しかないので、割高な料金です。

従って、更新月以降もUQモバイルを継続するメリットがありません。

mamedenkyu

イチキュッパ割は、「UQモバイルは安い」という先入観を持たせるための戦略に過ぎません。契約して13ヵ月間が経過したら、1000円値上げされるので、けっして安いとは言えない料金となります。

スマトク割終了後の長期割引とは?

ぴったりプランS/M/L、おしゃべりプランS/M/L(双方VoLTE用プラン含む)は、課金開始月から起算して25ヶ月間、基本使用料からスマトク割で1,000円を割り引きになりますが、26ヵ月目以降は「スマトク割」から「長期割引」と名前を変えて、1,000円の割引は継続されます。

ぴったりプランS/M/L、おしゃべりプランS/M/L(双方VoLTE用プラン含む)をご契約で26ヶ月目以降も継続する場合、長期利用割引として月額基本料から1,000円を割り引くサービスです。

長期利用割引の対象者は、ぴったりプランS/M/L、おしゃべりプランS/M/L(双方VoLTE用プラン含む)をご契約で、料金プランの更新月(26ヶ月目)に解約のお申し出がない場合に自動で適用になります。

3年目以降は「長期利用割引」の適用により、ずっと1,000円割引が受けられます。4年目も5年目も永遠とUQモバイルの割引制度が変わらない限り、1,000円割引は継続します。

katiiro

スマトク割1000円割引は3年目以降は名前を変えて一生涯継続します。スマトク割が継続しても、イチキュッパ割が13ヵ月間しかないから3年目以降も継続利用するのはお得とは言えません。

  • ぴったりプランS、おしゃべりプランSご契約の場合:長期割引後2,980円
  • ぴったりプランM、おしゃべりプランMご契約の場合:長期割引後3,980円
  • ぴったりプランL、おしゃべりプランLご契約の場合:長期割引後5,980円

長期割引で1000円割引が継続しても26ヵ月目以降は増量オプション料が有料

UQモバイルの増量オプションは契約時に加入することで25ヵ月間は無料となります。しかし、26ヵ月目以降は増量オプション料500円が毎月掛かります。

そうすると、長期割のみとなった月額料金は、Sプラン月額2980円、Mプラン月額3980円、Lプラン月額5980円です。そこに増量オプション料500円を加算すると、Sプラン月額3480円、Mプラン月額4480円、Lプラン月額6480円と割高となります。

かといって、増量オプションを解約すると、Sプラン2GB、Mプラン6GB、Lプラン14GBと、1/3のデータ容量が少なくなります。

mamedenkyu

UQモバイルの3年目以降の料金は悲惨なもので、イチキュッパ割1000円もない、増量オプションが有料になるなどにより、契約直後の13ヵ月間と比較すると実に毎月1500円も高く料金を支払うことになります。

スマトク割の対象にならないのは?

KDDI株式会社及び沖縄セルラー電話株式会社のauサービス並びにauネットワークを利用したMVNOサービスからのMNP転入時にはスマトク割を適用されませんでしたが、2017年3月1日以降からは適用されるとともに「増量オプション2年間無料キャンペーン」の対象となります。

昔のUQモバイルホームページにはau対象外と書かれています。

キャリアのau、mineo(auプラン)、IIJmio(タイプA)、Fiimo(フィーモ)などはUQモバイルのスマトク割を適用できます。

UQモバイルは公式で、「 au の携帯電話サービス又は au の携帯電話回線を利用した MVNO サービスからMNP を利用して UQ mobile 通信サービスへ転入いただくこと。」をスマトク割の対象にしていることを明言しています。

ただし、au(au系のMVNO含む)が「スマトク割、「増量オプション無料キャンペーン」の適用となるのはキャンペーン期間中とのことでキャンペーンが終了すると適用されなくなります。

キャンペーン終了時期については、UQモバイルの公式ホームページでお知らせがありますが、終了の予定は全くありません。

komari

2017年3月以前にauやau系格安SIMからUQモバイルに乗り換えたお客様は、スマトク割やイチキュッパ割が適用されず、Sプランは月額3980円と割高なものでした。現在は、ドコモ系の格安SIMへユーザーが流れるのを危惧してauからの乗り換えを優遇するようになりました。

mamedenkyu

KDDIとしてみれば、同じグループ会社のUQモバイルにネットワーク貸出料で利益を得ることができるので、同じグループ内にとどまってくれた方が都合は良いですね。