UQモバイル正規代理店リンクライフのキャッシュバックは最高額

現在、UQモバイルのネット契約や店舗契約など、いたるところでキャッシュバックキャンペーンを実施しておりますが、その中で断トツのキャッシュバック額を誇るのが正規代理店です。

代理店が最高額の理由として、一例申し上げますと、SIMのみMプラン13000円キャッシュバックです。公式やBIGLOBEなどはSIMのみMプランで11000円しかキャッシュバックされません。

実に2000円以上も多いキャッシュバック額です。店舗契約においても、SIMのみMプランで13000円貰えるところはありませんので、代理店リンクライフ社のキャッシュバックは最高額です。

UQモバイル正規代理店リンクライフのキャッシュバックはなぜ最高額にできる?

代理店というと、「信用がない」「大丈夫かな?」「本当にキャッシュバックが貰えるか不安?」など、躊躇してしまう面があるでしょう。

会社としてのブランドは公式の方が上であり、代理店リンクライフ社は一般人にとっては無名の企業です。そこでリンクライフ社としては、公式よりも還元率で劣らすためにはいきませんので、公式よりも高いキャッシュバック額を出すプランを3つ用意しています。

更には、公式は初期費用が有料ですが、代理店は初期費用無料です。キャッシュバック額も高い、初期費用も無料ともなれば金銭的メリットは代理店優勢となります。

その金銭的メリットが会社としてのブランド価値の比重を超えたときにはじめて「代理店で契約してみようかな?」という心理になります。

ということで、代理店は公式に還元率で負けるわけにはいかないのです。還元率が勝ることで、会社のブランド価値がない分を大いにカバーすることができます。

UQモバイル正規代理店リンクライフのキャッシュバック最高額は「Broad WiMAX」の契約獲得も狙っている

UQモバイル正規代理店リンクライフがキャッシュバック最高額にして契約獲得を増やすことで、「Broad WiMAX」のアプローチを沢山できるようになります。

正規代理店で契約したからといって、「Broad WiMAX」のパンフレットが郵送されたり、電話勧誘があるなんてことは一切ありませんが、UQモバイルの審査完了後のメールでの配送連絡時に下の方に「Broad WiMAX」も同時契約で12000円追加でキャッシュバックとあります。

「Broad WiMAX」を契約するしないは個人の自由なので強要されることはありませんが、正規代理店で契約した全ての人に、こうした「Broad WiMAX」のさりげないアプローチができるわけです。

ということは、「Broad WiMAX」を注目させ、UQモバイルユーザーから「Broad WiMAX」の新規開拓ができることになります。

「Broad WiMAX」乗り換え違約金は19000円までリンクライフ社が負担してくれるので、UQモバイルを契約した時期を機会に「乗り換えてみようかな?」という気持ちにさせるわけです。

UQモバイルの高額キャッシュバックを餌にして、「Broad WiMAX」の契約につなげていくリンクライフ社の経営は巧みです。

それでも、「Broad WiMAX」を必ず契約する必要もないし、「Broad WiMAX」の契約催促がリンクライフ社からあるわけでもありません。

UQモバイルしか契約しない人にとっては、「Broad WiMAX」を契約してくれる人がいるからこそ、高額還元してもらえるので有難い話です。

UQモバイル正規代理店リンクライフのキャッシュバックは最高額の代わりとして受け取りは遅い

UQモバイル正規代理店リンクライフのキャッシュバックは最高額の代わりとして、受け取り時期が7ヵ月後末日と公式やBIGLOBEの3ヵ月後末日に比べて4ヵ月も後になっております。

これでは、遅すぎて貰い損ねてしまうのではないか?と言われていますが、実際は公式より4ヵ月遅かろうが関係ありません。公式だって3ヵ月後の末日で実に4ヵ月間もの期間を空けてメールが届くので忘れている人は忘れてます。

要は、貰える時期のアラート設定であったり、メールをきちんと確認する癖だったりが重要になってきます。

リンクライフ社の受け取り時期が異常に遅く感じるかもしれませんが、この通信業界では遅く貰えるのが当たり前になってきています。

WiMAXではGMOやBIGLOBEなど大手企業が受け取り1年後にしています。リンクライフ社もWiMAXを販売する企業なので、このWiMAXのキャッシュバック受け取り時期に標準を合わせてきたという感じです。

どうしてもUQモバイル正規代理店リンクライフのキャッシュバックはUQモバイルだけでなく「Broad WiMAX」のキャッシュバックも兼ねていますので、WiMAX業界の受け取り時期に合わせざるを得ない側面があります。

貰い損ねることを狙っているという見方もできるかもしれませんが、今やWiMAXのプロバイダはどこも1年先の受け取りになっていますので、特別リンクライフ社だけが悪でもないのです。

貰える時期が云々よりも、還元率が良いかを重視した方が得策です。キャッシュバックは遅かれ早かれどちらにせよ貰えます。少しくらい待ってでもお得なリンクライフ社の方が良いに決まっています。

公式の方が最速で貰える魅力はありますが、それはそれで初期費用が最低でもSIMカード発行手数料3240円掛かりますし、代引きを選択なら324円の代引き手数料がかかります。これらの初期費用は初月引き落としなので、結局のところ早く貰えても最初の出費が痛いのです。

そう考えると、初期費用無料の代理店で契約して最初の出費を0円に抑えて、キャッシュバックは公式よりも高いし少し気長に待っても良いと思います。

UQモバイル代理店キャンペーンは人気あるの?

UQモバイル代理店を批判するサイトが多くて不安という方も少なくないでしょう。あれは、素人には分かりにくくて信じ込みやすいですが、批判しているのはほぼ公式限定キャッシュバックを扱う公式認定サイトです。

公式認定サイトは公式のキャッシュバックを自分のサイトで紹介し契約獲得をすることで、成績を上げています。その為、代理店で契約されては困るわけです。

その為、代理店にお客様を奪われないようにするために、Twitterの悪評を掲載しています。その悪評は全て「Broad WiMAX」に対する不満でありUQモバイルの契約において何の関係もありません。

「Broad WiMAX」を契約するなら確かに不安かもしれませんが、代理店でUQモバイルを契約しても、公式で顧客管理されるので公式のお客様となります。

リンクライフ社はUQモバイルの代理販売に過ぎないので、料金請求も解約も全て受付は公式が担当します。

悪評では、いかにも代理店で契約したらリンクライフ社がUQモバイルの顧客を管理してサポートや解約を受付するかのように錯覚させていますが、実際は公式が取り仕切るのです。

その為、公式紹介サイトは嘘をついてでも代理店の格下げをし、公式を契約させているだけです。

この様な代理店批判サイトがあふれているのは、まさに公式認定サイトが多いからです。ほとんどが代理店の格下げをして強引な公式誘導をしていますね。

あまりにも代理店批判サイトが多いもので、もしかしたら「代理店は誰も契約していないのではないか?」と錯覚してしまうでしょう。でも、実際は還元率高いので滅茶苦茶契約するひとはたくさんいて人気があります。

契約獲得件数などが表立って見えてこないので伝わらないのかもしれませんが本当に代理店から契約する人は多いので、上辺だけで判断しない方が良いです。