auからUQモバイル乗り換えに掛かるSIMカード発行手数料・MNP転出料・違約金

契約方法更新月以外更新月
乗り換え15500円6000円
新規契約12500円3000円

UQモバイル契約で絶対に掛かるSIMカード発行手数料

auからUQモバイルに乗り換える際に掛かるのがSIMカード発行手数料3000円です。これは、新規契約でも乗り換え契約でも掛かります。

ただ、正規代理店のキャンペーンで契約した場合はSIMカード発行手数料3000円が無料になります。SIMカード発行手数料が無料になってキャッシュバックまで貰えるのは正規代理店だけです。

乗り換えで絶対に掛かるMNP転出料

auから番号そのままで乗り換える際に絶対に掛かるのがMNP転出料3000円です。

乗り換えで転出料が発生しますので、新規契約に比べて3000円余計にかかります。

au解約で発生する違約金

au解約で発生する違約金9500円は更新月は無料ですが、更新月以外は9500円掛かります。

UQモバイルでは乗り換えで発生する違約金負担キャンペーンを実施していませんので、なるばく更新月での乗り換えが堅いです。

ただ、更新月まで1年以上ある場合は料金の安さで違約金の元は取れますので、違約金を払ってまで乗り換える価値はあります。

auからUQモバイル乗り換えに掛かる際に掛かる端末代金の残債

auからUQモバイルに乗り換える際に、まだ支払い終わっていない端末代金の残債がある場合は、分割または一括で支払うことになります。

auで購入した端末は2年間で支払い終わるので、既に端末購入後2年間経過しているのであれば端末代の残債はありません。

2年以内の解約の場合は違約金の他に端末代の残債もあるので負担が大きくなります。

auからUQモバイル乗り換えの違約金を0円にする裏技

auから乗り換える際に更新月以外は違約金9500円が100%掛かります。

この9500円を0円にする方法は1つしかありません。それは正規代理店のキャンペーンを利用して契約することです。

正規代理店のキャンペーンでは、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」契約で最低でも10000円キャッシュバックされます。これだけでも違約金を0円にできますが、更にSIMカード発行手数料3240円も無料になりますので、違約金も0円にしながら初期費用の手数料まで無料で乗り換えが可能です。

結局のところ、裏技ではなく高額キャッシュバックを利用した相殺で0円にするわけですが、初期費用無料なのは代理店だけであり、還元率は1番良いです。

乗り換えに掛かる費用をとにかく抑えたいなら代理店での契約が一番堅いと言えるでしょう。

auからUQモバイル乗り換えの違約金を0円にする申し込み方法

正規代理店のキャッシュバックは検索結果からでも発見は可能ですが、「初期費用が有料」だったり「SIMのみのキャッシュバック額が少ない」など、同じ代理店でも条件が異なりますので、当サイトの「限定キャッシュバックページ」から申し込みしていただければ最高額でキャッシュバックが貰えます。

auからUQモバイル乗り換えの違約金を0円にするまでの流れ

  • 「限定キャッシュバックページ」から申し込む
  • 契約時に普段使っているメールアドレスを入力
  • 開通月を含めない7ヵ月後の末日に口座登録案内メールが届く
  • 25日以内に銀行口座番号を登録する

申し込みの際に「限定キャッシュバックページ」を利用し、契約から7ヵ月先に口座登録をするだけで口座にキャッシュバックが入金されます。

受け取り条件にオプションの加入や付属品の購入などは一切ありません。通常の契約よりも最大で16564円がお得になりますので正規代理店からの申し込みは非常にお得です。

例えば、ビックカメラでUQモバイルを契約した場合、キャッシュバックもなければ、初期費用も有料です。この場合、正規代理店と最大で16564円の差が生じます。

正規代理店のキャンペーン活用で家電量販店よりも高い還元率でお得な契約ができますので、違約金9500円を0円を可能にできます。

auからUQモバイル乗り換えの違約金を0円にする為の注意点

  • 「限定キャッシュバックページ」以外からの申し込みは対象外
  • キャッシュバックの案内メールが届くまでの7ヵ月間は解約、プラン変更、料金の未払い、端末の返品などした場合は対象外
  • 口座登録には期限があります。25日程度の期限を過ぎると無効になります。
  • 銀行口座番号は正確に入力してください。

プラン変更は、キャッシュバック貰った直後には無料で変更が可能です。

auからUQモバイル乗り換えの違約金を0円にできても一度は立て替える期間がある

正規代理店から申し込むことでauからUQモバイル乗り換えの違約金を0円にできますが、違約金の請求が最後の月の利用料に合算されます。

10月に解約した場合、10月の利用料金に違約金が上乗せされて請求されます。

この違約金の支払いは解約の翌月末日となっております。

キャッシュバックが入金されるのは8ヵ月先ですので7ヵ月は待たされることになります。その点はご了承ください。つまり違約金を立て替えておいて7ヵ月先に違約金で払ったお金がキャッシュバックで戻ってくる感じです。

auからの乗り換えで違約金が壁となっている場合、キャッシュバック活用が後押しする

auから料金の安いUQモバイルに乗り換えたいけど、違約金がネックで更新月まで待とうと考えている方も少なくありません。

更新月までの期間が短ければ、それは待ったほうが得策ではありますが、更新月まで長い期間がある場合は、9500円の違約金を支払いキャッシュバックで違約金を0円にし、月々の料金を安くしてしまった方が得策です。

auの料金は高いので毎月の出費は重なると、支払いが膨れ上がります。早めに料金の安いUQモバイルに乗り換えることで、料金節約ができます。

キャッシュバック制度を上手に活用し、乗り換えによる違約金のネックを排除できたら幸いです。