UQモバイルで中古端末を使う場合は動作確認をする

UQモバイルで中古端末を使う場合は、その端末がUQモバイルで利用できるかどうか動作確認端末一覧で確認する必要があります。

UQモバイル動作確認端末一覧に掲載されている端末は動作を保証しますが、掲載されていない端末については動作するか保証がありません。

UQモバイル動作確認はこちら 

UQモバイルで中古端末を使う場合はSIMロック解除が必要か確認する

UQモバイルで中古端末を使う場合、SIMロック解除が必要か確認する必要があります。

UQモバイルはau系格安SIMとなりますので、ドコモ端末とソフトバンク端末は通信網が異なるため、完全にSIMロック解除が必要となります。

au端末はSIMロック解除が必要な端末と不要な端末に分かれます。

もし、SIMロック解除が必要と記載されているのに、SIMロック解除しない端末にUQモバイルのSIMカードを挿し込みしても利用することができません。

UQモバイルで中古端末を使う場合はSIM種別を間違えないようにする

中古端末を持ち込む場合、UQモバイルSIMのみ契約となります。そのSIMのみ契約は、SIMカード種別を下記の3種類から選択する必要があります。

  • LTE用nanoSIM
  • LTE用microSIM
  • VoLTE用マルチSIM(mini/micro/nano)

SIM種別が3タイプに分かれており、SIMカードのサイズが合っていたとしても、端末で動作するとは限りません。SIMカードのサイズが合っているのは勿論のこと、「LTE用」なのか「VoLTE用」なのかを調べておく必要があります。

このように、SIMカードのサイズが合っていて端末にSIMを差し込めたとしても、「LTE用」なのか「VoLTE用」なのかを間違うと動作ができません。

端末がUQモバイルで動作するもので、SIMカードサイズさえ間違わなければ大丈夫だと勘違いしてしまっている方もいますので注意が必要です。

UQモバイルで中古端末を使う場合はネットワーク制限に注意する

ネットワーク利用制限とは、キャリア等で購入したスマホの分割払いが滞ったり代金が支払われなかった場合など一定の条件で、キャリアから通信に制限がかけられてしまい一切の通信ができなくなる状態のことを指します。

端末のネットワーク利用制限の状態は、端末固有の製造番号(IMEI番号)を専用ページで入力することにより調べる事ができます。

ネットワーク利用制限判定結果の○▲×の記号の意味は?

  • 「〇」:端末の代金が完済していて通信可能問題なく使用できる状態
  • 「△」:端末の残債が残っている、問題なく使用できるが将来的に×になる可能性がある状態
  • 「✕」:端末の残債が支払われず、通信の制限がかけられて通信が使用できない状態(通称赤ロム)

UQモバイルで使う中古端末はどこで購入できる?

ムスビー

最新機種も豊富に取り揃えているムスビーは国内No.1です。

これまでの取引実績も40万件以上あるので、なにか問題が起こった際も丁寧に対応をしてくれます。

ムスビーはこちら 

イオシス

2万台を超える豊富な在庫、お得な中古スマホ・白ロムを扱うイオシスです。

イオシスは秋葉原、大阪、名古屋に店舗展開をしており創業20年以上の安心感もあります。iPhoneの在庫は常3,000台を超えていて未使用端末を選ぶことができます。

イオシスはこちら 

UQモバイルで使う中古端末を購入する注意点

中古端末は故障してもメーカー保証がない

中古として販売されているスマホは、メーカー保証期間を既に過ぎてしまっているものが多いため、中古端末本体が故障して修理する場合は保証適用外となるケースが多いです。

また大手キャリアから発売されている機種の場合、たとえメーカー保証期間内であっても、その機種を購入した契約者本人でなければ保証が適用できなかったり、修理ができなかったりします。

修理をしてもらえる場合も、一切の保証が効かずに全額実費となり3万円と高額な費用が掛かります。

バッテリーの減りが早い

中古端末はある程度使い切ってから売りに出す人が多いです。バッテリーの持ちの悪さが目立つようになったため、スマホを下取りや買い取りに出す人も多くいます。

その為、中古端末のバッテリーの持ち時間は短くなっており100%充電しても半日しかバッテリーがもたないなんてこともザラです。

そのため中古スマホは購入した当初から、端末と別に充電用のバッテリーを持ち歩かなければいけなくなるケースも数多くあり荷物になります。

バッテリー交換できる端末であればバッテリーを交換することによって使用できますが、なかにはバッテリー交換できない端末もあります。

水没がないか確認する

中古端末を売った方が過去に水没させた可能性もありますのでチェックしましょう。一度でも水没した端末は、たとえ一時的には使用できても、故障するリスクが高くなります。

この水没というのは端末の外観で判断できないので表面だけでは何も分かりません。中古携帯ショップで販売されている端末は、販売前に店側で動作チェックをしていますが、その動作チェックの項目に水没チェックがあることを確認しましょう。

一般的に、端末の中には水没したことがないかわかるように紙切れ状のものが入っています。水没すると、この紙切れ状のものが変色する仕組みになっています。

購入前に実機を触って確認させてもらえるお店であれば、端末のカバーを開けて水没チェックの色が変わっていないかを確認すると良いです。

UQモバイルの販売端末Android・iphoneはマンスリー割で中古端末より安い

UQモバイル「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」はマンスリー割があり、端末割引があります。2年間の継続利用で最安108円で購入できる端末もあります。

「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」を契約する場合は、SIMのみ契約でも最低利用期間が2年間となっておりますので、端末セットを購入した方が得策です。

端末名端末代金プラン実質価格
HUAWEI P20 lite33,804円S108円
HUAWEI P20 lite33,804円M108円
HUAWEI P20 lite33,804円L108円
DIGNO® W37,692円S108円
DIGNO® W37,692円M108円
DIGNO® W37,692円L108円
DIGNO® Phone29,916円S108円
DIGNO® Phone29,916円M108円
DIGNO® Phone29,916円L108円
DIGNO A26,028円S7884円
DIGNO A26,028円M108円
DIGNO A26,028円L108円
arrows M04 PREMIUM31,212円S108円
arrows M04 PREMIUM31,212円M108円
arrows M04 PREMIUM31,212円L108円
AQUOS sense31,212円S
108円
AQUOS sense31,212円M
108円
AQUOS sense31,212円L
108円
AQUOS sense236,396円S13068円
AQUOS sense236,396円M13068円
AQUOS sense236,396円L13068円
OPPO R17 Neo38,988円S13,068円
OPPO R17 Neo38,988円M13,068円
OPPO R17 Neo38,988円L13,068円
おてがるスマホ0136,828円S21276円
おてがるスマホ0136,828円M21276円
おてがるスマホ0136,828円L21276円
HUAWEI nova lite331,644円S540円
HUAWEI nova lite331,644円M540円
HUAWEI nova lite331,644円L540円
Galaxy A3031,644円S26460円
Galaxy A3031,644円M26460円
Galaxy A3031,644円L26460円
端末名端末代金プラン実質価格
iPhone 6s(32GB)59,724円S10,476円
iPhone 6s(32GB)59,724円M10,476円
iPhone 6s(32GB)59,724円L10,476円
iPhone 6s(128GB)72,684円S23,436円
iPhone 6s(128GB)72,684円M23,436円
iPhone 6s(128GB)72,684円L23,436円
iPhone 7(32GB)67,932円S47,196円
iPhone 7(32GB)67,932円M34,236円
iPhone 7(32GB)67,932円L34,236円
iPhone 7(128GB)80,892円S60,156円
iPhone 7(128GB)80,892円M47,196円
iPhone 7(128GB)80,892円L47,196円

UQモバイル乗り換えau・ソフトバンク・ドコモ