UQモバイル学割キャンペーン2020年最新版|「ファミゼロ学割」と「キャッシュバック」併用方法

UQモバイル「ファミゼロ学割」はキャッシュバックキャンペーンと併用可能です。

現在、ネット上のキャンペーンは「UQコミュニケーションズ株式会社」が主催する「公式限定キャッシュバック」「リンクライフ株式会社」が主催する「代理店限定キャッシュバック」があります。

SIMカード発行手数料3240円の初期費用無料になるのは代理店のみです。代理店は端末セットSプラン以外、初期費用無料です。公式は全プラン初期費用3240円掛かります。

限定サイト(公式)キャッシュバックは、初期費用有料なのでおすすめしません。

特に「SIMのみMプラン」はキャッシュバック額と初期費用で3240円が公式より代理店の方がお得で突き放す形です。これに、「新中高生」の5ヵ月間月額料金無料を組み合わせれば、公式やBIGLOBEなどのネット契約と日本全国の店舗を含めてUQモバイルキャンペーンの中では一番お得な契約ということになります。

こちらの「ファミゼロ学割併用可能な代理店限定ページ」から申し込みで、学生と家族に学割適用と、キャッシュバックが1人1人全員が貰えます。

代理店リンクライフのキャッシュバックは、「学生」「父」「母」の新規(乗り換え)で3回線契約した場合でも、3回線のキャッシュバックが適用されます。ただし、90日以内の契約は1人2回線までですので、父と母はそれぞれ自分のクレジットカード支払いで契約する必要があります。

子供は父が契約者で学生が利用者で契約します。

キャッシュバックは学割を併用したとしても1回線1名様にそれぞれきちんとキャッシュバックがされます。

キャッシュバック対象代理店リンクライフ公式UQコミュニケーションズ
SIMのみSプラン3000円
(初期費用無料)
3000円
SIMのみMプラン3000円
(初期費用無料)
3000円
SIMのみLプラン3000円
(初期費用無料)
3000円
端末セットSプラン3000円3000円
端末セットMプラン3000円
(初期費用無料)
3000円
端末セットLプラン3000円
(初期費用無料)
3000円

UQモバイルキャンペーンUQモバイルキャッシュバック

代理店でキャッシュバックと学割を適用したい場合、ご利用者情報で「契約者と異なる」を選択し、5歳以上18歳以下の子供の情報を入力します。生年月日を入力しますので、学割対象年齢であれば自動適用されます。

  • ご利用者様情報で「契約者と異なる」を選択

  • 契約者本人は、20歳以上の親権者で利用する本人ではありません。ご利用する人は学割を適用したい子供です。

  • 「契約者と異なる」を選択すると、「ご利用者様情報の入力」が出てきます。
  • ご契約者様との関係を選択します。

  • ご契約する人が父や母である場合は親を選択します。

  • 職業を選択します。子供は学生なので学生を選択します。

本人確認アップロード時には、「ご契約者様(親権者)」と「ご利用者(学生)」の2点をアップロードする必要があります。

「ご契約者のご本人さま確認書類」は以下のいずれか1点です。

  • 運転免許書
  • パスポート(日本国旅券)
  • 身体障がい者手帳または療育手帳 または精神障がい者保健福祉手帳
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 健康保険証+補助書類

UQモバイルキャンペーンUQモバイルキャッシュバック

健康保険証だけはその他に1点の補助書類が必要です。

  • 公共料金領収証
  • 住民票
  • 届出避難場所証明書
  • 行政機関発行の領収証

未成年者(ご利用者)のご本人さま確認書類は、健康保険証のみ1点で良いです。ご利用者の場合、補助書類は免除されるので必要ありません。

20歳以上のご契約者様(親権者様)のご利用者としてお申し込みし、ご契約完了でファミゼロ学割が自動適用となります。

この様に、ネット契約で「ファミゼロ学割」を適用する方法はいたってシンプルです。もう一度おさらいしますと、ご利用者ご契約者様以外を選択して学割適用する学生の情報を入力します。

本人確認書類アップロードでは、ご契約者様の運転免許書など1点とご利用者である子供の健康保険証をアップして申し込みすることで、「UQコミュニケーションズ」側が学割を適用してくれます。

店舗の方が「ファミゼロ学割」の適用が店員任せで楽にできそうなイメージですが、初期費用やキャッシュバック額の面では代理店より劣りますので、ネットで申し込みした方が得策です。

UQモバイル正規代理店キャッシュバック「学割」適用で申し込みはこちら

UQモバイル学割キャンペーン2019年!「ファミゼロ学割」が開始

2018年12月1日より、18歳以下の方とそのご家族が、UQ mobileに新規またはMNPで「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」をご契約いただいた場合、月額基本料金が最大3ヶ月無料になる「ファミゼロ学割」がスタートしました。

また、新中高生のお客さまの月額基本料金は、最大5ヶ月間無料となりますので、よりお得にUQ mobileのスマートフォンをお使いいただけます。

さらに、「ファミゼロ学割」のもう一つの特典として、データ容量が最大プラス7GB 、無料音声通話(ぴったりプラン)が最大2倍となる「増量オプション」の月額オプション料(500円/税抜)を、次回の機種変更まで無料とします。

UQモバイル学割キャンペーン2019年!「ファミゼロ学割」の概要

ファミゼロ学割の写真では、永野芽郁さんがセンターです。いつもは深田恭子さんがセンターですが、永野さんが一番若く19歳と学割告知にはぴったりということでセンターに抜擢されています。

こうしてみると深田恭子さんも36歳とは思えない若さです。神様もう少しだけのドラマの頃から20年が経過していますが、制服姿が未だに似合います。

ファミゼロ学割特典①特典②
特典内容月額基本使用料が
最大3ヶ月間無料
(新中高生は最大5ヶ月間無料)
次の機種変更までずーっとデータ増量が無料
対象者申込時の契約者または利用者の年齢が5歳~18歳
申込期間中に新規契約と「UQ家族割」の申込をされた家族
申込時の契約者または利用者の年齢が5歳~18歳
申込期間2018年12月1日~2019年5月31日
対象プランおしゃべりプランS・M・L、ぴったりプランS・M・L

UQモバイルキャンペーンUQモバイルキャッシュバック

UQモバイル学割キャンペーン「ファミゼロ学割」の対象年齢

「ファミゼロ学割」の対象年齢は、18歳以下のユーザー(契約者・利用者)とその家族が新規契約またはMNP契約で「おしゃべりプラン」または「ぴったりプラン」を契約すると、新中高生は最大5カ月間、それ以外のユーザーは最大3カ月間の月額料金を無料とする。

「新中高生」とは、2019年度に新しく「中学生」「高校生」をスタートされる方を指します。2018年4月から2019年3月の卒業まで「小学6年生」「中学3年生」の方です。

2019年3月の卒業で「小学校⇒中学校」「中学校⇒高校」へと進学する学生だけは、月額料金を無料にする期間を5ヵ月間と、5歳以上18歳以下のそれ以外の子供とは差別化を図っています。

2019年度4月から新中学1年生となる方の生年月日

2006年4月2日から2007年4月1日

2019年度4月から新高校1年生となる方の生年月日

2003年4月2日から2004年4月1日

「ファミゼロ学割」が対象となる18歳以下のユーザーとは、お申し込み時点で契約者または利用者が5歳以上18歳以下のお客さまが対象です。18歳以下というと0歳からと言う風に誤解を招く表現ですが、5歳以上からという規定があります。

また、未成年者が契約者となる場合、親権者同意書および親権者の本人確認書類が必要となります。

なお、契約者と親権者の苗字もしくは住所が異なる場合は、続柄を証明する戸籍謄本または続柄記載のある住民票(発行日から3ヶ月以内)が必要です。契約者または利用者が18歳未満の場合、フィルタリングサービスのご利用が必要です。

UQモバイル学割キャンペーン「ファミゼロ学割」の対象年齢の学年別年齢早見表2019年度版

平成30年(2018年)4月~平成31年(2019年)3月と平成31年(2019年)4月~平成32年(2020年)3月の学年別にみた学年・年齢・生年月日早見表です。

「ファミゼロ学割」の対象年齢は、5歳以上18歳以下です。2013年4月2日~2014年4月1日生まれの子供は、2019年3月までの学割は全員が適用できません。この世代で2019年4~5月に誕生日がきて5歳になった後に学割を申し込むことができます。

2000年4月2日~2001年4月1日生まれの学生は、2019年4月~5月に誕生日がきて19歳になると学割適用ができません。

誕生日(生年月日)2018年4月~2019年3月の年齢2018年4月~2019年3月の学年2019年4月~2020年3月の年齢2019年4月~2020年3月の学年
2013年4月2日~2014年4月1日4歳~5歳幼稚園 年中5歳~6歳幼稚園 年長
2012年4月2日~2013年4月1日5歳~6歳幼稚園 年長6歳~7歳小学1年生
2011年4月2日~2012年4月1日6歳~7歳小学1年生7歳~8歳小学2年生
2010年4月2日~2011年4月1日7歳~8歳小学2年生8歳~9歳小学3年生
2009年4月2日~2010年4月1日8歳~9歳小学3年生9歳~10歳小学4年生
2008年4月2日~2009年4月1日9歳~10歳小学4年生10歳~11歳小学5年生
2007年4月2日~2008年4月1日10歳~11歳小学5年生11歳~12歳小学6年生
2006年4月2日~2007年4月1日11歳~12歳
【新中学生世代】
小学6年生
【新中学1年生学割適用】
12歳~13歳中学1年生
【新中学1年生学割適用】
2005年4月2日~2006年4月1日12歳~13歳中学1年生13歳~14歳中学2年生
2004年4月2日~2005年4月1日13歳~14歳中学2年生14歳~15歳中学3年生
2003年4月2日~2004年4月1日14歳~15歳
【新高校生世代】
中学3年生
【新高校1年生学割適用】
15歳~16歳高校1年生
【新高校1年生学割適用】
2002年4月2日~2003年4月1日15歳~16歳高校1年生16歳~17歳高校2年生
2001年4月2日~2002年4月1日16歳~17歳高校2年生17歳~18歳高校3年生
2000年4月2日~2001年4月1日17歳~18歳高校3年生18歳~19歳大学1年生(新入社員)

UQモバイルキャンペーンUQモバイルキャッシュバック

UQモバイル学割キャンペーン「ファミゼロ学割」の対象年齢の「18歳以下」というのは高校3年生は含まれる?

高校3年生も、れっきとした学生で「ファミゼロ学割」の対象です。

「以上」と「以下」は「対象となる数字を含む」ということを知っておく必要があります。

「以上」とは「対象となる数字を含み、それよりも多いこと」をさします。例えば「18歳以上」といえば、18歳を含んだそれ以上の年齢の人たち全員という意味です。

一方「以下」とは「対象となる数字を含み、それよりも少ないこと」をさし、「18歳以下」は18歳を含んだそれ以下です。特に指定がない場合は、0歳までの年齢の人たちの全員を意味しますが、今回の「ファミゼロ学割」では「5歳以上」との指定がありますので、5歳~18歳までが対象です。

UQモバイル学割キャンペーン「ファミゼロ学割」の対象年齢の「18歳」高校3年生は申込み時期に注意

2018年12月1日からスタートした時点で高校3年生の方は2019年3月31日までは「18歳」ですが、早生まれの方は2019年4月1日~2019年5月31日までの間に「19歳」となってしまいます。

その為、高校3年生で4月・5月生まれの方は、2019年の誕生日が来る前に学割を適用しておく必要があります。

「ファミゼロ学割」は2019年5月31日までが申し込みできる期間です。高校を卒業して4~5月までに申し込む18歳の方は社会人や大学生になっていますが、申し込み時点で18歳なら学割適用されます。

UQモバイル学割キャンペーン「ファミゼロ学割」の対象期間

「ファミゼロ学割」の対象期間は、2018年12月1日から2019年5月31日までの間に、対象プランの新規契約および「ファミゼロ学割」の対象となる契約者または利用者との「UQ家族割」のお申し込みをされた場合に自動的に適用となります。

UQモバイルの学割キャンペーンは、毎年12月~5月末日までが申し込める期間となっております。通常よりも学生は間違いなく安く契約できることは間違いありませんので、UQモバイルへ「新規契約」「乗り換え契約」をご検討中だったお客様はこの機会をお見逃しなくご利用下さい。

UQモバイル学割キャンペーン「ファミゼロ学割」の対象プラン

UQモバイル学割キャンペーン「ファミゼロ学割」の対象プランは、「おしゃべりプランS・M・L」「ぴったりプランS・M・L」の通話定額プランのみです。

「データ無制限プラン」「データ高速プラン」につきましては、「ファミゼロ学割」対象外となります。

プラン月額料金データ容量
スマホプランS1980円3GB
スマホプランM2980円9GB
スマホプランL3980円14GB

UQモバイルキャンペーンUQモバイルキャッシュバック

「おしゃべりプランS・M・L」「ぴったりプランS・M・L」は最低利用期間が2年間となっており、契約から2年以内解約すると違約金として9500円が掛かります。

また自動更新となっていますので、2年に1ヵ月間だけある更新月以外の解約金は違約金9500円が発生します。つまり、自動更新を過ぎると、また最低利用期間が2年間と繰り返されていきます。

最低利用期間が長く自動更新月といった縛りがありますが、「おしゃべりプランS・M・L」「ぴったりプランS・M・L」だけ唯一マンスリー割が適用でき、3万円する端末を実質108円で購入することができます。

一長一短のプランではありますが、データ容量の豊富さ、端末の安さ、無料通話付き、キャッシュバック額が多い、初期費用が無料になるなどVIP待遇で出迎える体制は整っているプランです。

UQモバイル学割キャンペーン「ファミゼロ学割」は家族も対象

2018年12月1日から2019年5月31日までの間に、、18歳以下のユーザー(契約者・利用者)とその家族が新規契約またはMNP契約で「おしゃべりプラン」または「ぴったりプラン」を契約すると、新中高生は最大5カ月間、それ以外のユーザーは最大3カ月間の月額料金を無料となります。

この意味は、5歳以上18歳以下の学生だけが月額料金3ヵ月無料、新中高生は5カ月間月額料金無料になるというだけでなく、2018年12月1日から2019年5月31日の間にUQモバイルに乗り換えもしくは新規契約した18歳以上の家族の方も「学割」が適用になります。

この学割特典は、新中高生の家族は5カ月間月額料金が無料、それ以外の5歳以上18歳以下の学生の家族は3ヵ月間月額料金が無料になります。

「ファミゼロ学割」は「UQ家族割」の親回線・子回線ともに適用対象となります。親回線はUQ家族割500円割引の対象外でしたが、学割については適用されますので、学生の家族が2018年12月1日から2019年5月31日の間に「おしゃべりプラン」または「ぴったりプラン」を契約すれば月額料金が3ヵ月間無料になりますのでお得です。

「ファミゼロ学割」の対象となる契約者または利用者との「UQ家族割」の適用が外れた場合、その前月分をもって割引の適用を終了します。

UQモバイル学割キャンペーン「ファミゼロ学割」Q&A

UQモバイル学割キャンペーン「ファミゼロ学割」質問1:新中高生が5ヵ月月額料金が無料ならその家族も5ヵ月無料になりますか?

新中高生になる学生本人だけが月額料金5ヵ月無料となります。その家族は3ヵ月無料となります。

UQモバイル公式HPでは下の様なイラストがあります。

新中高生1人と父と母の3人家族で「最大11カ月分が0円」と明記されています。これは、新中高生は5ヵ月、父は3ヵ月、母は3ヵ月無料という意味で合計で11ヵ月です。

もし、家族を含めて5ヵ月無料なら最大が15ヵ月と表記されるはずです。それが11ヵ月となっていますので、家族内に新中高生がいても家族自体は3ヵ月と無料になる期間は増えません。

UQモバイル学割キャンペーン「ファミゼロ学割」質問2:父と母と兄と姉と学生1人でUQモバイルに新規乗り換えしますが、何回線まで学割適用ですか?

「ファミゼロ学割」の公式HP内に「何回線」まで学割適用という規定は記載されていません。それでは上限値はなしかと言えば違います。

学生の家族はUQ家族割加入が学割適用の条件となりますので、「UQ家族割」に加入できる上限が学割適用できる最大回線となります。

UQ家族割の上限は10人までです。UQ家族割が親回線1回線に対し、子回線は最大9回線までとなります。よって学生1人、大人9人まで学割適用できます。

学割の良いところは親回線を含めて全員が学割適用です。UQ家族割では親回線1人だけが500円割引の対象外です。

UQモバイル学割キャンペーン「ファミゼロ学割」質問3:既にUQモバイルを契約している家族が2人います。私は高校2年生で学割申し込み期間に契約しますが、家族2人は学割適用されますか?

「ファミゼロ学割」は、既に申し込みしている家族については学割対象外です。家族の学割適用条件は、学割申し込み期間である2018年12月1日~2019年5月31日の期間内に新規なり乗り換えなりでUQモバイルの回線を新しく開通させる方です。

UQモバイル学割キャンペーン「ファミゼロ学割」質問4:学割キャンペーンを機会に家族5人で乗り換えしようかと思うのですが、UQはキャッシュバックを1人ずつ渡して学割で家族5人全員を3ヵ月無料にして赤字になりませんか?

「ファミゼロ学割」と「キャッシュバック」の組み合わせは、UQモバイルの契約の中では1番最強の特典です。過去のキャンペーンを振り返っても、現状のキャンペーンを見ても、これ以上のお得なキャンペーンは存在しません。

それだけ還元するキャンペーンでありますから、UQ側の利益を心配するのも無理はないでしょう。本題の赤字にならないかどうかですが、答えとしては赤字にはなっておりません。そもそも、赤字にならない範囲内で特典を設定しています。

UQコミュニケーションズとしては、「こういう学割キャンペーンを機会にUQモバイルの契約を本気にさせる促進効果」みたいなものを狙っています。

学割を学生1人だけを対象にすれば、その学生の家族は動かないでしょう。動かないというのは、例えば父はdocomoのままで、母はauのまま、20歳以上の兄はLINEモバイルのままということです。

「ファミゼロ学割」と銘打って「家族にまで特典の範囲を広げる」ことにより、家族を巻き込んでUQモバイルに乗り換えてもらうように仕向けているのです。

UQモバイルとしては、単独ではUQモバイルを契約してくれないであろう層を開拓できる意味においては、学生の家族が何人契約しようが、3ヵ月無料という特典の提供は痛くないのです。

UQとしては逆に戦略に乗ってくれて感謝ということになります。今回の学割キャンペーンを機会に乗り換えしてきてくれたユーザーの中には3年目も4年目も継続してくれる人も出てきます。

「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」は3年目以降は、月額料金が1年目より1000円高いままで増量オプションも有料で500円掛かります。UQは長期顧客を沢山開拓すればするほどに利益確保はしやすくなります。

長期顧客を増やすには、玄関口を開放してまずは新規顧客を沢山開拓していかなければなりません。その開拓の戦法の1つが今回の「ファミゼロ学割」なのです。

UQモバイル学割キャンペーン「ファミゼロ学割」質問5:新高校1年生の娘をもつ母です。娘と一緒にUQモバイルへ乗り換えをしようかと思うのですが、母親である私はなぜ3ヵ月無料と冷遇ですか?

「新中高生」の家族まで5ヵ月無料にしてしまうと、UQコミュニケーションズ側の採算が合わないからです。5歳以上18歳以下の中で2つの学年に的を絞り学生本人と限定することで、UQ側の負担を最小限に抑えているのです。

仮に「新中高生」の家族が5人も乗り換えてきたらどうでしょうか。UQとしては学生の他に5人を5ヵ月無料にすることになり、利益回収が困難となります。

また、「新中高生」限定で5ヵ月としているのは、「強烈なインパクト」を与えることができるからです。UQモバイルの公式HPでは、基本料最大5ヵ月0円と宣伝しています。

惹きつける魅力的なタイトルであり人々の関心を示すことができます。「3ヵ月0円」より「5ヵ月無料」と謳った方が反応は取りやすいのです。

UQモバイルキャンペーンUQモバイルキャッシュバック

UQモバイル学割キャンペーン「ファミゼロ学割」で家族が対象になる事例

UQモバイル学割キャンペーン月額料金が最大5ヵ月無料になる家族の事例

2018年度は小学6年生の子供、父親、母親の3人暮らしの家庭があったとしましょう。子供はスマホを持っておらず、父はdocomo、母はauを使っています。

両親は来年中学生になる子供に格安スマホを与えようとしています。この場合2018年に12月に子供がUQモバイルの「おしゃべりプランS」を契約し、母が乗り換えで「ぴったりプランS」を契約するとどうなるでしょうか。

答えは、子供は1ヵ月目から5ヵ月目までの月額料金1980円が無料、母は1ヵ月から3ヵ月目までの3ヵ月間の月額料金1980円が無料になります。

本来、子供は1~5ヵ月目まで、母は1~3ヵ月目までの月額料金1980円を支払わなければなりまんが、「ファミゼロ学割」によって免除されます。

UQモバイル学割キャンペーン「ファミゼロ学割」で家族までなぜ対象?

2019年度のUQモバイル学割キャンペーンでは「ファミゼロ学割」と銘打って家族も学割の対象に視野を広げました。「ファミ」とはファミリー(英: family)家族という意味の略語で、「ゼロ」とは月額料金が0円になることを意味して組み合わせたネーミングです。

普通、学割というものは「学生だけが対象」となるものですが、2019年度のUQモバイルは家族も対象にしてきました。その狙いは何か?と言えば顧客獲得しかないでしょう。

学割は家族を対象といっても、既にUQモバイルを契約している家族は対象外です。注目すべき点は、2018年12月1日から2019年5月31日の間にUQモバイルに乗り換えもしくは新規契約する家族です。

しかも、対象プランは「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」を対象としています。最低利用期間2年間のプランとなりますので、UQコミュニケーションズとして長期契約顧客を確保できる狙いがあります。

学生には必ず親や兄弟或いは祖父母というものがいます。学割キャンペーンで学生の契約を呼び寄せ玄関口にしてその経路を家族にまで広げていこうという作戦です。

家族まで3ヵ月間は月額料金が無料というのは、UQモバイルの契約においては最安値ですが、UQコミュニケーションズとしては、自らの意思でUQモバイルを契約しようとしない層を開拓する狙いがありますので、3ヵ月間の月額料金を無料にしてでも顧客獲得をしていきたいのです。

そこでUQモバイルを契約してくれた家族がUQモバイルの通信速度や通信品質・通話品質と料金の安さに惹かれて3年目以降も継続してくれるかもしれない。そういった期待もあるのです。

UQモバイル学割キャンペーン2019年!「ファミゼロ学割」特典1:月額基本使用料3ヶ月間無料

5歳以上18歳以下のお客様は最大3ヶ月間は月額基本使用料を無料で、2019年度に「中学1年生」「高校1年生」になる学生は最大5ヶ月間、月額基本使用料を無料とします。

UQモバイル学割キャンペーン「ファミゼロ学割」月額基本使用料3ヶ月間無料適用条件

こちらのグラフをパッと見ただけでは、訳が分からないでしょう。

家族の適用条件について上から説明いたします。

UQモバイルキャンペーンUQモバイルキャッシュバック

UQモバイル学割キャンペーン「ファミゼロ学割」本人について

本人とは、5歳以上18歳以下の学生です。学生の場合は、「ファミゼロ学割」の申込期間2018年12月1日から2019年5月31日の間に新規契約またはMNP契約で「おしゃべりプラン」または「ぴったりプラン」を契約することで学割が適用されます。

学生本人だけは家族割に加入しなくても学割適用が可能です。

UQモバイル学割キャンペーン「ファミゼロ学割」家族について

家族とは、5歳以上18歳以下の学生の父母、祖父母、兄や姉です。家族の場合は、「ファミゼロ学割」の申込期間2018年12月1日から2019年5月31日の間に新規契約またはMNP契約で「おしゃべりプラン」または「ぴったりプラン」を契約しただけでは学割が適用されません。

UQ家族割も2018年12月1日から2019年5月31日の間に加入する必要があります。

UQ家族割は自動適用されませんので、申し込みしない限りいつまで経っても家族割500円割引がされません。UQ家族割は、全国のUQスポット、UQ mobile取扱店にご来店、またはUQお客さまセンターへのお電話でお申込みいただけます。

UQモバイル学割キャンペーン「ファミゼロ学割」家族の適用パターン1:4月上旬に新規契約し4月中旬に家族割申し込み

まず4月に新規契約というのは「ファミゼロ学割」の申込期間2018年12月1日から2019年5月31日の間ですので、クリアしています。家族割の申し込み4月中旬というのも学割申込対象期間内ですのでクリアしています。

この場合、グラフでは3ヵ月間無料と記載されていますので、新中高生を含めない5歳以上18歳以下の学生の家族ということになります。

UQモバイル学割キャンペーン「ファミゼロ学割」家族の適用パターン2:4月上旬に新規契約し5月の半ば過ぎに家族割申し込み

4月上旬に新規契約というのは「ファミゼロ学割」の申込期間2018年12月1日から2019年5月31日の間ですので、クリアしています。家族割の申込み5月の半ば過ぎというのも学割申込対象期間内ですのでクリアしています。

ただし、2019年5月31日までが家族割に申し込める期限ですので、ギリギリと言えます。期限を過ぎない様に早めに家族割に申し込んだ方が安心です。

この場合、グラフでは3ヵ月間無料と記載されていますので、新中高生を含めない5歳以上18歳以下の学生の家族ということになります。

UQモバイル学割キャンペーン「ファミゼロ学割」家族の適用パターン3:4月上旬に新規契約し6月10日頃に家族割申し込み

UQモバイルキャンペーンUQモバイルキャッシュバック

4月上旬に新規契約というのは「ファミゼロ学割」の申込期間2018年12月1日から2019年5月31日の間ですので、クリアしています。家族割の申込み6月10日頃というのは学割申込対象期間外ですのでNGです。

この場合、新規契約は学割の対象期間内で良かったのですが、家族割に申し込む時期が2019年5月31日を過ぎてしまったので、家族の方は学割適用ができなくなります。

2019年5月31日まで家族割に申し込んでいれば、3ヵ月間は月額料金が無料になったので勿体ないです。

UQモバイル学割キャンペーン「ファミゼロ学割」家族の適用パターン4:11月上旬に新規契約し4月下旬に家族割申し込み

11月上旬に新規契約というのは「ファミゼロ学割」の申込期間2018年12月1日から2019年5月31日が始まる前ですので、NGです。

家族割は4月下旬と申込期間2018年12月1日から2019年5月31日の間でクリアしていますが、新規契約した時期がそもそも「ファミゼロ学割」の申込期間外でしたので、学割適用はできません。

UQモバイル学割キャンペーン2019年!「ファミゼロ学割」特典2:次の機種変更まで増量オプション無料

新規契約と同時に「増量オプション」をお申し込みされた場合、機種変更を実施した月の前月分まで増量オプション料(500円/月)が無料となります。(機種変更を実施した月からは、更に25ヶ月間「増量オプション2年間無料キャンペーン」が適用となります。)お客さまによるデータチャージが必要となります(データ容量は自動で付与されません)。

つまり新規契約と同時に「増量オプション」を申し込みされた場合、1回目の機種変更を実施されるまでの間、「増量オプション」の無料期間が継続となります。

UQモバイル学割キャンペーン3年目以降、増量オプション料が有料となった場合とファミゼロ学割で機種変更しない場合の比較

UQモバイル学割キャンペーンデータ容量の比較

 ファミゼロ学割適用しない場合ファミゼロ学割適用した場合
プランS2GB
1GB増量は500円
2GB
1GB増量は機種変更するまで無料
プランM6GB
3GB増量は500円
6GB
3GB増量は機種変更するまで無料
プランL14GB
7GB増量は500円
14GB
7GB増量は機種変更するまで無料

基本データ容量の1.5倍分の容量は、チャージしなければなりません。

UQモバイル学割キャンペーンぴったりプラン無料通話時間の比較

 ファミゼロ学割適用しない場合ファミゼロ学割適用した場合
プランS30分通話無料
30分通話無料増量は500円
機種変更するまで60分通話無料
プランM60分通話無料
60分通話無料増量は500円
機種変更するまで120分通話無料
プランL90分通話無料
90分通話無料増量は500円
機種変更するまで180分通話無料

ぴったりプランの無料通話はデータ容量のように、チャージする必要はなく、最初から増量分の無料通話時間が含まれます。

UQモバイル学割キャンペーン機種変更をずっとしないことは可能?

UQモバイル学割キャンペーンで、機種変更しない限り増量オプションが無料というのは、UQモバイルで提供している「機種変更サービス」を利用しなければ増量オプションを3年目以降も継続して有料にしないというものです。

3年目以降は機種が古くなり機種変更したくなるタイミングでありますが、何もUQモバイルで機種変更をする必要性はありません。価格.comの通販やメルカリやオークションで、SIMフリー端末やSIMロック解除端末を購入すれば新しい機種に変更できます。

価格.comの通販やメルカリやオークションで機種を購入した場合、「機種変更」扱いにはなりませんので、増量オプション無料は継続します。月額500円の増量オプション料を節約する為に、UQモバイルの公式サイトで機種を購入しなければ大丈夫です。

UQモバイルには3つのSIMカードがありますが、SIMのみ契約において「LTE用nanoSIM」「LTE用microSIM」「VoLTE用マルチSIM」のどれかを自由に選択できます。

もし、ネット通販で購入した端末のSIM種別が合わない場合は、SIMカード交換が3240円でできます。

SIMカードを交換しても、機種変更扱いにはなりませんので増量オプション無料は継続します。

端末セットを契約の場合は、「VoLTE用マルチSIM」が届きます。現在のUQモバイルで販売している端末は全て「VoLTE用マルチSIM」です。

「VoLTE用マルチSIM」であればたマルチSIMは、切り離すことでSIMサイズを⾃由に選ぶことができます。外側から標準SIM、micro SIM(マイクロSIM)、nano SIM(ナノSIM)サイズとなっており、使いたい端末の対応サイズに合わせて切り離すことで、SIMサイズを⾃由に選択できます。

小さくカットしてしまった後に大きなサイズに対応させたい場合は、アマゾンに販売されている「SIM 変換アダプター」を利用すれば柔軟にサイズ変更はできます。

UQモバイル学割キャンペーン機種変更をずっとしない方が本当にお得?

機種変更をしない事で、増量オプション500円が免除され続けますが、1年間で得するのは500円×12ヵ月=6000円です。実は、UQモバイルにはマンスリー割制度というものがあり、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」を契約すると2年間は端末割引がされて、3万円の端末が108円となります。

2年間で3万円分をUQモバイル側が負担してくれることを考えますと1年間で15000円値引きです。先ほどの増量オプションは6000円しか得しないので、端末割引の方が魅力的です。

端末を安く購入できる意味では、UQモバイルの機種変更は有効な手段です。機種変更をしない場合、UQモバイルで販売されている端末を2万円弱で購入することになりますので、天秤にかけると、増量オプション無料を切り捨てしてマンスリー割で端末を安く購入した方が得策とも言えます。

ただ、UQモバイルで販売されている端末で欲しい機種が1つもない場合は別です。その場合は、機種変更せずに欲しい端末をネットで購入した方が良いでしょう。

機種変更しない限り増量オプション無料というのは、ある意味ではマンスリー割を使わせないものでもあるので、そこを考えるとお得そうに見えて、実はあまりお得ではないと言えます。

3年目に突入しますと、最低利用期間が自動更新されて、また2年間利用しなければなりません。そういう意味では、2年という区切りで乗り換えるか、機種変更するか、の決断を迫られます。

UQモバイル学割キャンペーン増量オプションとは?

「増量オプション」とは、基本のデータ容量が1.5倍となるオプションサービスです。2018年12月からの基本データ容量は、Sプランが2GB、Mプランが6GB、Lプランが14GBです。

この基本データ容量は、増量オプション未加入の状態での容量です。増量オプションに加入すると、基本データ容量の半分に値する容量つまり、Sプランは1GB、Mプランは3GB、Lプランは7GBが無料でチャージすることができます。

そうすると、基本データ容量とチャージした容量を足すと、基本データ容量の1.5倍の容量が使えるということになります。

 プランSプランMプランL
基本データ容量2GB6GB14GB
増量データ容量
(増量オプション適用時データ容量)
1GB
(最大3GB/月)
3GB
(最大9GB/月)
7GB
(最大21GB/月)
データチャージ方法まとめてチャージ:1回
まとめてチャージ:1回
まとめてチャージ:1回
無料通話料
※ぴったりプランのみオプション料金
2400円
※最大60分
4,800円
※最大120分
7,200円
※最大180分
オプション料金500円(税別)
※新規契約または機種変更との同時申込みで2年間無料

つまり、増量オプションは、もともとの基本データ容量の1.5倍分を無料で使う事ができるという意味合いです。データ容量が今までより1.5倍にも増えて料金が変わらないわけですから、UQモバイルの利用するコスパが改善されたということになります。

「ファミゼロ学割」特典では、次の機種変更まで増量オプションが無料となっています。通常は3年目以降支払うべき月額500円の増量オプション料が免除されるので、お得です。

UQモバイル学割キャンペーン増量オプションが無料なのは契約後の2年間のみ

増量オプションは、最初の2年間は無料で使えるオプションです。3年目以降は、月額500円のオプション料が発生します。

つまり、Sプラン1GB、Mプラン3GB、Lプラン7GBが3年目以降は月額500円でチャージすることになります。

増量オプションを使わずにチャージすることもできますが、割高です。『UQ mobile データチャージサイト』からご購入する場合、データ容量は100MB(税抜200円)、500MB(税抜500円)を選択する形となりますが、500円で500MBというのは0.5GBです。

増量オプションは月額500円で、Sプラン1GB、Mプラン3GB、Lプラン7GBチャージできますので、コスパは良いです。

UQモバイル学割キャンペーン「ファミゼロ学割」学生は申し込み後いつ適用される?

「ファミゼロ学割」で学生は申し込みしたその月から3ヵ月~5ヵ月間月額料金が無料になるというものです。

例えば、2018年12月20日に申し込みし、端末やSIMカードが2018年12月22日に到着して開通した場合、5歳以上18歳以下で新中高生以外の学生は、2018年12月から2019年2月までの3ヵ月間が月額料金が無料となる仕組みです。

ここでお気づきかと思いますが、2018年12月1日~22日までの間は開通させていない期間です。要するに、月末に申し込みするより月の初めに申し込みした方が、月額料金が無料となる期間が長くなります。

では、月の初めに申し込むリスクはあるでしょうか。それは、データ容量を残しにくいという点です。UQモバイルはデータ容量を翌月まで繰り越すことができます。

その為、大半の方は月末あたりに開通させデータ容量を残して翌月に繰り越す戦法を取っています。

これはどういう意味かと言いますと、月の初めからネット通信を使うと月末にデータ容量残量は少ないですが、月の終わりに開通させればネットを使う日数も少ないのでデータ容量の残量を残して翌月に繰り越せます。

今回の「ファミゼロ学割」は申し込んだ月の初めから月額無料が適用となる為、データ容量を沢山繰り越してを得する意味においては月末の申込みは損です。

結局のところ、月末に申し込みデータ容量を残したいか、月の初めに申し込みし料金を節約したいかを判断して申し込む日にちを決める必要があります。

UQモバイルキャンペーンUQモバイルキャッシュバック

UQモバイル学割キャンペーン「ファミゼロ学割」家族は申し込み後いつ適用される?

「ファミゼロ学割」で家族は申し込みしたその月から3ヵ月間月額料金が無料というわけではありません。家族の場合は、「UQ家族割」に申し込みした月から3ヵ月間月額料金が無料となります。

家族の場合は、パターン2の図が分かりやすいでしょう。

2019年4月に家族が申し込みしても、4月中に家族割を申し込んでいなければ学割はスタートしません。2019年5月に家族割を申し込みして初めて学割がスタートする仕組みとなります。

家族の方は、「ファミゼロ学割」の申込対象期間である2018年12月1日~2019年5月31日までの間に申し込めばそれで学割適用ではなく、UQ家族割も申し込まない限り、学割適用はされません。

また家族は2019年5月31日以降に家族割を申し込みしてしまうと「ファミゼロ学割」対象期間外で、学割資格が無効となりますので、家族割は期日までに申し込みを済ませて下さい。

UQモバイル学割キャンペーン「ファミゼロ学割」家族は家族割の申込みをコントロールした方が得策

UQモバイル学割キャンペーン「ファミゼロ学割」は、家族の場合、学割を申し込んだ月の初めから学割で月額料金無料がスタート致します。

仮に2018年12月20日に「おしゃべりプランS」を契約して、端末とSIMカードが到着する2018年12月23日に開通させ、すぐに家族割も申し込んでしまったら、2018年12月1日からの3ヵ月間が月額料金無料となってしまうので、利用していない12月1日~22日までの分を損します。

その為、家族割の申込みを2019年1月の初めにすれば、月額料金無料は2019年1月1日から3ヵ月間無料にできます。

家族は家族割を申し込みしない限りは学割適用されませんので、その利点を活かす意味で家族割申し込み時期をコントロールすることが大切です。

ただ、2019年5月の月末申し込みの場合、2019年6月に家族割申し込みしても学割期間が終了しており無効になりますので、5月だけは例外ですぐに家族割を申し込みましょう。

学生は、申し込んだ月から学割自動適用となりますので、逆に言えば学割適用となる月のコントロールが不可です。その為、申し込む日にちというのは、大いに問われます。

学生が月末に申し込めば、1ヵ月の無料となる期間は短くなりますので、その辺はバランスを取って契約日を調整して下さい。

UQモバイル学割キャンペーン「ファミ割ゼロ学割」で家族割の加入方法は?

UQモバイルの代理店の場合、家族の有無を回答する欄があります。

この回答で家族割を希望すると選択しても家族割加入にはなりません。

注意書きには、家族割りのお申込は端末ご到着後、設定が完了しましたらUQ公式お客様サポートセンター(0120-929-818)でのお手続きをお願いいたします。とありますので、自分で手続きする必要があります。

UQお客さまセンター
0120-929-818
携帯電話・PHS可、9:00~21:00(年中無休)
※一部IP電話からは接続できません

UQ家族割に加入する場合、契約後にUQお客さまセンターへ電話をして「家族割に加入したい」旨を伝えると、あとはオペレーターが手続きを進めてくれます。

何を聞かれるかと言いますと、名前のフルネーム、最初に登録した暗証番号です。自分の名前は言えない方はいないので大丈夫ですが、暗証番号については忘れている場合がありますので、聞かれてすぐに答えられないと焦るので、予め正確な暗証番号を確認してから電話しましょう。

親回線は絶対に1名が必要です。親回線を誰にするか決めておく必要があります。その親回線となった1人はUQ家族割の毎月500円割引は適用されません。

UQモバイル学割キャンペーン「ファミ割ゼロ学割」で家族割の加入の時期は遅いと損?

2018年12月1日から学割キャンペーンを実施しているわけですが、例えば学生の家族が2018年12月に契約して、2019年5月に家族割に加入した場合、2019年5月から月額料金が3ヵ月間無料となりますので、学割については問題ないですが、家族割については大損です。

2018年12月に学生が申し込んでいた場合や既にUQモバイルで「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」を利用している家族がいる場合は、2018年12月から家族割の対象者です。

2018年12月時点で家族割の対象者でありますが、実際に適用できるのは最短で翌月の2019年1月です。

「UQ家族割」はお申込み完了(UQコミュニケーションズ社での受付完了)の翌月から子回線1回線ごとに割り引きを開始いたします。

その為、2019年1月~5月まで5ヵ月間は毎月500円割引される権利があります。これは500円×5ヵ月で2500円分に相当します

家族割は受付方法やご契約内容により、受付完了まで最長10日程度お時間をいただく場合がありますので、余裕をもって登録をお願いします。家族割割引開始(受付完了)日は、お手続き完了後の自動配信メールにてご確認ください。

UQモバイル学割キャンペーン「ファミ割ゼロ学割」5歳以上18歳以下で「新中高生」以外のお客様の申込みと適用日

申込みした日学割適用期間5歳以上18歳以下の月額無料期間
2018年12月1日~31日2018年12月1日~2019年2月28日3ヵ月間
2019年1月1日~31日2019年1月1日~3月31日3ヵ月間
2019年2月1日~28日2019年2月1日~4月30日3ヵ月間
2019年3月1日~31日2019年3月1日~5月31日3ヵ月間
2019年4月1日~30日2019年4月1日~6月30日3ヵ月間
2019年5月1日~31日2019年5月1日~7月31日3ヵ月間

学生本人の対象は、「幼稚園の年長5歳」「小学校1~6年生」「中学校1~3年生」「高校1~3年生」が学割対象です。

幼稚園の場合は、3歳の年少、4歳の年中は対象外です。もっとも、3~4歳は携帯を使いこなせないでしょう。

UQモバイル学割キャンペーン「ファミ割ゼロ学割」5歳以上18歳以下で「新中高生」のお客様の申込みと適用日

申込みした日学割適用期間新中高生の月額無料期間
2018年12月1日~31日2018年12月1日~2019年4月30日5ヵ月間
2019年1月1日~31日2019年1月1日~5月31日5ヵ月間
2019年2月1日~28日2019年2月1日~6月30日5ヵ月間
2019年3月1日~31日2019年3月1日~7月31日5ヵ月間
2019年4月1日~30日2019年4月1日~8月31日5ヵ月間
2019年5月1日~31日2019年5月1日~9月30日5ヵ月間

2019年度4月から「新中学1年生」「新高校1年生」になる学生だけが5ヵ月無料です。「新中学1年生」「新高校1年生」の家族の方は全員が3ヵ月無料です。

「新中学1年生」「新高校1年生」が5ヵ月無料なら家族も5ヵ月無料ではないか勘違いしやすいですが、「新中学1年生」「新高校1年生」と家族は別物です。

UQモバイル学割キャンペーン「ファミ割ゼロ学割」は、学生でない人も対象?

日本では義務教育は普通教育を9年間受けることを指します。最初の6年間は小学校等に、残りの3年間は中学校等に通うこととされています。

普通教育とは、社会で生きていくための基本的な内容で、国語、算数・数学、理科、社会などの教科の勉強などを通じて行われます。義務教育は社会で幸せに生きていくために最低限必要な能力・素養を育てるために行われます。

中学3年生までは学生だったけど、高校は通わなくなり学生でない16~18歳もいます。そういう場合でも「ファミゼロ学割」は対象です。

要は、学生がどうこうではなく「年齢」で対象かどうかを判断されます。5歳以上18歳以下というのは、小学校~高校まで通う学生というのが一般論でありますので、それに付随する相応しいネーミングが「学生割引」略して「学割」なのです。

高校は中退した方、働いている方もいます。そういった人達も学割は対象となります。

UQモバイル学割キャンペーン「ファミ割ゼロ学割」5歳以上18歳以下で「新中高生」以外のお客様の各プラン料金

仮に1日に申し込みしても端末とSIMカードの到着と開通までに最低でも1日~2日掛かりますので、初月1日から学割スタートできる人はいません。また、20日頃に申し込みをして23日あたりに開通した場合、1週間前後しか利用できる期間がありません。

申込みする人が、何日に申し込むかによって、初月のお得度は変わるものですが、今回の比較では、初月は1日~31日までと仮定した計算で作成しています。1日に申し込みし2日に開通できれば誤差は1日程度なので、申し込みが月の初めなら下記の合計月額料金をおおよそ得することができると考える事ができます。

UQモバイル学割キャンペーン「ファミ割ゼロ学割」を「適用しない」場合と「適用した」場合のSプランを比較

プランSファミゼロ学割適用しない場合ファミゼロ学割適用
1ヵ月目月額1980円月額0円
2ヵ月目月額1980円月額0円
3ヵ月目月額1980円月額0円
合計5940円0円

UQモバイル学割キャンペーン「ファミ割ゼロ学割」を「適用しない」場合と「適用した」場合のMプランを比較

プランMファミゼロ学割適用しない場合ファミゼロ学割適用した場合
1ヵ月目月額2980円月額0円
2ヵ月目月額2980円月額0円
3ヵ月目月額2980円月額0円
合計8940円0円

UQモバイル学割キャンペーン「ファミ割ゼロ学割」を「適用しない」場合と「適用した」場合のLプランを比較

プランLファミゼロ学割適用しない場合ファミゼロ学割適用した場合
1ヵ月目月額4980円月額0円
2ヵ月目月額4980円月額0円
3ヵ月目月額4980円月額0円
合計14940円0円

UQモバイル学割キャンペーン「ファミ割ゼロ学割」5歳以上18歳以下で「新中高生」のお客様の各プラン料金

UQモバイル学割キャンペーン「ファミ割ゼロ学割」を「適用しない」場合と「適用した」場合のSプランを比較

プランLファミゼロ学割適用しない場合ファミゼロ学割適用した場合
1ヵ月目月額1980円月額0円
2ヵ月目月額1980円月額0円
3ヵ月目月額1980円月額0円
4ヵ月目月額1980円月額0円
5ヵ月目月額1980円月額0円
合計9900円0円

UQモバイル学割キャンペーン「ファミ割ゼロ学割」を「適用しない」場合と「適用した」場合のMプランを比較

プランLファミゼロ学割適用しない場合ファミゼロ学割適用した場合
1ヵ月目月額2980円月額0円
2ヵ月目月額2980円月額0円
3ヵ月目月額2980円月額0円
4ヵ月目月額2980円月額0円
5ヵ月目月額2980円月額0円
合計14900円0円

UQモバイル学割キャンペーン「ファミ割ゼロ学割」を「適用しない」場合と「適用した」場合のLプランを比較

プランLファミゼロ学割適用しない場合ファミゼロ学割適用した場合
1ヵ月目月額4980円月額0円
2ヵ月目月額4980円月額0円
3ヵ月目月額4980円月額0円
4ヵ月目月額4980円月額0円
5ヵ月目月額4980円月額0円
合計24900円0円

UQモバイル学割では契約者または利用者が18歳未満の場合、フィルタリングサービスのご利用が必要です。

UQモバイルでは、契約者または利用者が18歳未満の場合、フィルタリングサービスのご利用が必要です。『18歳未満』とは、17歳までを指します。

つまり、「未満」は“境界”を含くまない範囲を示していますので、境界の数値「18」を含みません。よって、その数に達しない17歳までとなります。

平成30年2月1日付で「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」が改正された。18歳未満の青少年がスマートフォンや携帯電話の契約・機種変更をする際、店頭などでフィルタリングの設定が義務化されました。

フィルタリングは、青少年を違法・有害情報との接触から守り、安心して安全にインターネットを利用する手助けをするサービスです。

青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律の施行により、携帯電話事業者は携帯電話インターネット接続サービスの使用者が18歳未満の青少年である場合には、原則としてフィルタリングサービスを提供する義務が課せられています。

さらに、平成30年2月1日の法律改正により、新たに携帯電話事業者は、契約締結時の青少年確認義務や説明義務、フィルタリングの設定やインストールを行う有効化措置義務が課されました。

18歳未満の青少年がスマートフォンや携帯電話の契約や機種変更、名義変更をする際、店頭などでの販売時にフィルタリングソフトウェアやOSの設定を行わなければなりません。

UQモバイル学割契約者または利用者が18歳未満の場合、フィルタリングサービスは強制加入?

UQモバイルの公式お申込みでは、18歳未満を選択した場合、「あんしんフィルター for UQ mobile」に強制加入するようになっております。

この「あんしんフィルター for UQ mobile」は無料ですので、強制加入でも負担にはなりません。

UQモバイル学割で18歳未満は必須のあんしんフィルター for UQ mobileとは?

お子さまを危険なサイトやアプリから守るためのスマートフォン向けフィルタリングサービスです。Wi-Fi通信にも対応しています。

  • お子さまの成長にあわせて、小学生、中学生、高校生、高校生プラスの4段階で制限のレベルを簡単に設定できます。
  • 保護者の方がパソコンからの遠隔操作で制限内容をカスタマイズすることができます。

UQモバイル学割で加入必須な「あんしんフィルター for UQ mobile」の主な機能

【UQモバイル学割フィルタリングサービス機能】Webフィルタリング機能

お子様にとって有害なインターネットサイトへのアクセスをしっかりブロックします。Wi-Fi接続時もフィルタリングするから安心です。

【UQモバイル学割フィルタリングサービス機能】アプリフィルタリング機能

お子さまにとって不適切なアプリを制限します。アプリの起動を監視し、不適切に個人情報を読み取るアプリの起動を制限します。

【UQモバイル学割フィルタリングサービス機能】個別カスタマイズ

<インターネット>

●「小学生」「中学生」「高校生」「高校生プラス」の4段階から簡単に設定できます。
●制限されているサイトでも、個別にアクセスを許可することも可能です。

 小学生中学生高校生高校生プラス
違法・不法情報× 制限× 制限× 制限× 制限
出会い、アダルト、暴力× 制限× 制限× 制限× 制限
ギャンブル、飲酒、喫煙× 制限× 制限× 制限× 制限
フィッシング、ウイルスなどセキュリティに問題があるサイト#× 制限× 制限× 制限× 制限
SNS、掲示板などのコミュニケーション× 制限× 制限× 制限○ 許可
グラビア、オカルト、懸賞× 制限× 制限○ 許可○ 許可
ゲーム、占い、電子書籍× 制限○ 許可○ 許可○ 許可
動画配信、芸能情報× 制限○ 許可○ 許可○ 許可
ショッピング、オークション× 制限○ 許可○ 許可○ 許可
Webメール× 制限○ 許可○ 許可○ 許可

【主なSNSの利用可否】

SNS名AndroidiOS
小学生中学生高校生高校生プラスiOS(一律)
LINE× 制限○ 許可○ 許可○ 許可○ 許可
Twitter× 制限× 制限× 制限× 制限× 制限
Instagram× 制限× 制限× 制限× 制限○ 許可
Facebook× 制限× 制限× 制限× 制限○ 許可
Youtube× 制限× 制限× 制限○ 許可× 制限
snow× 制限○ 許可○ 許可○ 許可○ 許可

【UQモバイル学割フィルタリングサービス機能】OS別利用可能機能一覧

機能内容AndroidiOS
Webフィルタリング機能・未成年に不適切なインターネットサイトをブロック
・Wi-Fi経由の通信でもフィルタリングが可能
アプリフィルタリング機能・未成年に不適切なアプリを制限
・アプリ起動を監視し、不適切に個人情報を読み取るアプリの起動を制限
制限レベル設定4段階設定「小学生」「中学生」「高校生」「高校生プラス」の4段階から簡単設定
(Webのみ)
個別カスタマイズ保護者による遠隔でのカスタマイズ設定
(Webのみ)

UQモバイル学割キャンペーン2019年!「ファミゼロ学割」お申込み方法

「ファミゼロ学割」は、「店頭」「ウェブサイト」どちらでも申し込みが可能です。

UQモバイル学割キャンペーン2019年!「ファミゼロ学割」店頭でお申込みする方法

ご契約者が未成年の場合は、親権者同伴で来店の場合のみお申込み下さい。

契約者が小学生以下の場合、親権者名義でのご契約となります。(中学進学の2ヶ月前より、未成年者ご本人名義でお申し込みいただけます。)

親権者同意書(兼 フィルタリングサービス加入確認書)をダウンロードして店頭にお持ちいただくか、来店時にご記載ください。

親権者同意書の印刷はこちら

販売店舗一覧はこちら

UQモバイル学割キャンペーン2019年!「ファミゼロ学割」ウェブでお申込みする方法

20歳以上のご契約者様(親権者様)のご利用者としてお申し込みください。ご契約完了でファミゼロ学割が自動適用となります。

本人確認アップロード時に下記2点をアップロードしてください。

ご契約者のご本人さま確認書類はいずれか1点

ご名義人ご本人さま確認書類ご注意
個人右記のいずれかの書類運転免許書公安委員会発行で有効期限内のもの (国際免許証を除く)
パスポート(日本国旅券)有効期限内のもので、現住所が記載されているもの
身体障がい者手帳または療育手帳 または精神障がい者保健福祉手帳住所の記載のあるもの
特別永住者証明書有効期限内のもの
在留カード住居地が「未定(届出後裏面に記載)」と表記されている場合は、別途、下記に記載の[補助書類]が必要となります。
健康保険証+補助書類 有効期限内のもの
健康保険証だけでは受付できません、下記に記載の[補助書類]が必要となります。
※ご利用者様の本人確認書類には、補助書類は必要ありません。

未成年者(ご利用者)のご本人さま確認書類

健康保険証

UQモバイル学割2017年~2018年のキャンペーン内容まとめ

ここから先の記事内容は2017年~2018年のUQモバイル学割の内容です。昨年と2018年~2019年のキャンペーン内容は何が違うのかを参考にしてください。

UQモバイル家族割と学割は併用可能?

UQモバイル学割と家族割は併用可能です。

家族割というのは、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」2回線以上を申し込めば条件を満たすので2回線目以降は毎月500円の家族割を適用できます。

ただし、「UQ学割」は最初の3ヶ月は月額基本料が無料のため、UQ家族割の適用による割引がありません。新中高生は5ヵ月無料ですので5ヵ月間は家族割の適用ができません。

学割で無料となる3~5ヵ月間以降の月額料金で家族割サービスが受けられます。

UQモバイルキャッシュバックは家族割と学割の併用可能?

UQモバイルキャッシュバックを実施している公式や代理店など全てのキャンペーン会社にて学割と家族割の併用が可能になっております。

代理店リンクライフやBIGLOBEだから家族割や学割の併用ができないということはありません。UQモバイルは代理店でキャッシュバック適用を受けても公式のお客様ですので、公式の基準に合わせます。

UQモバイルキャッシュバックは家族割と学割の併用で最強の割引率?

UQモバイルで一番お得な契約方法は、学割と家族割とキャッシュバックを併用することです。この3つを全て活用することで最強の割引率となります。

ただ、学割の場合は学生や学生の家族でないと適用できない為、既に社会人となり子供や兄弟に学生がいない場合は学割を適用できませんので、その分は損することになります。

UQモバイルキャッシュバックと家族割と学割の併用でUQコミュニケーションズは赤字にならない?

UQコミュニケーションズの狙いとしては。キャッシュバックも学割も家族割も全て「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」加入が条件となっております。

このプランは最低利用期間が2年となっており無料で解約できる期間は更新月の1ヵ月間しかありません。

このプランを契約頂ければ長期顧客を確保しやすいです。更新月を忘れてしまえば、違約金9500円支払うのが嫌で乗り換えがしにくくなります。

UQコミュニケーションズの狙いは、最低利用期間2年で自動更新つきのプランに特典や高額キャッシュバックで釣る作戦です。

このプランを申し込んで頂いた方が都合が良いです。実際、3年目以降は増量オプション500円が有料となり、データ容量1.5倍を維持したい人は毎月500円の増量オプション料を支払ってでも維持したいでしょう。

そういったところでも回収できるので、新規・乗り換え契約者に特典をつけても長期顧客の利益で回収はできていると言えます。

長期顧客のパイを増やす為には玄関口のキャンペーンを豪華に盛っておく必要はあると言えます。

UQモバイル家族割と学割は自動で適用可能?

学割は利用者の申し込み生年月日が学生になっていると自動で学割が適用されます。特に何もしなくても学割料金となります。

家族割については自動適用ではありません。家族に「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」利用者がいても家族割を申し込みしない限りは永遠と家族割が適用されません。

家族割は、開通後にUQお客様センターにて受付しています。これは代理店も同じです。

UQモバイルキャッシュバックと家族割と学割の併用可能するなら断然に端末セット契約が良い?

UQモバイルではSIMのみ契約でもキャッシュバックと家族割と学割の併用可能ですが、お得なのは断然に端末セットです。

UQモバイルで販売される端末はマンスリー割があり、2年間で3万円程度の値引きを受けることができて実質108円になる機種も存在します。

SIMのみ契約してしまうと、108円端末を入手できないので3万円損していることになります。

UQモバイル家族割だけはすぐに申し込みすること

UQモバイル家族割は開通後すぐに申し込まないと割引されません。

「UQ家族割」のお申込み完了(弊社での受付完了)の翌月から子回線1回線ごとに割り引きを開始いたします。受付方法やご契約内容により、受付完了まで最長10日程度お時間をいただく場合がございます。

その為、家族割申し込みが1ヵ月ずれ込むと1ヵ月500円分を損することになります。家族割加入を忘れていて半年後に申し込みした場合は、1人あたり500円×6ヵ月で3000円を損することになります。

UQモバイル家族割と学割とキャッシュバックとギガMAX月割は併用可能?

UQモバイル「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」とUQ WimaxやGMO・BIGLOBE・So-netなどのWiMAXを契約している場合はギガMAX月割が適用できます。

この場合、家族割・学割・キャッシュバックとギガMAX月割の併用は可能です。

ただし、ギガMAX月割はUQモバイルのmy uq mobileにて申し込みする必要があります.

UQモバイル学割適用時期について

2019年のUQモバイル学割では、5歳以上18歳以下の学生本人の適用が2018年12月1日~2019年5月31日の間に申し込んだその月の初めから3ヵ月となっております。

学生の家族については、申し込んだ月ではなく、UQ家族割に加入した月からとなっております。

UQモバイル学割適用できるプランは?

UQモバイルで学割は「おしゃべりプランS・M・L、ぴったりプランS・M・L」のみが対象です。

UQモバイルでは、他にも「データ高速プラン」「データ無制限プラン」がありますが、これらのプランは学割対象外となります。

もし、5歳以上18歳以下の方が、勘違いして「データ高速プラン」「データ無制限プラン」を契約しても学割適用されません。一度契約してしまうと撤回できませんので、学割適用できないまま最低利用期間の1年間利用することになります。

UQモバイルの学割お申込みは、専用ページがなく、通常のお申込みページで、「おしゃべりプランS・M・L、ぴったりプランS・M・L」を契約した学生本人とその家族が学割適用となる為、間違えやすいです。

UQモバイル学割はプラン変更しても対象外にならない?

UQモバイル学割の適用条件は、学生本人と学生の家族ともに「おしゃべりプランS・M・L、ぴったりプランS・M・L」を契約することです。

ここで着目したいのが、S・M・Lプランともに学割適用特典が同じことです。通常、キャッシュバックではSとMとLそれぞれ月額料金が異なるので、月額料金が高いほどに特典が増えますが、学割にいたってはS・M・Lともに一律同じです。

その為、S・M・Lプラン間の変更であれば学割適用外になりません。学割適用で月額料金が無料となっている期間に堂々とプラン変更をしてください。

それでは、「おしゃべりプランS・M・L、ぴったりプランS・M・L」から「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」への変更はどうか?と言いますと、これにつきましては、そもそもプラン変更ができません。

「おしゃべりプランS・M・L、ぴったりプランS・M・L」の間の中でのプラン変更となります。

また家族の方は、家族割適用前にプラン変更しても学割適用外になりません。UQとしては、LプランからSプランに変更されようとも、SもMもLも一律同じ学割特典をつけていますので問題視しないのです。

プラン変更自体は学割に影響しないので、最初の契約でもしプランを間違えた場合は月単位で変更が可能です。しかも、プラン変更しても継続期間は引き継がれます。

UQモバイル学割の対象はなぜ「おしゃべりプランS・M・L、ぴったりプランS・M・L」のみ?

UQモバイルの学割対象を「おしゃべりプランS・M・L、ぴったりプランS・M・L」のみに定めているのは、最低利用期間が2年間の自動更新プランだからです。

UQとしては、長期顧客を確保していきたいので、長期利用を前提としたプランのみを対象としています。2年以内の解約は9500円の違約金制度を設けることで、解約しずらくしています。

また、自動更新となっており更新月は2年に1度ある1ヵ月だけです。そうすると、その1ヵ月間を忘れて通り過ぎてしまいますと、また2年間最低利用期間となります。このサイクルの繰り返しのプランであります。

UQモバイル学割2019年は家族割加入が必須?

UQモバイル学割2019年は、5歳以上18歳以下の学生本人と、学生の家族が対象です。

学生本人は家族割加入しなくても対象です。その理由は、学生単独契約でも学割適用できるからです。

学生の家族については、家族割への加入が必須です。なぜ家族割の加入が必要かと言いますと、UQコミュニケーションズ側は、学割を受けている学生と家族かどうかまでは知らないからです。

つまり、自己申告しない限りは、UQ側が分からないのです。

そんなことをいっても、「住所が同じだから分かるはず」との言い分もあるかもしれませんが、そもそもUQ家族割も自己申告で加入するようになっています。

UQモバイル学割2019年は家族割加入しないとどうなる?

UQ家族割に加入しなくても学生本人は学割適用されますので問題ありません。

学生の家族については、家族割加入しないといつまでも学割適用されません。UQとしては、学生の家族であることを証明しないと家族への学割適用はできないということです。

また、家族割の加入期限ですが、UQ学割のお申込み期限となる2019年5月31日までです。つまり2019年5月中に家族割加入しておかないと、学生の家族であっても学割を適用できる権利を失います。

UQモバイル学割2019年は学生の家族は新規契約するだけではダメ?

UQモバイル学割条件には、2018年12月1日から2019年5月31日の間に新規契約や乗り換え契約で「おしゃべりプランS・M・L、ぴったりプランS・M・L」を契約した学生の家族も学割対象となっていますが、結局は条件をクリアしても、最後の詰めの部分である家族割加入しないと学割適用がされません。

UQ学割の規定をよく読まずに申し込み、「学生の家族だから契約した翌月から月額料金が3ヵ月無料になるだろう」と勘違いされる方も中にはいます。

2019年5月中に家族割加入が必須であることに気が付けば良いですが、2019年6月に気づいても手遅れです。

UQモバイル学割で加入必須な家族割は別居している場合でも良い?

UQ家族割は「同一姓・同一住所」であればUQお客様センターで登録が可能です。

「同一姓・同一住所」いずれかに違いがある場合には、書面でのお申し込みが必要になりますので、メールフォームにてお申込書の郵送をご依頼ください。

メールフォームはコチラ

同一姓・同一住所いずれかに違いがある場合は、家族である証明書(戸籍謄本、住民票、健康保険証、遠隔地用健康保険証など)をご提示いただく必要があります。

UQモバイルの家族割で親回線は学割対象?

UQ家族割では、家族内で絶対に誰か1人は親回線としなければなりません。親回線を誰にするかは自由に選べます。その親回線1人だけが家族割毎月500円割引が対象外となります。

学割については、親回線も対象となります。例えば、父、母、娘の3人で契約した場合、父を親回線、母と娘が子回線とした場合、父は家族割が適用されず、母と娘は家族割が適用されます。

では、学割はどうでしょうか。父・母・娘ともに月額料金が3ヵ月無料となります。

注意が必要なのは、2018年12月1日から2019年5月31日の前にUQモバイルを家族2名が契約している場合です。既に父と母がUQモバイルを利用していて、娘が新規契約した場合、娘だけが学割適用となります。

親回線が適用されるのは、UQモバイルに家族が誰もいない状態の場合に限ります。

UQモバイル学割適用に必須な家族割は自動適用されない?

UQモバイル代理店の申込みでは、家族割の有無を聞かれます。「希望する」を選択すると「家族割」に自動で加入してくれると勘違いしてしまいますが、これは自動で家族割に加入されません。

注意書きには、家族割りのお申込は端末ご到着後、設定が完了しましたらUQ公式お客様サポートセンター(0120-929-818)でのお手続きをお願いいたします。とありますので、自分で手続きする必要があります。

UQお客さまセンター
0120-929-818
携帯電話・PHS可、9:00~21:00(年中無休)
※一部IP電話からは接続できません

UQ家族割に加入する場合、契約後にUQお客さまセンターへ電話をして「家族割に加入したい」旨を伝えると、あとはオペレーターが手続きを進めてくれます。

何を聞かれるかと言いますと、名前のフルネーム、最初に登録した暗証番号です。自分の名前は言えない方はいないので大丈夫ですが、暗証番号については忘れている場合がありますので、聞かれてすぐに答えられないと焦るので、予め正確な暗証番号を確認してから電話しましょう。

親回線は絶対に1名が必要です。親回線を誰にするか決めておく必要があります。その親回線となった1人はUQ家族割の毎月500円割引は適用されません。

UQモバイルキャンペーンキャッシュバック