UQモバイルキャッシュバックで口座振替は対応している?

UQモバイルキャッシュバックで口座振替対応しているのは、「公式限定キャッシュバック」と「代理店BIGLOBE」のみです。

「正規代理店リンクライフ」は口座振替でも申し込むことはできますがキャッシュバック対象外です。初期費用無料キャンペーンは口座振替でも対応しています。

口座振替不可の「正規代理店リンクライフ」だけの特典として「初期費用無料」「端末セットM・Lプランはノベルティのプレゼント」「WiMAX契約で追加で12000円キャッシュバック」「1000~2000円プランによっては公式よりもキャッシュバック額が高い」などがありますので、これらの特典を逃すことになります。

その為、クレジットカードを作成してから正規代理店リンクライフのキャッシュバックを貰うのが一番得策です。

例えば、SIMのみ契約Mプランではキャッシュバック額から初期費用を差し引いた実質キャッシュバック額が代理店が13,000円キャッシュバックに対して公式サイトは7,760円キャッシュバックと歴然の差でありますので、公式は大損です。

クレジットカードはブラックリストに入っていて作れない方、無収入や無職で持てない方などは仕方ないですが、クレジットカードを作れるのに作らずに口座振替で契約するのはもったいないです。

この通信業界はクレジットカードの契約を優遇し、口座振替の契約を冷遇しています。

BIGLOBE WiMAXではクレジットカード支払いが30000円キャッシュバックで、口座振替は15000円キャッシュバックと少ないです。UQモバイルの契約だけでなく、どの回線業者も口座振替の特典が悪くなっていますので、クレジットカードは持っていて武器になります。

UQモバイル公式は幸いにもキャッシュバック額が口座振替でも変わることはありません。しかしながら代理店の初期費用3240円無料という特典を逃している点においては損をしていますので、選択肢は狭めています。

今でこそ格安SIMも口座振替での契約ができるようになりましたが2016~2017年あたりはクレジットカードのみしか受け付けしておりませんでした。

何かとクレジットカードを持っていないと不便なことが多いので、やはりもっておきたいところです。

クレジットカードを持っていない方は、代理契約も可能

家族内でクレジットカードを持っている人がいる場合は代理契約をしてもらい利用者名義を自分にすることもできます。

口座振替は申し込み後、郵送で本人確認書類を送るので審査に時間がかかります。端末セットの分割払いは特に審査が厳しくなります。

クレジットカードは既に厳しい審査を通ったからこそ持っているものなので、審査が緩めです。クレジットカードを持っているだけで信用があるのです。

口座振替の危険な点

口座振替は口座に残高がない状態で引き落とし日を迎えたら、信用を失います。貯金が少ない人にありがちなのが、うっかり、口座が空っぽにしていて引き落とし日を迎えてしまうパターンです。

引き落としできないとUQコミュニケーションズからの信用を失い信用情報機関のブラックリストに登録される可能性もあります。

ブラックリストに入ると、他社への乗り換えで審査が通らなくなりますので、口座振替はリスクがあります。

クレジットカードの場合は口座が空っぽでもUQコミュニケーションズの信用は損ねません。それはまずクレジットカード会社が代金を立て替えて支払っているからです。

クレジットカード会社と個人との問題なので、UQコミュニケーションズへのダメージはないのです。