現在のau回線を扱うMVNOは、mineo(マイネオ)、UQモバイル、Fiimo(フィーモ)、IIJmio(みおふぉん)の4社です。

その中でUQモバイルとmineo(マイネオ)は2強の格安SIMになります。au回線で格安SIMを選ぶ際は、この2つの格安SIMで悩む事でしょう。

UQモバイルとマイネオ料金比較

マイネオauプラン(Aプラン)

プラン料金通信速度
データ通信500MB700円受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
データ通信1GB800円受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
データ通信3GB900円受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
データ通信5GB1,580円受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
データ通信10GB2,520円受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
データ通信+音声通話500MB1,310円受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
データ通信+音声通話1GB1,410円受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
データ通信+音声通話3GB1,510円受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
データ通信+音声通話5GB2,190円受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
データ通信+音声通話10GB3,130円受信最大225Mbps
送信最大25Mbps

mineoのデータプランの中から使いたいデータ通信量と合うプランを選び、そこに音声通話が必要ならデュアル回線として音声契約を+610円で追加します。更にこの音声通話を通話定額型のプランにしたい場合には、最大30分間定額840円と最大60分間定額1,680円の2種類あり通話定額オプションを契約することが出来ます。

マイネオは、500MB、1GB、3GB、5GB、10GBと5種類のデータ容量と豊富に選択肢が用意されており、使いたい分だけの料金を支払うことができるのが特徴となります。

UQモバイルプラン

プラン月額料金データ容量通信速度
データ高速プラン980円3GB受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
データ高速+音声通話プラン1,680円3GB受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
データ無制限プラン1,980円無制限受信最大500kbps
データ無制限+音声通話プラン2,680円無制限受信最大500kbps
おしゃべりプランS2,980円(1年間は1,980円)1GB/月(2年間は2GB/月)受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
おしゃべりプランM3,980円(1年間は2,980円)3GB/月(2年間は6GB/月)受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
おしゃべりプランL5,980円(1年間は4,980円)7GB/月(2年間は14GB/月)受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
ぴったりプランS2,980円(1年間は1,980円)1GB/月(2年間は2GB/月)受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
ぴったりプランM3,980円(1年間は2,980円)3GB/月(2年間は6GB/月)受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
ぴったりプランL5,980円(1年間は4,980円)7GB/月(2年間は14GB/月)受信最大225Mbps
送信最大25Mbps

UQモバイルは、オーソドックスな格安SIMの料金プランと、通話定額を備えたキャリアに近い料金プランの2種類があります。オーソドックスなプランで選べる高速データ通信量は3GBのみの選択となります。

もう一つ選べるタイプは無制限プランになっていて、通信速度は500kbpsで固定されます。ここに音声通話契約などを追加できますが、通話定額オプションは用意されていません。

最大150Mbpsの高速データ通信を毎月3GBまで利用できるプラン、低速500kbpsのデータ通信が無制限で利用できるプランと2通りしかないのには理由があります。

auからUQmobileに乗り換えるユーザーの大半がスマホの通信費を節約するためだけなので大容量のデータ通信プランのニーズが少ないといことと、一部の大容量データ通信を行うユーザーが通信帯域を圧迫し通信スピードの低下を招くのを避け、サービス品質を高いレベルで維持する意味があるからでsy。

自宅に固定の光回線を契約しているスマホユーザーの大半は1ヶ月のデータ容量は3GBあれば必要十分です。そんなに外でネットを使わない人は1GBで十分でしょう。そういった背景からデータ通信のみのプランは選べる選択肢が少ないのです。

UQモバイルで通話定額を使いたい場合は「ぴったりプラン」「おしゃべりプラン」があります。この2つのプランのデータ通信量は1GB/3GB/7GBの中から選択でき、新規契約やMNPでデータ通信量が2倍になり2GB/6GB/14GBで利用できます。ただしこの特典はau回線からのMNPでは対応しておりません。

UQモバイルとマイネオ料金比較

データ通信のみ3GBのプラン料金は、UQモバイルが980円、マイネオが900円ですからマイネオの方が80円安いです。3GBも使わないで1GBで十分であればmineo(マイネオ)の1GBプラン800円が料金だけで比較したら安いでしょう。それでも通信量に余りが出るのであれば500MBプランの700円でも良いでしょう。

UQモバイルでデータ通信のみのプランを選択しようとした時に、月額980円で3GB使えるデータ高速プランより安いプランがありません。マイネオの様に1GBや500MBの容量の小さい選択肢がありません。

その為、月5GBくらいまでの容量までの範囲であればマイネオの方がお得になります。それ以上に通信をされる場合は、UQモバイルのデータ無制限プラン月額1,980円が良いです。

マイネオは、10GBプランになると月額2,520円に跳ね上がります。これでしたら、UQモバイルの無制限プランの方がデータ制限もなく安いのでお得です。

自宅に無線LAN環境がある場合は、自宅での通信は無線LANでデータ量を消費することはありません。外出先だけで通信を使う場合は大抵が5GB程度あれば足りますのでマイネオで良いでしょう。

自宅に無線LAN環境が無い場合や、ネットサーフィンが多い方はUモバイルの無制限プランが良いでしょう。

マイネオは、安さと選択肢の広さで選びやすいです。UQモバイルで3GB以上の大容量のプランを契約したい場合は、「ぴったりプラン」や「おしゃべりプラン」を契約する必要があります。3GBより少ない容量のプランを契約したい場合は選択肢がありません。

通話定額が欲しくて大容量データプランを選びたい場合には「ぴったりプラン」や「おしゃべりプラン」良いですが、通話定額に必要性を感じない人にとっては不要な機能がついて高額な支払いとなります。そういう意味でプラン選択の自由度が高く使い方に見合う料金支払いができるのはマイネオの方でしょう。

それでも、1ヶ月の間に60分くらいは通話する予定がある、或いは1日5分以内の通話を何度も使う予定があり、インターネット通信も3GB或いはそれ以上使うのであればUQモバイルが適しているでしょう。UQモバイルではデータ通信量が契約から2年間2倍で1年間の割引キャンペーンも適用されます。

2年以上を使うと料金が高くなりますので2年間の短い期間に使い乗り換える選択肢も用意しているのならUQモバイルもありでしょう。

UQモバイルとマイネオ速度比較

UQモバイル速度表MMD研究所調べ2017年2月

 PING(ピン・ピング)ダウンロード(下り速度)アップロード(上り速度)
朝(9時~10時)37.931.45.0
昼(12時~13時)40.434.75.6
夕(17~18時)37.119.44.3
全日38.528.54.9

マイネオ速度表MMD研究所調べ2017年2月

 PING(ピン・ピング)ダウンロード(下り速度)アップロード(上り速度)
朝(9時~10時)45.338.04.4
昼(12時~13時)87.70.64.8
夕(17~18時)50.912.54.6
全日61.317.04.6

UQ mobileは1日を通して、おおよそ20Mbps以上の速度を出しており、体感速度も非常に速いです。mineoは昼間に体感速度が遅く感じることがあるものの、その他の時間帯、特に夜間は快適に通信できます。

3GBのプラン料金は、UQモバイルの方が80円高いだけです。80円でこれだけ通信速度に差があるのならUQモバイルを選択した方が賢い選択と言えそうです。

ただ、UQ mobileは無制限プランが通信速度受信最大500kbps(=約0.5mbps)となっています。UQ mobileの無制限プランは、最大速度が非常に遅いため、大容量のデータ通信を行う場合は物足りないです。ヘビーユーザーの為の無制限プランではあるが、それほどスピードが出ないのが問題です。

UQ mobileのその他のプランは、全て受信最大150Mbpsですから問題ないでしょう。

人気の格安SIMの利用者数で比較

MMD研究所による「2017年3月格安SIMサービスの利用動向調査」によると、格安SIMを利用していると回答した人(N=5,236)を対象に、メインで利用している格安SIMサービスを聞いたところ、利用率が最も高かったのは「楽天モバイル」で20.0%、次いで「OCNモバイルONE」が12.3%、「mineo」が11.7%と続きました。

UQモバイルは5.2%とマイネオの半分以下です。格安SIMの人気で見るとmineoの方が人気があることが分かります。

マイネオだけのメリット

解約手数料がいつでも無料

mineoの場合、データ通信SIM、音声通話SIMは、利用期間0か月目であっても解約手数料がかかりません。UQモバイルの場合は、

  • データ高速+音声通話プラン
  • データ無制限+音声通話プラン
  • データ高速+音声通話プラン(V)
  • データ無制限+音声通話プラン(V)

に関しては、1年間期間内に解約された場合は、契約解除料(9,500円)を一括して支払う事になります。

  • ぴったりプランS/M/L
  • ぴったりプランS/M/L(V)
  • おしゃべりプランS/M/L
  • おしゃべりプランS/M/L(V)

おしゃべりプラン・ぴったりプランの場合:契約期間は課金開始日を含む月を1ヶ月目として、25ヵ月間を・契約期間とします。(25ヵ月目を「契約満了月」、翌月を「更新月」といいます)。

更新月に解約のお申し出がない場合、更に24ヶ月間の契約として自動更新となります。更新月以外に解約された場合は、契約解除料(9,500円)がかかります。

ただしmineoから他の格安SIMや大手キャリアへMNPする場合は、契約から1年以内の場合はMNP転出手数料が1万1500円かかります。契約から1年経過するとMNP転出手数料は2000円になります。mineoからMNPせずに解約する場合に、いつでも解約手数料が0円です。

mineoのドコモプランからauプランへの変更、またはauプランからドコモプランへの変更はいつでも2000円ですることができます。

複数回線割と家族割で月額料金が最安値クラスになる

複数回線割引

mineoには複数回線ご契約いただだいた場合に、各回線の月額基本料金から「50円割り引く」サービスがあります。

自分がmineoの格安SIMを2つ契約すると、複数回線割で月額料金が2つで100円割引になります。3つ契約すれば150円割引になります。複数回線割は申し込みも不要です。自動的に割り引いてくれます。

【複数回線割適用条件】

  • 割引回線は最大5回線までです。
  • お申し込みは不要です(自動適用されます)。
  • ご利用開始日の属する翌月から適用となります。
  • 同一回線での家族割との併用はできません。
  • プラン変更およびタイプ変更に伴うサービス停止期間も、割引は適用されます。
  • 解約日の属する月まで割引となります。ただし、割引額が当月の月額基本料金を上回った場合は、当月の月額基本料金を上回る割引は実施致しません。
  • 解約に伴い、単独回線となった場合は、割引が自動的に適用除外となります。

家族割引

mineoでは、ご家族でご契約いただいた場合に、各回線の月額基本料金から「50円割り引く」サービスがあります。住所が同一の家族だけでなく、離れて暮らす家族や姓が異なる家族も割引可能です。

両親や兄弟、妻や子供などでmineoで契約すると、みんなで家族割を使うことができます。離れて暮らす家族や結婚して名字が変わってしまった場合でも、家族割は適用できます。家族割は申し込みをする必要があります。

ただし、複数回線割と家族割の両方同時には割引できません。自分で2つ契約して100円割引されて更に両親2人が契約してさらに100円割引にする事はできません。家族割が優先されて、家族割が無い場合に、複数回線割が適用されます。

【家族割適用条件】

  • 割引回線は主回線を含め、最大5回線までです。
  • 主回線者から3親等以内の方が家族割の適用範囲です。
  • 家族割適用には、マイページからお申し込みが必要です。お住まいの住所、または姓が異なる場合は、ご家族であることを証明する書類(運転免許証など)のアップロードが必要です。
  • お申し込みを承諾した月の翌月から適用となります。
  • 同一回線での複数回線割との併用はできません。
  • プラン変更およびタイプ変更に伴うサービス停止期間も、割引は適用されます。
  • 解約日の属する月まで割引となります。ただし、割引額が当月の月額基本料金を上回った場合は、当月の月額基本料金を上回る割引は実施致しません。
  • 主回線を解約すると、家族割も解約となります。(残りの回線で引き続き家族割をご利用いただくためには、改めてお申し込みが必要です。)

パケットギフト

mineoには、ご自身の余ったパケット(データ容量)を誰とでも分け合えるサービスがあります。友達と余ったパケットを分け合えるので、無駄なくパケットを使うことができます。

【パケットギフト適用条件】

  • ギフトとして使用できるパケット(データ容量)は、10MB単位です。
  • 一度にギフトとして贈れるパケット(データ容量)は9,990MBまでです。
  • ギフトとして贈られたパケット(データ容量)の有効期限は、贈られた月の翌月末までです。
  • パケットギフトのご利用には、マイページからのお申し込みが必要です。
  • 同一のeoIDでご契約いただいている回線間では、パケットギフトをご利用いただけません。
  • 繰り越したパケット(データ容量)をパケットシェアすることもできます。

5分かけ放題サービス

mineoには、5分かけ放題サービスがあります。ご利用にはお申し込みが必要で月額850円かかります。5分かけ放題サービスを追加でお申し込みされる場合は、月末日20時~翌月1日まではお申し込みできません。

5分以内の国内通話なら月額850円でかけ放題になります。1回の通話が5分を超えると超過分は30秒10円です。5分かけ放題に申し込んでいない場合の国内通話料は、30秒20円ですから5分超えた通話料もお得です。

5分かけ放題サービスの適用には、「mineoでんわ」のアプリを利用して電話を発信していただく必要があります。一部のサービス(3桁特番、着信課金サービス、統一番号サービス、情報提供ダイヤル)への発信はできません。

また、NTT固定電話へは発信番号が表示されません。

ララコール

mineoではララコールというサービスがあります。月額100円かかりますが、毎月100円分の無料の通話時間がもらえます。

LaLa Callは、IP電話による格安通話アプリです。IP電話では、インターネット回線を利用した050のついた番号による格安通話が実現します。090・080の電話番号でかけるよりもずっと電話料金が安くなるのが特徴です。

通常の電話料金と比べて、LaLa Callだとこれほど安く通話できます。090・080の電話番号にこだわらないのであれば、データ専用SIMで契約してLaLa Callアプリを利用する方法で月額料金を節約できることは間違いありません。

LaLa Callは050番号を活用したインターネットで通話可能なIP電話ですが、080や090番号とは何が違うかと言いますと下記のイメージ図を参照下さい。

「家の電話」として長く機能してきた一般加入電話、そして爆発的に普及した携帯電話。そこに新しい仲間、IP電話が加わりました。IP電話とは、インターネットを活用した電話サービスのことです。

そして、今までは通話料が気になり時計とにらめっこだった長距離通話を、格安料金化、あるいは無料化を可能にしたのが、IP電話なのです。

  • 通常:30秒20円
  • LaLa Callで携帯電話へ:1分18円
  • LaLa Callで固定電話へ:3分8円
  • LaLa Call同士:無料