UQモバイルキャッシュバックを受け取れる確率は何%?

現在のUQモバイルキャッシュバックは契約してから、公式が3カ月後末日、代理店が7カ月後末日に口座情報登録の依頼メールが届きます。

メールが届いてから月末までに口座登録をしないとキャッシュバックが無効になります。

メールの開封忘れや、メールを開封しても期日までに口座登録しない人、口座情報を間違えてしまうなどによってキャッシュバックをもらえなくなってしまう確率がありますので、現状は100%受け取りはできないと言えるでしょう。

UQモバイルキャッシュバックを受け取れる確率100%にするには?

UQモバイルでキャッバックを確実に貰うための方法として、まず契約時に入力するメールアドレスを毎日確認しているメールアドレスにすることです。

契約する際に入力したメールアドレスに口座情報登録依頼のメールが届きますので、そこで普段使わないようなメールアドレスを入力しておくと、メールが届いていたことすら気づかないなんてケースが起こりえます。

その為、絶対に毎日確認するようなメールアドレスで契約することが重要です。

その次に、メールが届いたらすぐに口座を登録します。やはり、後で口座登録をしようとしても忘れてしまい期限切れとなる恐れがあります。すぐに口座登録を実行することで、手続き漏れを阻止できます。

また万全対策として、毎日確認しているメールでも見落としがあります。その為、キャッシュバックの口座登録メールが来る時期にアラーム設定しておくと間違いないでしょう。

最後に口座情報を間違いないように慎重に入力します。入力し終えたら何度も通帳の番号と照らし合わせて相違がないか確認して入念なチェック後に送信します。

これらすべてを確実に実行すれば貰い損ねることなんてありません。

UQモバイルキャッシュバックを受け取り忘れする人いる?

UQモバイルキャッシュバックの受け取り確率は100%ではないので貰い損ねる人は出てくるでしょう。でも、それは自己責任であり手続きを怠ったから貰えないので自業自得状態です。

会社はキャッシュバック手続きをすれば100%支払いますので、手続きをするしないは契約者様の手にかかってきます。

貰い損ねる人の理由として多いのが、忘れてしまっていたり、メールの確認漏れです。これは意識の問題もありますが、事前の対策の問題も大きく関係しています。

UQモバイル契約後にアラームセットという対策を打つだけでも、忘れることはありませんので、そういう万全策をきちんと事前にできるかが鍵となります。

UQモバイルキャッシュバック当初は100%貰えた?

UQモバイル発足当初のキャッシュバックはキャンペーンページから契約すれば、自宅に商品券が郵送されるといった者でしたので100%貰えました。

今はキャッシュバック条件をクリアしてキャッシュバックの権利が与えられるだけで、手続きをするまでは貰える確定には至りません。

条件が厳しくなったのです。これは会社としては貰い損ねる人がいれば都合は良いでしょう。キャッシュバックを支払わない分として利益を損ねることがないのですから。

このような複雑なキャッシュバック制度にしたのも、どこか貰い忘れを狙っているのではないかと疑われても仕方ありません。実際のところ、なぜ口座登録は契約から何カ月も期間も空けてから登録するようになったかは不明です。