auとau系MVNOからMNPはUQモバイルキャンペーン対象?

UQモバイルの公式と代理店などすべてauとau系MVNOからMNPはキャンペーン対象です。

2017年3月以前はauとau系MVNOからMNPはキャンペーン対象外でしたが、2017年3月以降はauとau系MVNOからMNPはキャンペーン対象が継続しています。

今のところ、auとau系MVNOからMNPはキャンペーン対象外となる予定はありません。

au系MVNOとは?

「MNO(Mobile Network Operator:移動体通信事業者)」とは、NTTドコモ・au・ソフトバンクといった、自社回線網を持つ通信事業者を指します。一般的に「キャリア」や「3大キャリア」などとも呼ばれています。

一方、自社回線網を持っておらず、キャリアから回線を借りて通信サービスを提供している事業者のことを、「MVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)」と呼びます。MVNOは格安スマホ、格安SIMを取り扱う事業者も含みます。MVNOはキャリアへ回線のレンタル料を支払い、通信サービスを提供しています。

au系MVNOは、auの回線を借りて通信サービスを安く提供しています。

①UQモバイル
②BIGLOBEモバイル Aタイプ
③mineo Aプラン
④QTmobile Aタイプ
⑤Fiimo Aプラン
⑥IIJmio タイプA
⑦Tikimo SIM タイプA
⑧J:COM MOBILE スマホセットプラン

auから回線を借りて、au系MVNOは通話やデータ通信の品質は変わる?

au系MVNOがauから回線を借りて提供する格安SIMは、キャリアと同じように利用できる部分、異なる部分があります。

通話

音声通話機能付きの格安SIMを用いる場合、通話に関してはキャリアと同じ品質で利用できます。通話品質はキャリアと体感できる差というものは全く感じずクリアに聞こえてきます。

逆に差を見つけ出すことの方が困難であります。

データ通信

通信品質は、MVNOだから粗悪な設備を使っているなどということはなく、基本的にキャリアと同じです。

ただMVNOによって、借りている回線の量が異なります。各MVNOはデータ通信時の通信速度を公表していますが、その値は理論値であって、実際の利用時に出る“実効速度”として保証されているわけではありません。

そういう背景もあり同じau系MVNOでありながらUQモバイルがダントツに速い状況が生まれています。これはauのサブブランドとしてUQモバイルの販促を強化するにあたり回線の増強もせざるを得ないことがうかがえます。

格安SIMのデータ通信は、MVNOが借りた、一定量の回線を利用者が分け合って使う仕組みになっています。回線を複数車線の道路、データを車と例えてみるとイメージしやすいかもしれません。車が多いと、道路は混雑して速度は落ち、ときには渋滞で動けなくなります。車が少ないと、当然速度が上がり、進みやすくなります。

借りる回線の量は各MVNOが決めているのですが、利用者の急激な増減などで、その回線の量が適切ではなくなってしまうこともあります。さながら、帰省ラッシュ時の高速道路のような状態です。

利用者増加への対策としてMVNO側では回線の増強等を検討するのですが、実際に対策が実施されるまでにタイムラグがあるので、短期間で快適な通信環境になるとは限りません。

また、MVNEを介してキャリアの回線を借りているMVNOの場合は、MVNEが提供している設備や利用しているMVNOの数といったMVNE自体の通信状況が影響してくると考えられます。

「MVNOの利用者の増減や、それに伴ってMVNOやMVNEで設備の増強等が定期的に行われているかどうかが通信速度に関わってくる」ということになります。

ほかにも通信速度は利用する時間帯や場所、その場所の人の多さなどでも変化します。

MVNOのサービスは、回線が混み合う昼の時間帯などの通信速度が遅いなどと言われる中でUQ mobileではどんな対策をしているのかというと、UQの矜持(自信と誇り)、徹底的に通信速度を上げていかなくてはいけないと思っているそうで通信速度をUQ mobileの売りにしています。

エリア

通話・通信可能なエリア、いわゆる電波が届く範囲は、MVNOが借りているキャリアの回線と同じになります。MVNOがNTTドコモから回線を借りているならNTTドコモが対応しているエリアと同じ、auから回線を借りているならauが対応しているエリアと同じ、といった具合です。格安スマホだから特別にエリアが狭くなるということはありません。