UQモバイルには、5分かけ放題がある

UQモバイルの「おしゃべりプラン」は、1回5分以内の国内通話なら何度でもかけ放題になる「5分かけ放題」が2017年2月22日から開始されました。

新プランは短時間の通話が多い方におすすめです。

「おしゃべりプラン」の月額料金は以下の通りです。データ容量の異なる2種類を用意しており、「S」と「M」があります。

通話部分以外は従来の「ぴったりプラン」と内容は同様で、ターボ機能OFF時には送受信最大300Kbpsになる代わりに、データ容量を消費しない機能なども利用可能です。

「おしゃべりプランS」

「おしゃべりプランS」は、基本使用料が月額3980円で、「スマトク割」(月額1000円引き)で月額2980円に、「イチキュッパ割」(月額1000円引き)で13カ月目までは月額1980円になります。

データ通信の容量は月間1GBで、データ増量キャンペーン適用時は2GBになります。

「おしゃべりプランM」

「おしゃべりプランM」は基本使用料が月額4980円で、「スマトク割」(月額1000円引き)で月額3980円に、「イチキュッパ割」(月額1000円引き)で13カ月目までは月額2980円になります。

データ通信の容量は月間3GBで、データ増量キャンペーン適用時は6GBになります。

初回契約時のSIMパッケージ料は3000円です。auかau系MVNOからMNPで転入した場合は、「スマトク割」と「データ増量キャンペーン」の対象外になります。

5分を超えた超過分の通話料は?

5分以内に通話を収めれば料金はかかりません。ただし、5分を超えた分の通話料は30秒20円かかります。

5分を超えると高い通話料がかかってくる為、5分を超えて通話することにない様にと、時間を計っておくことが大切です。

おしゃべりプランは2年縛りで違約金がある

おしゃべりプランには2年縛りがあります。

格安SIMで2年縛りといえば、端末を割引でセット販売するタイプのMVNOにおける独自プランや、端末のセット購入が必須のTONEモバイルが挙げられます。

おしゃべりプランは端末の購入をしなくても2年縛りとなりますので不便です。また、おしゃべりプランを2年以内に解約すると9500円の違約金が発生します。

更には自動更新ですので、解約月に解約しないと2年縛りが適用されます。そうすると、解約月以外に解約すると違約金が発生してしまうので、乗り換えできる期間が限られてしまいます。

データ通信量の増加も25ヶ月で終了するので、2年で解約し、再び新規契約するのが得になります。3年目を使い続けるメリットは少ないので一度解約すると良いでしょう。

データ通信量が少ない

おしゃべりプランSの通信量は1GBと少ないです。UQモバイルの通常プランは3GBですので、3分の1しかデータ通信量がありません。

新規契約者とau以外から乗り換える人であれば、W増量キャンペーンで2年間は2倍の2GB使えますが、2年間を超えて使うとなると1GBに戻ってしまいます。

1000円増しの、おしゃべりプランMであれば通信量は3GB(W増量キャンペーンで6GB)とデータ通信量は増えますが、全ての割引とキャンペーンが消える3年目以降は3GBで4980円と高くなってしまうので、かけ放題でも料金が高くて得するとは言えなくなってしまいます。

結局のところ、おしゃべりプランは2年間だけ使う事でお得なプランということが言えるでしょう。

おしゃべりプランは本当に得する?

UQモバイルの5分かけ放題は、回数無制限で何度でも5分以内なら通話料がかかりません。これは、「○○分の無料通話」と比べると事実上、電話をできる時間が増えたといって良いでしょう。

仮に30分の無料通話ですと、5分の通話であれば1か月に6回までしか使うことができませんが、おしゃべりプランであれば5分の通話を何回でも使うことができます。