UQモバイルのキャッシュバック条件プラン

UQモバイルのキャッシュバック対象として多いのが、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」です。この2つのプランが、店舗でもネットでも主流となっているのは、やはり「最低利用期間が2年間と長いこと」が要因です。

2年以内に解約しますと9500円の違約金が掛かります。UQモバイルとしては長期に契約してくれる顧客を確保したいので、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」の販促に力を入れています。

「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」は10000円以上の高額キャッシュバックできる理由としては、最低料金のSプランは1年は月額1980円、2年目は月額2980円です。

これは2年間で59520円の料金支払いが見込めます。これだけの料金を支払うお客様になら10000円のキャッシュバックを渡しても赤字にはならないわけです。

家族割500円割引もありますが1回線目は500円割引になりません。そうすると、2人で月額500円割引と考えると1人当たり月額250円の値引きにしかなりません。

250円を2年間で計算すると6000円です。ですから家族割を含めてキャッシュバックを渡しても利益は十分に回収できるわけです。

UQモバイルのキャッシュバック条件プラン

UQモバイル公式サイトのキャッシュバック受け取り時期は、キャッシュバックに関するご連絡時(契約後4ヶ月目)までの解約・プラン変更・月額料金の未払い・端末の返品がない場合が条件となります。

要は、キャッシュバックが欲しい場合は契約して4ヵ月後までは「プラン変更はしない」「未払いはしない」「端末の返品はしない」「解約はしない」これらすべてを守ることが前提となります。

また、お申込み時にご登録いただいたEメールアドレスが無効などの理由により、キャッシュバックに関するご連絡をお送りできない場合も対象外となります。

例えば、契約時にメールアドレスを登録したは良いがメールアドレスを変更して、4ヵ月後の連絡時に宛先不明となっていたというケースはキャッシュバックを登録する口座案内メールを届けられないので無効となってしまいます。

UQモバイルのキャッシュバック条件プランで対象外は?

「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」に関しては、対象となりますが、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」からすれば貰える額は少ないです。

「データ高速プラン」「データ無制限プラン」など音声通話なしの最低利用期間がないプランは完全にキャッシュバック対象外となっております。

この2つのプランは契約したらいつでも解約できるし、違約金もありませんので、短期解約されればキャッシュバックを支払えるだけの回収が困難です。

UQモバイルのキャッシュバックは自動振り込みではない

キャッシュバックはまず口座登録案内メールがご契約月を一か月目として4ヶ月目にお申込み時にご登録いただいたEメールアドレスに届きます。

ご連絡のEメールに記載されたURLのページからご指定の口座情報を入力します。入力いただいた口座情報に不備がある場合は、キャッシュバックの貰えません。その為、口座入力を間違えないことが条件となってきます。

更には口座登録案内メールが届いた月末日までに口座情報を登録する条件もあります。期日を過ぎますとキャッシュバックは無効となってしまいます。

UQモバイルのキャッシュバック条件端末

UQモバイル公式サイトでは、android最新端末6つとiPhoneの2種類がキャッシュバック対象となります。UQモバイルの端末取り扱い自体は少ないですが、最新機種全てが対象となっていますので条件的には悪くないでしょう。