UQモバイルキャンペーンキャッシュバック情報

参考:UQモバイルキャンペーン

参考:UQモバイルキャッシュバック

深田恭子さんの足に注目が?

UQモバイルCM「友近家」では深田恭子さんの「脚が太い」「ふくらはぎの筋肉がヤバイ」と話題となりました。

ドレス姿の3人が、ピンヒールを履いた左足を前に出し、腰を沈めるという結構足に負担のかかるポーズで登場します。中でも深田さんのふくらはぎは、しっかりと筋肉が浮き上がっています。

かなりキツいポーズなので、よく見ると深田さんの足や腕は筋肉がピクピクしています。なかなかのセクシーさです。

多部さんや永野さんに比べると深田恭子さんだけ、ふくらはぎの筋肉が盛り上がっています。これが脚が太いと言わる要因となっているようです。

これは太いというかスポーツなどで鍛え上げた足みたいな感じです。

この脚の太さはCGではないかとも言われています。CMは仕上がり美しくする為に多少の修正・加工はするでしょうが、脚を一人だけ太くするのは考えにくいです。

深田さんは「やせ型」の体質ではなく筋肉質なので、本物の足の姿と推測されます。もともとはガチムチ系の体形でしたが、最近は適度にシェイプアップされ、女性も憧れる体形へと変わっています。

深田さんは甘いものとお酒が大好きで、体型維持が大変だそうで現在も、加圧トレーニングやダンス、インナーマッスルの強化など、様々なトレーニングを取り入れつつ、食事にも気を配ることで、相当ストイックにボディメイクしています。

スタジオボディデザインという加圧トレーニングに週3回通っているようです。

スタジオボディデザインは、女性の加圧トレーニングブームの火付け役である加藤康子先生がプロデュースした加圧スタジオです。藤原紀香さんのパーソナルトレーナーをしていた方だそうです。

女性らしいボディラインのための、細くて長い筋肉をつけることに重点を置いているので、トレーニングしすぎてムキムキになってしまうのが心配という方にも良いでしょう。

加圧で有名なところですが、ピラティス・ヨガ・ストレッチ・小顔矯正・マッサージなどをオーダーメイドで提供するパーソナルトレーニングのスタジオです。

UQモバイルCMで見せたふくらはぎの筋肉も、こういった日々の努力のトレーニングによる成果と言えるでしょう。また、趣味に水泳やサーフィンなどもやっているので必然的に足の筋肉はつきやすいでしょう。

深田さんが今一番ときめきを感じているものとしてダイビングをあげており、アクティブな日々をエンジョイしていることを打ち明けていますので、プライベートはスポーツに力を入れていることも筋肉がつく理由と言えるでしょう。

深田さんというと水着のグラビアのイメージが強いですが、深田さんは水泳、プール、海がとにかく大好きです。実は水泳は2歳から始めていて、2001年には水泳の関係者と水泳にゆかりのある著名人に贈られる「ベストスイマー賞」を受賞しています。

公式ファンクラブの名称は深田さん自ら「pool」と命名し、出演したドラマ『華麗なるスパイ』『神様、もう少しだけ』のタイトルバックには、実際に本人が泳いでいる映像が使用されるなど、とにかく水泳との縁が深いのです。

本人は「前世はイルカだったかも」と口にすることもありました。

深田さんは実はダイエットをしている?

深田さんは太りやすい体質で、常にさまざまなダイエットに取り組んでいます。

風呂上がりに全身を鏡に映して変化をチェックする「全裸ダイエット」、納豆をキムチに混ぜて食べる「納豆キムチダイエット」、朝ごはんをバナナに置き換える「朝バナナダイエット」などを組み合わせ、10キロ以上のダイエットに成功したことがあります。

UQモバイルCM友近家

UQモバイルCM友近家シリーズでは、お笑い芸人の友近さんが友近ファミリーに扮して出演しました。パパもママもおばあちゃんも子供たちも、み~んなそろって全くおんなじ顔をしています。

パパ、おばあちゃん、ママ、3人の子供たちの順番に並んだ友近ファミリー。ヒゲがあろうが白髪で腰が曲がってようが、はたまた全体的に子供サイズになっていようが、友近さんだと一目で分かります。

360度方向どの角度から見ても、完全に異色すぎるこの家族。キャラが濃い面々の中でも、一番気になるのは一見するともっともマトモに見えるママです。

このママは、なだぎ武さんと友近さんによるキャラクターユニット「ディラン&キャサリン」のキャサリンです。

アメリカ発の海外ドラマで、日本でも放送されていた「ビバリーヒルズ高校白書」をモデルにしている「ディラン&キャサリン」が登場したのは約10年前で、そのころ実際にお付き合いをしていたという2人が恋人役を演じていました。

深田恭子さんとは?

深田恭子さんは、「深キョン」の愛称で知られる日本を代表する女優さんの1人です。

女優としての活動だけではなく、歌手としての活動や、バラエティ番組のタレントとしての活動、ラジオ番組のパーソナリティや、TVアニメの吹き替えなど、様々な活動を行っています。

2017年11月の誕生日で35歳になりますが、全く年齢を感じさせない美しさを保っています。

世間の声としては大多数が「30を過ぎてからの方が可愛い」と、ここ数年でファンになる男性も急増しているほどです。そんな可愛らしい雰囲気を保ちつつ30代となった深田さんは女性たちにとってもなりたい目標であり、男性たちにとっては彼女にしたい大人の女性像という憧れの存在です。

昔から可愛いわけですが、大人になっても衰えることが全くありません。

深田さんは2018年1月からフジテレビ系列で放送されていたドラマ『隣の家族は青く見える』で主演するなど、デビューから20年が経過してもいまだに第一線で活躍し続けています。

次は一体どんな作品に出演するのでしょうか。今後の活躍に期待しましょう。

深田恭子さんが生まれた年代は?

深田さんが生まれた1982年は、幼少期にはバブルを、そしてテクノロジーがアナログからデジタルへ移行していく時代をリアルタイムで体験している世代です。

世間では、競争重視の「就職氷河期」と個性重視の「ゆとり」の間にある「はざま世代」と呼ばれ、両方の良い面と悪い面を見てきた世代です。

そのため、冷静な判断のできる世代でもある深田恭子さんは、「マイペース、嫌みがない、そしてスタイルが良い」といったところです。

トレンドに消費されるのではなく、着実に自分らしい仕事を積み重ねてきた結果として、いまの彼女たちがあるといえます。

深田さんは現在35歳を迎え、いよいよ脂が乗ってくる時期です。今後は深田さんが実力派女優として、映画・ドラマ界を豊かに彩ることが期待されます。

深田恭子さんがデビューしたきっかけ

深田さんが芸能界に入るきっかけとなったのは、歌手の華原朋美さんです。深田さんは憧れの華原さんのようになりたいと思って芸能界を目指すようになったのです。

1996年、中学校2年生の時に「ホリプロタレントスカウトキャラバン」で1万9130人の応募の中から深田恭子さんはグランプリを獲得しました。

このオーディションは、芸能界への有力な登竜門として知られ、過去には、榊原郁恵さん、井森美幸さん、山瀬まみさん、平山あやさんなどがグランプリを受賞しています。

年齢やテーマを毎年変えながら募集していることが特徴で、深田恭子さんがオーディションを受けた年のテーマは「ピュアガールズオーディション」というテーマでした。

その名前の通り10代のピュアな若い世代が対象とされていて、「王道」「純粋」さを持った主役級の女優発掘を目的に行われました。

深田恭子さんは受賞後、1997年の土曜ドラマ「Five」に唐渡亮の妹役としてレギュラー出演して女優デビューを果たします。

この作品は残念ながらその内容が「登場人物のほとんどがいなくなってしまう」という衝撃的なものだったためか、DVD化や再放送はされておらず、現段階でこの深田恭子さんのデビュー作を見るのは困難な状態になっています。

『それが答えだ!』(フジテレビ系)では、三上博史演じるマエストロが赴任してくる学校の吹奏楽部の一員として、透明感のある瑞々しい演技を披露。どんな色にでも染まれそうなピュアな素材は、多くの作り手から注目されました。

デビュー当初の深田さんは本当に戸惑うことばかりだったそうで、当時は中学生ということもあり周りも大人の方ばかりで、学業との両立は大変で、仕事場に教科書持ち込むよりも、セリフを覚えないと仕事が終わらなかったりとか余裕がなかったそうです。

今は現場に年下の監督さんがいたり、年齢も近い人も多いので同世代のみんなで作品を一緒に作ってる感じで昔とはまた違った気持ちで現場を楽めるようになったそうです。

深田恭子さんが認知されるきっかけは?

深田さんの存在を、世に広く知らしめるきっかけになった作品は、1998年に放送された連続ドラマ『神様、もう少しだけ』(フジテレビ系)で間違いありません。

彼女のブレイクポイントで当時16歳だったにも関わらず、病気と向き合い人生の決断をしていく女子高生という難しい役柄を熱演しています。そんな深田さんは、10代の頃からすでに可憐さの中にどこか艶やかさを漂わせていました。

本作で深田さんは、たった一度の援助交際がもとでHIVウイルスに感染してしまった女子高生・真生(まさき)を演じました。

放送当時16歳だった深田は、どちらかというと、素朴で透明感溢れる佇まいが突出していただけに、“援助交際”“HIV感染”というキーワードは非常にセンセーショナルでした。

しかし、劇中、深田さんが演じる真生は、こうしたドラスティックなキーワードとは正反対の、金城武演じる人気音楽プロデューサー・石川啓吾の楽曲だけが、日常を特別な色にしてくれるものだと感じるような、狭い世界で生きている普通の女の子だ。

この点が、本作全編に醸し出される“純度の高い感情”の基盤となっています。真面目で純粋な少女だったからこそ、たった一度の行為によって、どこか満たされずとも穏やかだった日常が崩れてしまう怖さや後悔が、嫌というほど視聴者に伝わりました。

HIV感染の事実を知った時、ほんの一瞬みせた真生の、色のない表情は、なんとも言えないリアリティを含んでいました。演じているというよりはドキュメンタリーをみているような感じでした。

ややもすると「愚かなことをしてしまった少女」は反感を買ってしまう存在だったかもしれませんが、深田さんの内から醸し出す清廉さや魂の叫びに視聴者は感情移入しました。その結果、初回視聴率(18.2%)から最終回(28.3%)まで10%以上も数字を上げることができました。

UQモバイルCMで深田恭子さんを抜擢した理由

UQモバイルは2016年10月にTV CMを一新し「UQモバイル、だぞっ」というCMをオンエア開始しました。これまでメインでキャラクターを務めてきたガチャピン・ムックをお母さん役、お父さん役とし、新たに長女役として深田恭子さん、次女役として多部未華子さん、三女役として永野芽郁さんを迎え、家族のCMを展開しました。

2017年12月14日に発表された「2017年度銘柄別CM好感度ランキング」では、深田さんが出演するUQコミュニケーションズのCMが初のベスト10入りした。

2016年の1497位から最高位の6位に大躍進しピンクレディーの往年のヒット曲「UFO」をバックに、深田、多部未華子、永野芽郁が3姉妹に扮し藤原紀香のゲスト出演もあって、最近では注目度もアップしています。

UQモバイルCMが大ヒットする深田さんの貢献度は非常に高いと言えます。

美しい顔立ち

深田恭子さんは2017年は最も美しい顔に選ばれています。

30代を超え大人の色気が増してきており、クッキリとした胸の渓谷がバッチリ拝める白のロングドレスの様な派手な衣装が非常に似合うようになりました。

登場してましたが、艶っぽさも全開にしつつ『健康美』という言葉もしっくりくる独特のオーラを発していましたね。メイクについて『潤いを残したメイクが好き』と語り、今一番ときめきを感じているものとしてダイビングをあげ、アクティブな日々をエンジョイしていることを打ち明けるなど、ノリノリでしたよ」(女性誌記者)

 そして美の秘訣について聞かれ明かしたのが「食」へのこだわり。時間がある時に家でレシピ本を見ながらまとめて作り置きしタッパーに保存しているそうで、健康には気をつかっているという。

「若い頃、お酒が大好きな深田は女友達と深酒しては、後先考えずに高カロリーラーメンをドカ食いしていたようですが、今は好調な女優業を大事にしながらプライベートの充実にも力を注いでいます。結果、ありのままの美しさで勝負する写真集は次々バカ売れして、同性からの支持も集め、なりたい女優、憧れの女性に選ばれる。これがいい循環となって深田のプロ意識を刺激し、高いモチベーションをキープする原動力になっているようですね」(芸能ライター)

透き通る美肌

深田さんはお人形のような透明感がある真っ白な肌は魅力的です。深田さんの美容法はとにかく保湿重視です。もともと乾燥肌の深田さんは、常に保湿力の強化を意識したスキンケアを行っています。

深田さんは、忙しくてスキンケアと睡眠に十分な時間を確保できません。しかし、人に見られる仕事であるので、自由な時間があると美容に全てつぎ込んでいます。

とにかく時間がないので、保湿ケアもとてもシンプルと思われます。保湿だけにこだわっているので、特別なことはしていません。

おそらく保湿ケアもあっという間に終わらせ、そして就寝しているでしょう。それでいて重度の乾燥肌であっても今のようにプリプリの肌を維持できているのです。

また、自分に正直になり好きなことをすることで、ストレスから解放されている深田さんはストレスと無縁になる生活を送っており自律神経が整い、その影響で肌がキレイになっています。

深田さんが自分でメイクをする際に気を付けていることは潤いを残したメイクだそうで頬の艶だったりを残しながら、血色のいい感じのメイクをしているそうです。

艶は大事と位置付け。年齢が上がってくるに従いそんなに抑えないほうがいいとの持論を持っています。

自然体で生きること

深田さんのポリシーは「自分がしたいことをする」「我慢せずに自然体で生きる」 です。そのため深田さんは食欲も制限しないし、無理なダイエットもしていません。

テレビCMで見る深田さんはおっとりしている印象ですが、それもありのままの深田さんです。深田恭子さんは、女性らしい見た目とはウラハラに、実はすごく男らしくサバサバした性格です。

その親しみやすい性格は、共演者の方からも好かれており深田さんがいる現場はいつでも明るいです。着飾らず誰とでも仲良くできる深田さんは、共演者からの人気も高いです。

抜群の演技力

深田さんの一番の魅力は、女優としての演技力です。

天真爛漫の明るいキャラクターから、ちょっと影のあるキャラクターまで深田さんの演技力は役を選びません。

最近は女性の深層心理を描いているような作品にも多く出演していますが、深田恭子さんが演じることでその作品にもぐっと深みが増しています。