UQモバイルの電波は弱い、切れる?

UQモバイルの電波は、auの4G LTE回線使っていますので通信の品質はauと同じということになります。4G LTEは800MHz プラチナバンドで、繋がりやすい電波を使っています。

この800MHz、プラチナバンドはスマートフォンで使う電波の周波数のことです。「800MHz」と「プラチナバンド」はどちらもスマホの電波の周波数のことを指しています。

UQモバイルは格安回線で繋がりにそうなイメージがありますが、実際は目立った問題はなく、インターネット上の口コミや評でも評価は高く満足しているようです。

800MHzプラチナバンドは、周波数帯は遠くまで電波が届き、また建物などの障害物を回り込む性質を持ち、繋がりやすさに大きく寄与する特性があります。そのため、「繋がりにくい」「すぐに途切れる」といった心配がありません。

ただ、トンネル、地下、建物の中、山間部などの電波の弱い場所や境界付近では、電波が切れる場合はあります。また、電波が強くアンテナマークが最強になっている場合で、移動せずに使用している場合でも通話・通信が切れる場合があります。

しかし、これはどの格安SIMやキャリアでも同じことが言えます。日本中のどこでも完全に電波が入り安定するということはありません。

プラチナバンドとは?

プラチナバンドとは、700MHz~900MHzの周波数帯域を中心とする極超短波の帯域を指す通称である。特に、携帯電話事業者(キャリア)への再割り当てが進められている700MHz、900MHzの空き帯域を指す場合が多い。

極超短波は、一度に伝送できる情報量が多く、比較的小型の送受信設備で通信することが可能で、障害物はある程度まで迂回して伝わるといった性質を持ち、電気通信の用途において特に良質な周波数帯域として知られています。このため、特に価値の高い帯域(バンド)いう意味で、プラチナバンドと呼ばれています。

携帯電話では、昔から800MHz(メガヘルツ)帯を利用していたNTTドコモとKDDIに比べて、1.5GHz(ギガヘルツ)帯と2GHz帯という高い周波数しか持っていなかったソフトバンクの孫正義社長が、携帯電話で利用するのに800MHz帯や900Mz帯が適している、必要ということで「プラチナバンド」と呼び出したのが最初のきっかけとなります。

そのソフトバンクも、2012年7月より総務省の認可を受けて900MHz帯の電波サービスを開始しました。その頃は、テレビCMで何度も「プラチナバンド」が放送されました。

プラチナバンドがなぜスマホに適している?

1.5GHz、1.7GHz、2GHzなどの高い周波数は直進性が高く、大容量データ通信のやりとりに向いています。しかし、直進性が高いということは回り込みが苦手ということです。

周波数の高い電波を例えるなら太陽の光が良い例でしょう。太陽の日光は、素早く真っ直ぐ光は届きますが、障害物があるとその部分に影ができて光が届かず暗くなってしまいます。

それに対してプラチナバンドの様に周波数が低いと回り込みができます。これを音に例えると、音はある程度の範囲内でしたら均一に届くので、響き渡ることが可能でしょう。

つまり1.5GHz、1.7GHz、2GHzなどの高い周波数より周波数の低い700~900MHzの方がビルや建物を回り込んだり、空気中の水分などによる影響を受けにくいため、コンクリート壁を透過しやすく、ビルの内部・建物の陰になっている場所にもよく届きます。

また周波数帯は100MHzでも違ってきます。900MHzよりも低い800MHzの周波数帯のほうが、少ない基地局で広いエリアをカバーできます。

auの「LTE」とは?

Long Term Evolutionの略で、現在の第3世代携帯電話(3G)を進化させた通信規格です。

従来の通信規格よりも圧倒的に速度が速く、たくさんのデータを一度に送受信できるのが特徴です。スマホが急速に普及している現代社会に適した通信規格と言えます。

「LTE」の速さはどれくらい?

LTEなら3Gの約15倍速いです。LTEは、データ受信速度が最大150Mbpsの高速通信を実現しています。ただし、LTEの通信速度は、同じ通信会社のLTEでもエリアや対応機種によって最大受信速度が37.5Mbps / 75Mbps / 100Mbps / 150Mbps などと異なります。

「LTE」 と 「プラチナバンド」 の関係は?

プラチナバンドは、つながりやすさに関係しています。通信規格のLTEに対し、プラチナバンドは電波の周波数帯域(700MHz-900MHz帯)のことで、この帯域は電波が遠くまで届きやすく、大きな建物もまわりこむので都心のビル街や室内でもつながりやすいという特性があります。

プラチナバンドのLTEは、「つながりやすい」「速い」の両方のいい部分を生かすことができるのです。

UQモバイルは日本の人口カバー率99%以上

auでは、2012年11月よりプラチナバンド800MHzによる「4G LTE」サービスの提供を開始し、住宅街、鉄道、商業施設、ショッピングセンター、大学などの生活導線はもとより、旅行や出張などでご利用される機会の多い新幹線、高速道路、観光地でも快適に高速データ通信が使えます。

2014年3月14日には、プラチナバンド800MHz帯の4G LTEの実人口カバー率が99%に達しています。これは人口の99%の人々が利用できるという意味で、日本のほとんどは問題なく利用することができます。

2015年世界文化遺産に登録された軍艦島や、温泉百選にも選ばれる秘湯地獄谷温泉など様々な場所で快適に利用できます。