UQモバイルキャンペーンキャッシュバック情報

参考:UQモバイルキャンペーン

参考:UQモバイルキャッシュバック

UQ mobileUQ WiMAXの2つのサービスを運営しているのは、UQコミュニケーションズ株式会社です。

無線データ通信のサービスは、2009年2月26日から「UQ WiMAX」のサービス名称で試験サービスを開始し、同年7月1日から正式サービスとして提供を行っています。

KDDIでは2003年からWiMAX技術に着目、標準化作業に携わるとともに技術開発に取り組んできたとしています。

また2015年10月1日にはKDDIバリューイネイブラーを吸収合併し、au 4G LTEのMVNOであるUQ mobileと、MVNE事業とを運営しています。

UQモバイルの歴史

KDDIの子会社として発足したKDDIバリューイネイブラーが運営し、auのサブブランド的な位置付けとなっていた「UQmobile」だが、動きの速い格安SIM市場では、大きな存在感を発揮できていなかった。

こうした中、KDDIは2015年10月に、UQ mobileの事業を関連会社のUQコミュニケーションズに移管。同社の下で、WiMAX 2+と2枚看板で事業が展開されることになった。

UQ mobileとUQ WiMAXとの関係

UQ mobileとUQ WiMAXは、KDDI系の会社からスタートした共通点がありますが、別々の会社からスタートした事業です。現在はUQコミュニケーションズがUQ mobileとUQ WiMAXを一緒に運営していますが、事業間のつながりはそれほどありません。

現在、事業者間でのサービスのセット契約やセット割引などはなく、BIGLOBE、OCNモバイルONE、IIJmio、U-mobileなどが他サービスとのセット割引をしているのとは対照的です。

そんな中でも、「スマートフォンでもWiMAX」と銘打って、UQ mobileとUQ WiMAXの両方の利用を推奨しています。

スマートフォンでも WiMAX と謳うUQコミュニケーションズ

一見快適に思えるUQモバイルの高速通信対応スマホですが、いつまでも高速というわけではありません。月間データ容量には上限があり、一定の通信量に達すると強制的に速度が遅くなる「速度制限」があります。

高速通信ができると高画質動画のストリーミングやアプリのダウンロードもサクサク行えるメリットもありますが、それをたくさん使うことを繰り返していると、制限対象となる通信量まであっという間です。

たとえばiPhone6sでいう「7GB」はYoutube視聴の場合、HD画質で1時間程度です。1日5分の視聴でも、たった2週間足らずで7GBに達してしまいます。

スマホの高速通信は、すぐに制限がかかってしまうと遅い通信速度になって不便になります。

スマホの速度制限をカバーするのがUQ WiMAXです。UQ WiMAXも直近3日間で10GB以上使うと速度制限がかかり翌日の18時頃~翌2時頃まで最大通信速度1Mbpsとなります(YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度)。

UQ WiMAXにも速度制限があるものの、3日間で10GB使えますので、1日平均3.3GB使える計算です。これは、UQモバイルの「おしゃべりプランS」「ぴったりプランS」の月間2GBよりも1GB多く、データ高速プランの月間3GBと同等です。

UQモバイルが1か月間に使えるデータ容量をUQ WiMAXでは1日単位で使うことができるので、ネットをたっぷり使えるということになります。

UQ WiMAXを3日間で10GB利用できるということは、1か月(30日)では月間100GBも利用できる計算になります。高速通信を月間100GBも利用できて、月額4380円なら利用価値はあると言えるでしょう。

だからこそスマホでもWiMAXが必要ということになります。

UQモバイルとwimaxの通信速度の差を考えれば、高速通信が必要な動画の閲覧やアプリのダウンロードはwimaxに任せ、通常のネット閲覧やSNS、メールなどはUQモバイルという使い分けが大切です。

UQモバイルにもデータ無制限プランがあるが?

UQモバイルにもネット使い放題のデータ無制限プランがありますが、これは通信最大速度が500kbpsと決まっており高画質の動画視聴やゲームなどではスピードが足りない速度です。

インターネットでテキスト中心のWebページを見たり、メール中心であれば問題ありませんが、ブログやSNSやWebサイトの動画や写真を見る機会が多い人にとっては遅い速度です。

UQ WiMAXは下り最大440Mbpsなので、オンラインゲームや高画質の動画など全ての利用が問題ないです。

よって、全てのネット利用を快適に利用するなら断然にUQ WiMAXが有利なのです。UQモバイルのデータ無制限プランでは、データ容量の上限がなくても速度が遅いのでネットのできる範囲が限られてきます。

そのため、ネットをたっぷり使いたい場合はUQモバイルの「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」「データ高速プラン」などの高速通信プランとUQ WiMAXを組み合わせて利用することをお勧めします。

UQモバイルとwimax併用する場合のプランは?

UQ WiMAXの「UQ Flatツープラス ギガ放題(3年)」月額4380円とUQモバイルのそれぞれのプランと併用した場合の月額料金です。

プラン月額料金データ容量UQ WiMAXと併用した場合の合計
データ高速プラン980円3GB5360円
データ高速+音声通話プラン1,680円3GB6060円
データ無制限プラン1,980円無制限6360円
データ無制限+音声通話プラン2,680円無制限7060円
おしゃべりプランS2,980円(1年間は1,980円)1GB/月(2年間は2GB/月)7360円(1年間は6360円)
おしゃべりプランM3,980円(1年間は2,980円)3GB/月(2年間は6GB/月)8360円(1年間は7360円)
おしゃべりプランL5,980円(1年間は4,980円)7GB/月(2年間は14GB/月)10360円(1年間は9360円)
ぴったりプランS2,980円(1年間は1,980円)1GB/月(2年間は2GB/月)7360円(1年間は6360円)
ぴったりプランM3,980円(1年間は2,980円)3GB/月(2年間は6GB/月)8360円(1年間は7360円)
ぴったりプランL5,980円(1年間は4,980円)7GB/月(2年間は14GB/月)10360円(1年間は9360円)

UQモバイルとwimax併用する契約プランの組み合わせとしては、UQモバイルの「おしゃべりプランS」「ぴったりプランS」1,980円/月UQ WiMAXの「WiMAX2+ギガ放題プラン」4,380円/月がおすすめです。

両方合わせて月額6,360円/月で、無料通話がついてきます。

おしゃべりプランSは何度でも5分かけ放題と2GBのデータ容量がセットになったプランで、月額1,980円で契約可能です。ただし、14ヶ月目以降は2,980円になり、26ヶ月目以降は1GB/月になります。

おしゃべりプランSの2GBを消費して以降は、WiMAX2+のギガ放題プランでカバーすることによって、高速通信をたっぷり使い続けることができます。つまり、Sプランの月間データ容量2GBを消費してもUQ WiMAXが10日間で10GBの容量を使えます。

「おしゃべりプラン」に関しては、S、M、Lとそれぞれ「無料通話5分」は変わりません。データ容量が、Sプラン2GB、Mプラン6GB、Lプラン14GBと増えていきます。

UQ WiMAXと「おしゃべりプラン」を併用する場合、データ容量はUQ WiMAXでカバーできるので、Mプラン、Lプランを選択する意味はないと言えます。一番安いSプランとUQ WiMAXを併用するのが賢い選択と言えるでしょう。

「ぴったりプラン」の場合は無料通話時間がSプラン60分、Mプラン120分、Lプラン180分となっているので、UQ WiMAXでは通話はカバーできないので、長時間電話を使う場合Mプラン、Lプランを契約する意味はあると言えるでしょう。

データ高速+音声通話プランは、高速データ通信容量3GBとSプランより1GB多いですが無料通話がない欠点があります。UQ WiMAXはデータ容量をカバーしてくれますので、UQ WiMAXでカバーしきれない無料通話がついている「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」の方が併用するには最適です。

ネットもたっぷり使えて、無料通話もできるを実現するのが、「通話定額プラン」×「UQ WiMAX」の併用なのです。

UQモバイルとUQ WiMAXの違い

UQモバイルがSIMカードを契約し、SIMカードが届いたら利用したい端末に差し込むことで、ネットや通話を楽しめます。SIMカードでは通話もつけることができるので、家でも外でもネットや通話を楽しめます。

UQ WiMAXも契約はSIMカードですが、UQモバイルとの違いは、基本的にデータ通信のみの契約となる点です。契約したSIMカードをルーター本体に差し込むだけで、高速インターネットを楽しむことが出来ます。

UQ WiMAXはデータ通信専門となりますので、使えるデータ容量がUQモバイルと比べものにならないくらい大きいです。UQモバイルの高速通信プランである「データ高速プラン」は月間3GB「おしゃべりプランS」「ぴったりプランS」は月間2GBに対して、UQ WiMAXは月間100GBも利用できます。

実に10倍以上もの高速データ容量を使えるので、ネットをたっぷり快適に利用できます。UQモバイルは高速通信に限りがありますので、データ容量を気にしながらネットを利用することになりますが、UQ WiMAXであれば1日平均3.3GBは使えるので、ネットを気兼ねなく利用できる点は大きいです。

UQ WiMAXのモバイルルーターがあれば、無線LANに対応したノートパソコンやタブレット端末でインターネットを家でも外でも快適に利用する事ができます。

UQモバイルにもテザリング機能がありますが、データ容量の上限が低いので、パソコンでネットを利用すれば、あっという間に月間データ容量を減らしたり、使い果たして速度制限がかかったりしてしまいます。

UQ WiMAXであれば旅先で無線LANを繋いでパソコンを自由自在に使えるのです。