UQモバイルネットワーク利用制限とは

日本は、携帯電話の不正利用対策が最も厳しい国です。携帯電話各社は、携帯電話が不正に入手されたり、「振り込め詐欺」などの犯罪に利用されたりすることを防止するため、さまざまな手段を講じています。

その一つとして「ネットワーク利用制限」があります。これは携帯電話1台1台に割り当てられている固有の製造番号を、携帯電話各社のシステムに登録することで、一定の条件に当てはまる場合、その携帯電話を利用できなくするものです。

音声通話の発着信、メールやWebブラウジング、アプリなど、通話や通信をネットワーク側で制限します。

端末の製造番号を使って通信を止めるため、基本的に、SIMカードを入れ替えても電話機として使うことはできません。現在、NTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクモバイル、格安SIM各社が、この不正利用防止の手段を用いています。

端末がネットワーク利用制限されているかどうかは、携帯電話会社のWEBサイトで確認できます。端末の設定メニューや貼られているシールなどに記載されている「IMEI」(au/KDDIの場合「MEID」も使用可)を入力すると、すぐにネットワーク利用制限の状況が表示されます。

いずれの携帯電話会社も、ネットワーク利用制限されている端末には「×」、されていない端末には「○」を表示します。分割購入中の端末や支払い方法が窓口払いに変更された端末など、今後制限される可能性がある端末は「△」が表示されますが、その基準は携帯電話会社によって多少の違いがあります。

なお、各社とも一度「×」を設定した端末はネットワーク利用制限解除には応じない方針です。「△」であったとしても、元の持ち主の状況によっては「×」に変わる可能性もありますから、中古品を入手する場合は事前にじゅうぶん確認する必要があります。

参考:ネットワーク利用制限携帯電話機の照会について|UQモバイル公式

UQモバイルキャンペーン

UQモバイルネットワーク利用制限携帯電話機の照会について、問い合わせ先は?

UQモバイル電話窓口は、2018年12月28日までで受付を終了しました。

IMEI(製造番号)を入力し、ネットワーク利用制限携帯電話機かどうかご確認ください。

ネットワーク利用制限携帯電話機照会こちら 

白ロムと赤ロムの違いについて

白ロムとは?

スマホには、電話番号・メールアドレスなどの契約者の個人情報が記載されているカードが差し込んであり、そのカードを「SIMカード」と言いいます。

新しく購入したスマホに、そのSIMカードを差し込めば、そのまま同じ電話番号・メールアドレスで、新たに購入した端末を使えるようになります。そういったことが出来るように、中古携帯からSIMカードを抜いた、個人情報のないスマホを白ロムと呼呼びます。

参考:「白ロム」と「黒ロム」の違い

赤ロムとは?

赤ロムは何かしらの理由で、キャリア側がネットワーク利用制限を端末に掛けている状態の端末のことです。

ネットワーク利用制限がかけられ、判定上「×」になってしまうのはどんな時は以下の場合です。

盗難品

何かしらの理由があり、警察へ盗難届けが出されており、キャリア側がネットワーク利用制限を掛けて使えない状態にロックしている。

不正契約

契約時において、身分証が偽造されていたり、虚偽の申請がされている端末であったため、キャリア側がネットワーク利用制限を掛けている。

端末代ローンの不払い

よくスマホを購入する時に、端末代金を2年間ローンにして、月々のローン返済で支払っていくことで、契約をすることが多いですが、そのような端末ローンを不払いにしておくと、キャリア側がネットワーク利用制限を掛けています。

また、この端末ローンの不払いは、手持ちの端末が赤ロムになってしまう最も多い理由ともなっています。

UQモバイルでネットワーク利用制限が適用される理由

まず一般的なネットワーク利用制限が適用される理由は以下です。

  • 携帯電話が盗難にあったとユーザーから申し出があった場合
  • 契約時の本人確認書類が偽造されている場合
  • 割賦で購入しつつ端末代金が未払いになったりした場合

UQモバイルでネットワーク利用制限がかけられる理由は以下です。

  • UQスポット、各量販店、オンラインショップなどのでの窃盗(盗難)や詐欺などの犯罪行為により、不正に入手された携帯電話機
  • 本人確認書類偽造や申込書の記載内容(お名前、住所、生年月日など)に虚偽の申告が含まれているなど、不正な契約により入手された携帯電話機
  • 端末補償サービスにより、補償対象となった旧携帯電話機
  • 料金のお支払い(分割支払金や、端末割引に伴う違約金等の債務を含む)がされていない、またその恐れが高い携帯電話機

各携帯会社では、一度、ネットワーク利用制限がかかった端末は、基本的にそのロックを解除しない、という方針です。もしオークションや中古市場で携帯電話を購入する場合は、このシステムに購入対象の携帯電話が登録されていないか、十分に注意しなければなりません。

参考:ネットワーク利用制限 って?