楽天の携帯参入いつから?延期が決定

楽天は2019年10月に予定していた携帯電話事業への本格参入を、来年春に事実上延期する方針を固めました。

通信網に必要な基地局の設置が遅れていることが理由です。2019年10月時点では利用者を限定し、利用料金も一時的に無料にしてサービスを始める方向です。

遅れる間は、利用者を絞り込み、無料でサービスを提供します。

楽天携帯参入で無料サービスの対象は?

無料サービスの利用者の対象は、東京23区、大阪市、名古屋市、神戸市在住で18歳以上の人。新規契約か他社からの乗り換えが必要。10月1~7日に募集し、応募が多い場合は抽選する。11日から当選案内のメールを送ります。

。楽天モバイルのサイトで今年10月1日から7日まで募集し、申し込み多数の場合は抽選を行う。対象者は順次、数万人規模に拡大する予定です。

楽天携帯参入延期の理由は?

携帯基地局の整備が難航しており、大量の通信利用に耐えられないと判断しました。

楽天は2020年3月末までに基地局を3432局整備することにしていますが、現状では大幅に届かない模様です。総務省は、基地局の設置ペースの遅れを理由に、楽天側に対して3度の行政指導を行っています。

楽天の携帯参入いつから本格展開?

楽天は新規参入する携帯電話事業の本格展開時期について、2019年10月の試験的サービスの開始から「1カ月後かもしれないし、年内かもしれない」との見通しを明らかにしました。

ネットワークが安定的に稼働することをしっかり確認した後で、申し込みの受け付けを開始すると語っていますので本格的なサービス開始時期は明言しておりません。

当初は2019年10月から本格展開する予定でしたが、通信の安定稼働の確認に時間が必要という理由から延期していました。

2019年10月から2020年3月までの予定で5000人規模の無料サポータープログラムを開始します。ネットワークが安定稼働するのを確認した後、ネット受け付けを開始し、店舗でも契約できるようになります。

基地局整備については「当初、遅れたが順調に回復している」と説明したほか、独自端末を販売する方針も明らかにしました。基地局整備に関連する費用は当初見込みから変わっておりません。

楽天の携帯参入でいつから料金が分かる?

楽天が携帯に、本格稼働した際の料金については「他社は真似できない料金体系になる」と表明しています。競合他社も楽天モバイルの参入を警戒した戦略をとっています。

楽天は基地局整備の遅れで、総務省から3度にわたり行政指導を受けていました。

低コスト運営を目指し、約6000億円を投じてクラウド上にネットワークを構築する独自開発の通信網を整備するが、自社網でのサービスは当初、一部に限定します。他地域ではKDDIからローミング接続を受けます。

楽天の携帯参入いつから?実情はどうなっている?

楽天の参入は、NTTドコモとKDDI(au)、ソフトバンクによる市場の寡占状態を崩し、利用料金の引き下げにつながる効果が期待されてきた。しかし本格参入の遅れで、当面は影響が限定されそうです。

楽天は2020年3月末までに、自前の基地局を全国3432カ所に設置する計画でした。用地交渉の難航や悪天候による工期の遅れなど複数の要因により、6分の1程度しか整備が進んでおりません。

楽天は携帯参入で独自端末「楽天ミニ」販売へ

楽天は携帯事業参入にあたり、他メーカーの端末を販売するだけではなく、独自端末を開発したことも発表しました。

その第1弾は「楽天ミニ」で、約79グラム小型で薄型のスマ―トフォン。FeliCaを搭載し、日本初のeSIM端末となります。