UQモバイルで利用可能となるiPhone XI(11)・iPhone XI Max 次期三眼iPhoneは、6.1インチと6.5インチ有機ELモデル?

中国の信頼できるサプライヤー関係者によれば、2019年に発売されるiPhoneのうち、三眼カメラ仕様の次期iPhoneは、6.1インチ有機ELと6.5インチ有機ELモデルの2種類となるという。

この6.1インチ有機ELモデルは、iPhone XSとiPhone XRの中間サイズとなり、Galaxy S10に近いサイズになるようだ。

 6.1インチ有機ELモデルは、iPhone XSと比べて、本体の厚みは約0.15ミリ厚くなるが、背面カメラの突出部分が約0.5ミリ減るため、トータルで約0.1ミリ厚くなる模様。

 もう1つの三眼カメラ仕様の6.5インチ有機ELモデルは、iPhone XS Maxと比べて、本体の厚みは約0.4ミリ厚いが、背面カメラの突出部分が約0.25ミリ減るため、トータルでは約0.2ミリ厚みが増す。

 三眼カメラは、どれもiPhone XRの背面カメラよりも大きなレンズユニットを採用する可能性が高く、センサーサイズもアップするかもしれない。

 この2機種は、USB-C – Lightningケーブルと18W USB-C電源アダプタが同梱され、Apple Watchや他のQiワイヤレス充電対応iPhoneへのバッテリー給電機能が搭載されている可能性が高そうだ。

 iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRの次期モデルは、現状の筐体を継続使用したAチップ等のアップデートモデルとなる可能性が高そうだ。

 ライバルは、HUAWEI Mate 20 Pro、Galaxy S10e・S10・S10+になりそう。

UQモバイルで利用可能となるiPhone XI(11)・iPhone XI Max 「自撮り」カメラ強化、前面に1200万画素レンズ搭載?

アップルはiPhoneの仕様をそれほど頻繁には変えないが、変更を加える場合は大幅な進化を盛り込んできた。同社が今年発表する新モデルは、まさにそのケースとなるかもしれない。

世界で最も信頼度の高いスマートフォン関連のアナリスト、ミンチー・クオ(郭明錤)の最新レポートをMacRumorsが掲載した。記事によると次期iPhoneは、前面と背面に巨大なカメラモジュールを搭載するが、目立ちすぎることを抑えるために「ブラックレンズ・コーティング」という技術でカバーするという。

このデザインは、従来のアップルのミニマリズム主義とは相反するものにも思えるが、カメラのスペックは十分、ユーザーを納得させるものだ。

「iPhone 11」と「and 11 Max」と呼ばれる2端末は、自撮り用のフロントカメラが強化され、12メガピクセルになるという。現行モデルのiPhone XSやXS Max、XRのフロントカメラは7メガピクセルであり、70%もピクセル数が増加することになる。

また、さらに注目すべきはリアカメラの仕様だ。クオは以前から、iPhone 11や11 Max(これらは、iPhone XI やXI Maxとの名称になる可能性もある)のリアカメラがトリプルレンズ仕様になると述べていたが、さらに詳細な情報をもたらした。

背面の3つのカメラは全て1200万画素で、標準カメラと望遠カメラ、超広角カメラの組み合わせになる。さらに、超広角カメラはソニーから独占提供を受ける12MP 1um CISだという。

iPhone XRの後継機種はデュアルカメラ仕様になるとのことだが、この機種が標準カメラに加え、望遠か超広角レンズのどちらを採用するかには触れていない。

今年のiPhoneの新モデルの背面にトリプルカメラが採用されるとの情報は、ブルームバーグも報じており、予想レンダリング画像も公開されたが、その外観が不格好であるとの声も出ていた。アップルはカメラの表面を黒いコーティングで覆うことで、スタイリッシュな外観に仕上げたいのかもしれないが、果たしてどのようなデザインになるかが、非常に気になるところだ。

アップルは今年も例年通り、9月に新モデルを発表する見込みだ。

【キャッシュバックキャンペーン利用情報】UQモバイルでiPhone XI(11) のキャッシュバックは?

UQモバイルでiPhone XI(11)・iPhone XI Max の販売はしておりませんが、「SIMのみ契約」のキャッシュバックは実施しております。

UQモバイル正規代理店では、SIMのみ契約の場合、「おしゃべりプランS」「ぴったりプランS」が8,000円、「おしゃべりプランM」「ぴったりプランM」が9,000円、「おしゃべりプランL」「ぴったりプランL」が10000円現金キャッシュバックされます。

更に、「SIMのみS・M・Lプラン」の初期費用が無料です。UQモバイルを契約する際に、「SIMカード発行手数料3240円」「代引き手数料324円」などの初期費用が掛かりますが、正規代理店で契約した場合、初期費用が無料となりますので初月の出費がありません。

UQモバイルでiPhone XI(11) ・iPhone XI Maxを契約するとキャッシュバックによって解約金を0円にできる考えも

UQモバイルでiPhone XI(11) ・iPhone XI Maxを契約する際に「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」を契約すれば最低でも8000円の現金がキャッシュバックされます。

8000円貰えるならキャリアの最低利用期間内で解約金を支払う事に躊躇して乗り換えられなかったのが、相殺でチャラにできる為、思い切って乗り換えができるようになります。

【キャッシュバックキャンペーン利用情報】UQモバイルでiPhone XI(11) ・iPhone XI MaxのSIMのみ契約より端末セットがお得

UQモバイルでiPhone XI(11) ・iPhone XI Maxが販売されていてキャッシュバックまで付いていたら最高ですが、現実は販売されておりません。

それなら「SIMのみ」にすれば良いという流れになりますが、あえて「端末セット」を契約するのもありです。

UQモバイルのAndroid端末は「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」を契約すると3万円の機種がマンスリー割で実質108円になります。

端末は2年間継続利用で108円にできるので、もし「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」を契約するなら端末セットが断然にお得です。

端末セットの場合、選択した端末のSIMカードサイズが自動で選択されます。SIMカード種別が最新iPhoneに合うかですが、UQモバイルでキャッシュバック対象のAndroid端末は全てマルチSIM(nano)になっております。

iPhone XI(11) ・iPhone XI Maxも全てマルチSIM(nano)になっておりますのでSIMカードは合います。

その為、SIMカードの種類が異なる心配はありません。端末セットは分割払いがありますが、端末が届いた時点でお客様のものです。最低利用期間の2年以内に途中解約した場合はマンスリー割がストップし端末残積をお客様の方で支払います。

要は、途中解約でも最終的お客様が支払いますので、初月に端末を転売しても問題ありません。3万円の端末を実質108円で購入できますので、端末は転売すれば、その販売した金額は丸々儲けとなります。

「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」の場合、SIMのみは一番損です。儲けられる端末セットを選択した方が、転売での利益を得られるので、間違いなくお得です。

転売利益はおおよそ2万円程度となる108円機種が多いです。

【キャッシュバックキャンペーン利用情報】UQモバイルでiPhone XI(11)・iPhone XI Max の販売なしでも問題なし

UQモバイルで、iPhone XI(11) ・iPhone XI Maxなどの最新iphoneが販売されておりません。しかし、全てのiPhoneがUQモバイルで動作しますので、逆に言えばオークションでSIMロック解除端末を購入したり、applestoreでSIMフリー端末を購入したりすれば良いでしょう。

auのiphoneであれば、殆どの端末がSIMロック解除不要となっております。

これはUQモバイルがau回線を使っているからです。auの端末は通常auの通信方式に合わせて端末がロックされているので、ドコモやソフトバンクが使っている通信方式用に対応することはできませんが、UQモバイルの場合はau回線ですので、SIMロックされていても使えるのです。

iPhone XI(11)・iPhone XI Max はオークションやapplestore、或いはキャリアで購入した端末を準備してUQモバイルでSIMのみ契約すればiPhone XI(11)・iPhone XI Maxは 使えるということになりますので問題ありません。

また、SIMのみ契約ではキャッシュバックがつきますし、端末セットにすればキャッシュバックの他に端末転売利益もついてきます。

そうすると端末セットの場合、端末転売利益2万円、キャッシュバック1万円で合計3万円は得しますので、その3万円をiPhone XI(11) ・iPhone XI Maxを購入する費用に割り当てすれば良いでしょう。

【キャッシュバックキャンペーン利用情報】iPhone XI・iPhone XI MaxをキャリアとUQモバイルで使う違いはある?

キャリアではiPhone XI(11) ・iPhone XI Maxを購入することができますが、UQモバイルでは購入できません。しかし、applestoreでSIMフリー版が購入できますし、12回分割払いもできます。

その為、iPhone XI(11)・iPhone XI Max の入手という意味ではキャリアである必要性はありません。

料金面に関しては当然にUQモバイルの方が格安SIMとなりますので安くなります。では料金が安い代わりに通信品質が落ちるのではないかとの懸念が出てきますが、「通信速度」「エリア」「電波」「通話品質」など全てにおいてキャリアと体感できる差はありませんので問題ありません。

他の格安SIMでは通信速度が遅いことはありますが、UQモバイルの場合は格安SIMの中でもトップクラスの通信速度です。これは、auのサブブランドとして力を入れているからです。

結局のところ、月々の料金を下げる意味でUQモバイルでiPhone XI(11)・iPhone XI Max を使った方が堅い選択です。「UQモバイルではiPhone XI(11)・iPhone XI Maxが買えない」とか「UQモバイルでiPhone XI(11) ・iPhone XI Maxを使うと速度が遅くなりそう、電波が悪いのでは」というのは先入観であり実際はキャリアで使う場合と変わりません。