UQモバイルで使えるXperiaとは?

Xperiaは、ソニー・エリクソンが開発したスマートフォンのシリーズに与えられたペットネームです。

日本においては、2010年4月に、NTTドコモから型番「SO-01B」として発売された。海外においては「XPERIA X10」の名でほぼ同じ製品が販売されています。

XperiaはGoogleが開発したAndroid OS(バージョン1.6)を搭載する。Android OSはアップルコンピューターのiPhone OSや、ノキアのSymbian OSなどと競争関係にあるスマートフォンのOSです。

iPhone OSはアップル専用、Symbian OSはノキアを中心とする企業グループによって採用されているが、Android OSは仕様が一般に公開されており、特定の企業団体に所属しなくても自由に自社製品に組み込み、スマートフォンを製造することができます。

ソフトウエアベンダーは、そのスマートフォンのOSに対応したアプリケーションを製造し、ユーザーは、それぞれのプラットホーム上に用意されたショップを通じて、アプリケーションを購入し、自分のスマートフォンで動作させることが可能となる。このオンラインショップの経営に関してはアップルが一日の長を持っているが、ショップでの販売を認めるための審査基準が厳しく、今後は無審査での販売が可能なAndroidショップに流れるのではないかと予想されています。

各キャリアXperiaエクスペリアでUQモバイル動作確認されている端末を確認する手順

  • UQモバイル動作確認端末一覧へ
  • 動作確認端末一覧 

  • メーカーを選択
  • Sony Mobile Communicationsを選択
  • 動作を確認

ドコモのXperiaエクスペリアでUQモバイル動作確認されている端末

Xperia™ XZ3 SO-01L
Xperia™ XZ2 Premium SO-04K
Xperia™ XZ2 Compact SO-05K
Xperia™ XZ2 SO-03K
Xperia™ XZ1 Compact SO-02K
Xperia™ XZ1 SO-01K
Xperia™ XZ Premium SO-04J
Xperia™ XZs SO-03J
Xperia™ X Compact SO-02J
Xperia™ XZ SO-01J
Xperia X Performance SO-04H
Xperia™ Z5 Premium SO-03H
Xperia™ Z5 Compact SO-02H
Xperia™ Z5 SO-01H
Xperia™ A4 SO-04G
Xperia™ Z4 SO-03G
Xperia™ Z4 Tablet SO-05G

ソフトバンクのXperiaエクスペリアでUQモバイル動作確認されている端末

Xperia™ XZ3 801SO
Xperia™ XZ2 702SO
Xperia™ XZ1 701SO
Xperia™ XZs 602SO
Xperia™ XZ 601SO
Xperia X Performance 502SO
Xperia™ Z5 501SO
Xperia™ Z4 402SO

auのXperiaエクスペリアでUQモバイル動作確認されている端末

Xperia XZ3 SOV39
Xperia XZ2 Premium SOV38
Xperia XZ2 SOV37
Xperia XZ1 SOV36
Xperia XZs SOV35
XPERIA XZ SOV34
Xperia X Performance SOV33
XPERIA Z5 SOV32
XPERIA Z4 SOV31
XPERIA Z3 SOL26
XPERIA ZL2 SOL25
XPERIA Z Ultra SOL24
XPERIA Z1 SOL23
XPERIA UL SOL22
XPERIA VL SOL21
XPERIA Z4 Tablet SOT31
XPERIA Z2 Tablet SOT21

UQモバイルでXperiaエクスペリアを使う場合はSIMロック解除を確認

UQモバイルはau系格安SIMですのでドコモ・ソフトバンクのXperiaエクスペリアを使う場合、SIMロック解除が必要です。

au版XperiaエクスペリアはSIMロック不要な機種と必要な機種に分かれます。

ヤフーオークションやメルカリでは、SIMロック解除端末とSIMロック解除していない端末が販売されていますので、ご注意ください。

UQモバイルでドコモとソフトバンクのXperiaエクスペリアを使っても大丈夫?

UQモバイルでドコモとソフトバンクのXperiaエクスペリアを使うことはできますが、電波はau版より弱くなります。

ドコモ・au・ソフトバンクで販売されているXperiaは、そのキャリアの周波数帯(ネットワーク)のみに対応させています。

UQモバイルでは、特にバンド1(2.0GHz帯)とバンド18/26(800MHz帯)に端末が対応していない場合、場所によっては電波をつかみにくくなることがありますのでご注意ください。

つまり、ドコモ版・ソフトバンク版Xperiaはバンド1(2.0GHz帯)とバンド18/26(800MHz帯)に端末が対応している必要があります。

Xperiaの周波数帯(バンド)とは?

スマートフォンは電波を使って通信を行っています。インターネットはもちろん、LINEなどのメッセージのやりとりも電波を使っています。

その電波は「周波数帯(バンド)」で区分けされており、各キャリアによって使用している「周波数帯(バンド)」が異なっています。

周波数は限りがあるため、区分けは国(総務省)によって決められており、各キャリアにそれぞれ使用可能な周波数帯が割り当てられています。

なぜ周波数帯(バンド)を確認する必要がありますか?

実は掴むことができる「周波数帯(バンド)」は機種によって異なっています。

例えば、SIMフリー端末、ドコモXperiaのSIMロック解除端末であっても、au(UQモバイル)が使用している周波数帯の一部を掴むことができないといった機種も多々あります。

とはいえ、周波数帯の一部を掴めなかったとしても、他の周波数帯でカバーできる場合もありますので、一概に1つでも欠けていたから完全にアウト、というわけでもありません。

ですので、使用予定のキャリアや、格安SIM販売会社以外から販売されているSIMフリー端末、SIMロック解除品を購入して利用する場合には、予めその端末が使用予定の周波数帯を掴むことができるかどうかを確認して、ご購入を検討いたしましょう。

各キャリアの周波数帯早見表

「デバイスがどの周波数帯・Band(バンド)に対応しているか」ということがあります。各機種が対応している周波数帯によって通話や通信の繋がりやすさが変わってきます。

バンド周波数帯ドコモauソフトバンク
Band1 2.0GHz
Band3 1.7GHz
Band8 900MHz
Band11 1.5GHz
Band18/26 800MHz
Band19 800MHz
Band21 1.5GHz
Band28 700MHz
Band42 3.5GHz

UQモバイルでエクスペリアを使う場合、キャッシュバックは?

通常、Xperia持ち込みでUQモバイルを使うのでSIMのみ契約でキャッシュバックとなりますが、使う予定のXperiaがマルチSIMカード対応である場合は、端末セットがお得です。

端末セットは全てマルチSIMカードですので、マルチSIMカードが届きます。UQモバイルで購入した端末は最安で実質108円で購入できます。その購入した端末はメルカリで出品して売る事で利益を得られます。

「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」を契約するなら端末セット・SIMのみに関わらず最低2年間利用が条件なので、それなら端末セットで実質108円端末を購入した方が得策と言えます。

実は端末転売利益はキャッシュバックの貰える金額よりも大きいので重要なことです。

UQモバイルで使えるエクスペリアのメリット

デザインが良い

「Xperia XZ2」以降のモデルについて、最近のXperiaは背面がラウンドしたデザインを採用されていましたが、2019年最新の「Xperia 1」などはフラットなデザインに回帰しました。

指紋センサーの位置も側面に戻っています。

液晶が綺麗

Xperia 1のディスプレイ画面の仕様は以下のとおりです。

・ディスプレイパネルは4K有機ELディスプレイを採用
・画面サイズは6.5インチ
・画面の解像度は3,840×1,644

Xperia 1が搭載している「有機ELディスプレイ」は、液晶ディスプレイに比べると発色が非常に綺麗で、ディスプレイの厚みもとても薄いという特徴を持っています。

現在のハイスペックスマホのディスプレイは、有機ELディスプレイが主流です。しかし、解像度が4Kの有機ELディスプレイを搭載したスマホは、Xperia 1が世界初となります。

気軽に使えるカメラ

物理キーによるカメラの即時起動・シャッター・強力な手ブレ補正といった一連の動作が強力。さっと取り出して、さっと撮れます。

画質はアップデートで改善されつつあります。マニュアル設定次第では相当いい画が撮れます。

Xperia 1ではソニーモバイル初のトリプルカメラシステムを採用しています。

搭載されている3つのカメラの特徴は以下のとおり。

・26mm(F1.6)の標準レンズ
・52mm(F2.4)の望遠レンズ
・16mm(F2.4)の超広角レンズ

なお、それぞれの画素はすべて1,200万画素となっています。

また、画像処理エンジンには、ソニーの一眼レフデジタルカメラブランド「α」の技術を生かした「BIONZ X for mobile」を搭載。

被写体の瞳にフォーカスを合わせることでシャープな写真を作り上げる「瞳AF」も、スマホカメラとしては初搭載です。

電池持ちが良い

 ハードウェアは大容量バッテリー搭載、ソフトウェアはSTAMINAモードの採用により、比較的電池は持ちます。アプリをたくさん入れて常用していると、短くはなってきますけどね。