UQモバイルキャンペーンキャッシュバック

格安スマホおすすめau系会社はUQモバイル

UQモバイル正規代理店から特別認定を受けた当サイト「限定キャッシュバックページ」から申し込みすることで、「UQコミュニケーションズの公式認定サイトが扱う限定キャッシュバック」よりも遥かに高いキャッシュバックを受け取ることができます。

当サイト以外の「代理店キャッシュバックページ」「端末セットとSIMのみ契約のキャッシュバック額が少ない」「初期費用が有料になる」ので、ご注意下さい。

こちらの「限定キャッシュバックページ」から申し込みすることで、「端末セット」「SIMのみ」キャッシュバック最大13000円と初期費用3240円無料となります。更に端末セットM・Lはノベルティ(ガチャピンぬいぐるみ・ボールペンなど)をプレゼントします。

au・au系格安SIM・ドコモ・ソフトバンク・その他の格安SIMなど全ての乗り換えと新規契約が「SIMのみ」「端末セット」どちらもキャッシュバック対象です。

代理店は土日祝日も休まずに毎日配送と審査を行っております。午前中に申し込みし審査が通れば即日配送も可能です。
実際の配送経過画像はこちら

代理店リンクライフ特典内容キャッシュバック金額SIMカード発行手数料
SIMのみSプラン10000円3240円無料
SIMのみMプラン13000円3240円無料
SIMのみLプラン13000円3240円無料
端末セットSプラン11000円有料
端末セットMプラン12000円3240円無料+景品
端末セットLプラン13000円3240円無料+景品
Broad WiMAXセット契約追加で12000円
Lプランと合わせて最大25000円

UQモバイル正規代理店キャッシュバック申し込み限定ページはこちら

格安スマホおすすめau系会社UQモバイルとは

UQモバイルは、UQコミュニケーションズ株式会社が運営するMVNOのブランドです。auの親会社KDDIが支えています。

au回線を使用した格安SIMは、mineo(マイネオ)、UQ mobile(UQモバイル)、Fiimo(フィーモ)、IIJmio(みおふぉん)、J:COM MOBILE(ジェイコムモバイル)、BIGLOBEモバイルの5社です。

親会社であるauのサブブランドとして、安定した通信品質やキャリアに近い料金体系が特徴です。

UQモバイルの最大の特徴は、通信速度が圧倒的に速く、速度も全時間帯で安定しています。格安SIMの中で通信品質が一番良いのはUQモバイルです。

格安スマホおすすめau系会社UQモバイルはKDDIの子会社

UQモバイルは、親会社のKDDIから回線の卸提供を受け、通信サービスを提供するMVNOのブランドです。

UQモバイルのUQコミュニケーションズ株式会社はKDDIのグループ企業であることから、多くのMVNOが用いているNTTドコモの回線ではなく、KDDIの回線のみを使用しているのが最大の特徴となっています。

auのサブブランドとして提供されていることでKDDIの資本をUQモバイルに充てることができるため、他社より圧倒的に速い通信速度を維持しています。

KDDIのグループ企業なので、家電量販店でauと協力し、UQ mobileの販売を強化するなど、KDDIとの一体的な取り組みを進めています。

UQコミュニケーションズはKDDIのグループ会社で、同社の元社長である田中孝司氏が現在KDDIの社長を務めていたり、auのスマートフォンでWiMAX 2+による通信が利用できるようにしていたりするなど、さまざまな面で協力関係にありauと一体での販売施策を打ち出すなど、auとの関係は密にあります。

格安スマホおすすめau系会社はUQモバイルの理由1:通信速度が速い

UQモバイルを実際に利用してみるとau並みに速いです。昼時や会社員が帰宅時の時間帯などで速度が落ちることはありません。

格安SIMでもトップクラスの通信速度です。速度が遅いという不満を抱える事は一切ありません。

口コミなどで速度が速いと言われても不安という方は、スマホやSIMを15日間無料で試せる「Try UQ mobile」をご利用下さい。実際に自分で確かめて体感すると良いでしょう。

UQモバイルが無料で貸し出しをしているのは、それだけ通信速度に自信があるからです。

格安スマホおすすめau系会社はUQモバイルの理由2:マンスリー割で端末代が安い

UQモバイルの端末は、マンスリー割を使うことで3万円の端末が実質価格108円まで安くすることができます。ですから現在は、0円や100円などはありません。最安値はマンスリー割を使って108円からとなっております。

つまり、UQモバイルを契約すると端末は無料同然で入手できます。

この「マンスリー割」とは、おしゃべりプラン・ぴったりプランへのご加入と同時に、UQモバイル指定機種をご購入いただいた場合、対象機種に応じてUQモバイル指定の金額を、ご契約2ヶ月目から25ヶ月目までの間、月額基本料金を上限として割引く制度です。

端末を108円にするには2年間の最低利用期間を継続利用が条件です。2年間は継続する自信のある方は利用しましょう。

現在のUQモバイルにある、「データ高速プラン」「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限プラン」「データ無制限+音声通話プラン」この4つのプランはマンスリー割の対象外となります。

端末名端末代金プラン実質価格
HUAWEI P20 lite33,804円S108円
HUAWEI P20 lite33,804円M108円
HUAWEI P20 lite33,804円L108円
DIGNO® W37,692円S108円
DIGNO® W37,692円M108円
DIGNO® W37,692円L108円
DIGNO® Phone29,916円S108円
DIGNO® Phone29,916円M108円
DIGNO® Phone29,916円L108円
DIGNO A26,028円S7884円
DIGNO A26,028円M108円
DIGNO A26,028円L108円
arrows M04 PREMIUM31,212円S108円
arrows M04 PREMIUM31,212円M108円
arrows M04 PREMIUM31,212円L108円
AQUOS sense31,212円S
108円
AQUOS sense31,212円M
108円
AQUOS sense31,212円L
108円
HUAWEI nova 231,212円S108円
HUAWEI nova 231,212円M108円
HUAWEI nova 231,212円L108円
AQUOS sense236,396円S26,028円
AQUOS sense236,396円M26,028円
AQUOS sense236,396円L26,028円
OPPO R17 Neo38,988円S13,068円
OPPO R17 Neo38,988円M13,068円
OPPO R17 Neo38,988円L13,068円
おてがるスマホ0136,828円S540円
おてがるスマホ0136,828円M540円
おてがるスマホ0136,828円L540円
HUAWEI nova lite331,644円S540円
HUAWEI nova lite331,644円M540円
HUAWEI nova lite331,644円L540円

格安スマホおすすめau系会社はUQモバイルの理由3:家族割で毎月500円が安い

UQモバイルは家族割制度があります。

家族で「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」の料金プランにご契約いただくことで、2回線目以降の月額基本料金を毎月500円割引します。

UQ家族割500円割引により「ぴったりプラン/おしゃべりプラン」プランSなら1980円⇒1480円、Mなら2980円⇒2480円、Lなら4980円⇒4480円で利用可能です。

家族割引は2回線目からです。

1回線目は500円割引はされません。

お父さん、お母さん、長女、次男で家族割適用した場合は、お父さんだけが500円割引されず、他の3人が500円割引の対象となります。

2回線目以降のおしゃべり/ぴったりプランS月額1,480円というと、他の格安SIMでは無料通話なしが当たり前の料金ですので、家族割で1,480円となるUQモバイルはお得感が出てきました。

家族でUQモバイルを持てば毎月500円も割引できるので維持費が安くなります。

格安スマホおすすめau系会社はUQモバイルの理由4:初期費用が無料

UQモバイルの場合、公式と代理店では初期費用が異なります。代理店で契約してもUQコミュニケーションズ公式のお客様となります。

  • UQモバイル公式:3240円
  • UQモバイル代理店BIGLOBE:3240円
  • ※Amazonでエントリーコードを500円で購入すると初期費用無料

  • UQモバイル代理店リンクライフ:無料

リンクライフで契約することで初期費用無料にできます。他の格安SIMでは初期費用3240円の他にSIMカード準備料324円が掛かります。

UQモバイルは初月の出費を抑えることができます。また、エントリーパッケージの購入など手間なく初期費用無料とキャッシュバックの併用ができるのは良いですね。

格安スマホおすすめau系会社はUQモバイルの理由5:月額料金が安い

プラン月額料金データ容量
データ高速プラン980円3GB
データ高速+音声通話プラン1,680円3GB
データ無制限プラン1,980円無制限
データ無制限+音声通話プラン2,680円無制限
おしゃべりプランS2,980円(1年間は1,980円)2年間は増量オプション後のデータ容量3GB 
3年目以降は2GB
おしゃべりプランM3,980円(1年間は2,980円)2年間は増量オプション後のデータ容量9GB 
3年目以降は6GB
おしゃべりプランL5,980円(1年間は4,980円)2年間は増量オプション後のデータ容量21GB 
3年目以降は14GB
ぴったりプランS2,980円(1年間は1,980円)2年間は増量オプション後のデータ容量3GB 
3年目以降は2GB
ぴったりプランM3,980円(1年間は2,980円)2年間は増量オプション後のデータ容量9GB 
3年目以降は6GB
ぴったりプランL5,980円(1年間は4,980円)2年間は増量オプション後のデータ容量21GB 
3年目以降は14GB

UQモバイルの通話定額料金プランは「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」です。どちらも「S/M/L」の3つのサイズがあり月間データ通信容量が異なります。

Sプランの場合、1年目は1,980円/月、2年目以降は2,980円/月で利用できます。データ通信量は2年間3GB/月、3年目以降は2GB/月で利用できます。

どちらのプランも基本料金に無料通話が含まれますが、「おしゃべりプラン」は、「1回5分以内の通話が何度でも無料」、ぴったりプランは、「基本料金に一定額の無料通話料が含まれる」形となっております。

「データ高速プラン」は音声通話なしで高速通信が月間3GB使えます。「データ高速+音声通話プラン」は音声通話が付くので音声なしより700円料金が上がります。

「データ無制限プラン」はデータ通信量が無制限な分、通信速度は500kbpsに制限されています。そのため、オンラインゲームや高画質の動画は、快適には利用できません。

無制限ですが速度が遅いので、このプランを選ぶ人は低画質でも良いから動画を長時間視聴したい場合です。高速で長時間視聴したい場合は、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」Lプランが最適です。

「データ無制限+音声通話プラン」は音声通話が付くので音声なしより700円料金が上がります。

UQモバイルで通話をあまり使わないなら「データ高速+音声通話プラン」が向いていますが、端末代が安くなるマンスリー割がありません。家族割もないのとキャッシュバック額が低いので、家族が「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」を使っていたり、端末を購入する方は、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」Sプランを契約しましょう。

総合的な特典で実質料金は断然にお得です。ただし2年間利用が前提となります。

格安スマホおすすめau系会社はUQモバイルの理由6:店舗数が多い

UQモバイルは日本全国に2,700店舗以上展開中です。

家電量販店では、「エディオン」「ケーズデンキ」「コジマ」「ジョーシン」「ソフマップ」「ノジマ」「ビックカメラ」「ベイシア電器」「ヤマダ電機」「ヨドバシカメラ」など全国各地にある店舗にて契約できます。

UQスポット(UQモバイル専売店)では、新規(MNP)申し込み、機種変更、修理受付、契約情報変更(契約住所・連絡先、料金プラン、オプションサービス)などが可能です。

UQスポットは全国に100店舗と限られますが、新規契約以外のサービスを利用できる強みがあります。

これだけの店舗数が全国各地にあれば、UQモバイルを店頭で契約しやすいです。ただし、店舗のキャンペーンはネット契約よりキャッシュバック条件が悪くキャッシュバック額も低いです。

還元額高めを希望の方はネット契約をご利用下さい。店舗で契約する人は「契約の仕方が分からない」「プランや端末の選び方が分からない」など店員任せで契約をしたい方です。

料金プランプランS
(3GB)
プランM
(9GB)
プランL
(9GB)
通常の月額料金1980円2980円4980円
学割適用時0円0円0円

格安スマホおすすめau系会社はUQモバイルの理由7:学割で更に安い

UQモバイル学割では5歳以上18歳以下の方とそのご家族が、UQ mobileに新規またはMNPで「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」S・M・Lをご契約いただいた場合、月額基本料金が最大3ヶ月無料になります。

また、新中高生のお客さまの月額基本料金は、最大5ヶ月間無料となりますので、

さらに、「ファミゼロ学割」のもう一つの特典として、データ容量が最大プラス7GB 、無料音声通話(ぴったりプラン)が最大2倍となる「増量オプション」の月額オプション料(500円/税抜)を、次回の機種変更まで無料とします。

UQモバイルキャンペーンと学割の組み合わせで最強の安さとなります。学生がいない家族は、学割適用できないので損ですが学生がいる家庭は学割適用で3ヵ月無料など料金を節約できます。

格安スマホおすすめau系会社はUQモバイルの理由8:増量オプション無料キャンペーンでデータ容量が豊富

UQモバイル増量オプション2年間無料キャンペーンの適用対象条件は、UQモバイルを乗り換え・新規契約時に「増量オプション」を同時申込された方が対象です。

UQモバイルを契約する際に増量オプションに加入するか任意となっておりますが、契約時に加入せずに契約後に加入した場合は、増量オプション料500円が有料になります。

増量オプションが登場したのは2018年年末です。今までは、Sプラン2GB、Mプラン6GB、Lプラン14GBでしたので、1.5倍の容量を使えます。同じ料金でデータ容量が増えたので更にお得となりました。

同じ料金でデータ容量が増えたのはワイモバイルとUQモバイルだけです。例えばBIGLOBEモバイルはデータ容量が増えていません。

格安スマホおすすめau系会社はUQモバイルの理由9:キャリアメールが使える

○○○○@uqmobile.jpのメールアドレス利用は月額200円の有料オプションとなっております。

gmailやyahooメールはパソコンメール扱いになりますが、UQモバイルのメールはキャリアメールと同じ扱いになるので送信したメールが迷惑メールになる事がありません。

また、メール受信がプッシュ形式なのでリアルタイムで通知が届きます。

DIGNO Phoneを新品にてUQ販売店でご購入・ご利用いただだき、ぴったりプランS/M/LもしくはおしゃべりプランS/M/Lにご契約された方は、メールサービス(200円/月)が無料です。

UQモバイルではキャリアメールの利用が可能なので、キャリアから乗り換えでもメールが使えなくて困る事はありません。

格安スマホおすすめau系会社はUQモバイルの理由10:通信エリアはauと同じ

UQモバイルの電波は、auの電波使っています。auのような大手携帯会社から通信回線の一部を借りてスマホ事業を行っていますので、UQモバイルは、通信エリアが広いです。

UQモバイルが、auの設備を借りてサービスを提供しているということは、基本的には繋がるエリアはauと同じになります。 

人口カバー率99%超えの通信エリアを持っています。つまり日本の人口の99%以上が利用できるということなので、都市部や郊外など、ほとんど問題なく通信や通話ができます。

ある一定の人口が住んでいたり人々が行き交う場所ならスマホ端末が4G LTE回線に繋がります。

しかも、UQモバイルが使ってるauの電波は、docomoやsoftbankより地下に強いです。auが使ってる800MHzのプラチナバンドは、遠くに届きやすくて曲がりやすい丁度良い電波ですので田舎や山間部にまで電波が届きます。屋内基地局の入っていないビルの中や地下でも、つながりやすい傾向があります。

UQモバイルエリア確認はこちら 

格安スマホおすすめau系会社はUQモバイルの理由11:最低利用期間が1年ポッキリプランもある

プラン月額料金最低利用期間
データ高速プラン980円なし
データ高速+音声通話プラン1,680円1年間
データ無制限プラン1,980円なし
データ無制限+音声通話プラン2,680円1年間
おしゃべりプランS2,980円(1年間は1,980円)2年間(自動更新)
おしゃべりプランM3,980円(1年間は2,980円)2年間(自動更新)
おしゃべりプランL5,980円(1年間は4,980円)2年間(自動更新)
ぴったりプランS2,980円(1年間は1,980円)2年間(自動更新)
ぴったりプランM3,980円(1年間は2,980円)2年間(自動更新)
ぴったりプランL5,980円(1年間は4,980円)2年間(自動更新)

「データ高速+音声通話プラン」、「データ無制限+音声通話プラン」は、利用開始日から12ヶ月間の最低利用期間があります。

キャリアであれば2年縛りですが、UQモバイルは1年の自動更新なしプランもあります。

「ぴったりプラン」、「おしゃべりプラン」は、2年間の契約期間があります。契約期間は課金開始日を含む月を1ヶ月目として、25ヵ月目の月末までを契約期間とします。(25ヵ月目を「契約満了月」、翌月を「更新月」といいます)。

更新月に解約のお申し出がない場合、更に24ヶ月間の契約として自動更新となります。

最低利用期間内に解約される場合、または更新月以外にご解約される場合は、契約解除料9,500円(税抜)が掛かります。

格安スマホおすすめau系会社はUQモバイルの理由12:節約モードでデータ容量を守れる

UQモバイルには節約モードがあります。節約モードは送受信最大300Kbpsのモードとなっており、SNSや音楽などはどれだけ使ってもデータ消費量がゼロとなっているモードです。

TwitterやFacebook、音楽ストリーミングサービスのデータ消費量がゼロになりますので、普段はSNSや音楽しか使わない場合は節約モードにしておくとデータ消費をしなくて済みます。

この節約モードはUQモバイルの専用アプリをインストールすることで簡単に利用できます。UQモバイルポータブルアプリは、通常の高速モードへの切替や節約モードへの切り替えがワンタッチで可能となっており、更には月々のデータ使用量を確認したりデータチャージもできます。

高速通信(ターボON)は、受信最大225Mbpsでデータ容量を消費します。
低速通信(ターボOFF)は、受信最大300Kbpsでデータ容量を消費しません。

低速通信(ターボOFF)で、受信最大300Kbpsとなるのは「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」のみです。

「データ高速プラン」(音声通話付きプランを含む)の場合は送受信最大200Kbpsとなります。
「データ無制限プラン」(音声通話付きプランを含む)の場合は送受信最大500Kbpsとなります。