UQモバイル審査落ちの連絡はある?

UQモバイル申し込み後に審査に落ちた場合はメールで連絡があります。

メール内容は審査に落ちたという事実だけで「落ちた理由」については記載されておりません。UQお客様センターへ電話しても審査に落ちた理由の回答はありません。

UQモバイル審査に落ちた理由はなぜ回答しない?

UQコミュニケーションズが、1人1人に審査に落ちた理由を伝えてしまうと、「UQはこのポイントを審査項目としていることが発覚」するからです。

UQモバイルの審査内容はシークレットで表には出回っておりません。審査に落ちた理由を聞いたお客様がTwitterやFacebookやmixiやブログなどで情報共有されてしまうと、UQモバイルの審査内容が発覚してしまいます。

そうすると、UQモバイルを契約してほしくない「短期解約によるMNP弾目当て」「滞納・延滞に恐れがある人」「キャッシュバック貰い逃げ狙いの人」などの好ましくないユーザーに「UQモバイルの審査に通す対策」をされてしまいます。

UQコミュニケーションズでは、「良いお客様」と「悪いお客様」を明確に分ける為に、特定の項目から慎重に審査を重ねています。その為、審査しているポイントを知られない様に審査項目の秘密を守っているのです。

UQモバイル審査落ちでも再契約は可能

UQモバイルの審査に落ちても何度でも申し込みにチャレンジできます。

UQモバイルの再契約で審査に通るお客様は以下です。

  • クレジットカードの名義を家族の名前にしてしまった
  • 住所の番地を間違えた
  • 住所で脱字をした
  • 本人確認書類の有効期限切れ
  • 本人確認書類が不鮮明
  • MNP予約番号取得後3日が経過した

UQモバイルの再契約で審査に通らないお客様は以下です。

  • ブラックリストに入っている
  • 短期解約をした履歴がある
  • 滞納・延滞をした履歴がある
  • 自己破産や個人再生、任意整理など、債務整理をおこなった事実が事故情報がある
  • 本人が債務を履行できず、代わりに保証会社が支払いを行う代位弁済をした事故情報がある。
  • 金融機関、銀行や消費者金融にお金を借りていて、その返済が未納状態
  • 端末代金の分割払いが未払い、未納

これらの信用のないお客様は何度申込みしても審査に落ちます。UQコミュニケーションズとしては契約後に端末代や月額料金を滞りなく支払いを継続してくれる「信用のあるお客様」だけを審査に通しています。

支払いをしなくなる恐れのあるお客様は、過去に未納トラブルを起こしています。過去に滞納したら同じ過ちを2度3度繰り返す危険性は高まります。

そもそも、滞納する方はお金がないから滞納します。滞納した前科がある方は、支払える能力がないとみなされてしまいます。UQモバイルの料金はそんなに高いものではありませんが、お金のない人はそれでも貯金が空っぽになり滞納する恐れがあるので審査に通せません。

UQモバイル審査落ちの理由は教えてくれませんが未納先は聞き出せる可能性あり

UQモバイルの審査に落ちた原因が、前使っていた携帯会社の月額料金・端末代・解約金などの未納などが原因の場合、どこの携帯会社の何の料金が未納なのかくらいは電話で問い合わせれば教えてくれる可能性はあります。

未納をしていたことすら忘れている場合は、どこで滞納したか分からないので支払いようがありませんが、未納先を掴むことで再契約への糸口となります。

UQモバイル審査に落ちたらどうする?

明らかに書類の不備である場合は再契約する

書類の不備が理由で落ちたと判断した場合は再契約しましょう。誤字脱字があっただけで訂正依頼をUQモバイルでは行いません。容赦なく審査に落としてくるだけですので、再チャレンジしましょう。

間違えないポイントは、免許証や保険証に書かれている住所をそのまま入力すると正確です。

正しい答えは免許証や保険証に書かれています。本人確認書類と相違があると入力した方が間違っていると判断されます。入力した情報を確認もせずに送信してしまうと誤字脱字の事実確認が不明瞭のまま審査されてしまいます。送信前は厳重な確認をしましょう。

明らかに信用情報で落ちた場合は諦める

明らかに信用情報が悪いから落ちた場合は何度契約しても落ちます。

ブラックリストの期間は5年~10年と長いです。返済延滞や債務整理などブラックリスト入りした原因によって期間が異なります。

ブラックリストとは、クレジットカードの返済を長期延滞、または債務整理をした場合に個人信用情報機関に金融事故情報(異動情報)として記録される状態を指します。

UQモバイル乗り換えau・ソフトバンク・ドコモ