UQモバイル持ち込みiphoneで契約が可能

UQモバイルでは、「ドコモ版iphone」「au版iphone」「ソフトバンク版iphone」「SIMフリー版iphone」など全てが利用できます。

最新モデルは全てのキャリアとSIMフリーモデルが完全に動作します。

ただし、UQモバイルはau回線ですので、「ドコモ版iphone」「ソフトバンク版iphone」についてはSIMロック解除が必須です。

「au版iphone」に関しては、はSIMロック解除なしで使える機種と使えない機種があります。

auの場合、2017年8月1日以前に販売されていた機種に関してはSIMロック解除が必要になるから一部の端末はSIMロック解除が必須ということになります。

2017年8月1日以降に発売されたauの端末はSIMロック解除しなくてもUQモバイルで使えます。

UQモバイル持ち込みiphoneでSIM契約する場合、SIMカード種別の間違いに注意

UQモバイルは3種類のSIMカードがあります。

  • LTE用microSIM
  • LTE用nanoSIM
  • VoLTE用マルチSIM(mini/micro/nano)

iphoneのSIMカードサイズは、「VoLTE用 nano SIM」もしくは「LTE用 nano SIM」のどちらかになります。「LTE用micro SIM」を使うことはありません。

iphoneがVoLTE対応なら「VoLTE用 マルチSIM」、VoLTE非対応なら「LTE用 nano SIM」となります。

古いiphoneは「LTE用 nano SIM」で、最新のiphoneは「VoLTE用 nano SIM」です。今後もVoLTE用の最新モデルが発売されますが、全てマルチSIMで対応します。

UQモバイル持ち込みiphoneでSIM契約する場合、SIMカード種別の間違えたら交換

SIMのみ契約の場合、SIMカードは自分で選択します。よくある間違いが、マルチSIMカードで動作するiphoneのSIMをnano SIMカードで契約するパターンです。

この場合、サイズは合っていますが、VoLTE非対応のSIMカードは最新iphoneでは動作しません。

SIMカードを間違えると交換となり手数料3240円が掛かります。SIMカードを選択する前に動作確認端末一覧を確認して、SIMカード種別を確認して正しく選択しましょう。

UQモバイル持ち込みiphoneで契約するなら端末セットがお得

UQモバイルで持ち込みiphoneを利用する方は、端末を持ち込むので端末セットは不要と思いSIMのみ契約してしまいがちですが、UQモバイルの「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」を契約するなら端末はマンスリー割で無料同然です。

UQモバイルで販売される端末はマルチSIMカードです。つまり、最新iphoneで動作するSIMカードが届くので実質108円で購入できる端末はメルカリなどで転売して利益を得る事ができます。

「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」を契約するなら、SIMのみでも端末セットでも2年縛りですので、どうぜ2年間使うなら端末セットで端末を無料同然で入手して転売した方が得策なのです。