1h2>UQモバイルで動作するタブレットは?

UQモバイルで利用可能なタブレットは動作確認端末一覧で確認できます。

  • 動作確認端末一覧
  • 動作確認端末一覧 

  • タブレットを選択
  • UQモバイルで動作するタブレット端末が出てきます。

UQモバイルで動作するタブレットはSIMロック解除が必要?

SIMフリーのタブレットはSIMロック解除不要です。ドコモなどのキャリアで販売されているタブレットはSIMロック解除が必要となります。

UQモバイルでタブレットを使う場合はSIMのみ契約?

UQモバイルでタブレットを使う場合はSIMのみ契約が基本ですが、お使いのタブレットが「マルチSIM」で動作する場合は端末セット契約でも大丈夫です。

UQモバイルで販売されるスマホは全てマルチSIMが届きます。

タブレットの多くはマルチSIMカードが対応していますが、タブレットによってはmicroSIMカードとなっていますので、SIMのみ契約の際はSIMカード種別の選択を間違えない様にご注意下さい。

ASUS ZenPad 7.0 (Z370KL)はmicroSIMカード

ASUS ZenPad 8.0 (Z380KNL)はマルチSIMカード

UQモバイルでタブレットを使う場合は通話は可能?

殆どのタブレットは通話が使えませんが、一部の端末では通話が可能です。

AQUOS PAD SH-05Gは通話ができます。

UQモバイルの「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」を契約することでタブレットで通話ができます。

UQモバイルでタブレットを使う場合はSIMロック解除が必要?

大手キャリアで購入したタブレットには基本的にSIMロックと呼ばれる鍵がかかっています。

SIMロックとは特定のキャリアの回線しか使えなくするもので、例えば下記のようにドコモで買ったタブレットはドコモの回線でしか使えないようになっています。

UQモバイルはau回線ですのでドコモのタブレットはSIMロック解除しないと使えません。

ワイモバイルはソフトバンク回線ですのでSIMロック解除は必要と記載されています。

「SIMフリー」と呼ばれるタブレットならUQモバイルに限らずどの回線の格安SIMでも基本的にそのまま使うことができます。

UQモバイルでタブレットを使う場合は料金プランは何が良い?

UQモバイルは、大まかに4つのプラン「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」「データ高速プラン」「データ無制限プラン」があります。

プラン月額料金データ容量
データ高速プラン980円3GB
データ高速+音声通話プラン1,680円3GB
データ無制限プラン1,980円無制限
データ無制限+音声通話プラン2,680円無制限
おしゃべりプランS2,980円(1年間は1,980円)2年間は増量オプション後のデータ容量3GB 
3年目以降は2GB
おしゃべりプランM3,980円(1年間は2,980円)2年間は増量オプション後のデータ容量9GB 
3年目以降は6GB
おしゃべりプランL5,980円(1年間は4,980円)2年間は増量オプション後のデータ容量21GB 
3年目以降は14GB
ぴったりプランS2,980円(1年間は1,980円)2年間は増量オプション後のデータ容量3GB 
3年目以降は2GB
ぴったりプランM3,980円(1年間は2,980円)2年間は増量オプション後のデータ容量9GB 
3年目以降は6GB
ぴったりプランL5,980円(1年間は4,980円)2年間は増量オプション後のデータ容量21GB 
3年目以降は14GB

殆どのタブレットは通話未対応ですので、通話付プランは不要です。そうすると、タブレットに適したプランは「データ高速プラン」「データ無制限プラン」の2つに限られます。

この2つのプランは通信速度が異なります。

プラン月額料金 音声通話高速通信容量通信速度
データ高速+音声通話プラン1,680円/月3GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
データ無制限+音声通話プラン2,680円/月無制限受信最大500kbps
プランS2,980円(1年間は1,980円)2GB/月(2年間は3GB/月)受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
プランM3,980円(1年間は2,980円)6GB/月(2年間は9GB/月)受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
プランL5,980円(1年間は4,980円)14GB/月(2年間は21GB/月)受信最大225Mbps
送信最大25Mbps

「データ高速プラン」は、受信最大225Mbpsの高速通信が可能ですが月間3GBまでと使えるデータ容量が限らます。「データ無制限プラン」は、受信最大500kbpsと低速通信ですが使える容量は無制限です。

通信速度が遅くても無制限希望ならデータ無制限プラン、容量が限られても高速通信を希望ならデータ高速プランを選べばよいでしょう。

UQモバイルでタブレットを使う場合にデータ高速プランで月間データ容量を使い切った場合は?

「データ高速プラン」の場合、基本データ容量の3GB分まで受信速度最大225Mbpsでご利用いただけます。基本データ容量を使い切った場合は、最大受信速度「200kbps」に制限されます。

「ぴったりプランS/M/L」、「おしゃべりプランS/M/L」の場合は受信速度が最大300kbpsに制限されます。

つまり、データ高速プランのデータ容量の上限を超えても最大受信速度「200kbps」で使い続けることができます。

UQモバイルのデータ高速プランとデータ無制限プランの最低利用期間は?

UQモバイルのデータ高速プランとデータ無制限プランの最低利用期間はありません。いつ解約しても違約金が発生しません。1ヵ月使ってみて解約しても違約金は掛かりません。

最低利用期間が発生するのは音声通話付プランのみです。

タブレットで高速通信の容量を増やしたい場合はどうする?

UQモバイルの「おしゃべりプランL」「ぴったりプランL」なら月間21GBまで利用が可能です。このプランを選んでスマホと併用するのも良いでしょう。タブレットで使う時はSIMカードを差し替える手間がかかります。

UQモバイルはデータ専用SIMで大容量プランがありません。BIGLOBEモバイルやLINEモバイルなどデータ専用の大容量プランを用意している格安SIMを契約するでも良いでしょう。

高速通信を無制限で利用したい場合は、「UQ WiMAX」のギガ放題プランを契約すると良いです。月額4380円で無制限でデータ通信が可能です。無制限といっても3日間で10GB以上を超えると速度制限がありますので、厳密には3日間で10GB以内の使い方となってきます。

UQモバイルでタブレットを利用する場合、データSIMと新規契約は口座振替できない

UQモバイルのデータ専用SIMと新規契約は口座振替で契約ができません。この2つの契約はクレジットカード払い限定となります。

タブレットに適した「データ高速プラン」「データ無制限プラン」はクレジットカード払い限定での受付となります。

口座振替を希望の場合は、乗り換えで音声通話付プランを契約するしか方法がありません。

UQモバイルでタブレットを利用する場合、お得な契約方法は?

タブレットは「データ高速プラン」「データ無制限プラン」が適していますが、この2つのプランはキャッシュバックがありません。

お得に契約するするなら初期費用3240円を節約することだけです。エントリーパッケージをAmazonなどで購入して初期費用を無料で契約すると良いでしょう。

また、UQモバイルのスマホ端末利用がメインでサブでタブレットを使う場合は、「高額キャッシュバック」「端末割引」「家族割」など特典が盛りだくさんの「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」をご利用下さい。

UQモバイルでiPadは使える?

UQモバイル公式の動作端末確認一覧でiPadが使えるかどうかの記載は一切ありません。これは動作環境(OSバージョンなど)の違いなどでクレームを避けるためです。

しかし、全てのiPadシリーズはUQモバイルのSIMカードが使えます。

UQモバイルでタブレットを利用するメリット

電池残量の心配がない

タブレット端末は大容量のデータを長時間処理したり、まとまった動画や音楽データをダウンロードしたりする用途に向いていますが、反面電池の消費量が激しくなる欠点がありました。

他にもWi-Fiルーターを別途持ち運ぶとなるとタブレット端末とルーター両方の電池残量を気にする必要がありました。

しかし、ルーター一体型のUQモバイルの場合、ルーターの方の電池残量を気にする必要は一切ありません。タブレット端末の稼働時間も格段に長くなっていますので、電池の心配はありません。

PCの代用品になる

最近のタブレット端末は飛躍的にスペックが向上しており、別売りのキーボードを接続することでPCと変わらない操作感で高度な文書処理が行えます。

タブレット端末はコストが安く、軽いという大きなメリットがあり、ハイスペックなノートPCを1台購入するよりも安く持ち運びも軽いので利便性が高いです。

カーナビとして利用できる

車に付いている純正カーナビは、道路情報がどんどん古くなってしまいます。機種によって、自動更新ができるものもありますが、対応していないものは、HDDを入れ替えたり、有料で更新手続きをしたりしなければいけません。

タブレットを使えば、常に無料で最新の地図情報で正確な情報を見る事ができます。

また、カーナビと違い、スマートフォンと同じようにネット検索を行えるので、観光情報などを調べる際にも便利です。

画面が大きくて見やすい

タブレットは画面が大きいので見やすいです。仕事のプレゼン資料など大画面で見たいものはタブレットで、細かな連絡手段やちょっとした検索はスマホでと、シーンでの使い分けがスマホ2台よりもさらに広がります。

さまざまなアプリがあるので、書類作成だけでなく、画像や動画の編集もでき、かなりパワフルに仕事がこなせます。

最近ではアプリが充実しているのでオフィス作業もほとんどパソコンと変わらない内容がスマホやタブレットでできてしまいます。

ワイヤレスキーボードやマウスを接続すると、ノートPCと大差ない作業環境で仕事ができるので、外回りが多い人にとっては重量的にもノートパソコンより楽です。