UQモバイルでソフトバンク端末は利用できる?

UQモバイルで動作が確認されたソフトバンク端末は利用することができます。全てのソフトバンク端末が動作確認されておりませんので、動作するか事前の確認は必須です。

  • 動作確認端末一覧
  • 動作確認端末一覧 

  • ソフトバンクを選択
  • UQモバイルで動作するソフトバンク端末が出てきます。
  • UQモバイルで利用可能なソフトバンクiphoneは「6s」からです

    SIMロックが解除できるのは、2015年5月以降に発売された機種で、SIMロック解除に対応しているモデルに限られます。

    iPhoneの場合は、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xが該当します。

    これらのソフトバンク端末は全てUQモバイルで利用が可能です。iPhone 6s以前に発売されたiphoneはSIMロック解除ができないので利用できません。

    UQモバイルで動作する端末でもメール対応不可の端末がある

    UQモバイルで動作する端末でも、メール対応不可の端末があります。gmailやYahoo!メールなどフリーメールは使えますが、UQモバイルの有料オプションメール〇〇〇@uqmobile.jpは利用不可です。

    UQモバイルでソフトバンク端末を利用する場合、SIMロック解除が必要?

    ソフトバンク回線を利用している格安SIMの場合は、ソフトバンクで購入したスマホ端末をSIMロック解除せずにそのまま利用可能です。

    例えば、ワイモバイルやLINEモバイルのソフトバンク回線ではSIMロック解除なしで利用できます。

    UQモバイルはau回線なのでソフトバンク端末はSIMロック解除が必要です。

    ソフトバンク端末をUQモバイルで利用する場合、何か問題はある?

    ソフトバンク端末のSIMロック解除をすればau系格安SIMのUQモバイルでも使うことはできますが、対応する周波数が違うのでこれまで問題のなかったエリアで支障が出ることもあります。

    ソフトバンク端末をSIMフリー化してUQモバイルで利用すると、山間部や田舎に行くとつながりにくいです。

    その為、ソフトバンクからUQモバイルへ乗り換える際は、端末セットを購入して新品のSIMフリー端末を使いましょう。iphoneの最新端末を利用したい場合は、applestoreでSIMフリー端末を購入しましょう。

    ソフトバンク端末をUQモバイルで利用する場合に調べる周波数帯(バンド)とは?

    スマートフォンや携帯電話などは電波を使って通信を行っています。インターネットはもちろん、LINEなどのメッセージのやりとりも電波を使っています。

    その電波は「周波数帯(バンド)」で区分けされており、ドコモ、ソフトバンク、auによって使用している「周波数帯(バンド)」が異なっています。

    周波数は限りがあるため、区分けは国(総務省)によって決められており、各キャリアにそれぞれ使用可能な周波数帯が割り当てられています。

    ソフトバンク端末をUQモバイルで利用する場合に周波数帯(バンド)をなぜ確認する必要がある?

    掴むことができる「周波数帯(バンド)」はソフトバンク機種によって異なっています。

    ソフトバンク端末をSIMロック解除した端末であっても、auが使用している周波数帯の一部を掴むことができないといった機種も多々あります。

    とはいえ、周波数帯の一部を掴めなかったとしても、他の周波数帯でカバーできる場合もありますので、一概に1つでも欠けていたから完全にアウト、というわけでもありません。

    ですので、使用予定のUQモバイル回線であるau周波数帯を掴むことができるかどうかを確認してから契約しましょう。周波数帯を掴めない場合はUQモバイルで端末セットを購入するか、SIMフリー端末を購入してSIMのみ契約しましょう。

    ソフトバンク端末をUQモバイルで利用する場合、スマホの対応周波数の調べる

    ソフトバンク端末の対応周波数 

    東京・名古屋・大阪に住んでいる方はバンド3にも○が付いていると最大速度が速いのでバンド1とバンド19だけより快適になります。

    バンド1に○付いていて、バンド19に○が付いていない場合があります。この場合、電波を掴めるか微妙になります。

    バンド1は広域をカバーする周波数で障害物のビル、山があるところが苦手です。バンド19は建物内でも電波が届くけど広域に届かない周波数です。

    お互い電波の届きにくいところを補完する役割を持っています。ですから、バンド19がないと住んでいる地域によって電波をまったく掴めないことがあります。

    バンド19(800MHz帯)が自分の住んでいる地域に届いているか調べるには以下のauエリアマップを参照ください。

    auエリアマップを参照 

    ソフトバンク端末が利用できる格安SIMはなぜ少ない?

    格安SIMは、大手キャリアから回線や通信設備を間借りしてユーザーに提供しています。格安SIMを運営するMVNOは、大手キャリアから回線を借りる際にMVNO接続料を支払っていますが、この接続料はドコモ・au・ソフトバンクで金額が違います。

    ソフトバンクが提示する金額が、ドコモやau回線と比べて約3倍という高額だったため、回線を安く提供することができず懸念されてきました。

    現在では接続料が見直され、ドコモやauと同程度の金額に値下げされています。

    また、格安SIMの普及を牽引するソフトバンクのサブブランド、ワイモバイルの存在も大きな理由の1つです。旧ウィルコムが前身であるワイモバイルの訴求により、ソフトバンク契約者の中で格安SIMを求めるユーザー層の取り込みにも成功しているという背景があります。

    ソフトバンク端末が利用できる格安SIMが少ないのはソフトバンクの制約の多さも問題に

    NTTドコモは、保有する周波数帯に関してはやや日本独自の部分があるものの、3Gの通信方式は世界的に用いられているW-CDMA方式であることから、3G・4G双方のネットワークに対応したスタンダードなサービスが提供できます。

    ソフトバンクは、保有する周波数帯は世界的に利用されている標準的なもので、3Gの通信方式もW-CDMA方式を採用しているなど、ネットワーク面では非常に扱いやすいように見えます。

    しかし、ソフトバンクは使用する端末によってSIMが異なる仕様となっており、iPhoneを利用する場合はiPhone用のSIM、Android端末を利用する場合はAndroid用のSIMが提供され、さらにその種類も複数にわたるなど、NTTドコモのように1枚のSIMでどの端末でも共通して利用できるわけではないのです。

    そうしたSIMの複雑な仕様が影響していると見られるのが、現在ソフトバンクと日本通信の間に起きているトラブルです。

    UQモバイル乗り換えau・ソフトバンク・ドコモ