UQモバイル預託金1万円は口座振替のみ

UQモバイル正規代理店リンクライフでは預託金1万円を口座振替のみ預かる形となりました。

クレジットカードの場合は預託金1万円の徴収は一切ありません。

もともと口座振替はキャッシュバックの対象外です。口座振替でもキャッシュバックが貰える公式の方を選べば良いので、代理店で口座振替支払いにして契約する意味はないでしょう。

そのため、預託金1万円制度を口座振替に条件をつけても、困るお客様はいません。

UQモバイル預託金1万円はなぜ人気のない口座振替のみが対象?

口座振替というのは残高を空っぽにして滞納することが簡単です。リンクライフで口座振替申し込みする悪質なユーザーは、キャッシュバックが対象かどうかなんて関係ありません。

要は口座を空っぽにして滞納して端末だけ盗む作戦なのです。端末を分割払いにして端末残積をまともに支払わない状態で滞納するお客様が現におられました。

その事態を重く受け止めたリンクライフとしては、口座振替に1万円の保証金制度を設けて逃げられないような仕組みを取ったのです。

1万円を先に預かるというと、リンクライフが悪質な会社で1万円を搾取してしまうのではないかと勘違いされる方がいますが、実際は悪質なユーザーからの契約を排除する一貫にすぎません。

預託金1万円制度を導入してから悪質なユーザーからの契約は阻止できているので、リンクライフとしては対策を打って成功したといえるでしょう。

UQモバイル預託金1万円はクレジットカード支払いでも徴収と勘違いする方がいる?

UQモバイル預託金1万円は、代理店リンクライフで契約したらクレジットカードでも徴収されないか不安というお客様がいます。

これは、UQコミュニケーションズ公式限定キャッシュバックを紹介するサイトの注意書きの仕方が誤認を招くもので、「代理店は預託金1万円を支払う必要がある」と1行しか書いていないから勘違いされやすい面もあります。

代理店リンクライフでクレジットカードで契約した場合は、預託金1万円は一切必要ありません。100%徴収されることはありませんので、ご安心ください。

クレジットカードは、クレジットカード会社が料金を建て替えるので、お客様が滞納したとしても打撃を受けるのはクレジットカード会社なので、UQコミュニケーションズは直接的な被害を受けないので、預託金1万円を取る必要性はないのです。

UQモバイル預託金1万円に加えて新規契約の口座振替まで禁止になった?

UQモバイル代理店リンクライフでは、口座振替の新規契約の受付を中止しました。乗り換え契約は受付しています。なぜ新規契約は受付していないかと言いますと信用がないからです。

乗り換えであれば、今まで利用してきた携帯電話会社の履歴を確認して信用があるかどうかの判別をすることができますが、新規契約の場合は実績がありませんので、判別が難しく悪質なユーザーがいる可能性も高まるためです。

UQモバイル預託金1万円の口座振替はキャッシュバック対象外

UQモバイル預託金1万円の口座振替はキャッシュバック対象外です。リンクライフを契約する方で稀に口座振替でもキャッシュバック対象と思い込んだまま契約してしまう方がいます。

キャッシュバックをもらえる時期になって貰えないことで気づいて後悔してしまう方がいますので、十分にご注意ください。

リンクライフのホームページの案内は、ややこしいものとなっており、口座振替でもキャッシュバックが貰えると誤認しやすい側面があります。

ただ、期間限定で口座振替もキャッシュバック対象になるキャンペーンを臨時で5日間限定で行うこともあります。ただ1年に1回や2回程度しかないので、あまり当てにはできません。

UQモバイル乗り換えau・ソフトバンク・ドコモ