UQモバイル乗り換えシュミレーション:月額料金

おしゃべりプランに乗り換えた場合のシュミレーション

おしゃべりプランの1年目は、スマトク割1000円割引とイチキュッパ割1000円割引でSプランが月額1980円、Mプランが月額2980円、Lプランが月額4980円です。

2年目以降は、イチキュッパ割が外れて、Sプランが月額2980円、Mプランが月額3980円、Lプランが月額5980円です。

家族割加入の場合は、毎月500円割引できるので、1年目のSプランが月額1480円、Mプランが月額2480円、Lプランが月額4480円で、2年目以降はSプランが月額2480円、Mプランが月額3480円、Lプランが月額5480円です。

データ容量は、増量オプションキャンペーンにより2年間は無料で基本データ容量の1.5倍に増やせます。増量オプション適用後のデータ容量はSプランが3GB、Mプランが9GBとなります。

3年目以降にデータ増量オプションを解約した場合は、Sプランが2GB、Mプランが6GB、Lプランが14GBとなります。

おしゃべりプランの無料通話は、5分以内は何度でもかけ放題となっております。S・M・Lプラン一律で5分以内は無料となっており差がありません。

ぴったりプランに乗り換えた場合のシュミレーション

ぴったりプランの月額料金とデータ容量は「おしゃべりプラン」と全く同じです。

異なるのは無料通話の部分のみで、増量オプション適用でSプランは60分通話無料、Mプランは120分通話無料、Lプランは180分通話無料となっております。

これは増量オプションが無料で適用される2年間限定です。3年目以降に増量オプションを解約した場合は、Sプランは30分通話無料、Mプランは60分通話無料、Lプランは90分通話無料と半分に減ります。

おしゃべりプランと異なり、ぴったりプランはグレードごとに無料通話時間が異なるので、MやLプランなど高い料金プランの対価を見出すことができます。

データ高速プランに乗り換えた場合のシュミレーション

データ高速プランは通話機能が付かない分、月額料金が安くなり最低利用期間の縛りもありません。月額980円とUQモバイルの料金プランの中では最安値です。

UQモバイルの速度や繋がりやすさが気になるけど実際に1ヵ月とか使って試さないと分からないという方は、最安のデータ高速プランでお試しすると良いでしょう。

高速通信のネットさえできれば良いという方に最適なプランです。

データ高速+音声通話プランに乗り換えた場合のシュミレーション

データ高速+音声通話プランは、音声通話機能が付いた分として、データ高速プランより700円高い月額1680円です。

データ高速+音声通話プランは、音声通話を利用できますが無料通話はつきません。その為、30秒20円単位で通話にお金が掛かります。あまり長電話してしまうと通話料が膨れ上がりますのでご注意下さい。

データ高速+音声通話プランは最低利用期間はありますが、おしゃべり・ぴったりプランのように2年自動更新という厳しい縛りではなく、1年自動更新なしです。

通信速度は、おしゃべり・ぴったりプランと同じ受信最大225Mbpsです。

データ無制限プランに乗り換えた場合のシュミレーション

データ無制限プランは音声通話が付かない分、月額料金が安くなっております。また最低利用期間の縛りもありません。

データ無制限プランは無制限でネットを利用できますが、通信速度は500kbpsと遅いです。この回線速度だと、簡単なインターネット利用では十分ですが、物足りなさを感じるレベルです。

高速通信が一切利用できないので、低速でも良いから長時間のネットを利用したい方に向いています。例えば低画質動画を長時間視聴するのに最適です。

データ無制限+音声通話プランに乗り換えた場合のシュミレーション

データ無制限+音声通話プランは音声通話が付いた分としてデータ無制限プランより700円高いです。また最低利用期間が1年の自動更新なしです。

データ無制限+音声通話プランはUQモバイルのプランの中で1番人気がないです。それは、低速通信のデータ無制限プランはサブ機として音声通話なしを選ぶ方が多いからです。

電話番号を2つも要らない場合は必然的にデータ無制限プランになります。データ無制限+音声通話プランをメインとして使うには不便です。高速通信が一切利用できないので、高速通信が必要な場面で不自由な思いをするので、データ無制限+音声通話プラン1台持ちは厳しいでしょう。

UQモバイル乗り換えシュミレーション:SIMのみ契約

UQモバイルSIMのみの契約で注意することは、使う予定の端末が動作するか事前に確認しておくことです。

UQモバイルには3つのSIMカードがあります。

  • LTE用nanoSIM
  • LTE用microSIM
  • VoLTE用マルチSIM(mini/micro/nano)

SIM種別が3タイプに分かれており、SIMカードのサイズが合っていたとしても、端末で動作するとは限りません。SIMカードのサイズが合っているのは勿論のこと、「LTE用」なのか「VoLTE用」なのかを調べておく必要があります。

このように、SIMカードのサイズが合っていて端末にSIMを差し込めたとしても、「LTE用」なのか「VoLTE用」なのかを間違うと動作ができないという事態が起こります。

端末がUQモバイルで動作するもので、SIMカードサイズさえ合っていれば動作するわけではありませんので、ご注意下さい。

SIMのみ契約は、お客様ご自身がSIMカードを選択します。よって、SIMカードを間違えてしまった場合は自己責任でSIMカード交換となりSIMカード発行手数料3240円が掛かります。

UQモバイル乗り換えシュミレーション:端末セット契約

UQモバイルの販売される端末は、おしゃべり・ぴったりプラン限定で割引制度があります。マンスリー割によって毎月UQコミュニケーションズの方で端末割引補助があります。その為、端末をネット通販でSIMフリーを購入するよりも遥かに安く入手できます。

ただ、端末割引があるのは、おしゃべり・ぴったりプラン限定でデータ高速プランやデータ無制限プランは音声通話付も含めて端末割引が一切ありません。

おしゃべり・ぴったりプランで端末を安く購入できますが、それは2年間を利用した場合です。毎月マンスリー割があり2年間継続ですが途中で解約した場合は、マンスリー割が停止し端末残積を一括で支払います。

それはマンスリー割が完全に引かれていない状態での残積一括払いとなるので、2年間継続する人よりも端末代が割高となります。その為、2年間は利用を継続しないと端末割引は生きてきません。

UQモバイル乗り換えシュミレーション:キャッシュバック

UQモバイルのキャッシュバックは断然に代理店リンクライフを活用した方が良いです。SIMのみS・M・Lプラン。端末セットM・Lプランは初期費用3240円が無料で8000~10000円キャッシュバックがつきます。

初期費用無料は代理店リンクライフのみです。

仮にUQコミュニケーションズの限定キャッシュバックから申し込みした場合、キャッシュバックは貰えるものの初期費用が初月に請求がきて出費が出ます。

キャッシュバック額も代理店リンクライフを上回るプランは1つもありませんので、UQコミュニケーションズの限定キャッシュバックから申し込むメリットは薄いです。

UQモバイル乗り換えau・ソフトバンク・ドコモ