UQモバイル乗り換え初期費用事務手数料とは?

キャリアでも格安SIMでも、新規契約手数料がかかり、初期費用として3000円を支払う必要があります。

この初期費用は携帯を新規契約や乗り換え契約する上で絶対に外せないものです。ただ、携帯会社によってはキャンペーンで初期費用が無料になります。

UQモバイル乗り換え初期費用事務手数料3000円とは別にSIMカード発行手数料は掛からない?

他の格安SIMでは、事務手数料とは別に、SIMカードを発行する際に手数料がかかります。発行手数料はSIMカード1枚ごとに発生し、1枚あたり400円程度の場合が多いです。

UQモバイルでは、事務手数料3000円のみでその他にSIMカード準備料は掛かりません。UQモバイルでSIMカード発行する手数料は初期費用3000円に含まれます。

UQモバイル乗り換え初期費用事務手数料を無料+キャッシュバックは?

UQモバイルキャンペーンで、高額キャッシュバックと初期費用無料になるのは正規代理店リンクライフのみです。その他のキャンペーン会社は、高額キャッシュバックは貰えても初期費用が有料になります。

こちらの「限定キャッシュバックページ」から申し込みすることで、「端末セット」「SIMのみ」キャッシュバック最大10000円と初期費用3240円無料となります。更に端末セットM・Lはノベルティ(ガチャピンぬいぐるみ・ボールペンなど)をプレゼントします。

au・au系格安SIM・ドコモ・ソフトバンク・その他の格安SIMなど全ての乗り換えと新規契約がキャッシュバック対象です。

代理店リンクライフ特典内容キャッシュバック金額SIMカード発行手数料
SIMのみSプラン8000円3240円無料
SIMのみMプラン9000円3240円無料
SIMのみLプラン10000円3240円無料
端末セットSプラン8000円有料
端末セットMプラン9000円3240円無料+景品
端末セットLプラン10000円3240円無料+景品
SIMのみS・M・L
マンスリー割
12000円割引+中古端末0円購入3240円無料

UQモバイル正規代理店キャッシュバック申し込み限定ページはこちら

UQモバイル乗り換え初期費用事務手数料が無料になるエントリーパッケージとキャッシュバックの併用は?

UQモバイル正規代理店以外は初期費用が有料ですが、例えばUQ公式限定キャッシュバックで申し込む際にエントリーパッケージを利用して初期費用を無料にしつつ高額キャッシュバックが貰えるかどうかですが、エントリーパッケージは専用ページからの申し込みとなっているので併用は不可です。

エントリーパッケージ専用のページはキャッシュバックがつかないページとなっているので、得するのはキャッシュバックががつかない「データ高速プラン」「データ無制限プラン」のみです。

UQモバイル乗り換え初期費用事務手数料が無料のリンクライフがありながらUQ公式限定から申し込む人はいる?

UQモバイルの情報発信サイトの9割以上がUQコミュニケーションズ主催の限定キャッシュバックを紹介しています。その為、公式限定ページの露出度が高く、代理店リンクライフが陰に隠れてしまう側面があります。

また、公式を紹介するサイトはどこも自分専用の公式紹介ページリンクから申し込みして頂くて必死な為、代理店の格下げ行為が目立ちます。

UQモバイルをネット契約する大半はリテラシーは高くないので代理店の悪評を鵜呑みにしていまい、初期費用が無料だと分かっていても、公式を紹介するサイトの主張に流されて公式を契約してしまう方もいます。

UQモバイル乗り換え初期費用事務手数料無料でも返却手数料は掛かる?

UQモバイルへ乗り換えする際にリンクライフから申し込めば初期費用無料となるわけですが、問題は解約する際にSIMカード返却するかどうかです。

他の格安SIMでは解約後はSIMカードの返却が義務化されており、返却しなかったり、紛失や破損した場合は損害賠償の請求が来ます。

またSIMカード返却に掛かる送料はお客様負担となっております。

UQモバイルではSIMカード返却の義務はありません。その為、初期費用無料で乗り換えた後にSIMカードに掛かる費用は一切ありません。

UQモバイル乗り換え初期費用事務手数料は店頭では無料になる?

UQモバイル乗り換え初期費用事務手数料は無料になる店舗もありますが、その場合はキャッシュバックなしだったり、キャッシュバック額が低かったりします。

リンクライフの様に高額キャッシュバックで初期費用無料になるキャンペーンを実施している店舗はありません。ヨドバシカメラでは初期費用無料のみでキャッシュバックなしだったりしますので、店頭の還元率は悪いと言えます。

UQモバイル乗り換え初期費用事務手数料有料の公式サイトから申し込みすると初月に請求?

公式サイトは初期費用が完全に有料です。公式で契約すると初期費用3240円が初月に請求されます。例えば、3月28日に開通した場合、3月31日までの4日分の日割り料金と初期費用3240円が翌月の4月中旬には請求されます。

初期費用3240円の出費があるのとないのでは雲泥の差です。リンクライフで申し込みしても公式のお客様となるので、初期費用無料のリンクライフから申し込むのが得策と言えます。

UQモバイル乗り換え初期費用事務手数料を無料+キャッシュバックをなぜリンクライフは実施?

リンクライフは公式の限定キャッシュバックよりも還元額を高めないと契約者を増やすことができません。仮にキャッシュバック額が同じで初期費用有料でしたらリンクライフから契約する意味がなくなります。

それでは代理店としての立ち位置が危うい状況になります。リンクライフもUQモバイル代理店として契約獲得件数に応じてUQコミュニケーションズから報酬を頂くビジネスの一環として代理事業をしています。

その為、契約を獲りにいくことを大前提と考えているので、必然的に大盤振る舞いとなります。高額キャッシュバックに初期費用まで無料となり、あまりにも特典が盛られれている形で危険な罠と勘違いする方がいますが、あくまでも公式に対するライバル意識と対抗の一貫での豪華な特典なので、心配することは何もありません。

UQモバイル乗り換え初期費用事務手数料3000円を無駄にしないこと

リンクライフ社が初期費用無料でキャッシュバックまでついて、還元額は間違いなく1番です。公式で契約するとキャッシュバックは貰えても初期費用3240円が掛かりますので、その3240円が丸々損することになります。

もっと言えば、3240円をドブに捨てるようなもので、非常に勿体ない契約方法です。公式を紹介するサイトでは、初期費用有料でもお得感の演出が非常に巧みです。

惑わされない様に注意して、代理店リンクライフのキャンペーンを検討しましょう。

UQモバイル乗り換えau・ソフトバンク・ドコモ