UQモバイルとYモバイル交互契約がお得?

UQモバイルの「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」は、契約から2年間は特典が多数あり優遇されていますが、3年目以降になると特典が削られ割高になります。

UQモバイルとプラン内容や料金や通信速度など同等の格安SIMといえばYモバイルがありますが、このYモバイルにUQモバイル2年間の最低利用期間が終了して更新月になったら乗り換えて、また2年後にUQモバイルに乗り換えるというのを繰り返すのが得策です。

UQモバイルとYモバイル交互契約がお得!UQモバイルの2年以内の特典は?

イチキュッパ割

UQモバイルの「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」で1年目の月額料金が1000円割引になる「イチキュッパ割」があります。これは、最初の1年間限定で、2年目以降は1000円値上がりすることになります。

増量オプションキャンペーン

増量オプションは基本データ容量を1.5倍に増やすことができるサービスです。この増量オプションは月額500円ですが、UQモバイルを契約すると2年間は無料になります。

しかし、3年目以降は有料となり、増量オプションを解約するとデータ容量が1/3少なくなります。

マンスリー割

マンスリー割とは、UQモバイルの端末をUQコミュニケーションズが割引補助してくれるサービスです。端末によっては実質108円で購入できるものもあり、108円端末なら31104円もUQコミュニケーションズ側が負担してくれます。

ただ、3年目以降は機種変更という形でマンスリー割で安く購入できます。ただし、機種変更手数料3000円が掛かります。

キャッシュバック

UQモバイル「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」をSIMのみ・端末セットで契約すると10000~13000円キャッシュバックが貰えます。

このキャッシュバックを2年間の月額料金と相殺すると実質料金が安くなります。

UQモバイルとYモバイル交互契約しないと大損?

UQモバイル「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」の3年目以降は悲惨なもので、「イチキュッパ割」がないので1000円割引なし、増量オプションつけるなら毎月500円掛かり、増量オプションつけないとデータ容量が1/3減り、機種変更するなら手数料3000円が掛かります。

金銭的なメリットが薄くなり長期で契約する意味がありません。その為、2年間で特典をたっぷり受けて更新月に乗り換えるのが得策です。

UQモバイルとYモバイル交互契約する為にUQモバイルからYモバイル乗り換えする時期は?

UQモバイル「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」は2年間の契約期間があります。契約期間は課金開始日を含む月を1ヶ月目として、25ヵ月目の月末までを契約期間とします。(25ヵ月目を「契約満了月」、翌月を「更新月」といいます)。
 
更新月に解約のお申し出がない場合、更に24ヶ月間の契約として自動更新となります。

その為、25ヶ月目の1ヵ月間にYモバイルへ契約すると解約金が発生しません。更新月を過ぎると9500円の解約金が発生します。

UQモバイルとYモバイル交互契約する為にUQモバイルからYモバイル乗り換えでMNP転出料は?

携帯電話番号ポータビリティ(MNP)転出には、課金開始日を含む月から6ヶ月目以内は6,000円、課金開始日を含む月から7ヶ月目以降は3,000円の手数料がかかります。

2018年9月14日までにお申込みされたお客さまは、MNP転出時期に関わらず、3,000円がかかります。

UQモバイルとYモバイル交互契約でUQモバイルを2回目・3回目と契約してもキャッシュバック対象?

UQモバイルを契約してキャッシュバックを貰い2年後にYモバイルを契約して2年後にUQモバイル2回目契約する場合でもキャッシュバックは貰えます。

キャッシュバック1回の契約ごとに受け取れるようになっております。その為、2年単位で交互に契約を繰り返しながら4年に1回のペースでキャッシュバックが貰えます。

UQモバイルとYモバイル交互契約で一番お得なのは新規契約の繰り返し?

電話番号そのまま乗り換えする場合、MNP転出料3000円が掛かります。その為、2年ごとに乗り換える度に3000円の出費をすることになります。

新規契約ならMNP転出料が不要です。電話番号を2年単位で変更した方がよりお得になります。UQモバイルでは乗り換え限定のキャンペーンはありませんので、新規契約と特典内容は全く変わりません。

UQモバイルとYモバイル交互契約で端末セット購入をすると常に最新モデルにできる

スマホには寿命があります。2年以上使っても、スマホがすぐに使えなくなってしまうことはありませんUQモバイルやYモバイルで販売されるスマホのバッテリーの持ちは、2~3年です。

UQモバイルやYモバイルの端末補償でバッテリーを交換して端末をそのまま使い続けるのも一つの方法ですが、最近のスマホは小型化や軽量化を実現させるためにバッテリーが本体に内蔵されている仕様のものが増えており、自分でバッテリーを交換するのが難しくなっています。

防水・防塵機能が搭載されたスマホならなおさらです。

さらに、一般的に2年以上経った製品の部品は、生産数や在庫数が限られてくるので、故障しても修理することができなかったり、修理代が高くついたりしてしまうことがあります。

2年以上スマホを使い続けているのであれば、何か不具合が出たときには修理するよりも買い替える方が良いのでUQモバイルとYモバイルを交互契約して2年ごとに新しい機種にした方が得策です。