UQモバイル学割適用時期について

2019年のUQモバイル学割では、5歳以上18歳以下の学生本人の適用が2018年12月1日~2019年5月31日の間に申し込んだその月の初めから3ヵ月となっております。

学生の家族については、申し込んだ月ではなく、UQ家族割に加入した月からとなっております。

UQモバイル学割適用できるプランは?

UQモバイルで学割は「おしゃべりプランS・M・L、ぴったりプランS・M・L」のみが対象です。

UQモバイルでは、他にも「データ高速プラン」「データ無制限プラン」がありますが、これらのプランは学割対象外となります。

もし、5歳以上18歳以下の方が、勘違いして「データ高速プラン」「データ無制限プラン」を契約しても学割適用されません。一度契約してしまうと撤回できませんので、学割適用できないまま最低利用期間の1年間利用することになります。

UQモバイルの学割お申込みは、専用ページがなく、通常のお申込みページで、「おしゃべりプランS・M・L、ぴったりプランS・M・L」を契約した学生本人とその家族が学割適用となる為、間違えやすいです。

UQモバイル学割はプラン変更しても対象外にならない?

UQモバイル学割の適用条件は、学生本人と学生の家族ともに「おしゃべりプランS・M・L、ぴったりプランS・M・L」を契約することです。

ここで着目したいのが、S・M・Lプランともに学割適用特典が同じことです。通常、キャッシュバックではSとMとLそれぞれ月額料金が異なるので、月額料金が高いほどに特典が増えますが、学割にいたってはS・M・Lともに一律同じです。

その為、S・M・Lプラン間の変更であれば学割適用外になりません。学割適用で月額料金が無料となっている期間に堂々とプラン変更をしてください。

それでは、「おしゃべりプランS・M・L、ぴったりプランS・M・L」から「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」への変更はどうか?と言いますと、これにつきましては、そもそもプラン変更ができません。

「おしゃべりプランS・M・L、ぴったりプランS・M・L」の間の中でのプラン変更となります。

また家族の方は、家族割適用前にプラン変更しても学割適用外になりません。UQとしては、LプランからSプランに変更されようとも、SもMもLも一律同じ学割特典をつけていますので問題視しないのです。

プラン変更自体は学割に影響しないので、最初の契約でもしプランを間違えた場合は月単位で変更が可能です。しかも、プラン変更しても継続期間は引き継がれます。

UQモバイル学割の対象はなぜ「おしゃべりプランS・M・L、ぴったりプランS・M・L」のみ?

UQモバイルの学割対象を「おしゃべりプランS・M・L、ぴったりプランS・M・L」のみに定めているのは、最低利用期間が2年間の自動更新プランだからです。

UQとしては、長期顧客を確保していきたいので、長期利用を前提としたプランのみを対象としています。2年以内の解約は9500円の違約金制度を設けることで、解約しずらくしています。

また、自動更新となっており更新月は2年に1度ある1ヵ月だけです。そうすると、その1ヵ月間を忘れて通り過ぎてしまいますと、また2年間最低利用期間となります。このサイクルの繰り返しのプランであります。

UQモバイル学割2019完全版はこちら